動物占い

【動物占い】猿の性格や相性を徹底解説|恋愛・仕事・開運術も

動物占い猿の性格:好奇心いっぱいで行動力アリ!

猿の人はフットワークが軽く行動的であるのが魅力の1つです。いつも好奇心いっぱいで、心の中のやりたいことリストには、常にたくさんの項目がズラリと並んでいます。的を1つに絞るのではなく、同時進行で幅広く手がけていく器用さが、猿の人にはありますね。やりたいと思ったことは躊躇なく突き進んでいくアクティブな姿勢はとても素晴らしいと言えるでしょう。

ただその分少しせっかちでもあり、きちんと計画を立てる前に発進してしまうという向こう見ずなところは否めません。スタートを切ったものの、大事なポイントが抜けていて、慌てふためく……、なんてシーンが多い傾向に。ですがそんなおっちょこちょいな部分が、猿の人の愛らしさでもあります。

「あなたならできる」とあたたかい応援をもらえれば、「よし!やるぞ!」と簡単に元気が出て頑張れるところも、猿の人の長所ですね。

動物占い猿の性格:ピュアで素直。騙されやすい一面も

猿の人は「天真爛漫」という言葉がピッタリのお人柄です。自分の気持ちに素直で、あらゆる物事を純粋に受け止めていきます。

褒められたら嬉しいですし、楽しければ満面の笑みで喜びを表現します。そんな愛嬌いっぱいの猿の人は、周囲の人たちから「素直でかわいいやつ」と好印象であることが多いでしょう。

ただし、純粋ゆえに思ったことをよく考えずに、そのまま言葉にしてしまうことがあります。猿の人のうっかり失言に気まずい空気が流れることもあるので、なにか言う前に自分でブレーキを踏むと良いかもしれませんね。

また、騙されやすいという面も持っているので、うまい話はそのまま受け止めずに、じっくりと検討する習慣をつけるのがオススメです。行動力バツグンの猿の人なので、「それ、いい!」と思ったらすぐに飛びついてしまうのですが、本当に信じてよいかどうか慎重に見極める姿勢を忘れないようにしましょう。

動物占い猿の性格:マルチタスクが得意

猿の人は、同時進行で物事に対応するのが得意です。好奇心旺盛な猿は、いつもたくさんの「やらなきゃいけないこと」を抱えています。他の人から見れば大変じゃない?という状況なのですが、猿の人はサクサクと器用にこなしていくのです。

そのため、職場では色々なジャンルの仕事を頼まれやすいでしょう。愛想のよい猿は、「頼られている」と思うと嬉しくなり、ついつい引き受けてします傾向にあります。ですが、さすがの猿の人のキャパシティーも無限ではありませんので、自分の手持ちのタスクの量と相談しながら返事をするようにしないとバタンキューとなってしまうことに。

ただ、色々とタスクに挑むことはスキルアップにつながるチャンスでもあります。チャレンジしたことのない難しい課題であっても、頑張って乗り越えようとポジティブに考えるのは、好奇心旺盛な猿の人だからこそできる技ですね。

動物占い猿の性格:褒められて伸びるタイプ

猿の人は、褒められると伸びるタイプです。純粋な性格だからこそかもしれませんが、誰かに認められた!と感じると嬉しくてしょうがないのです。そして、もっと頑張ろう!という気持ちになり、スキップするような気持ちで前へと進んでいけます。

その分、ちょっと注意されるとシュンとなって落ち込みやすいです。猿の人をやる気にさせるには、ネガティブな言葉よりもポジティブな言葉を贈るのが1番良い方法と言えるでしょう。

ただ、褒められすぎるとちょっぴり調子に乗りやすいところがあるのも、猿の人の特徴です。そこがかわいらしいところではあるのですが、調子に乗り過ぎると手を抜き始めることも……。「猿も木から落ちる」と言いますので、たとえ得意なことであっても、猿の人自身が自ら気を引き締めていくように注意しましょうね。

動物占い猿の性格:器用で吸収する能力が高い

猿の人は、手先が器用な人が多く、新しいことをすぐに吸収することが得意です。はじめは「わからない……」と苦戦しても、コツをつかめば、後はスムーズにこなしていく才能を持っています。

ある程度軌道に乗れば、「こうするともっとラクにできるかも!」と、自己流のやり方を開発して、皆に惜しみなく教えるのも、猿の人のいいところと言えます。

あらゆることに対して飲み込みが早く、その上好奇心旺盛なので、猿の人はたくさんの知識を持っていて、多趣味であるケースが少なくありません。多くの知識があるからこそ、新しい知恵を生み出し、ビジネス面ではヒット商品の企画などで力を発揮することもありそうです。

