夢占い

【夢占い】書類に関する夢の意味7選!

書類を落とす夢は不安感の現れかも

うっかり書類を落としてしまうと大変ですが、書類をなくすことで経験する不安や恐怖を示すものと解釈することができます。そのため印象は、書類自体の重要度で変わってくることになり、特に書類を見る存在、つまりは人間関係への不安や恐怖といった部分が強くなってします。それほど大事な書類でもなければ不安感は比較的少ないですが、極めて重要な書類を落とした夢なら、極めて強い不安を対人関係に持っているということになります。とは言え、事故を暗示する夢でもないので、気に病みすぎない方が良いかも知れません。

書類を書く夢は問題が解決または成長の暗示

書類を書く夢は、何らかの重大な決断を迫られていることをあらわしています。夢のなかに登場した相手があなたの身近にいる人であるのなら、事態が好転する兆しでもあり、事はあなたが思っている以上にすんなりと解決するでしょう。もしくは協力してくれる人が現れるでしょう。登場したのが疎遠な人や距離をおいている人の場合は、解決が難しくなることを暗示しています。しかしうまく解決することができれば、あなたにとって成長が見込める暗示でもあります。

書類にサインする夢は元に戻れない暗示です

書類にサインする夢を見た場合、それはどれだけ後悔しても元の状態に戻れなくなる暗示となります。現状の中で最善を尽くすしか方法が無くなってしまうでしょう。助けてくれる人も見つけられず、絶望的な気持ちに支配されることでしょう。これまでの選択が間違っていたと知って、深い悲しみに支配されるのです。中途半端に気持ちのまま、将来を左右する決断をする状況が夢に表されています。よく考えて判断することが後悔しないポイントとなるでしょう。

書類を破られる夢は、不信や自信のなさの現れ

せっかく提出した書類を破り捨てられるのは、ドラマで見ていてもきつかったりもしますが、夢で書類を破られる夢を見た場合は、誰かの具体的な悪意が関係しているわけではなく、見た本人が漠然と、今まで積み重ねてきた実績などが誰かに潰されてしまうのではと強く不安に感じていると解釈ができます。もし何の根拠もなくこうした夢を見た場合は、対人関係と言うよりはむしろ自信のなさの方が深刻になっていると見ることができます。現実はシビアなこともありますが、時には意識的に誰かを信頼してみるのもいいかも知れません。

仕事で書類をチェックする夢は、区切りのしるし

夢の中でも仕事の書類をチェックしているとなると、大分追い詰められている印象ですが、夢見の世界では違います。夢においては書類は、今までの努力や実績を示すもので、仕事でそれらを見直しているとなると、今までの努力が成果を発揮し、区切りの段階と解釈できます。また、深層意識においては、既に次のステップに進むべきと考えているわけで、仕事ができている状況でもあり、転職などには絶好の機会とも言えるかも知れません。

書類に印鑑を押す夢の意味について

現実では書類に印鑑を押すのはとても重要な事です。現実同様に書類に印鑑を押す夢にもとても重大な意味があります。進路や就職等人生には決断を迫られる時が何度もあります。その中でも自分の一生に関わる決断を迫られている事をこの夢は告げています。この時重要なのは印鑑を押す時の自分の態度です。堂々と自信を持って押しているならもうあなたは強い意思で自分の道を決めた事を意味しています。逆に自信がない、もしくは印鑑を押す事に抵抗したり反抗したりした場合はまだ決断できていない事を夢は告げています。

書類を拒否される夢は不備が見つかる暗示です

書類を拒否される夢を見た場合、それは抜け目なく進めてきたと思っていた仕事について、不備が見つかる暗示となります。思わぬミスをしたことに対して、ショックを受けてしまうでしょう。完璧主義が仇となって、いつもまでも自己嫌悪の状態が続くのです。想定外の失敗をするシーンとして、書類を拒否されるシチュエーションが自身の夢に描き出されています。ほんの些細なミスであっても、自分を許せず自暴自棄になってしまうでしょう。

合わせて読みたい