誕生日占い

【誕生日占い大全】10月4日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは10月4日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

10月4日生まれの人は「マイペースでも約束は必ず守る誠実な人」です。

人と交わした約束はもちろん、社会のルールや掟をしっかり守ります。真面目で礼儀正しく、マナーも備わっているので誰からも好感を持たれやすいでしょう。自分のペースで地道に目標を達成していくような人です。

基本的には誰とでも協調的ですが、積極的に人の輪の中に入っていくタイプではありません。しかし、誠実な性格には裏表がなく、人から信頼されることも多いでしょう。

人からの期待に応えようと努力しますが、マイペースな部分があるために、相手の期待通りに完全に応えられるかというとそうでもない部分があります。

ストイックな部分があり、自分に与えられた仕事・役割といったものに対して忠実であろうとします。物欲や金銭欲も少ないので質素で派手さを感じさせません。それもまた人から好感を得やすい要因につながっています。

物事の進め方に関しては自分のこだわりがあり、決して自分の方針を曲げない頑固さを持っています。何事においても完璧さを求めようとするので、最終的には疲労を感じてしまうこともあります。自分のやり方が一番正しいと思っている節もあり、それを人に強要してしまうこともあるでしょう。

また、何かに熱中してしまうと、他の事に対する注意力が散漫になること、周囲の人の存在が希薄になってしまうことがあります。

自分の思い通りに物事が順調な時は穏やかですが、何らかの事情でそれが中断・ストップしてしまうと大きなストレスを感じやすいタイプです。この時ばかりは精神的に不安定になり、イライラを周囲にぶつけがちになります。

安心・安定を強く望んでいるこの日生まれの人にとって、物事が順調に運ばない状況は人一倍苦痛に感じるようです。

アクシデントやトラブルといった外からやってきた、自分ではどうしようもない出来事にはめっぽう弱く、人生の節目では苦悩することが多いかもしれません。昇進・結婚・出産といったおめでたい出来事の裏でも、自分の思っていたことと異なる状況に立たされるとストレスを感じやすいでしょう。

プライドがあり、人に弱い所を見せたくないという気持ちから、悩みや不安を抱えても誰にも相談できないでいることもあります。

自分犯したミスを隠していることもあるかもしれません。普段は自分以外の人間にルール・規則を徹底し、完璧さを求めていることもあって、言い出すタイミングを逃してしまうことがあるでしょう。

10月4日生まれの隠れた本質や使命

自分・他人が敷いたレールの上を、寸分もたがわずに進んでいくことに意識が集中しがちです。しかし、いつも順調に物事が進んでいくわけではありません。うまくいかなくなった時にどう対応できるかで、状況は大きく変わっていきます。

自分のやり方を貫くことも1つの方法ですが、その他にも人の助けを借りるといった選択肢を多く用意しておくといいでしょう。そのためにも、今以上の人との交流を持つことも大切です。多様な価値観を身につけることで、いくつものパターンで問題を解決できるようにもなれます。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

1つの事に意識が集中すると、周囲が見えなくなってしまうところがあります。時には立ち止まって周りを見回す心の余裕を持つようにしましょう。

また、あなたに対するアドバイス・忠告にも耳を傾けるようにしましょう。何か悩み・不安があると一人で抱え込みやすいタイプです。プライドがあるので他人に助けを求めにくいかもしれませんが、事態が悪化しないうちに人に頼ることも必要です。

アクシデントやトラブルに見舞われるとパニックになります。冷静になるように努めると同時に、日ごろからそういった時のシミュレーションをして、万が一の場合でも備えをしておくことが大切です。備えができていれば、まさかの時でも心持ちがかなり異なります。

10月4日生まれの恋愛時の資質や注意点

誰かを好きになったらそのまま一途に想いを貫き通します。意中の相手にはストレートに自分の思いを打ち明けるでしょう。

恋愛=結婚と考えている人で、交際する前からその可能性を夢見ています。しかし、相手が結婚を意識していなかった場合には悲しい思いをしてしまうかもしれません。

ただし、現実に対して冷静な部分もあり、特に結婚を意識するようになると内面的な部分はもちろん経済的な部分にもしっかり目を通すようになります。安心・安定に対する意識が強く、それが相手選びにもしっかりつながっています。

恋人・パートナーに対して誠実です。もちろん相手に対しても誠実であることを求めますが、浮気・不倫などの裏切り行為が発覚した場合には許さないでしょう。

結婚してからは家庭を心のよりどころとし、仕事と家事の両立・子供の教育にも非常に熱心です。ただし、自分のライフスタイルを最優先で押し通そうとするワンマンなところが目立つかもしれません。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