ただ猿の人はあらゆることに関心を向けるため、1つのことに集中するのはあまり得意ではありません。器用さを活かして1つのことを突きつめるとかなりいい線にいくので、「これは」というものに力を注ぐのもアリですよ。

動物占い猿の性格:フレンドリーでムードメーカー

猿の人はとってもフレンドリーです。色々な人と話をして、盛り上がるのがとても大好き。

自分が楽しむのもいいけど、目の前のお相手を笑わせたい!という、サービス精神が旺盛な人でもあります。

話にしっかりとオチがあり、人を退屈させません。なんとなく場の雰囲気が固いなあと感じたら、皆をリラックスさせようと笑いをとりにいくタイプです。

一見近寄りがたい人に対しても、あまり気負わずに話しかけます。猿の人と一緒にいると、「えっ!あの人が笑ってる!」なんて、普段笑顔を見せない人のほころんだ顔を見ることができるかもしれませんね。

誰とでも打ち解けやすい猿に人なので、あらゆる場のムードメーカーとして、皆から愛されます。素直なゆえに、時に禁句をスルリと口にして周りをヒヤリとさせることもありますが、すぐに笑いに変えて皆を和ませるのは一種の才能と言えますね。

動物占い猿の性格:短期決戦型で長期戦はニガテかも

猿の人は少々せっかちさんで、短期決戦型。「やるぞ」と決心したら、心身のエネルギーをグッと上昇させて、果敢に挑むことができる人です。仕事や恋愛など、あらゆるシーンを通してその傾向が強いでしょう。目を輝かせながら目標に向かって突き進んでいく猿の人の姿は、他人から見てとてもまぶしいものです。

ただ、開始時点からフルパワーを出すために、長期戦となってくると、だんだん疲れてきてしまうのも猿の人の特徴です。好奇心旺盛なので、あまりにもゴール到達まで長引くと、興味が他の対象へと移ってしまうことも……。

趣味やハマるものなど、なんか長続きしないかも?と思いあたる節がある猿の人は、熱しやすく冷めやすいところがあると自覚して、最後まで頑張れそうかどうか、始める前にしっかりと吟味しておくのがいいかもしれませんね。

動物占い猿の性格:なにかを学ぶのが好き

猿の人は、「学びの姿勢」がとても強いです。学生時代はもちろん、社会人となってからも自分の知識を広げたり、スキルアップしたりできるチャンスは逃しません、勉強することにとても前向きです。

仕事に取り組む中で、この資格を取っておいた方がいいかな?と思うと、すぐにその目標に向けて走り出し、そのスピードは目を見張るものがあります。

また好奇心旺盛な猿の人は、多趣味であることが多いです。さまざまなジャンルのものに果敢にチャレンジし、自分の世界を大きく広げていきます。

年齢を重ねても、エネルギッシュでいつまでも若いです。「生涯現役!」をモットーに、元気に動き回るのも、猿の人の素敵な特徴と言えるでしょう。

いくつになっても学ぶ姿勢を忘れずに人生を楽しもうというポジティブな思考&行動力は、猿の人の大きな長所です。

動物占い猿の性格:楽天家でポジティブ思考

猿の人は楽天家であり、とにかくポジティブ思考です。ツライなあと思うことがあったとしても、良い方向へ発想転換することができます。

難しい仕事がまわってきたら、「大変だけど、スキルアップにつながる!」と考えますし、せつない片思いも、「これこそ恋の醍醐味かも!」と、明るく捉えることができる人ですね。逆境に強いタイプとも言えるでしょう。

猿の人に悩みを打ち明けると、「でもこう考えられるよ」と明るい視点を授けてくれるので、頭を抱えていたことがさほど深刻ではないのかも?という気持ちになってきます。

猿の人は、「長い人生、とにかく楽しまなきゃ」という思いが強いからこそ、困った状況になっても明るく前に進んで行こうとするのかもしれませんね。ただ、本当はツライのに無理に元気を出そうと頑張ってしまうところがあるので、時には弱音を吐く自分を受け入れてあげることも大切ですよ。

動物占い猿の性格:ちょっぴりおっちょこちょい

猿の人はちょっぴりせっかちさんで「早く動きたい!」という思いから、やらなきゃいけないことをポロポロと忘れてしまう傾向があります。なにかのテストや、仕事面などでケアレスミスが目立つのも、猿の人の「あるある」かもしれませんね。

