仲直りできるおまじない

【簡単・超強力】鏡とペンを使った友達と仲直りできるおまじない!一目でわかるポイント付き!

友達と仲直りできるおまじないの方法

まず初めに、丸い形の手鏡を用意しましょう。次に、オレンジ色のペンで真ん中に相手と自分の名前を書きます。それから、二人の名前をブラウンのペンで丸く囲みます。書き終わったら、お気に入りのハンカチに包んで常に持ち歩くようにしましょう。鏡の大きさは問いませんが、持ち歩くので小さめなものを選ぶことをおすすめします。

友達と仲直りできるおまじないのポイント

このおまじないは、すぐに用意することができる丸い形の手鏡とオレンジ・ブラウンの二色のカラーペンを使って相手との仲直りを目指すものです。身近な三つのアイテムでかんたんに行えるおまじないですが、鏡を使うおまじないは強力なので要注意。おまじないをするときは最初から最後まで気を抜かずに丁寧に行うようにしましょう。

丸が持つパワー

丸い形をした持ち物には特に大きな力があります。その中でも人間関係を円滑で良好にしてくれる力が強いことから、普段から使っているもので丸い形ものを常に持ち歩くようにすることをお勧めします。丸いものはあるが普段持ち歩くことはできない、丸いものを持っていない場合などは、新しく購入して常に丸いものを持ち歩くことをお勧めします。

人間関係の悩みにはオレンジ

このおまじないで使うカラーペンの色には、それぞれに意味があり、重要な役割を持っています。はじめに仲直りしたい相手と自分の名前を書くときに使うオレンジ色は、人間関係に関する悩みを解決したり、いい方向に導いてくれる効果があるとされる色です。もし可能なら手鏡の色をオレンジ色にして揃えておくのもおすすめです。

変化と打開のブラウン

仲直りしたい相手と自分の名前を丸く囲むときのカラーペンの色に使われるブラウンは、「変化」や「打開」を意味しており、仲直りを促進するパワーがあるとされる色です。名前を囲むときの丸の書き方も、適当に楕円などで囲んでしまうのではなく、できるだけきれいな丸い形になるように丁寧に書くことも大切なポイントです。

鏡の扱いにはくれぐれも注意

相手との仲直りの願いを込めた丸い手鏡の取り扱いですが、いつも持ち歩いていると鏡が割れてしまったり傷ついてしまったりすることもあるかもしれません。もしそうなってしまうと仲直りどころか関係が悪化してしまう可能性もあるので要注意です。大切な手鏡は傷つけることのないよう、ハンカチなどに包んで丁寧に扱うようにしましょう。

ハンカチの色にもこだわる

おまじないに使った大切な手鏡を包むハンカチの色には、温かみを感じる暖色系のレッドやオレンジ、イエローなどのものを選ぶとより良いでしょう。また、仲直りしたい友達のことをイメージできるような色や柄などのハンカチを選ぶことで効果アップも期待できます。友達のことを想いながらお気に入りのハンカチから選んでみてください。

合わせて読みたい