1つの事に夢中になっている時には、自分の周囲の事にはお構いなしです。そのため、意中の相手に夢中になっている時には人目を気にすることがないので、周囲の人を困惑させるようなことがあるかもしれません。

恋愛の延長線上に結婚を意識しているタイプですが、相手の中には結婚と恋愛を別に考えている人もいます。もし、最初から結婚を強く意識して相手探しをするのであれば、婚活やお見合いといった方法も積極的に考えてみましょう。

結婚後は経済的にも家庭の基盤を築き上げること、子供を育て上げることに熱心です。期待しすぎることによっていろいろとパートナー・子供に必要以上に干渉してしまうこともあるかもしれません。しかし、人から言われて何かをするよりも、自発的に取り組む姿勢を育てるようにしましょう。

10月4日生まれの仕事の資質や適性、注意点

自分が安心し、安定していることを強く望んでいます。そのため、収入の安定している大きな企業で働くことを好みます。勤務態度も真面目、周囲の人とも協調的です。社会人としての常識・ルールを備えており、礼儀正しいので目上の人間からも評価が高いでしょう。

几帳面な性格からお金を扱うような仕事に適性があります。細かい作業・正確さが問われるような仕事も得意です。責任感が強いこともあって、自分が計画したプランに忠実に沿って実行しようとします。

急な依頼や短期間で完結させるような仕事は苦手です。また、トラブル・アクシデントへの対応もあまり得意ではなく、柔軟に対応できずに周囲からは不満の声も上がるかもしれません。

臨機応変に対処できないこと、自分の計画通りに仕事が進まないことに対してストレスを感じやすいタイプです。普段は穏やかですが、この時ばかりは神経質でイライラすることが目立ちます。うまく対処できないと、力任せに無理やり推し進めようとすることもあるでしょう。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

仕事上の約束・ルールをしっかり守り、周囲の人とも仲良くできるので、職場で大きなトラブルを引き起こすことはまずありません。

ただ、一点気がかりなことはといえば融通が利かない点でしょう。仕事に限らずどんなことでも100%自分の思い通りに事が運ぶわけではありません。完璧に自分の思い通りにしたいタイプですが、時にはあきらめも必要です。

細かい部分も徹底しようとしがちですが、もっとおおらかになって部下の細かいミスに目をつぶるような寛大さを持ちましょう。

仕事上の人間関係に悩まされることは少ないタイプです。しかし、予定外の出来事でこれまでうまくいっていたものがうまくいかなくなる状態ではパニックになり、ストレスを感じるようになります。自分ひとりで解決しようとするのではなく、緊急事態には素直に人を頼ることも必要です。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

堅実な金運です。几帳面なので自分の収入・支出もしっかり家計簿などで把握しています。貯金も自分のペースでこつこつと地道に進めていきます。思ってもいなかった、大きなまとまった出費があるとストレスを感じてしまうかもしれません。

ぜいたくをしたい・もっとお金を稼ぎたいという気持ちはあまりなく、無駄遣い・浪費といったことには無縁の人です。お金を借りたとしても確実に返済しますし、やり繰りが上手なので早く返済を終えることもできるでしょう。おかしな儲け話には簡単には乗りません。

将来の備えについてもしっかり考えており、保険や金融についての知識も増やそうと努力します。資産運用などからでも収入が見込めますが、メインの仕事に集中することで金運はさらにUPします。

10月4日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月2・30日、2月1・20日、3月16・28日、4月15・27日、5月17・26日、6月16・28日、7月15・24日、8月13・23日、9月4・10・22日、10月12・30日、11月2・22・29日、12月7・10日

【仕事・対人関係】

1月31日、2月21・26日、3月2・29日、4月19・28日、5月13・27日、6月17・26日、7月7・25日、8月24日、9月5・14・23日、10月6・18・31日、11月3・17・30日、12月2・20日

【ソウルメイト】

1月22・31日、2月22日、3月14日、4月4日、5月5日、7月19・30日、8月18日、10月4・16日

10月4日生まれの誕生花と誕生石

  • ポットマム
  • ファイヤーアゲート

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • ジャン・ミレー(画家)
  • 福井謙一(化学者)
  • 北島三郎(歌手)
  • 辻仁成(作家)
  • 上田竜也(タレント)