夢占い

【夢占い】ろうそくの夢の意味11選|仏壇・火・消えるなど状況別に夢診断

ろうそくの夢の基本的な意味

ろうそくの火を見ていると、なんだか落ち着くという人もいるかもしれませんね。そのイメージからなのか、夢の中でのろうそくは生命の輝きやあなたの内面を表すアイテムです。ろうそくの夢を見た場合、ろうそくがどんな状態にあったんかを思い出してみましょう。
もしもろうそくの火が美しく感じた場合は、あなたの内面もそのように美しく輝いているということ意味します。ろうそくの火が激しかったなら、あなたの生命力が溢れているのでしょう。逆に弱々しいろうそくの火、消えそうなろうそくの火は、あなたの生命エネルギーが減退していたり、さまざまなネガティブな感情でいっぱいになっているのかもしれません。
まだ火が灯っていないろうそくの夢なら、これからあなたの輝きが増すことを意味します。その輝きを失わないでいられるように、気をつけてみるといいでしょう。

仏壇のろうそくが出てくる夢は状況をよく観察してね

仏壇の夢はご先祖様や幽霊、目に見えないスピリチュアルなパワーに対する自分の気持ちを表しています。明るい部屋にあって綺麗な仏壇はなんとなく気持ちがよいですよね。そんな夢を見た場合は、そのままの意味であなたの状態がよく、安定していることを示しています。仏壇の大きさはあなたの信心深さそのものです。そして夢の中の蝋燭は、「生命力」「精神力」「知恵」の象徴です。暗い部屋で、薄汚い仏壇に灯された蝋燭が今にも消えそうなくらい弱弱しい場合は要注意です。

もっと詳しく知る:
>>仏壇の夢の意味

ろうそくに火をともす夢が暗示するもの

ろうそくに火をともす瞬間は本当に美しいですよね?夢でろうそくに火をともす夢にもちゃんと意味があります。火がともる瞬間、優しい光がぱっと輝く事から真っ暗だった苦難の時期にようやく未来への新しい可能性やチャンスが見え始めてそれに向かって進んでいける合図として暗示される夢とされる事が多いです。明るい兆しが見えてその道を照らしてくれる道しるべの炎をともしてくれるでしょう。ろうそくの炎はとても穏やかに揺らぎながら暖かく周りをともします。そんなろうそくの炎の様に優しい気持ちを忘れない様にしましょう。

ろうそくが消えない夢の占いの意味する事

ろうそくが消えない夢は、あなたが今とても充実した日々を送っている事を表しています。仕事ではしっかりと結果を出す事が出来ていたり、人間関係も良好なのではないでしょうか。プライベートも仕事もバランスのよい状態なので、しっかり地盤が固まっているのかもしれませんね。今後は今までしたことがない事に挑戦してみたり、新たな事をスターとさせると更に運気が上がっていきますよ。自分には向いていないと思っていたことがあなたの才能を開花させる可能性もあります。自信を持ってチャレンジしてみて下さいね。

ろうそくが消える夢は危ないので注意

夢の世界において蝋燭は「生命力」「知恵」を表しています。あなた自身の生命を象徴していますから、その火が大きかったり力強く燃え上がっている様子であれば吉夢です。そんな蝋燭の火が切れるということは、生命、精神、知力といったあなたの中の何かが途切れてしまうことを意味しています。この時期のあなたは、どんな事があっても不思議ではない事を忘れないでください。なにが起こっても慌てないよう普段から準備しておくことが大事になってきますよ。くれぐれも油断する事なく細心の注意を払って生活する事をオススメします。

ろうそくが折れる夢には用心してください

夢の中での蝋燭は、「生きる力」「心の力」「考える力」の象徴と捉えてOKです。蝋燭の火が大きく燃えていたり、力強く燃え盛っていればそれはあなた自身のパワーがみなぎっていることを示しているので良い夢です。ですが蝋燭の火が消えたり、蝋燭自体が折れてしまう夢の場合は要注意です。あなたが秘めている力の途切れや、人間関係の崩れや仕事の失敗、家族問題に突発的に直面することを暗示しています。これからしばらくは、トラブルに巻き込まれたりと災難が重なる可能性が高いので、注意しなければいけません。しばらくは用心して生活を送りましょう。

ろうそくの火から火事になる夢はとても良い夢です

火事になる夢は一見恐ろしいイメージですが、実は良いことなんだそうです。炎が激しく燃え盛っているほど、あなたの意欲や情熱が高いということを意味してます。蝋燭の方はというとこれは「生命力」や「知力」の象徴で、強く燃えているほど将来が明るく、良い結果が待っています。今のあなたは自分が思う事や興味がある事にはどんどん挑戦していく事で運気が好転する事を夢は暗示しています。全体的に運気は上昇中ですので、やりたい事は迷わずにする事をオススメします。新たな発見が出来るかもしれませんよ。

もっと詳しく知る:
>>火事の夢の意味

ろうそくが溶ける夢は何を意味するのか

ろうそくが溶ける夢は、あなたが苦手だったことや嫌だった事から解放される事を暗示しています。そりが合わなかった上司と急に仲良くなったり、苦手だった人と良い関係になれたりととても良い事が起こりますよ。これまでの心労がなくなり、気持ちにゆとりが出る事で環境が良い方向へ変化し、毎日が楽しくなるかもしれません。また、今まで関わってこなかった人と仲良くなる事であなたの視野が一気に広がり新しい世界を見る事が出来ますよ。どんどん色んな情報を取り入れる事で運気が好転していきます。

ろうそくと線香が出てくる夢は過去を顧みる兆しです

ろうそくと線香が出てくる夢を見た場合、それは自分や周りの人々の過去を顧みて、様々な出来事に想いを馳せる暗示となります。過ぎ去った日々に惜しんだり、悔やむこともあるでしょう。過去の教訓から、今後の生き方をより丁寧にしていく意識が芽生えるのです。今までの歩みを振り返るイメージとして、ろうそくと線香が自身の夢にはっきりと描き出されています。間違った生き方をしないように、過去の日々が道しるべとしていつまでも未来の指針となってくれるでしょう。

神社のろうそくが出てくる夢はほぼ吉夢

夢の世界における神社は、救いを求める気持ちや信仰心、善の心、新たな可能性を象徴しており、基本的には縁起は良いとされています。ろうそくは自分の生命力や寿命、知恵などを表しています。火が力強く、またキレイに燃えている場合はあなたの活力はみなぎっており、何か良いことが起こるかも知れないというメッセージととれるでしょう。反対に火が今にも消えそうなくらい弱々しければ、生きる力が弱まっており誰かに助けて欲しいと願っているのかもしれません。

もっと詳しく知る:
>>神社の夢の意味

誕生日ケーキのローソクの火が消える夢

ろうそくが消える夢は、今のあなたが燃え尽きてしまう感情、つまり「別れ」を意味しています。ろうそくの光には、「生命力」や「考える」という意味が込められています。その火が消えてしまう場合、大切な人との別れや、今までの関係に終止符を打とうとしていたり、また、あなたが大きな難題にぶつかり、今までの考えが燃え尽きてなくなってしまうという意味でもあります。この夢を見たときは、いったん立ち止まって冷静になる必要があるかもしれません。焦らず、無理のないペースで物事を進めていきましょう。

もっと詳しく知る:
>>誕生日の夢の意味
合わせて読みたい