結婚できるおまじない

【簡単・超強力】婚姻届けを使った結婚できるおまじない!一目でわかるポイント付き!

婚姻届けを使った結婚できるおまじないの方法

花柄というのは恋愛運が上昇するといわれています。
そして、一般的には赤色で名前を書くことはNGとされていますが、その反面恋を叶えることとしても知られています。
なので花のデザインの婚姻届を印刷し、その婚姻届に赤いペンで自分と結婚したい相手の名前を書き込み枕元に置いておくと、
結婚できるようになるとされています。

婚姻届けを使った結婚できるおまじないのポイント

結婚というのは人生においての特大イベントとなっております。
気になる相手と結婚できるおまじないとして、婚姻届にあるデザインや書き方をすることで効果があるとされています。
結婚を控える友人から婚姻届をもらうと近々結婚できるというおまじまいも知られていますが、
自身でできる婚姻届を使用したおまじないをご紹介します。

花モチーフは恋愛運UP効果がある。

お花のモチーフを使うと恋愛運が上昇するので、結婚の願掛けにはぴったりのモチーフだと言えるでしょう。また婚姻届のお花のデザインは、その花言葉にも注意してみるとよりおまじないの効果が大きくなります。このおまじないをするときはなるべく、恋愛に関して良い意味があるお花が書かれている婚姻届を選ぶようにしましょう。

ハートやピンクの紙でも効果あり

恋愛運UPのモチーフで願掛けしましょう。お花のデザインだけでなく、ハートやピンクの紙を用いても効果的です。ハートは恋愛運UPに欠かせないモチーフである上に、たくさんのアイテムがあるので取り入れやすさ抜群です。ピンクは特に女性の運気をUPしてくれますし、こちらも取り入れやすいです。お気に入りの紙を選んで効果を高めましょう。

手書きで書くことで恋愛の神様に本気をアピール

自分と結婚したい相手の名前は、パソコンではなく手書きで書くことで、恋愛の神様に想いを伝えましょう。字がうまいか下手かは関係ありません。恋愛の神様に「私はこの人と結婚したい」と、アピールする気持ちを込めて手書きしましょう。パソコンで簡易的にパパっと打ち込んだ文字では、恋愛の神様に対して、本気だという想いも伝わりにくくなります。

枕を使うおまじないは相手に影響を与える効果がある

婚姻届を用いた結婚のおまじないがありますが、周りに結婚する友人か親戚がいるかを確認しましょう。もしいるならその人に婚姻届をもう一部貰ってきましょう。婚姻届はどの地域の物でも大丈夫です。なるべくなら花柄の物が良く、そこに赤ペンで自分と結婚したい相手の名前を記入します。枕元に置いておく方が相手に大きく影響するため、可能であれば枕元に置いておきましょう。そうすると、相手に好意を抱いてもらえるようになったり、話しかけてもらえたりという効果が得られます。

赤いペンで書くことによって恋愛運UP

このおまじないでポイントとなるのが、自分と結婚したい相手の名前を書くペンに赤を使うことです。赤は人生においての大事な局面に立つときにやるおまじないカラーです。赤は情熱的な火のカラーで、炎が立つようにここぞという願い事に効くとてもパワフルな力を持っています。また、古くからお祝い事に使われてきためでたい色でもあります。赤のパワーをぜひ利用しましょう。