動物

【動物占い】たぬきの性格や相性を徹底解説!恋愛・仕事・開運術も!【2019年版】

動物占いたぬきの性格①人当たりが良く人気者

穏やかでまじめな性格のたぬきは、人当たりが柔らかく人気者です。

対人関係には非常に気をつかい、もめごとを嫌い、いやなことがあっても決して顔には出しません。

常識や伝統・しきたりを重んじるので、特に目上の人からの受けがよく、上司からかわいがられるのもたぬきの特徴です。

また、いわゆる「天然」な人が多いのもたぬきです。その天然っぷりも、受けがいいんでしょうね。

仲間内でトラブルが起きると仲裁役を買って出るなど、とにかく平和を重視するたぬきは、さらにみんなの人気を得ることになります。

しかし、腰が低く常に一歩引いた態度でいるため、周りからは消極的な人という印象を受けやすく、何を考えているのかわからない…といわれることもあります。

動物占いたぬきの性格②いろんなキャラを演じられる

冷静で着実、そして頑固な一面もあったりするたぬきタイプの人ですが、多くのコツコツ型、内面型の人とは異なり、自由自在にキャラを演じ分けられるという特徴があります。

もちろん、本心から性格がブレているわけではなく、むしろ心の内面に強い「軸」があるからこそのキャラチェンジでもあります。

特に仕事上においては、体育会系のキャラを取引先が求めている場合と、インテリ系の人と話したい取引先の雰囲気の違いを巧みに読み取って、会話のムードを最善に持っていくことも決して難しいことではありません。

もっとも、いつもの姿を知っている人にとっては通用しにくいですが、それでも、人に見せる態度の幅が広いのは、接客や営業などの場面で極めて大きな武器になることは間違いないところです。

