動物

【動物占い】感情的なライオン(ゴールド)の性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2019年運勢も紹介】

もくじ

感情的なライオンの2019年運勢を徹底解剖!

自分自身の取り組みや考え方を、客観的に見つめなおすことのできる2019年になるでしょう。冷静さを保って物事を見定められるので、大きな失敗に至る可能性は低くなっています。自主性の高まりが、感情的なライオンの自立心を刺激して、自分から正しい答えを見つけ出すスキルが身についてくる予兆も見られます。あまり意固地になり過ぎると、一つのことに固執してしまうので、その点だけは常日頃から注意して過ごすようにしなければなりません。

感情的なライオンの基本的な性格を徹底解説!【動物占い】

感情的なライオンの性格①過酷な状況でも泣き言を言わない

感情的なライオンの性格は、どんなに辛いことがあっても負けずにトライし続けられる精神力の強さに裏打ちされた上昇志向です。過酷な現実に対して、悲観することなく、どうにか打開出来ないかしっかりと考えられるのが長所なのです。

ネガティブな気持ちを跳ねのけて、希望を見出す姿に、多くの共感が集まっていきます。サポーター的存在の仲間が多いことも感情的なライオンの性格の特徴であり、次第に状況が好転していくことも多々あるのです。

日々の地道な努力が功を奏して、環境はより良いものに変わっていきます。感情的なのは自分を鼓舞するためであり、決して自己満足の産物ではありません。軸足を定めた誠実な生き方を全力で体現するタイプなのです。

感情的なライオンの性格②白黒つけないと気が済まない

自分にできることは相手にも出来ると思い込んでいるのが、感情的なライオンのネガティブな特徴の一つです。そのため、完璧主義者である感情的なライオンは、どんな物事にも白黒をはっきりつけて、「出来る・できない」の二者択一にこだわり続けるのです。

場合によっては無理強いしてまで判断を迫ることから、徐々に信頼関係が崩壊していくこととなります。勝ち負けにもこだわり、どちらか一方が劣っている状態を作り上げることに熱心です。優劣をつけて、自分の強さを誇示しようというエゴが働いています。

こうした中では信頼関係を築くのが難しくなっていまい、人付き合いが疎かになりがちです。思いやりを持って他者と接する姿勢が求められています。

感情的なライオンの性格③どんな事でも全力で行い必ず結果を出す

感情的なライオンは、真面目です。努力することが好きで、結果が出るまでどんなことにもチャレンジしていきます。大変頑固な性格で、周りの意見に耳を傾けることはしません。

不器用なところがあり、周りに気を使っているつもりでも一生懸命になると周りが見えなくなってきます。情的なライオンは、野望を持っています。社会的権威を持つことや成功することを望みます。いつも競争心を持っており、サッパリした性格をしています。

周りには親切にできますが、自分に厳しく甘えるのが苦手です。結果を出せるまで努力し続ける忍耐力を持っています。正義感も強いので、自分を犠牲にしてまでも人を助けるところもあります。何をするのも全力で頑張るのが感情的なライオンです。

感情的なライオンの性格④困っている人がいたら何も考えず手を差し伸べる

感情的なライオンは、困っている人を見つけたら何も考えずに手を差し伸べるという方が多いようです。基本的には正義感が強く、困っている人を見つけると自分の身を犠牲にしてでも助けたいと思う傾向にあります。

とても優しく、面倒見が良い親分肌・姉御肌なので、年下の方や弱い立場にある方に慕われることも少なくないようです。感情的なライオンは、真面目で誠実なタイプなので、社会のルールを無視したような不正や弱いものいじめなどを許すことができないのです。

しかしその一方で、後先を考えることなしに人助けをしてしまうため、自分のことが二の次になってしまったり、ちょっとしたトラブルに巻き込まれたりすることも多々あるようです。

感情的なライオンの性格⑤ライオンの中で一番ライオンらしい

感情的なライオンは、ライオンの中で一番ライオンらしい気質を持ち合わせています。基本的に職場においてもプライベートにおいても、自分の理想を追求し、どのようなコミュニティーの中でも常に「一番」になることを目指しています。

感情的なライオンは、完璧主義でコツコツと努力を重ねる職人気質の方が多いようです。また、感情的なライオンは、ライオンの中でももっとも礼儀やマナーを大切にする傾向にあるようです。

