動物占い

【動物占い】ひつじの性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も【2019年版】

動物占いひつじの性格?人の和が重要

ひつじはなんといっても、群れが大好きです。古代から人間に身近な存在であったひつじは、いつも群れをなして生活しています。

そんなひつじは「人の和」を何よりも大事にします。みんな仲良く、波風立てず…それがひつじの特徴です。

自分のことよりも周りのことを考え、「他の人何を考えているかな?この考えについてどう思うかな?」と、他人のことをいつも気にしています。

でも、周りのことを気にしすぎて、自分の意見がはっきり言えない…そんなことも多いようです。

また、群れを作るのは寂しがりやの一面もあるので、仲間外れされるのが最も傷つきます。
そんなひつじなので、「和を乱す」人が大嫌いです。

そんな人を見ると、持ち前の正義感でやっつけてしまうこともあります。

動物占いひつじの性格?人脈づくりや情報収集が得意

ひつじは情報収集が得意です。さまざまな業界のセミナーや、異業種交流会などで積極的に交流している人の多くはひつじなのです。

もともとひつじは、幼いころから変なところにこだわったり、モノを収集する癖があるようです。

高価なモノの収集ならいいんですが、他人から見たら価値のないモノ、はっきり言ってゴミかな?と思うモノでも、ひつじは収集します。

それはひつじにとっては、とても大切なモノ、何にも代えがたいモノなのです。

そんなひつじなので情報収集も大好き。あちこちに顔を出して、さまざまな人と交流し情報を集めてきます。しかし、モノも情報も集めて満足…という面もあります。

集めた情報をうまく生かせればいいんですが、集めただけで終わり…なんてことも多いようです。

動物占いひつじの性格?冷静でクールな一面も

ひつじはもふもふの毛に覆われている見た目通り、本音を見せるのが苦手なだけ。

また、牧場等で見るひつじと同じく群れて、常に誰かと一緒に居たいと思っています。故に対人関係に関しては、その場の和を作る事に長けています。

しかし、行動が客観的で、自分の価値観やその時の感情にあまり影響されにくいので、予想のつかない行動を取る相手に対しては、良いパートナーとなります。

幅広い知識を収集する事が好きで、自分が経験した事に対して一つ一つの意味を考え、知識として身につけ、自分のものとする事が得意です。

ひつじは、自分の能力をひけらかさずに、上には上がいることや自分より優れた人がいることも自覚しており、周りに対して常に謙虚に物事に取り組みます。

動物占いひつじの性格?律儀すぎて頑固なところも

ひつじは、律儀な性格で、一度決めたことや約束は守るのが当り前で、周囲にもそれらを求めていきます。故に融通が利かず、頑固だと思われる事があります。

また、強要されたり、頭ごなしに指示されるのが苦手なため、頑固なイメージを持たれる場合があります。

そして、一度決めたことや約束は守るのが当り前な性格が災いして、神経質で他人に厳しい部分もあり、結果相手や周りを疲労させてしまうこともあります。

そんな時は、他の人と適度な距離を保つことにしてみます。

皆に頼られ「良い人」に見られたいと強く願っていますが、「良い人」への憧れが強い分物事の細部まで気になるのです。

遠くから見守るような気持ちで付き合えば、親切な人だと思ってもらえます。

動物占いひつじの性格?気配り上手で親身

その場の和を大切にするひつじ。とても知識や人間関係の把握にバランスが取れています。

故に気配りが出来て、どんな事に対しても親身に対応します。

生来の情報収集の能力高さがあり、観察眼が鋭く、相手の心理や感情の動きを読むことがうまいので、アドバイスに関しても的確に出来、グループ内では頼られる存在となります。

