夢占い

【夢占い】事件に関する夢の意味4選!

事件に巻き込まれる夢は吉報といえそう

事件に巻き込まれる夢をみてしまったら怖いですよね。事件の大小にも寄りますが、できれば見たくないものです。こんな夢をみると、なにか不吉なことが起こるのではと思う人もいるでしょう。
夢占いでは、夢の内容が逆夢(夢でみたことと実際は逆になること)になることも多いのです。まさに事件に巻き込まれるという夢は逆夢といわれています。事件の中で自分が傷つけられたり死んでしまったら怖い思いをしますが、これも良い兆し。傷つけられたのは自分が嫌いな自分です。自分の嫌いなところと決別し、あたらしい自分として生きていくことができる夢です。

殺人事件で自分が殺されている夢

自分が被害者になって殺されてしまう夢は、夢とわかっていても怖いですよね。しかし、この夢はあなたの運気が好転することをあらわす「吉夢」ですので安心してください。あなたは長年悩んできた問題を解決し、ストレスを解消したようです。夢の中で殺されたあなたは過去の古い価値観や、利用価値がなくなった側面をあらわします。つまり、あなたは生まれ変わったということ。新しいあなたの才能や考え方がやがて表面化してきます。ただし、夢の中で殺されて血を流しているならチャンスを目の前にして体力的、精神的にエネルギーを消耗しているという警告です。その場合はゆっくりリフレッシュの時間をとって心身を休めるようにしてくださいね。

家族が事件に巻き込まれる夢を見たとき

家族が事件に巻き込まれる夢は、何かが変化する、または生まれ変わることを暗示します。それは、あなたの家族のことかもしれませんが、あなた自身のことにあらわすことあるでしょう。ただこの夢は、あなたがどこか他力本願であったり無責任に近い感情でいたりすることを示しています。人生の転換期は、今いる地点からの前進がなくてはなりません。夢の中に出てくるトラブルは、物事にまっぐく向き合いなさいというメッセージです。
あなたの家族や、またはあなた自身が、いま、助けや愛情、思いやりなどを必要とした状況ではないか、よく考えてみてください。

殺人事件の現場で死体を見ている夢

夢の中の死体は、あなたの鈍ってしまった感情や考え方をあらわします。見ず知らずの人の死体は、あなたの中ですでに不必要になった考え方、あるいは信念のことをあらわします。しかし、死んでいるのがあなたの知り合いなら、日頃無意識のうちにその人に対して嫉妬や鬱陶しさを感じているのかもしれません。また、相手が家族や親しい人なら、あなたがその人を失ってしまうことに恐れを感じているということです。全体的に殺人現場の夢は悪いものではありません。あなたの置かれた状況は、いずれ新しい局面を迎えることでしょう。懸案事項を解決するには、ゆっくり休養をとりエネルギーを充電しておくことです。そして対人関係を始めさまざまなことを一つずつ解決し、人生にうまく折り合いをつけていきましょう。

合わせて読みたい