夢占い

【夢占い】手紙の夢の意味7選|もらう・好きな人・読むなど状況別に夢診断

手紙の基本的な意味

手紙は気持ちを伝える手段であることから、ニュースや伝えたい気持ち、人間関係や秘密などを象徴しています。
自分で手紙を書いているのは、コミュニケーションを取りたいと、願っている気持ちを暗示しています。あて先不明の手紙にも、同じような意味があります。自分で書いた手紙の数が多いほど、それだけ伝えたいメッセージがたくさんあることを意味しています。誰かが自分宛てに手紙を書いているのは、周りにいる誰かが、自分に興味を持っていることを表しています。手紙を自分が受け取っているなら、近いうちに、何かの知らせを受け取ることを暗示しています。よい内容の手紙なら、悪い知らせ、悪い内容の手紙なら、よい知らせを受けとる可能性があるでしょう。

亡くなった人が手紙を送ってくる夢は、愛情と励ましのメッセージです。

手紙は、あなたへの心配りといえます。内容、文字、数字、記号など、あらゆるところから手紙の主旨が読み取れます。それはあなたが欲しいと感じる励ましの言葉や優しい言葉であることでしょう。それが誰とわからなくても、そこからは「あの人ならこの言葉をくれる」と、あなたの意識でわかるはず、そこには、万物全てがあなたの味方であると感じられることもあります。
文字を読んだり、理解することは、夢でも高度な作業と言えます。柔らかな光が文字を照らし、夢から覚めた後も鮮明に記憶に焼き付くことでしょう。この手紙は記憶の中で何度も読み返され、この先の人生の確かな助けとなっていきます。

元彼が手紙を送ってくる夢

元彼が手紙を送ってくる夢を見たあなたは、まだ元彼に未練があるのかもしれません。手紙をもらう夢というのは、貰った相手の本性が知りたいという事を意味しています。別れたはずの元彼の本性を知りたいと思うということは、何かしらまだ思うところがあるということでしょう。また、手紙をもらうという夢にはその人に対する期待が込められています。ずいぶん昔の彼だけれど久しぶりに話がしたい。連絡してきてほしいという気持ちが心の奥底にはまだ眠っているようです。
元彼が手紙を送ってくる夢を見たあなたは、一度元彼に連絡を取ってみると良いでしょう。心の突っかかりが消えてくれるかもしれません。

もっと詳しく知る:
>>元彼の夢の意味

ストーカーが手紙を送ってくる夢を見た場合は軽率な行動を取るなという暗示です

ストーカーが手紙を送ってくる夢を見た場合は軽率な行動を取るなという暗示であり、交際とかをしている場合は彼氏また彼女とかに過去の話とかをするのは危険であるので絶対にしないように心がけるようにお願いします。また、カップル同士の仲が不仲になっている状態でこの夢を見てしまった時は相手側がこちらの過去を気にしていたりすることがあったりするので柔軟に対応するようにお願いします。ちなみに夢に出てくるストーカーというのは過去に交際していた人物であったりすることが多いので、この夢を見たら過去のものとかは全て処分しておいたほうが無難です。

好きな人が手紙を送ってくる夢の意味とは

あなたが好きな人が手紙を送ってくる夢の意味を解説していきます。夢に出てくる手紙とは、あなたがそれを送ってくる相手ともっと仲良くなりたい、親密な関係になりたいと感じていることを意味しています。好きな人が手紙を送ってくる夢を見てしまうということは、それだけあなたがその人に夢中になっているのです。自分の気持ちに正直になって、その人にアプローチをかけていくようにしましょう。積極的にアピールをしていかなければ、なかなか気持ちが伝わらないものです。夢を自分の気持ちを伝えるチャンスだと考えて、思い切って行動に移してみてください。

もっと詳しく知る:
>>好きな人の夢の意味

手紙をもらう夢

手紙をもらう夢というのは、その内容にもよりますが、あなたに存在や気持ちを知ってほしいと想いを寄せている誰かがいることを意味します。また良い内容であったり、嬉しい気持ちだった場合は、幸運な出来事や幸せの予感となり、悪い内容なら不吉な出来事の前触れを意味します。この場合は、手紙をもらった相手には、十分注意しましょう。しかし、手紙をもらったが開けなかった場合は、他人の忠告を無視し、チャンスを逃すことになるでしょう。

手紙を読む夢

アドバイスを欲しがっている暗示です。特に、職場や学校でのコミュニケーションなど、人間関係に類する助言を欲しがっていることが見て取れます。心が温まる一対一のやり取りを求める気持ちも暗示されています。また、手紙の内容を記憶している場合、そのアドバイスは現実のあなたを導く指針のような意味合いを示しています。もちろん、完全に鵜呑みにしてしまうのは危険ですが、参考にできる部分を探り出し、自己改善の助けにすることで、人間関係は改善していくでしょう。

合わせて読みたい