誕生日占い

【誕生日占い大全】12月23日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは12月23日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

12月23日生まれの人は「自分の限界にチャレンジする自由な子ども」といった感じでしょうか。

自分が一体どこまでやれるのか?自分の限界ギリギリまで挑戦したいタイプです。そのチャレンジ精神は、まるで子どものように好奇心に満ちており、スピードや勢いなら誰にも負けません。

自分を飾ることなく素直です。自分の気持ちをストレートに外に向かって表現することにもためらいはありません。裏表のない子供のような純真な心は誰からも愛されるでしょう。

子どものように、1人では行動ができない面もあります。そのため、いつも誰かと一緒に行動していることが多いでしょう。自分がやりたいことがあっても、相手に合わせなくてはいけない場面ではあえて封じ込めてしまうこともあります。

いつも集団やグループの中、もしくは特定の誰かと一緒にいないと落ち着きがなく、そのために出費がかさむこともあります。自分のやらなくてはいけない事を後回しにしてでも、寂しさを紛らわせようとすることも。

新しい物が大好きです。流行の最先端のチェックをいつも怠りません。トレンドを強く意識しており、時代・人が一体何を欲しているのかについていつも関心を寄せています。時代を読む力・時代が求めるニーズを知り、ビジネスに活かせば大きな成功を収めることも。

何かを始める際には勢いよく飛びついて、そのままスピードに乗って成し遂げてしまいます。ただ、短期戦には強いのですが、長期戦には弱いので途中でリタイヤしてしまうことも。飽きっぽさも原因にもなっています。

最後までやり遂げる責任や、忍耐・継続力といったものが必要かもしれません。

自分がどこまで通用する人間なのかを試してみたい気分になることもあります。自分の限界ギリギリのところまで我慢して、体調を崩すようなところもあります。

平穏な日々続くと、冒険やチャレンジをする気持ちが強くなります。自分の生活の中に適度な変化、新鮮さを取り入れていく努力が必要かもしれません。

状況の変化に応じた対応ができる人です。気の利いた対応ができるので、人から感謝されることもあるでしょう。コミュニケーションの能力にも長けているので、どんな人とでもフレンドリーに接することができます。

前評判や噂だけで人を判断するようなことはせず、実際に接して自分の目で確かめようとするタイプです。そういった部分があるので、最初から人のアドバイスや助言などを軽視してしまうこともあります。

12月23日生まれの隠れた本質や使命

この日生まれの人にとって一番の課題は寂しさでしょう。常に誰かと一緒でないと寂しい思いに襲われます。

何かを深く探求し、習得しなくてはいけないような時には、一人で過ごすことを耐える孤独力も必要です。長い人生誰しも一度はそういった時期があります。自分の目的のためには一人であることを恐れてはいけません。

また、困ったことがあれば誰かにすぐ頼ってしまう面もあります。人に依存することなく自分ひとりで考えてやり抜く自立心も必要です。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

自分の心の内をストレートに表現する人です。気心知れた集まりならさほど問題はありませんが、それ以外のシーンでは言葉遣いや表現に注意しましょう。シーンに合わせて行動ができる人なので、普段は問題ありませんが、精神的に不安定な時などにはネガティブな発言をしないよう気を付けましょう。

理想も大切にしますが、現実からも目を背けません。現実に即したものの見方をするので、誰かの夢をシビアに批判してしまうことも。

勢いに乗ればどんなことでもスムーズに進んでいきます。しかし、万事がそうはうまくいかないことも。勢いも大切ですが、計画性や粘り強さも必要です。また、状況の変化にも流されやすく、方向性を見失ってしまうことがあります。自分の中に確固たる意志を持つことも大切です。

12月23日生まれの恋愛時の資質や注意点

いつも自分と一緒にいてくれる人を望みます。寂しがり屋ということもあって、恋人と別れたとしてもフリーの期間が短いか、もしくはないかもしれません。

次から次へととっかえひっかえしているようにも見えてしまい、恋多き人というイメージも持たれやすいでしょう。しかし、実際には相手への想いは一途です。

自分が好意を寄せた相手には情熱的・ストレートにアタックします。知り合ってから交際までの期間が短いかもしれません。結婚までのスピードが早いケースもあるでしょう。

ロマンチストで理想も高めです。しかし、現実的な視点を持っているので、理想と現実のギャップを感じたとしても、二人の関係に深く亀裂が入ることはありません。

その場の雰囲気に流されやすいタイプです。恋人・パートナーがいるにも関わらず、その時の状況で特定の相手以外の人と関係を持ってしまうことも。また、普段の生活において変化が乏しく、退屈に感じて刺激が欲しい時に浮気・不倫をしてしまうこともあるようです。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