動物占いたぬきの性格③影の努力家

穏やかで人当たりの良いたぬきは、コツコツ努力することが得意です。何事にも経験・実績を重んじるたぬきは、役割分担された作業を地道に行うことが大好きなんです。

おとなしく常に一歩引いた態度でいるため、日頃は目立たずに消極的な人と見られやすいこともあります。

そんなたぬきなので、努力している姿は全く見えずに、成果が出てから初めて周りの人が気づく…ということも多いです。

努力をしていることをアピールすることもありませんので、目上の人から可愛がられるのもたぬきです。

リーダーシップを取ることはありませんが、コツコツと実績を重ね、組織内で次第に頭角を現します。

若いうちは目立ちませんが、年を取るごとに評価が高まっていくのもたぬきの特徴です。

動物占いたぬきの性格④物忘れが激しい

物忘れが激しいのもたぬきの特徴です。物事に固執するということがなく、おおらかな性格のたぬきは、とにかく覚えるということが苦手です。

たぬきといえば、飲食店の店先の置物として置かれていますよね。そのたぬきは必ず帳面を持っています。

商売上手なイメージがありますが、実はすぐ忘れてしまうので、書き留めておくために帳面を持っている…ということなんです。

しかし、たぬきはその帳面を見ることを忘れてしますので、結局忘れてしまうんです。

そんな物忘れの激しいたぬきですが、持って生まれた人当たりの良さや、言動・行動が天然っぽく見られることがあります。

周りからはほっておけない…とフォローを受けることが多く、致命的なミスとなることは少ないようです。

動物占いたぬきの性格⑤古いものが好き

とにかくたぬきは古いものが大好きです。

伝統・しきたり・きまりなどを重視するたぬきは、新しいのもには目もくれません。とにかく古いものに興味を持ちます。

歴史的なモノや伝統を受け継いでいるモノに夢中になります。若いうちから、神社・仏閣・古城などを巡ったりする人はたぬきなのかもしれません。

日本の名城○○選…なんてフレーズに弱いのも特徴。一つ一つコツコツと巡っていく…そんなことが大好きです。

定番商品を好むのもたぬきです。

飲食店や洋服屋さんなども、自分が行き慣れている、決まったところにしか通いません。
新しいお店を開拓する…ということには全く関心がないんです。

いつものお店でいつもの商品を買う…ということに、たぬきは最大の安心感を得ることができるのです。

動物占いたぬきの性格⑥返事だけはいい

「はい、わかりました」と返事だけはいいのが、たぬきです。

穏やかで、人当りがよく温和なたぬきなんですが、返事を返してきても、ただ口に出しているだけ、頭の中では何も考えていない…なんてことが本当に多いんです。

もちろん、悪気はありません。自分の関心のあることには、コツコツ真面目に頑張ることができるんですが、それ以外のことには興味はありません。

興味のないことを聞かれても、たぬきは上手く返事できません。だから適当に「わかりました」なんて答えるのかもしれませんね。

当然、返事をしたときの頭の中は何も考えていません。天然で忘れっぽいということが関係しているのかもしれません。

とにかく、たぬきの「はい、わかりました」だけは気を付けてください。

動物占いたぬきの性格⑦上下関係を大事にする保守派

動物占いでたぬきの人は、仕事に対して熱心な人が多いです。それに加えて、たぬきの特徴である人付き合いの上手さがありますので、上司からの好感度もとても高いです。

たぬきは、一見大人しく見える人が多いですが、そうではなくコミニュケーション上手で、いつでも相手の顔色や考えている事を理解しながら話を進められる力の持ち主です。

それに、上下関係や人に対しての礼儀、常識については厳しい一面もありますので、社会での上下関係には厳しいと言えます。

上下関係を大切にしているからこそ、上司や後輩から慕われる傾向にあります。

自分が任された仕事やお願い事は断れない事が多く、しっかり者のたぬきなので、中途半端にする事はせず、きちんと頼まれた事はこなすので、上司からの信頼も厚いでしょう。

動物占いたぬきの性格⑧行きつけのお店ばかりに行く

何かにつけて頑固で、慎重なところがあるのがたぬきタイプの人。

自己主張はそこまで強いわけではないですが、確固とした意思を持っていますので、仕事などで譲る必要がある場合などではともかく、プライベートの場においては、徹底的に自分のルールを重視したりします。

例えば、外食をしたりといった理由でお店に行く場合にしても、これだ、と、自分が心に決めたところには何年でも通い詰めていったりもします。

様々な場所に行って冒険するよりも、同じ場所に行き続けることで、安心感を得たり新たな発見をしていくタイプでもあるので、「いい店があるから行こうぜ、案内するよ」といった、同僚や友達からの定番のお誘いに嬉しさを感じられなかったりもします。

動物占いたぬきの性格⑨控えめながらも堅実な仕事人

それほど目立つわけではなく、自己主張に欠けると評価されることもあるたぬきタイプですが、仕事においてはその堅実さと意思の強さによって非常に高く評価されるものを持っています。

突飛とも評価されがちな挑戦的な企画を作ったり先陣を切ったりすることには向いていませんが、既存の仕事を粘り強くやっていくのならばまさに最適な資質を有しているとも言えます。

地味ではあるものの非常に意思が強く価値判断にも確固たるものがあるだけに、他のタイプに任せるよりもずっと安心できるといった領域がいくつもあり、そうした仕事の結果、部署やチーム全体のクオリティを引き上げていくこともできるのです。

いぶし銀の活躍を見せてくれる、絶対不可欠なタイプですね。

動物占いたぬきの性格⑩和を大事にする

頑固であり、また非常にコツコツとしたところがあるたぬきタイプですが、自己の強い意思を全力で示したりすることはあまり好みではありません。

人前で色々とキャラを変えたり、割と器用な立ち回りができるところもありますが、そうした部分も、人を騙したり出し抜こうと考えたりしているからではなく、ぶつかり合いたくないという気持ちが背景にあってのことです。

また、案外保守的で上下関係などに厳しかったりする一面もあったりしますが、それも、序列をを重んじることで、団結力、人の輪が保てると考えているが故の判断です。

つまり視野が広く思いやりがあるとも言えるわけで、何かのプロジェクトのトップを任せたりしても、予想以上の成果を上げられるタイプであるとも言えるでしょう。

恋愛運や特徴は結婚が前提の大和撫子

穏やかで人当りの良いたぬきの恋愛は、まさにその性格通りです。

派手なことが苦手で、どちらかというと消極的なたぬきは、恋愛も消極的なので、好きな人ができても、自分からアタックすることはできず、他の人にとられちゃうなんてことも。

伝統・しきたり・古いことが大好きな、たぬきの好きなタイプは、まさに古風な感じがする人で、いわゆる、日本男児・大和撫子という雰囲気を持っている人で、動物の狸は日本固有の動物です。

