夢占い

【夢占い】教会の夢の意味 14選

教会の夢の基本的な意味

教会というのは、人々が祈りを捧げたり神に懺悔をしたりする場所です。夢の中でも教会はそうした祈りや懺悔の場所を象徴しています。
教会の夢を見た場合、教会で祈りを捧げている夢だったのか、懺悔していたのかが大きなポイントとなります。
教会で祈りを捧げる夢だった場合は、吉夢です。あなたの全体的な運勢がアップし、色々なことがスムーズに動くようになるでしょう。逆に懺悔をしていた夢だったなら、あなたが何かに対して罪悪感を抱いていたり、乱れた生活をしていることを象徴する警告夢となります。しかしそれに対して反省する気持ちがあることも表しているので、生活を正すようにするといいでしょう。
教会がどんな様子だったかもポイントとなります。綺麗な教会の夢ならあなたの心がピュアであること、逆に荒んだ教会の夢ならあなたが間違った考えを抱いていることを意味します。

教会で祈る夢が示すのは、幸運?!

教会。
普段よく行く人にとっても、行かない人にとっても、教会は、なんだか少し特別な場所ですよね。
そんな教会で祈る夢を見たなら、それはラッキーです。
教会で祈る夢は、なんと「幸運」を暗示している、といわれています。
あなたの運気が、今は普段よりもアップしているようです。
特に、教会で祈る夢は、恋愛に関する運気の上昇を示す夢となっているので、お付き合いしているかたがいらっしゃるなら、素敵なことが起こる可能性があるかもしれません。

好きな人と教会にいる夢は願望のあらわれを示している

現実では好きな人と自分との間には距離があるということを教えています。強い結婚願望も同時に持ち合わせているようです。世間体など周囲からの評価にも気になっている様子もうかがえます。ステレオ的なしあわせの在り方に憧れている気持ちがあるようです。しかし、自身の思い込みや理想だけで行動を起こすことは避けるべきです。自分が本当に求めているものは何か振り返った方がよいということを暗示しています。自分の気持ちばかりを周囲に押し付けていると良い結果を得ようにもなかなかうまくいかないことを示しています。

教会で賛美歌を歌う夢は心に平穏をもたらす意味がある

心が落ち着いていることがあらわれています。不安や心配事があったとしても、じきに平穏な精神状態になっていくことが示されています。運勢もよくなっていくでしょう。夢の中ではありますが、歌っていることで心の中にあるプレッシャーや迷いの気持ちをすっきりさせようとしていることがうかがえます。毎日の喧騒から逃れたい、静かに過ごしたいという思いもあるようですしかし、大勢で賛美歌を歌っていたら、集団やグループに対して疲れも感じていることが考えられます。

教会で結婚式を挙げる夢は自身の現状で意味が変わる

まだ未婚である人が、この夢をみたなら結婚に対して、きちんとした考えをもっていることがうかがえます。現実をありのままに理解しているということになります。堅実な良い将来がやってくることでしょう。既婚者がこの夢を見た場合は、婚前と今の結婚生活に対するギャップに折り合いがなかなかつけていくことができない心理があらわれています。現実に向き合い誠実に対応していく毎日を過ごすことによって新しい良い未来が開けていくということを夢は告げています。

教会にシスターがいる夢は話を聞いて欲しい思いがある

誰かと話しをしたい、あるいは自分の話を聞いて欲しい、誰かに頼らせてほしいという心理があらわれています。自分一人だけで考え込んでいることがあるようです。心が疲れているようなので、しばらく心身を休めることが大事です。夢の中でシスターと接することがあったなら、今、抱えている困りごとを解決させるための良い方策がみつかりそうです。しかし、シスターの声が聞き取りにくかったり、話があまりできないようであったなら、自身が他人からのせっかくのアドバイスを聞き流している可能性があります。

教会で火事が起こる夢は良運がくる意味があります

燃え方が盛んで火が大きいほど良い運がくることを暗示しています。人生のさまざまな方面で良いことが起きてくるでしょう。しかしボヤ程度の小さな火事であったなら、自身の現実は悪化していくことが示されています。その火事を消していたとしたら、自分の持っていた有形無形の財産がすべてなくなってしまう意味があります。そのようなシーンが夢の中ででてくるということは、自身にも原因となるものにある程度気が付いていることもうかがえます。良くないと思われるところは早めに修復していくことが大切だと教えています。

教会で葬儀を行う夢が意味するものとは?