とても真面目で誠実な人が多いので、マナー違反やルール違反を許すことができません。表面上はとても人付き合いがうまいのですが、他人に対しては厳しく警戒心を解くのが苦手な傾向にあるため、なかなか自分の弱みを見せることができない傾向にあります。

感情的なライオンの性格⑥周りから褒められるのにはめっぽう弱い

普段から、他人の評価を気にしてばかりいる感情的なライオンは、ふとした瞬間に周りから褒められると大喜びしてしまいます。気持ちが舞い上がって、恥ずかしい気持ちすら湧いてくるのです。

その結果、どのようなリアクションをとって良いか分からなくなり、その場を立ち去りたい気持ちに苛まれます。他者から評価されたい一心で続けてきたと努力が、いざ報われると狼狽えてしまうのが感情的なライオンの特徴的な一面として表されているのです。

また、あまり大げさに称賛されていると、徐々にその賛美が偽りのものでないかという疑念が沸き上がってきます。猜疑心が募り、身近な人に対しても信頼感が抱けなくなってしまうケースも多く見られます。

感情的なライオンの性格⑦単純なので人に騙されやすい

一本気で融通の利きにくいタイプである感情的なライオンは、思い込みが激しい特徴も持っているため、一度騙されてしまうと繰り返し騙され続ける傾向にあります。他者からの善意を額面通り受け入れて一切警戒しないのが、感情的なライオンの短所なのです。

普段からあまり積極的な人付き合いをしていない場合は、より簡単に騙されてしまいます。言われたことを信じて、自分の行動に素直に反映させてしまうからです。世の中に悪い人はいないとさえ思う節があるので、騙す側からすれば都合のよい存在として認識されます。

裏表のない性格でお人好しな感情的なライオンは、好かれやすいものの、警戒心の無さが仇となってしまうケースがほとんどなのです。

感情的なライオンの性格⑧カリスマ性があり周りの人達からは憧れの眼差し

独自の感性で生きている感情的なライオンには、他にない類まれなるカリスマ性が秘められており、周りから憧れの眼差しで見られています。これまでの経験で培ってきた高度なスキーム、テクニックを生かして、その魅力を存分にアピールすることが出来るのです。

時には髪のような存在として崇められることさえありますし感情的なライオンにしかできない仕事が沢山あり、様々な依頼を受けることもあるのです。将来的に誰もが幸せに暮らせるよう、政治的なサポートをしていくことにも向いています。

しかし、どちらかというと孤独を志向する傾向が強いので、あまり人前に出ることは望みません。自己満足出来れば十分であると考えている感情的なライオンがほとんどなのです。

感情的なライオンの性格⑨自分の価値観を大事にする

何よりも自分自身の価値観を重視して、他者の気持ちに寄り添うことが出来ないのが感情的なライオンの特徴であり個性です。自分の考えを無理やり押し付けることもあるので、周囲の人々があまり良く思われない傾向にあります。

常に理想を追い求めているタイプの感情的なライオンは、望まずとも孤独化の道を突き進んでいくこととなります。壮大なスケールで夢を抱いたり、自分の理想像を体現しようとするあまり、沢山の軋轢を生み出してしまうのです。

協調性の無さは集団生活に向いておらず、一匹狼として生きていく道を選ぶこととなります。道を切り開く力はあるので、困難な状況でも確固たる価値観に従って、前向きに生きていくことが可能なのです。

感情的なライオンの性格⑩常に完璧な自分でいたいと思っている

完全無欠な状態の自分に酔いしれて、周囲に対する配慮を欠いてしまうのが感情的なライオンのマイナスの側面です。何事も失敗することなく、完全でありたいという思いが強すぎて、向こう見ずな性格だと思われがちなのです。

独りよがりになって、完璧な自分を貫き通そうとするため、精神的な疲労も日に日に増していくこととなります。ある程度のとこでセーブする器用さも持ち合わせていないため、ストレスも積み重なっていきます。

感情的なライオンの周りには、カリスマ性に魅了された一部の支持者が集まっていることが多いです。信頼しあえる関係の仲間がいるうちは、なんとか完璧さを保てます。安心して生きていける環境が、その前提となっているのです。