自分が好きになってから結ばれるまでの間がスピーディです。そのため、相手のことをよく知らずに情熱の赴くまま、交際を進めていくようなことがあります。後から既婚者だったことや複数の相手との交際が発覚することもあります。相手のことをよくリサーチしてから交際をスタートさせるようにしましょう。

その場の雰囲気や成り行きに流されがちです。しっかりと自分の理性を働かせて、一線を引くような意志の固さが必要です。

2人の関係に新鮮さが失われてくると、どうしても他の相手を求めがちです。恋愛ではなく別の事に変化や刺激を求めるようにしましょう。また、相手と共有できる趣味などを多く持つこと、二人で旅行に出かけるといったこともマンネリ化予防に役立ちます。

12月23日生まれの仕事の資質や適性、注意点

どのような仕事・職場であっても人になじむのも仕事を覚えるのも早く、即戦力として期待されることも多いでしょう。優れたコミュニケーション力を活かすには、やはり人と接する機会の多い仕事が一番。

また、単調な作業の仕事・ルーティン業務では飽きてしまうことも多く、変化に富んだ内容の仕事であれば長続きします。出張や異動、転勤が多い職場でもうまく環境に溶け込んでいきます。仕事上のトラブルにも臨機応変に対応できるので、職場でもまさかの時に頼りにされるでしょう。

スピードを求められるような仕事でも、完璧にこなそうと手を抜くことはありません。逆にスピードもあれば仕事の質も上質なので、上司やクライアントから驚かれることもあります。

几帳面さに加えて職人的な気質もあるので、正確さが求められる緻密な作業もこなします。その集中力・忍耐力は称賛に価するものです。しかし、その際に消費するパワーは計り知れなく、本人も知らず知らずのうちに疲労が蓄積していることもあるので要注意です。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

人から認められたいという気持ち、さらに自分の限界まで挑戦してみたいという気持ちが強い時には、無理をしてでも自分の責務を果たそうとするでしょう。

しかし、その際には自分のコンディションが悪くても無理をしてしまうことがあり、最終的に体を壊してしまうことも。ここ一番の踏ん張り時ほど、体に負担をかけないことが大切。必要があれば人の手を借りることも忘れずに。

定期的に休暇を取ってリフレッシュすることも必要です。短期間の間に完了させなければいけない仕事は得意ですが、長期的なプロジェクトはやや苦手です。持久戦を要求される仕事なら、自分の体調管理も長い目で行うようにしましょう。さらに、途中で飽きっぽさが出ないような工夫も必要です。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

金銭感覚に優れており、必要であれば倹約にも励みます。貯金もしっかり計画的にこなします。セレブのような豪華な生活にあこがれるわけでもなく、自分が特に不自由さを感じない生活ができればそれで問題ないと考えています。

お金に対する執着が少ないこともあって、油断していると財布のヒモが緩くなってしまうタイプです。根っからの寂しがり屋ということもあって、いつも誰かと一緒にいようとするために交際費などで出費が多くなります。

趣味がギャンブルという場合には、のめり込み過ぎないことです。さらに、衝動的なショッピングにも要注意です。ストレスがたまっている時には、これらの行動が加速することがあるので、ストレス解消はお金のかからない方法に切り替えることも考えましょう。

12月23日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月3・14日、2月22日、3月5・19・30日、4月2・29日、5月1・28日、6月18・27日、7月8・17日、8月11・20日、9月6・14日、10月23日、11月13・22日、12月3・21日

【仕事・対人関係】

1月7・16日、2月6・24日、3月14・23日、4月4・22日、5月21・30日、6月2・11日、7月1・10・28日、8月5・18・23日、9月8・26日、10月13・25日、11月6・16日、12月5・14・23日

【ソウルメイト】

3月5日、4月5日、5月10・12日、7月10日、8月19日、10月1・26日、11月17日、12月14・23日

12月23日生まれの誕生花と誕生石

  • ユーリオプスデイジー
  • オレンジジェイド

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • 笑福亭鶴瓶(落語家)
  • 宮部みゆき(作家)
  • 武藤敬司(格闘家)
  • 山崎まさよし(ミュージシャン)
  • 倉科カナ(女優)