夢占い

【夢占い】借金の夢の意味7選|借金する・借金取り・返済など状況別に夢診断

【夢占い】借金が出てくる夢の基本的な意味とは?

借金はいつの時代でも、お互いの信用や信頼が無くては生まれません。そんな借金がでてくる夢は、あなたと誰かとの今後の信頼や信用を表しています。例えば、誰かから大きな借金をする夢を見た場合は近い内に、あなたに対する誰かの信頼や信用がとても大きくなる事を表しています。逆に小さな借金をする場合は、あなたに対する誰かの信頼や信用が下がる事を表しています。注意して見なくてはいけないのは、その借金をする時の相手の顔です、相手の顔が笑っているように見えたらそれは、あなたに幸運が訪れる事を表しています、その逆のに不愛想な顔であった場合はあなたに不幸が訪れる事を表しています。このように、借金をする夢はその金額が大きかったか小さかったか、相手の顔はどうであったかという点がとても重要です。

借金をする夢は、「壮大な計画」への期待感の可能性もあります。

あなたの借金の金額は、相手からの信用や期待の度合いとも言えます。また、仕事のノルマ、働きぶりの表れの対価として見ることもできるでしょう。金額が大きいほど、あなたの能力も高く、信頼感も大きいといえます。
一つの例えとして、あなた自身が精神的な可能性への成長に挑み続けている場合があります。借金がその壮大な計画の証である場合、他の人ならば到底できないようなことを「やる!」と宣言して周囲から注目を集めている可能性も考えらます。これから全エネルギーを集中させ、口先だけではなく、実行力を証明したい、と考えているかもしれません。問題はその後です。呉々も、非効率な取り組みにならないように注意して進みましょう。

夢で借金を返済する!現実ではどうなる?

借金というと、全く良いイメージがないばかりか、嫌なイメージがつきまとうものです。
その人によって借金のイメージが異なるかと思いますが、「終わらない」、「ずっと付きまとうもの」、「生活がいつまでも安定」しないなど、どうしてもマイナス的なイメージが拭えないのが事実です。
そんな借金を返済するという夢は、とっても良い夢とされています。
予知夢ではありませんが、あなたの努力が周りに認められたり、努力したことでその成果が形となったりと、あなたの頑張りが大きく認められる可能性を秘めています。

母親が借金をする夢の意味とは

母親が高額の借金を抱え込んで、返済のために苦しい生活を続ける夢を見た時には、自分の金銭的な不安が原因で悪夢を見ていると考えてください。
母親が追い詰められても、援助をするほど金銭的余裕が無い時ほど、母親が借金をして苦しんだり、借金取りに追われる夢を見やすくなります。
近いうちに大金を失う事になる暗示かもしれないと考えて、金運を高めるために活動する事で、悪夢を見る回数を減らせるはずです。
母親からの愛情を求めている時にも、母親が借金をしてしまう夢を見る事もありますから、寂しく感じたら実家の母親に電話をしてみてください。

もっと詳しく知る:
>>母親の夢の意味

借金をして家を買う夢は、大きな成長への期待感を示唆します。

「借金」というのは悪い意味あいばかりではなく、夢の中においては「支払う対価」に視点を向けることで、解釈の内容が違ってきます。借金をして建てるほどの家なので、あなたの期待がとても大きいと言えます。夢に見た家はあなたの意識の住処でもあり、あなたの現状でもあります。あなたがもう時期何か大きな成長ができるぞ、という期待感に溢れていると受け取るのがよいでしょう。また、見た目と本当の意味が今は一致していない場合もあります。一見行き詰っているように思えて、実は大詰めを迎えている可能性もあり、滞在意識がそれをあなたに告げているのかもしれません。

彼氏や彼女が借金を作ってしまう夢

夢の中に出てくるお金は、仕事や愛情といった生きていくのに不可欠な大切なものを意味しています。特に愛情を表していることが多いです。
恋人が借金をするほどお金に困っている。その「お金」を、「愛情」に置き換えてみましょう。
あなたからの愛情では満足できず、誰かから「愛情」を借りようとしている。つまり、浮気心が芽生えているのではないでしょうか。
ただし、お金の夢はそのまま「お金」を意味していることもあります。その場合は、必ずしも正夢ということではなく、逆夢になる場合が多いので、この場合は心配いらないでしょう。

もっと詳しく知る:
>>彼氏の夢の意味

借金取りに追われる夢

あなたの運気の低迷傾向を暗示しています。特に、健康やや金運といった部分の落ち込みがかなり顕著で、そのことが自由な行動を成約していると見て取ることもできます。また、ごまかしが効く状況でないことも分かります。さらには、時間が経つにつれ事態が悪化していくという暗示が含まれており、場合によっては人間関係のぶつかり合いも懸念されます。時には、間に人を入れるなどして、多くの人が見守る形で状況の改善につとめると良いでしょう。

合わせて読みたい