好きな人に告白されるおまじない

【簡単・超強力】メールを使った好きな人から告白されるおまじない!一目でわかるポイント付き!

メールを使った好きな人から告白されるおまじないの方法

まずメールの新規作成ページをひらきましょう。好きな人と自分の名前を組み合わせた「相手の名前@自分の名前.docomo.ne.jp」などのアドレスをアドレス欄に入力します。件名には好きな人の名前を入力してください。そして本文に告白されたい日付と言われたい言葉を書きましょう。メールができあがったら、送信せずに大切に取っておきます。

メールを使った好きな人から告白されるおまじないのポイント

告白されるシチュエーションをよく考えてからメールを作ることが大切です。自分が思い描いている理想のシチュエーション、もしくはお相手の雰囲気から一番あり得そうなシチュエーションなど、想像を膨らませましょう。それが相手を強く想うことにもつながるので、必ず効果は高まるでしょう。メールの文面には、そのシチュエーションの内容をできるだけ詳しく書きましょう。

アドレスのポイント

好きな人と自分の名前を組み合わせたアドレスを作るときに気を付けておきたいポイントがあります。「相手の名前@自分の名前.docomo.ne.jp」など、ドメイン部分は何でも構いませんが、相手の名前と自分の名前は必ずフルネームで正確に入力することが肝心です。ローマ字で入力する場合はつづりにも注意しましょう。

普段使っているキャリアのアドレスで

自分の名前の後のアドレスには、自分が普段使っているものを使えば大丈夫です。(auやソフトバンクなど。)アドレスを自分のキャリアと合わせることで、お相手との気持ちがより通じやすくなります。また、ご自身は普段からそのキャリアの携帯を持ち歩くわけですから、いつでも2人が一緒にいて離れないという意味も含まれます。

添付画像で効果アップ

メールの添付画像として告白されたい相手と撮ったツーショットの写真を添付しておくと、このおまじないの効果はアップします。けれど、ツーショットの写真となるとなかなか手に入れられないこともあるかもしれません。そんなときは相手の人だけが写った写真でも大丈夫なので、なんとか写真を手に入れて添付してみましょう。

告白されたい日付の設定

メールの本文を書くときに気をつけておきたいポイントとして、告白されたい日付を決めるときに具体的な日付にしておきましょう。また、あまりにも近すぎる日付にはせず、少しスケジュールにゆとりを持たせておくことも大切です。できれば、なにかその告白されたい相手と一緒になるような用事がある日などにしておくと良いでしょう。

相手のことを考えて本文を書く

メールの本文に告白のときに言われたい言葉を書くときには、告白されたい相手のことをよく思い浮かべてみてください。理想の告白のシチュエーションなどもあるかもしれませんが、ここに書くのは相手が言いそうな言葉でないとなりません。相手が普段はどんな口調で話しているのかを思い出し、実際に言いそうなことを想像して書いてみましょう。

合わせて読みたい