また、親しみやすい人が多く、誰に対しても優しく無邪気なので、人前ではいつも笑顔でいることも多いので相談されやすいというところもあります。

争いを好まない平和主義者です。中には計算高いひつじもおり、こうすれば相手は喜ぶ、許してくれると頭の中考えます。

しかし、これは短所ではなく、平和に過ごすために必要な知恵(ギブアンドテイクの関係)であると言えます。

動物占いひつじの性格?自分のことはネガティブ思考

ひつじは自分のことになると、ネガティブ思考となります。他人の悩み事には親身になって相談に乗ってくれますが、自分のことはすぐ悲観的になります。

終わったことなのに、「ああすればよかった」とか「あの時こうしていれば」なんて、後悔ばかりしています。

もっとひどくなったら…とさらにネガティブになり、「悲劇の主人公」的な妄想をすることも。愚痴やボヤキが多いのも、ひつじの特徴。

「あぁあ」「はぁあ」などため息も多いですが、ただ聞いてあげるだけで十分なことが多いです。ネガティブ思考なので、次の一歩が踏み出せないこともあります。

イケイケドンドンのときは、素早く次の行動を起こすことができますが、一度ネガティブ思考になると一歩を踏み出すことに躊躇します。

動物占いひつじの性格?仲間外れは大敵

一見クールだけれど、実は寂しがり屋なひつじにとって仲間はずれは大敵です。

群れで生きる生き物であるひつじが一匹で行動していないのと同じで、動物占いがひつじの人も仲間外れにされるととっても傷つくのです。

そうかといって誰かとベタベタしていたいわけでもないです。ただみんな誘われているのに自分だけ誘われていないという状態に強いストレスを覚えます。

クールで冷静に見えるのも人と距離を置きたいわけではなく、本当はなかなか出せないだけです。

ひつじの人は人の役に立つのが自分の幸せだと思っている人が多く、人ととっても仲良くなりたいのです。だから誰かから相談されると嬉しいし、必要とされていると思うのです。

それだけに自分がとても信頼していたり、尽くしていると思う人から仲間はずれにされようものなら、ひつじの人はヘソを曲げて一気に頑固になってしまいます。

動物占いひつじの性格?人から相談されると嬉しい

とにかく、ひつじは人から相談されることに喜びを感じます。

他の人から頼りにされることに生きがいを感じているので、相談事を持ちかけられたり、悩みを打ち明けられたりすると、自分のことはそっちのけで悩み事の解決に全力を尽くします。

悩みを打ち明けた人にとっても、親身に相談に乗ってくれるひつじはとても大切な存在で、より大きな信頼を得ることになるでしょう。

悩みの解決に全力を尽くすひつじですが、心の奥底では「他人の悩みに親身になっている自分はスゴイ」「こんなに一生懸命な自分はステキ」なんて考えていることもあります。

映画・マンガの登場人物になった気持ちで、そのシチュエーションに浸っていることもしばしば。でも、悩み事を相談するには、そんなひつじが適任です。

動物占いひつじの性格?お金の管理に長けている

動物占いでひつじのタイプの人は、お金の管理に長けていて、平和主義で石橋を叩いて渡るタイプなので、現実主義なところがあるためかお金を貯めるのが好きです。

何事も丁寧なので、家計簿をつけたりしてお金をきっちり管理しているのではないでしょうか。

約束事を守るのが当たり前というポリシーのため、ひつじの人はお金を借りたらきっちり返すタイプでしょう。

お金にきっちりしている反面損得勘定に厳しくケチと思われてしまうこともあります。

また金銭面での損得勘定が得意なのもあり、状況判断に長けていてどんな仕事もこなします。

仕事は特に店舗のフロアマネージャー、教師、調理師、公務員、喫茶店など飲食業の店舗の経営、自衛官、開業医、弁護士などが向いています。

動物占いひつじの性格?本心をあまり出さない

ひつじの見た目はもふもふで、たっぷりのひつじ毛。その見た目を反映しているかのように、本心をあまり表には出しません。

それは、周りとの和を気にして気配りもできる事やさみしがり屋で独りになることが苦手な性格が関係しているのかもしれません。

又、相手には相手のやり方があると知っている平和主義のタイプですから、自分の意見があっても「他人はどう思うだろうか?」、「変に思われないだろうか?」という風に考えて、自分の意見を出しません。