だから、たぬきも「和風」が好きなのかもしれませんね。

当然、お付き合いをするにしても軽い気持ちではないですし、結婚が大前提なんです。

試しに付き合ってみるか…なんてことは絶対にしないので、浮気の心配もないたぬきは、結婚相手としては最適かもしれませんね。

仕事運や特徴は人のためになる仕事に向く

社交的なキャラや熱血的なキャラも演じられるたぬきタイプですが、その本質は、冷静かつ慎重で着実、保守的なところもあって、和を尊ぶといった性格です。

ですから、調子の良い事を言って取引先から条件の良い仕事を取ってきたり、あまり有用とは思えないような商品やサービスを提供したりするような仕事や部署にはまったく向きません。

たぬきタイプの和を重んじる心や着実さがもっとも良く発揮されるのは、そのサービスが形になることで、確実に誰かの役に立つ職域ということになると思います。

経済的な利得以外の部分でも、極めて全力で仕事に臨み、達成への道筋を立てられる性格の持ち主とも言えます。

得てして「利」に走りがちな仕事の現場だからこそ、こうしたタイプの人は重要になってきます。

人間関係の特徴は敵を作らない人の良さ

穏やかで人当りのよいたぬきは、人間関係では決して敵を作りません。真面目で飾らない性格で、対人関係には非常に気を使います。

嫌なことがあっても顔には出さないので、たぬきが嫌われることは少ないでしょう。消極的で目立つことが苦手なので、余計に敵を作らないんでしょうね。

また、伝統・しきたり、上下の関係などを大切にするので、目上の人からとてもかわいがられます。

たぬきはコツコツと地道な作業を繰り返すことが得意です。周りからも信頼できる人という印象も持たれるでしょう。

リーダーシップをとることはありませんが、年を重ねるごとに実力が認められ、頭角を現してくるパターンが多いです。

また、たぬきは忘れっぽくて天然な面もあるので、そこも好感をもたれるポイントかもしれません。

開運ポイントは人との交流を盛んにすること

冷静で着実なたぬきタイプですが、本質とは裏腹に、掴みどころがないとか、どこか妙な雰囲気を持っていると誤解されてしまうこともあります。

それは、人前だと社交的だったり、一方では普段物静かだったりするために、そうしたイメージを持たれてしまうものです。

しかしながらその本質は相手に対する思いやりであり、和を重んじる心から出る態度や行動だったりするわけですが、それを相手に理解してもらうには、仕事とは関係のないところで、同僚や知人に素直な自分を知ってもらうことが一番の早道です。

今までは敬遠していた会社の飲み会やイベントにも積極的に参加して、徐々に本当の自分を知ったりしてもらうことが、流れを良くして運を呼び込むためには重要ではないかと思います。

知り合いがたぬきだった時の付き合い方は?

基本的に人懐っこく、優しい性格のたぬきですが、女性と男性で多少性格は異なり、男性の場合は謙虚で物腰柔らか、ユーモアがあり社交的、でも実は頑固なところもあります。

知り合ったばかりでは派手な印象は抱かない、むしろ印象に残りにくい可能性のあるたぬき男性ですが、じっくり話を聞いてあげることでより親しくなれそうです。

社交的で人付き合いが上手なタイプですが、人に譲れない頑固なところもあるようなので付き合っていく上では理解も必要です。

女性の場合:愛嬌があり粘り強い。優しくニコニコしている。天然ぽいところがある。冷静だが軽率なところも。

いつでもニコニコと愛嬌溢れるたぬき女性。人に優しく接することができ、粘り強く物事に取り組みます。

しかし天然気味なゆえに、頼まれたことはあまり考えずすぐに引き受けてしまうことも。

優しい笑顔の裏でいっぱいいっぱいになっていないか気にかけてあげると良いかもしれません。

たぬきの2019年運勢を紹介!

今年は準備の一年になりそうです。抱えていた問題が解決し、次の一歩を踏み出すための前段階にある時期といえるでしょう。踏み出すための、とても重要な期間だといえます。踏み出して、次の一歩を成功させるために必要なことは、新たな知識を得る、健康を維持するといった取り組みです。しっかりと下準備を行い、タイミングをみて、すぐに踏み出せるよう、しっかりと整えておきましょう。タイミングも大切です。下準備しておくことで、明るい未来へつながっていきます。