また、リアクションが大きいのも猿の人の性質。ちょっぴり慌てたり驚いたりすると、周囲の人からは「すごく焦っている」と捉えられることが多いです。そのため、「落ち着きがない」「冷静ではない」キャラとしての印象が強いかもしれませんね。

ですが、どんなことにも大きく反応して、くるくると表情が変わる猿の人の性格は、とてもかわいらしいものです。見ていて飽きないし、裏表がなくて素直であると、好意を持つ人もたくさんいるでしょう。

恋愛や結婚の特徴:恋には慎重派!アピールする時はする

猿の人は、男女の垣根を越えて人付き合いの幅が広い、社交家です。異性とも仲良くなれるタイプなので、恋のチャンスが多い人と周囲からは認識されているかもしれませんね。

ですが、猿の人は恋愛についてはとっても慎重派です。好意を寄せられると、急に警戒心を持ち、この人と恋愛関係になるべきかどうか、色々と考えます。

ただ、自分からアプローチする時は、「この恋が楽しい!」というイキイキとした表情を全面に出しながら、明るくお相手へと接近する勇気は持っています。しっかりとお相手との愛情が育めているかどうかを確信した時に、一歩踏み出すしっかりした面も持ち合わせているのが猿の人です。

結婚生活では、「明るく・楽しく」をモットーに、にぎやかな家庭を築くことにエネルギーを注ぎます。パートナーには一途な性格なので、他の異性にふわふわと心を奪われるケースは少ないでしょう。

仕事の特徴:商人の才能アリ、楽しいことを生み出す

猿の人は、「商才」に長けています。社交性があり、周りを和ませるのが得意な猿の人は組織に属しても活躍できますが、自ら事業を起こして経営側に回るのも向いています。

愛嬌があり、サービス精神が強いことから、対人業務に適性があるでしょう。パソコンにじっと向かうだけではなくて、様々な人とコミュニケーションを取りながら、楽しいものを生み出していくことにやりがいを感じるタイプです。

サービス精神が強いとはいえ、損得勘定はハッキリとしているので、商売人としてうまくやっていける可能性も高いでしょう。

決断したら行動が早く、スピード感を持って仕事ができる猿の人。ただしちょっぴりおっちょこちょいのところがあるので、仕事を進めていくプロセスにおいては、ケアレスミスに注意していけばパーフェクトですよ。

猿と他の動物の相性

猿と子守熊(コアラ)の相性

猿の人と子守熊の人は、一緒にいていつも楽しい相性です。どちらもコミュニケーション上手で楽しいことが大好きなので、退屈しない組み合わせですね。

猿の人はせっかち、子守熊の人はのんびりマイペースなので、少しスピード感は違います。ですが、お互いにそこに折り合いをつけられれば、深い友情や愛情を育んでいくことができるでしょう。

猿の人が勢いに乗って向こう見ずで動こうとしているところを、計画的な子守熊の人がフォローします。猿の人にとって、子守熊の人は一緒にいて楽しいだけではなく、頼りになる大事な存在と言えるでしょう。

猿と狼(オオカミ)の相性

猿の人にとって、狼の人は少しつかみにくいところがありながらも、興味を惹かれる存在です。いつも誰かとワイワイとにぎやかに猿の人が遊んでいると、ポツンと1人でいる狼の人が目に入り、なんとも気になってしまうのです。

ただじっくりと話してみると、「誰とも被らない自分」を確立している狼の人のポリシーに、猿の人は大いに刺激されます。狼の人にとっても、自分の独創性を認めてくれる猿の人の存在はまんざらではありません。

社交上手な猿の人は、狼の人を社会へと引っ張っていく頼もしいパートナーとして活躍します。狼の人は独特な感性で、猿の人の好奇心を大いに満たしてくれるでしょう。

猿と虎の相性

猿の人にとって、虎の人はいつもドンと構えていて、頼りになる存在です。威厳はあるのにどこか気さくなところがあるので、猿の人は困ったことがあればついつい虎の人にアドバイスを求めたくなるでしょう。

特にビジネス面では、猿の行動力や積極性を、虎の人は大いに買ってくれます。猿の人は少々そそっかしいところがあるので、ミスがないように的確かつソフトに虎の人がサポートします。

