願いが叶うおまじない

【簡単・超強力】就職の願いが叶うおまじない!一目でわかるポイント付き!

就職の願いが叶うおまじないの方法

就職試験の前日に、紙にクレヨンでカボチャの絵を書きます。書き終わったら、その紙を四つに折りたたみ、面接の時に着るスーツのポケットに入れます。当日、面接会場に着いたら、トイレに行き、他に誰もいないことを確認してから、紙に書いたカボチャの絵を広げます。その絵を見ながら、「面接官は全員カボチャ頭」と小さな声で三回唱えます。

就職の願いが叶うおまじないのポイント

おまじないは誰にも見られず、聞かれずにやり遂げることが重要なポイントです。面接会場のトイレは、同じ面接を受ける人や、その会社で働いている人も使用するでしょう。トイレに入った時は誰もいなくても、おまじないをしている最中に誰か来るかもしれません。誰もいないのを確認したら、素早く正確に実行することが、おまじないを成功させるためのコツです。

程よい大きさの白い紙を用意する

就職の願いが叶うおまじないの詳細を見ていきましょう。まず面接前日に用意する紙についてです。紙は、程よい大きさの白い紙を用意します。スーツのポケットは小さいですから、紙の大きさは四つ折りにした時にスーツのポケットに入るような大きさのものを選びましょう。また、色については白くてカボチャを描けるものを用意しましょう。

カボチャは丸ごと描く

次に、用意した紙にクレヨンでカボチャを描くわけですが、この時にもひとつポイントがあります。それは丸々一個のカボチャを描くことです。面接当日にはこの紙を見て面接官のカボチャ頭を想像するわけですから、紙に描く際はカボチャを1個、丸ごと描いてみましょう。切り分けたり調理済みであったりするカボチャではおまじないが成功しにくいです。また、複数のカボチャを描いてもおまじないが成功しにくくなります。

自分のイメージしやすいカボチャを描く

クレヨンでカボチャの絵を描くときは、スーパーでも売られている緑色のカボチャや、ハロウィンでよく使われるオレンジ色のカボチャなど、出来るだけあなた自身が想像しやすいカボチャを描くようにしましょう。これで「面接官は全員カボチャ頭」と唱えるときにイメージしやすくなり、このおまじないの効果がより大きくなります。

会場のトイレで呪文を三回唱える

面接当日、会場トイレ内で3回「面接官の頭はカボチャ頭」と呟くときは、誰にも見られない、聞かれないようにしましょう。トイレの中にいる他の人に聞かれてしまうとおまじないは失敗してしまうので、必ず近くに人がいないか確認して、聞こえないよう小声で呟きましょう。でも、口に出して「面接官の頭はカボチャ頭」と言わないとおまじないの効果は表れません。

毎回新しい紙を用意する

就職面接の時に心強い味方となるこのおまじないの注意点がひとつあります。それは、このおまじないで使う紙を使い回ししない事です。同じ紙を使い続けていると悪い運気が蓄積されて、せっかくのおまじないの効果を薄めてしまう可能性があるので要注意です。面接するたびに、新しい紙を用意しておまじないの準備をしましょう。毎回リフレッシュした気持ちで本番に望めるようになるはずです。

合わせて読みたい