但し、周りの空気を読んで物腰が柔らかな一面がありますが、物事を冷静に見極める正確さは群を抜いているので自分がこうしたいと思ったら、それに向かって突き進むタイプです。

それ故にいざという時に仲間から頼られる存在となります。

恋愛運や特徴はお互いを理解しあうことが大切

さみしがり屋のひつじの人は恋愛を好む人が多いところがあります。それは、群れる事が好きなひつじの特性からも合っています。

ですが、仲間はずれにされるのがイヤで、慎重派な性格上、「断られたらどう付き合えばいいの?」とか「引かれない?」と考えてタイミングを逃し、せっかくのチャンスを逃してしまいがちなところもあります。

但し、ひつじは情報収集が得意で自分の経験を自分の力にする事が得意です。1度付き合い始めれば、得意分野を駆使して客観的に状況を判断し、上手に付き合う事が出来ます。

但し、本音を表に出さないという特性もあるので、相手が「何を考えているかわからない」と感じてしまう事もあります。

お互いを理解し合える相手を見つける事が恋愛を成就させる近道です。

仕事運や特徴は「人の為」がテーマ

「世の為・人の為」が大好きなひつじなので、仕事も人に役立つ仕事が向いています。

自分を多少犠牲にしてでも、他人のために役立ちたい性格のひつじにぴったりの仕事は、ずばり「先生」でしょう。

学校の先生に限らず、民間の教育機関や技術を教える講師・カウンセラーなどは、まさにひつじ向きの仕事です。

教える立場になると、ひつじはトコトン丁寧に教えてくれます。生来の真面目さ・頭の良さもあるので、とても良い「先生」になるでしょう。

また、争いを好まずチームワーク第一主義のひつじなので、組織の中では重宝されます。常に相手の立場に立ち、気遣いを大切にするので、ひつじがいるとその集団に安定をもたらします。

集団の一員として働く、そんな仕事もひつじには向いています。とにかく、他人のために一生懸命働き、喜んでもらう…ひつじはそこに生きがいを感じます。

人間関係の特徴は和が大切

その場の人の和を大切にするひつじ。元来、ひつじは臆病な生き物なので群れていられる和が保たれている環境を好みます。

それは、さみしがり屋でひとりになることがイヤという事を指します。周囲の人と関係をうまく立ち回り誰かに頼られたりするのが一番落ち着くのです。

又、情報収集を得意としており、遭遇した出来事一つ一つを自分なりに解釈して、自分の知識として積み重ねる性格も人との和を構成する一つのツールとなります。

その知識という名のツールを使いに物事をしっかりと客観的にも見極めることができ、他人から頼られた際の決断力にも優れています。

その性格故に仲間から頼られ、周りに人が絶えない群れる事が出来る環境を構築します。

ひつじと他の動物の相性

ひつじと子守熊(コアラ)の相性

ひつじと子守熊の組み合わせは、お互いの弱点を補いあえるよきパートナーになれる関係です。人に尽くしすぎてしまうひつじにとって、損得を計算できる子守熊は頼りになる存在です。また、子守熊はユーモアセンスが抜群なので、和やかな関係を築けます。
逆に、疑い深い傾向が強い子守熊にとっても、人の輪を大切にして、約束は必ず守るひつじは心から信頼をおける相手です。周りの人から勘違いされがちな子守熊をうまくフォローすることで、さらに仲睦まじい関係を築けます。

ひつじと狼(オオカミ)の相性

ひつじと狼の組み合わせは、穏やかで温和な関係を築ける組み合わせです。お互いが穏やかな性格の持ち主なので、衝突を避けられるようお互いが気を配り合うでしょう。
また、マイペースで1人の空間を大切にする狼は、ひつじの気配りに感謝することが多いです。だた、ひつじにとって、狼の一匹狼な性格は少しそっけないと感じることがあるかもしれません。ですが、焦らず狼の真意をくみ取ってあげることで、さらに良い関係が望めるでしょう。