慎重で保守的なところがある虎の人ですが、エイッとなにかに飛び込みたい時には、猿の人が明るく背中を押してくれるので、お互い「この人がいないと!」と思っていることが多いです。

お互いの長所を活かしながら、深みのある関係を作っていける相性と言えるでしょう。

猿と黒ひょうの相性

猿の人と黒ひょうの人は、お互いに刺激し合える相性ですね。黒ひょうの人のスマートな姿勢や物事をハッキリという性質は、猿の人にとって憧れです。流行や常に最新情報に詳しい黒ひょうの人の会話は、猿の人をいつもワクワクさせてくれます。

おっちょこちょいで少々落ち着きのない猿の人を、黒ひょうの人は「自分とタイプが違うな」と初対面では感じます。ですが、猿の人の向上心の高さやコミュニケーション上手なところを、お付き合いしていくうちに「素晴らしい」と認めるようになるでしょう。

どちらも褒められるのが大好きなので、いつも褒め合う姿勢が、円満な関係を続けていく秘訣となりますよ。

猿と猿の相性

猿の人同士の相性はバッチリです。どちらも初対面からまるで旧友のように、楽しく話が盛り上がる組み合わせです。コンビを組めばとてもパワフルに、ゴールに向かってテンポよく走っていき周りを圧倒するでしょう。

「褒めれば更に頑張る人」とお互いに分かっているので、相手が落ち込んだり、モチベーションが下がったりしていると感じたら、ポジティブな言葉を投げかけて励まします。

恋愛に関してはどちらも奥手なので、進展はスローペースかもしれませんね。ですが、結婚パートナーとなれば、どちらも経済観念がしっかりしているので、地に足のついた家庭を共に築いていけるでしょう。

猿とペガサスの相性

猿の人とペガサスの人は、仲良くなれる相性です。

ペガサスの人は、いつも自由気ままに動く、風のような人。ペガサスの人の奇想天外なアイディアは周りをいつもビックリさせますが、「それって面白い!」といつもポジティブに受け止めるのが猿の人です。ペガサスの人の行動は、猿の人の好奇心をうまくくすぐるのですね。

一緒に遊ぶと、とても楽しい空気をつくり出せる組み合わせですが、ペガサスの人が急に違う方向へと走り出して、猿の人が少々ビックリすることもあるかもしれません。少しペガサスの人に振りまわされる猿の人ですが、気持ちを器用に切り替えて明るく向き合うことができます。

猿とひつじの相性

猿の人とひつじの人は、じっくりとお互いの良さを分かり合っていける相性です。

楽しいことやにぎやかなことが大好きな猿の人にとって、ひつじの人は少し固い雰囲気を持っていて、なんとなく気を使ってしまうお相手です。猿の人がハメを外しそうになると、冷静にストッパーになるような言葉を投げかけるのもひつじの人なのです。

そのため猿の人は、ひつじの人にはじめは苦手意識を持ってしまいます。ですが、注意してくれるその一言が的を射ていると後から感じることが多く、徐々にひつじの人に感謝の気持ちを抱くようになるでしょう。

猿の人のキャラが、真面目で几帳面なひつじの人の心を明るくほぐすこともあるので、時間をかけて親密度をアップしていける関係と言えますよ。

猿とチータの相性

猿の人とチータの人は、「思い立ったら即行動」という共通点があり、心を通わせられる相性です。

チータの人はスピード感に溢れていて、どんな難しい課題も臆さずに立ち向かっていく強さを持っています。そんなところに猿の人は「カッコイイ!」と強い憧れと共感を覚えるのです。

ビジネス面などでコンビを組めば、かなりスピーディーにタスクをこなしていける頼もしい2人ですね。

ただ、どちらもせっかちさんなので、お互いになにかを見落としていて、後からてんてこ舞いに……、というケースが少なくありません。時にはお互いに逸る気持ちを静めて、ゆっくりと話し合う時間をつくる習慣を大事にするといいでしょう。

猿とたぬきの相性

猿の人とたぬきの人の相性はバッチリです。双方ともに「人と楽しく過ごしたい」という気持ちが強いので、仲良くなりたいという感情が湧けば、すぐに打ち解け合えるでしょう。

猿の人は好奇心旺盛なので、「これしてみようよ!」とあらゆることに対してたぬきの人を誘います。たぬきの人は人に寄り添うのが得意なので、いつも快くYESの返事をするでしょう。その返事に猿の人はとても嬉しい気持ちになるのです。