夢に出てくる教会は、夢を見ている人の願いや悩みの暗示です。
葬式は、自分にとって良い変化が起こることを意味しています。
そのため、教会で葬儀を行う夢は、今までの自分の悩みからの解放を意味します。
願い事がある場合も、ふとしたことから良い方向に進み始めるはずです。
ただ、友人や自分に近い人の葬儀の場合は注意が必要になります。
ささいなことが周囲とのいざこざにつながり、トラブルになることの暗示です。
人間関係での悩みがある人は、解決に向けて行動を起こすのも良いと思います。

教会の鐘を見る夢は吉夢。鐘の音色で意味が変わります。

教会が夢に出てくると言うのはとても暗示的に感じますね。
そもそも夢に教会が出てくる場合「懺悔・純粋な心・心の安寧を求めている」という意味を持ちます。
しかし、教会の状態や、どんな行動をしたかによって意味は変わって来ます。
まず教会の状態はどうでしたか?綺麗でしたか?寂れ、古びた汚い教会でしたか?
夢の中で悪印象を感じたならば、残念ながら「凶夢」であったり、なんらかの「警告」を意味する事が多いです。
そして鐘の状態はどうでしたか?綺麗な鐘でしたか?それとも状態の悪い鐘でしたか?
鐘の音色はどうでしたか?もし鐘の状態が良く、更に音も美しかったのなら、それは文句なしの「吉夢」と言えます。
文字通り「福音」として、貴方に何か良い事が舞い込むかもしれません。期待しましょう。
逆に鐘の音が耳障りであったり、不気味であった場合は「警告夢」と言えます。
教会事態に「懺悔、心の安寧を求める」という意味がありますので、何か悔やんでいたり、人間関係に疲れていたり、そういったストレスが警鐘を鳴らしていると受け取れます。

教会に牧師がいる夢が意味する、あなたの現在

教会はあなたの性格を表しています。人に対して良心的に接するあなたは、素直で純粋な心を持っています。人を疑わないことが多い為、とても信頼されています。人に尽くすような仕事が向いていると言えるでしょう。
牧師も、良心的な性格を表しています。教会とセットになることによって、あなたの類まれなる良心を映しているのです。しかし、あなたは現在の生活を正したい、とも考えています。つまり、これまでの生活に後悔を抱いているのです。自分の安らぎを祈っている。そんなあなたも暗示しています。

教会が崩れる夢は目標や目的が断念させられる意味

自身が今までしてきたことや、言動、観念が周囲に悪影響を及ぼしていることが考えられます。遂行してきた物事が途中で断念せざるをえないことも起きそうです。自分の目標や目的が高い位置にありすぎて、取り組んでいくことに不安になっている心理もうかがえます。教会が崩れて自ら巻き込まれるような惨状になったなら、現実を冷静に見直すことが大切というアドバイスになります。教会が崩れても、また建っているシーンが夢の中であらわれたなら、今は無理だとしても方針を切り換えて再びトライすることができるということを意味しています。

教会での掃除は問題解決のサイン

教会の夢は、救いや安らぎを求める心を表しています。あなた自身が犯した罪を顧み、懺悔の気持ちが出ているかもしれません。他にも辛いことがあり、救いを求める心から癒しを欲している場合があります。掃除をする行為は、自分自身を浄化しようとする夢です。汚れを取り去り、キレイにすることで今抱えている問題が解決し行くことを暗示しています。教会を掃除する行為が印象に残った場合、トラブルを解決しようという意識が反映されていることになります。掃除をしてキレイなったなら、問題は解決するので現実面でも前向きに対処していきましょう。

教会で泣く夢は何を意味しているのか

教会はあなたの中にある悩みや苦しみを表しています。
泣くという行動をしている場合、長く悩まされていたり、苦しんでいることを訴えてきているといえます。
そして、泣く夢はそういった苦しめられていることからの解放を意味します。
特に大きな悩みが無い場合には、日常の中で良いことがおこり始めるサインという意味があります。
ただ、周囲に気を使いながら泣いているのは、実際の暮らしにおいても周囲の人に気を使いすぎていることの暗示です。
基本的には吉夢ですが、上記のような場合には注意が必要です。

教会で十字架を見る夢の意味とは

教会で十字架を見る夢というのは、現在何かしらに対し罪悪感を感じていたり、罪を償いたい、許しを得たいという気持ちの表れとなります。また、自分の行いに対し、正しいことか否かを考え、客観的に自分を見つめなおしている状態でもあります。もし、あなたが座って見上げるようにその十字架を見つめていたなら、なお救いの手を求める気持ちは強くなります。本来のあなたは、あるがままの姿で本当の心の内をさらけ出すことを求めています。

合わせて読みたい