ひつじと虎(トラ)の相性

ひつじと虎の組み合わせはとても良く、男女の関係であれば、結婚を前提とした誠実なお付き合いができるでしょう。堅実で面倒見の良い虎は、律儀で調和を大切にするひつじからいえば、理想的な相手です。少し寂しがりやなひつじを虎がサポートすることで、お互いの長所を生かすことができるでしょう。
他方で、虎は自分の能力に不満を抱くことが多いので、しっかりサポートしましょう。そうすることで、より強固な関係を築けるでしょう。

ひつじと黒ひょうの相性

ひつじと黒ひょうの組み合わせは、友だち同士から恋にまで繋がりやすい関係です。黒ひょうはスマートな性格の持ち主で、主導権をとることが好きです。そんな黒ひょうにとって、自分に合わせてくれるひつじはとてもよいパートナーです。
また、お互いに律儀で、正義感が強い部分で共通しています。ひつじにとっても、真面目ではっきりした黒ひょうの性格はわかりやすく、付き合いやすい相手です。ただし、持ち前の律儀さが過ぎると黒ひょうに愛想をつかされてしまいますので、注意しましょう。

ひつじと猿の相性

ひつじと猿の組み合わせは、弱い部分を補いあえる関係です。陽気で盛り上げ上手な猿が、控えめなひつじを引っ張っていくでしょう。反対に、少し早とちりしがちな猿を陰でサポートすることで、失敗も少なく、次々に結果を残していけるでしょう。
少し注意したほうがいいのは、猿は少し気まぐれな性格の持ち主なので、ひつじが猿に振り回されてしまうことです。また、持ち前の真面目さが猿には少し堅苦しく感じてしまうかもしれません。猿に頼りきりにならず、ときには猿ををうまく盛り上げることで、良好な関係を築けるでしょう。

ひつじとペガサスの相性

ひつじとペガサスの組み合わせは、とても穏やかな関係が築ける組み合わせです。争いごとを避ける性格のひつじと、おおらかな性格のペガサスは、お互いに争いごとを起こさないので、一緒にいて安心できるでしょう。
また、ペガサスの天才的な発想を理解できるひつじは、ペガサスのよき理解者になれるでしょう。ペガサスの気まぐれな性格についていくのは少し苦労するかもしれませんが、あまり後ろ向きになりすぎないことが、上手く付き合う秘訣です。

ひつじとひつじの相性

ひつじ同士の組み合わせは、仲がいい場合と仲が悪い場合の両極端になりそうです。どちらも穏やかな性格の持ち主なので、初対面のうちは穏やかな関わり合いができそうです。
ただ、どちらも少しネガティブな考え方をもっているので、相手の悪い部分をあたかも自分の欠点のように感じてしまいます。また、一度嫌いになった相手になかなか心を開けない傾向もあるので、関係の修復は難しいかもしれません。
とはいえ、ポジティブ思考を心がけることができれば、2人の雰囲気は温和で安心できるものになるでしょう。

ひつじとチーターの相性

ひつじとチーターの組み合わせは、大きな成功を成し遂げられる関係です。行動力に長けており、チャレンジ精神旺盛なチーターは、ひつじから見ても頼もしい性格の持ち主でしょう。また、周りの目を気にせず突っ走り、失敗してしまうチーターをうまくサポートすることで、チーターはより成功に近づけるでしょう。
そんな2人は周りの人の理解を超えて行動しがちです。とはいえ、周りの人に合わせることはチーターの良さをつぶしてしまうことになってしまいます。そうならないよう、2人だけの世界を作ることでより親密になり、大きな成功を手にできるでしょう。

ひつじとたぬきの相性

ひつじとたぬきは協調性重視の関係を築きます。

どちらも気配り上手で、お互いの気持ちを察して程よい距離感を作ります。
しかしひつじは、特別な関係になると相手におせっかいしたい気持ちが強くなります。
たぬきは頼られたかったり、支えたりしたいタイプ。上手に甘えてたぬきの気持ちを満たしてあげるとより仲良くなれます。