恋愛運や特徴は外見にはあまり興味が無く求めているのは深い心の繋がり

見た目の印象だけでは計り知れない、内面的な魅力に関心を持って、恋愛関係の理想に反映させようとするのが感情的なライオンの特徴です。表面的な付き合いを避けて、より親密な心の繋がりを求める傾向にあるのです。

相手がどのような考えを持つ人物であるのか、時間をかけてゆっくりと理解していく姿勢を重視しています。特に、二面性のない相手に対しては警戒感が薄れて、心を許すことが多くなります。

一緒にいて安心できるかどうかは、こうした信頼感の醸成が大切なポイントとなっていくのです。感情的なライオン自信が正直者であるため、恋愛対象の相手に対しても、オープンで偽りのない関係性を望んでいます。本質的な優しさをを重要視しているのです。

仕事運や特徴は誰からも頼りにされ、結果も必ず残しますが相手にも同じ事を求める

あらゆる課題に対する適応力が高く、無難にこなしていく力がある感情的なライオンは、同じように出来ない相手に嫌悪感を抱きます。これまでに多くの優れた結果を残してきたことをアピールして、周囲の人にも同じ成果を挙げることを迫るのです。

こうした身勝手な態度は反感を買い、感情的なライオンに心を寄せる人は次第に少なくなっていきます。プライドが過度に高いわけではなく、自己評価がそれほど高くないからこそ、相手にも同様の行動が出来るだろうと判断してしまうのです。

成し遂げたことに対する自負が、周囲への自然な期待感として表出することとなっています。自他の区別がつかない振舞いが信頼関係を壊していくことに、早く気付くことが肝心です。

感情的なライオンの開運ポイントは常に完璧であろうとし過ぎない事が鍵

完璧で油断も隙も無い自分に陶酔しがちな感情的なライオンは、周囲から尊敬を集めているものの、近寄りがたい印象を持たれがちです。完璧主義的な嗜好によって、自分の虚像を作り上げている現実を知ることが、開運に向けた重要なポイントとなっていくのです。

無理して自分の能力を高く見せようとする傾向があり、本来完璧でないのに虚勢を張ってしまうのです。無理せず、自分のペースでのんびり生きている人々を見習うことで、少しは気分が楽になってくるはずです。

適度に息抜きをしながら、締めるところは締めて、緩めるところは緩めるといった姿勢が求められます。常に完全な人間はいないことを認識して、柔軟な姿勢で物事に向かうことが感情的なライオンにとって必要です。

感情的なライオンの相性を徹底解説!状況別の良い・悪い動物とは?

恋愛上で相性が良いのは順応性のある狼や楽天的な虎

感情的なライオンは本質的な愛情を求める傾向にあるため、表面的な付き合いをするのが不得手です。恋愛を続けていくことを前提とした場合に相性が良いのは、順応性のある狼や楽天的な虎といった慈愛に満ちたタイプとなります。互いの短所も踏まえて、優しく包み込む関係が長く続けられるでしょう。不安を感じやすい性格の感情的なライオンにとっても安心感が抱けます。パートナーとして生涯連れ添っていく、素敵な恋が発展させられます。

仕事上で相性が良いのは粘り強いひつじや気取らない黒ひょう

感情的なライオンはいつも相手の気持ちばかり気にして、自分のことを疎かにしてしまいます。目の前にある仕事すらまともにこなせないのです。そのため、粘り強いひつじや気取らない黒ひょうといった実務に専念するタイプの仲間の支えが必要です。相性も良いので、感情的なライオンの不手際を未然に防ぐ役割を果たしてくれます。慎重派であることは共通項であるので、みんなで知恵を出し合って難局を乗り越えていく姿勢が鍵となってきます。

人間関係で相性が良いのは人気者のゾウやしっかり者のこじか

感情的なライオンの実直な性格は、信用される反面上手く利用されてしまうリスクも併せ持っています。心から信頼できる相手として、人間関係で相性が良いのは人気者のゾウやしっかり者のこじかを挙げることができます。どんなことがあっても、離れることなく、常に感情的なライオンの味方になってくれることでしょう。一人では成しえないようなことに向かって、協力しながら乗り越えていく姿勢を共有できる素敵な間柄になれるはずです。