夢占い

【夢占い】失恋の夢の意味 10選

失恋の夢の基本的な意味

失恋の夢を見ると、本当に失恋するのではないかと思ってしまいそうですが、そうした不安が夢に出てくることはあっても、予知夢的な意味はありません。あなたが今失恋するのではないかと不安に駆られている場合、失恋の夢を見ても夢占い的な意味はないでしょう。しかしそれ以外の場合で失恋の夢を見たなら、それは人間的な成長を象徴する夢となります。
失恋して落ち込む夢は、あなたが次の段階に進もうとしていることを意味しています。ただし失恋後に未練を残す夢だったのなら、なかなか人間的な成長はできていないことを表しています。
失恋した人を慰める夢は、その相手ともっと仲良くなりたいと思っていることを意味します。相手が知らない人なら、新しい出会いを求めていることになるでしょう。

失恋する夢は、貴方の愛情や不安の表れ

夢の中における失恋は、貴方の愛情の深さや
「相手から別れを切り出されたらどうしよう」といった
失恋する事に対する不安を示しています。

もし貴方に今現在お付き合いしている恋人や配偶者がいて
その相手からフられて失恋するという夢を見たのなら
とても嫌な気持ちで目覚められたのではないでしょうか。
ですがご安心ください。その夢は逆夢です。
相手を深く想っている貴方だからこそ見た夢ですので
そんな貴方と相手との絆はより一層深まることでしょう。

「過去に失恋した夢」は昔の恋人への未練

過去の辛い失恋体験を夢に見てしまった貴方は
まだその時の恋に未練があり、いまだにズルズル引きづっている可能性があります。

もし貴方に、現在お付き合いしている恋人がいるのなら要注意です。
貴方は意図せず「以前の恋人はこんな事しなかった、あの人はもっと素敵だったなぁ」と
今の恋人と過去に失恋した恋人を比べてしまっていませんか?

終わってしまった相手の事よりも、今目の前にいる相手を大事にしなさいと
夢は教えてくれているのかもしれませんね。

この夢を見た場合は新たな恋愛の兆しあり

かつて交際・失恋してしまった人とかが夢に出てきた場合は新たな恋愛の兆しがあり、昔のことは忘れて新しい恋をしようという暗示となっているため、プラスに捉えつつ、昔に経験した恋愛を後悔し悔い改め自分がやってきたことを反省し新たに恋を始めようというサインでもあるので、理解しつつ動き出す準備をするように心がけることをおすすめします。

昔の自分を忘れ、新たな気持ちを持ち新しい恋愛を始めることをすすめます。

片思いの人に失恋する夢に隠されているメッセージ

失恋する夢は、恋人がいるかいないかで意味が変わってきます。現在付き合っている人の場合は、パートナーとの関係が更に発展する事を表しています。恋人がいない人が見る場合は、自分の自信に気付いていない状態です。片思い中の人が失恋する夢は、夢主に自信の無さが表れている事を示しています。好きでいる相手は、本当に自分に振り向いてくれるのかと不安になってしまうでしょう。その打開策として、自分から積極的に声を掛けに行ったり自分磨きを行って自信を付けましょう。

失恋して号泣する夢に隠されているメッセージ

失恋する夢は夢占いにおいて逆夢であると言われているため、必要以上に落ち込む必要はないでしょう。一人で泣く夢は、恋愛に対する悪いイメージが自分の中から出ていっている事を表しています。前よりも魅力的になっている可能性が高くなっているため、もっと自信を持って周りとコミュニケーションを取るように心がけましょう。また泣いてスッキリする夢は恋愛運の好調を、失恋相手の前で泣いてしまった夢は相手とのコミュニケーションが足りていません。

初恋の相手に失恋した夢に隠されているメッセージ

失恋は夢占いにおいて、夢主の恋愛運が好調である状態を表しています。現在付き合っている相手がいる場合は以前よりも関係が良好になる事を表していますが、一方で夢主の恋愛に対する不安や自信のなさが表れているため、もっと自信を持つようにという印です。初恋の異性の夢は、その人が自分と比べてどこまで成長しているかにまずは注目しましょう。その人が自分と同い年くらいまで成長していれば恋愛運の上昇を、当時のままの姿であれば逆に低下している事を表しています。

知らない人にフラれる夢占いに隠されているメッセージ

失恋の夢占いは、恋愛運がこれから上昇する事を表しているため逆夢となります。一方でお別れを検討している人は、感情が反映されている状態です。知らない人に失恋する夢は、恋愛運が好調する事を表しています。落ち込む必要は特になく、現在は良い人に巡り会えていなくても、後で良い出会いが待っているでしょう。とにかく積極的に行動を起こす事が大切なので、異性がたくさん集まる場所がオススメです。

失恋相手の夢に隠されているメッセージ

失恋の夢は基本的に、夢主の心の成長を表しています。人間は失恋をすると、後悔や憎しみといった複雑な感情が生まれます。失恋する夢を見た時期は夢主が成長するのにふさわしい時期で、検定や試験に合格する可能性が高くなっているので挑戦してみましょう。失恋相手が夢に出てきた場合は、新しい出会いが待っている事を夢主に伝えています。前に進む時期が訪れていると言えるため、今まで取り入れていなかったメイクやファッションに挑戦すると素敵な異性に巡り会えるでしょう。

失恋した人と復縁する夢に隠されているメッセージ

昔付き合っていた恋人と復縁した夢を見た意味として、必ず復縁できる訳ではないというのと、少しでも復縁に対して真剣に考えていれば、吉夢になる場合もあるでしょう。昔の恋人と復縁した夢は、昔の恋愛に区切りをハッキリと付けた事を表しています。願望ではなく、実際に過去の出来事を洗い流した事を表しているでしょう。同時に次の出会いが待っている事を表しているので、異性がたくさん集まる場所にいる場所に行ってみれば、素敵な人に出会えることは間違いありません。

合わせて読みたい