すこしうっかりな部分のあるたぬきにいら立つことがあっても、持ち前の我慢強さで優しく諭してあげてください。

ひつじとゾウの相性

ひつじとゾウは、同じ目標をみつけると良いパートナーになれる関係です。

ゾウは職人気質でどんな仕事もクリアしていきますが、口下手で人間関係が苦手。そんなゾウのウィークポイントを、ひつじの気配り・仕切り上手な部分でカバーしてあげてください。
同じ目標に向かって、異なる面から協力し合うことで、より大きな目標が達成できるはずです。

ゾウは束縛されることが苦手なので、世話を焼きたくなっても程よいあたりで我慢することが大切。

ひつじとこじかの相性

ひつじとこじかは、仲良くなるまでに少し時間がかかってしまうかもしれません。

協調性を一番に重視し、和を大切にするひつじは、人見知りで警戒心の強いこじかに不信感を持ってしまうかも。
ひつじには、こじかは八方美人で本心の見えない人のように見えても、本当は甘えん坊でさみしがり屋です。根気よく信頼関係を築く努力をすれば、きっとこじかは心を開いてくれます。
持ち前のお世話好きを生かして、優しくこじかをかまってあげてください。

ひつじとライオンの相性

ひつじとライオンは、一緒に行動することで安心感を得られる関係です。

裏表ない言動で、わがままを言ってもどこか可愛らしいライオンに、ひつじは尽くしてあげたくなるでしょう。
見た目は華やかで打たれ強そうなライオンですが、内面はとってもデリケート。ライオンを立ててあげながら支えてください。
また、どちらもしっかりした金銭感覚を持っており、価値観が一致します。一緒にいても心安らげる相手でしょう。

開運ポイントはお墓参りから始まる

平和主義者で、とにかく集団で群れているのが大好きなひつじ。

さみしがり屋で、独りぼっちになるのが大の苦手です。その反面、冷静で慎重な性格ですから、まずは身の回りを整頓することを重要視します。

他人との関係を一から構築するよりも、まず大切にするのは家族や親族とのつながりです。そこで、生まれながらの絆を再確認するのにうってつけなのがお墓参りになります。

婚家のお墓でも子孫を通じて血縁が生まれますし、実家のお墓であればもちろん、義理人情に厚いひつじが大切に守り抜く対象としてこれ以上のものはありません。

周囲との和を大切にし、気配り上手なひつじですから、家族や親族間でも無くてはならない存在になることができます。

永遠に消えることのない確かな居場所を実感することが、ひつじにとっての大きな開運ポイントになるのです。

知り合いがひつじだった時の付き合い方は?

一見穏やかで、物静かなひつじ。

初対面の人ともにこやかに話をしますし、すぐに仲良くなれそうな雰囲気を持っていますが、それは表面上の話で、内面は神経質で、物事の好き嫌いが激しいのがひつじの特徴です。

群れを好み、寂しがりやの一面を持つひつじとの付き合い方は、まず、いろんなことに誘ってあげましょう。

自分から人を誘うのが苦手なひつじは、いつも誘われるのを待っているので喜んで参加してくれます。あと、頼られるのが大好きなひつじには、相談事を持ち込んだり悩みを打ち明けましょう。

喜んで解決策を考え、あなたのために親身に相談に乗ってくれます。
また、相談に乗ってくれたら、お礼をきちんと伝えることも大切です。

他人の役に立つことに生きがいを感じるひつじは、それだけで大満足です。

このように、少しずつ仲良くなっていくと本心を打ち明けてくれるようになり、心から信頼のおける間柄になることでしょう。

ひつじの2019年運勢を紹介!

穏やかに過ぎる一年になりそうです。実際は目の前に問題が立ちふさがることも多いのですが、あっさりと乗り越える胆力と冷静さが身につく一年です。どっしりと構え、冷静に物事を判断し、解決できる一年といえるでしょう。ただし、神経質になりがちな時期もあります。あまり周囲の反応や人の目を気にせず、適度に自分のリラックスできる時間を持ち、リフレッシュすることが大切になりそうです。おおらかな気持ちでどっしりと構えることで乗り切っていけるでしょう。