猿の人は少々おっちょこちょいであり、たぬきの人は天然キャラなので、周囲の人たちから見れば、「なんだかそそっかしいけど、見ていて飽きないコンビ」として目に映るかもしれませんね。

猿とゾウの相性

猿の人とゾウの人は、お互いに尊敬し合える相性です。

短期決戦型の猿の人にとって、コツコツと地道に長期戦で目標に向かって歩いていくゾウの人の性質は、尊敬に値するものです。あたたかく皆を見守る大地のようなゾウの人の存在感も、猿の人にとってはとても心地よいもの。

一方ゾウの人は少し口下手なところがあるのですが、猿の人が無邪気に話しかけてくる姿勢や、チャキチャキと動き回るアクティブな面を長所として、しっかりと認めて仲良くしてくれます。

少し性質が違う2人であっても、お互いの良いところを噛みしめながら、楽しく過ごしていける組み合わせですね。

猿とこじかの相性

猿の人とこじかの人は、穏やかな関係を築ける相性です。

人との距離が近い猿の人は、警戒心が強いこじかの人にとって、ちょっぴり「グイグイくる人」と思われるかもしれませんね。なかなか打ち解けてくれないこじかの人に、猿の人はさみしさを覚えるかもしれませんね。

ですが、表裏なく自然体でコミュニケーションを取ってくる猿の人に、こじかの人は徐々に心を開いていくでしょう。どちらも天真爛漫なところがあるので、仲良くなれば和気あいあいと楽しいお付き合いができる組み合わせですよ。

こじかの人は甘え上手なので、猿の人を上手に褒めて向上心をアップさせることも少なくないでしょう。

猿とライオンの相性

猿の人とライオンの人は、好相性です。

リーダシップのあるライオンの人は、猿の人にとってモチベーションをアップさせてくれる貴重な存在です。少々キビシイ言葉を投げかけることもありますが、猿の人は学習能力が高いので、ライオンの人のリクエストに応えようと頑張ります。その姿をライオンの人も頼もしく思うのですね。

コミュニケーション上手でその場を楽しく盛り上げる猿の人の能力にライオンの人が助けられるパターンも多く、一緒にいて支え合える関係を築いていけます。

開運ポイント:時には立ち止まって瞑想タイムを取り入れて

猿の人の開運ポイントは、一人静かに落ち着いた「瞑想タイム」を時々取り入れることです。

いつも好奇心旺盛であらゆるところに飛び回り、周囲の人達との楽しいコミュニケーションで忙しい猿の人は、じっくりと物事を考えるチャンスがなかなかありません。

「どうしようかな」と悩む気持ちが心にかすめても、ゆっくりと自分の本音と向き合うヒマが取れないのです。

忙しい日々は猿の人にとって楽しいものですが、時には自分が抱えている不安や悩みについて、じっくりと考えてみましょう。そうすることで、自分の人生や物事を、更に良い方向へと舵取りできる可能性が広がるはずです。

また、慌てふためいてしまい、うっかりミスが連発しがちだな……、という時にも、瞑想タイムが有効。悪い流れを断ち切ってくれるはずです。

行動力が猿の人の魅力ではありますが、静止することも時々取り入れると、より充実した人生となりそうです。

知り合いが猿だった時の付き合い方は?

誰にでもフレンドリーな猿の人とのお付き合いはそんなに難しくありません。一緒に楽しい時間を過ごしたいといつも猿の人は思っているので、仲良くなりたいという意思を見せれば、喜んでコミュニケーションを取ってくれるでしょう。

表裏なく素直な性格なので、駆け引きのない爽やかな交友関係を築くことができますよ。

ただ恋愛となると、急に警戒心が強くなる傾向があるのでご注意を。強くアプローチするよりも、ほがらかに少しずつ距離をつめていく手法の方が、心を開いてくれる可能性が高いですよ。

猿の人はポジティブ思考の天才なので、抱える悩みを笑い飛ばしてほしい時には、大きな支えになってくれるでしょう。その分、にぎやかな状況でいるのがツライなあと思う時には、正直に伝えてあげるのがいいですね。素直なので、そっと口をつぐんであたたかく見守るモードへと態度を変えてくれるはずです。

猿(さる)の関連記事

猿(さる)の2021年運勢


 

 
当サイトの占いは、動物キャラナビ(株式会社ナブー© 1997-NABOO Inc.© 個性心理學研究所, 弦本將裕)を参考に作成しています。  

2021年の運勢占い

2021年版姓名判断

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「エレメントタロット」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1800円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?