夢占い

【夢占い】包丁の夢の意味13選!

包丁を持った人に追いかけられる夢は試練の訪れを示します

包丁を持った人に追いかけられるという夢の中には、これから迎えるであろう最大の試練が暗示されています。

立ち向かう勇気が無ければ、人生が悪い方向に進んでいってしまうでしょう。覚悟を決めて、試練を乗り越えなければならないのです。

包丁はまさに、その試練の象徴となります。怖い気持ちがあっても、しっかりと対処することです。そうした姿勢が、自分のスキルをより優れたものにしていくでしょう。

包丁で刺される夢は幸運の前触れ

包丁で刺される夢は一見悪いことの前触れかと不安になってしまいますが、これは幸福が訪れる前兆です。

夢の中で刺されているあなたは、あなたの今抱えている悩みや悪いものを意味します。それを包丁で刺されるというのは、その悪いものからの解放を意味しています。

何か今悩み事があるならそれが解決するサイン。気になる異性がいるなら恋愛運が上昇するというサイン。何も思い当たらなくても驚くような幸運が近づいてきているというサインです。

包丁が折れる夢は復讐の失敗を意味します

相手を刺そうとして突き出した包丁が折れるという夢には、ずっと企んでいた復讐の計画が失敗することを示しています。憤りが復讐心となって、いつまでも胸の奥に留まってることの暗示でもあります。しかし、相手の方が一枚上手なので、軽く跳ね返されてしまう可能性が高いのです。怒りの象徴として包丁が出てきていますが、有効活用する術を知らない自分の未熟さを露呈しています。念入りな計画と自信の必要性を訴えかけているのです。

人質に包丁が突きつけられる夢は危険な未来の暗示です

人質に包丁が突きつけられるという夢は、すぐに危険が訪れる暗示です。

常に危機感を持っていることで、いくらかは対処出来るようになるでしょう。知らんぷりしていると、大きな犠牲を払う可能性が生じます。

まだ十分間に合うので、抜け目なく自分の行動を点検していくことが重要です。

また、人質となっているのが自分の場合は、特に用心することが求められるでしょう。

包丁で人を刺す夢を見たときの対処法

包丁で人を刺す夢は、あなたの「攻撃性」が高い状態にある可能性があります。
包丁には、道を切り開くという意味での「創造」や、何かを切り離すような意味での「破壊」という攻撃的な部分も持ち合わせています。
人を刺してしまうということから、攻撃性を他人に向けてしまう心理が隠されています。
人間関係などいろいろな不満を溜め込んで爆発させてしまい、回りの人との間に大きなトラブルに発展してしまう暗示でもありますので、この夢を見たときは心を落ち着けて冷静さを保つよう心がけましょう。

包丁を突きつけられる夢は恐怖体験の予兆です

知らない相手に包丁を突きつけられる場面が夢の中に表れてきたら、自分の過失で大きなトラブルに見舞われる可能性が高いと言えます。

周りの多くの人々が敵になって、自分を攻撃してくる現実がイメージ出来ます。助けてくれる人もおらず、四面楚歌で攻撃され続けるのです。防御の術が無いことが絶望感を高めていきます。

包丁は、攻撃的な他者の言動のシンボルとして表出しています。これから恐怖に怯える日々が続く暗示となるでしょう。

足を包丁で切られる夢は裏切られる予兆です

足を包丁で切られるという内容の夢には、誰かから恐ろしい裏切りを受ける可能性を読み解くことが出来ます。

追いかけてくる相手を振りほどけないと、大きな痛手を負わされることになります。

また、切りつけてきた相手が、親しい人間であったのなら、より警戒心を強めなければなりません。油断しているところから恐怖は襲ってくるのです。

包丁で殺される夢は恐怖の訪れを示します

包丁で殺される内容の夢を見てしまったら、身辺の警戒をしておく必要性の暗示として受け止める必要があります。

トラブルの予兆としても捉えることが出来るため、今抱えている問題への向き合い方も見つめなおすことが肝心です。

未然に危機を回避するための準備を念入りにすれば、しっかりとした心構えで臨めるようになっていくでしょう。

女が包丁を持っている夢は猜疑心の現れです

女が包丁を持っている夢には、根深い猜疑心によって攻撃を受ける可能性が示唆されています。

包丁は攻撃的なシチュエーションを意味していて、危機が迫りつつあることが暗示されているのです。相手に疑われるような事をしているのであれば、早急に謝罪をしなくてはなりません。逆に身に覚えが無いようなことを勘ぐられているなら、堂々としてしていれば良いでしょう。

状況に合わせて適切な態度をとる必要性が示されているのです。

母が包丁を持っている夢は孤立する暗示です

本来なら自分を守ってくれるはずの存在である母が、包丁を持っているという夢のシチュエーションには、誰からも見放されてしまう未来が暗示されています。

最後の望みさえも絶たれてししまい、四面楚歌になる可能性が見え隠れしています。自分勝手な行動を慎み、周りの幸せを考えられるように努力すべきとのメッセージとしても捉えられます。

周りが敵ばかりになる前に、好意的なコミュニケーション・対応の仕方を身に付けておく必要があるのです。

包丁で殺されそうになる夢は裏切られる暗示です

包丁で殺されそうになる夢を見た場合は、かなり深刻な事態が間近に迫りつつあることを示しています。取り返しがつかないような悪事を働いていたら、そのしっぺ返しを食らう可能性が高いのです。相手は刺し違えるくらいの覚悟で迫ってくるので、警戒しなくてはいけません。油断していると、思わぬところから攻撃されてしまうでしょう。包丁が象徴するのは、過去のトラブルです。夢に出てきた人物は全て敵意を持っている者として捉えられます。

包丁を投げつけられる夢は嘘がバレる暗示です

身近ら人から包丁を投げつけられる夢を見てしまった場合、それは自分の嘘がバレて痛い目に合う予兆です。

これまで何となく気付かれずに済んでいた嘘が、次々と明らかになっていくことを、包丁が象徴しているのです。

嘘をついた代償はとても大きく、鋭利な刃先が突き刺さる可能性さえ示唆されています。過去の行いを顧みて、反省すべき点があれば今すぐに改善しなければなりません。過去の償いをする必要性が強く示されている夢なのです。

包丁で自分を刺す夢は自己犠牲の暗示です

包丁で自分を刺すを見たのなら、今後自分の想いを犠牲にしてまで取り組まなければならない仕事の存在を読み解くことが出来ます。

逃げられないことが増えていって、辛い時期が続いてしまう暗示でもあるのです。

仕方が無いと割り切って、それなりの対応をしておけば良いでしょう。あまり深入りするよりも、その先を見据えた無難な立ち回りが功を奏すことになります。

合わせて読みたい