動物占い

【動物占い】傷つきやすいライオン(シルバー)の性格や相性を徹底解説!恋愛・仕事・開運術も!【2019年運勢も!】

もくじ

傷つきやすいライオンの2019年運勢を徹底解剖!

築き上げてきたスキルやスキームを再評価して、新しい価値観を取り入れていく転換の時期を迎えています。臨機応変な立ち回りをして、これまで考えもしなかったアプローチの方法を見出していける2019年となりそうです。傷つきやすいライオンの頑固さがそうした切り換えを阻む要因となりやすいので、ある程度意識して柔軟性を持たせる必要があります。無理をせず、休息を取りながら気持ちの切り替えをすることで、スムーズに新たな感覚を受け入れていけるでしょう。

傷つきやすいライオンの基本的な性格を徹底解説!【動物占い】

傷つきやすいライオンの性格①真面目で努力家

傷つきやすいライオンは、真面目で努力家な方が多いようです。基本的にとても礼儀正しく、社会のルールや伝統的なマナーなどをとても重んじる傾向にあります。

周囲にいる人たちへの対応もとても誠実で、気遣い上手なタイプなので、目上の人だけでなく年下の方からの信頼も厚いでしょう。

また、傷つきやすいライオンは自分自身の確固とした信念を持っており、どんなことがあってもその信念を貫き通すような芯の強い人でもあります。自分の信念の先にある、目標や夢を達成するためには、努力を惜しまないタイプでもあります。

コツコツと努力を重ねることがまったく苦にならないタイプなので、伝統工芸師や学者など、職人や研究職に向いている方も少なくないようです。

傷つきやすいライオンの性格②些細な事で傷ついてしまう

傷つきやすいライオンは、些細な事で傷ついてしまう傾向があるようです。その名の通り、まるでガラスのような繊細なハートの持ち主ですので、たとえ相手に悪気がなかったような発言でも自分の自尊心が傷つけられたと感じることが少なくないようです。

というのも、傷つきやすいライオンはとてもプライドが高く、ちょっとした失敗でも自分を許すことができないような厳しさを持っているからなのです。

表面上はとても社交的で自分の感情のコントロールも上手なタイプですので、周りからは傷ついていることが悟られにくいのですが、実はとても繊細で弱い部分も持ち合わせています。ただし、傷つきやすいライオンはそのぶん人の痛みがわかる優しい人でもあるのです。

傷つきやすいライオンの性格③人と変わった事をするのを嫌う

傷つきやすいライオンは、人と変わった事をするのを嫌う傾向にあります。というのも、傷つきやすいライオンは、世間体をとても気にするタイプだからです。社会的な常識やルールから少しでも違っている事には、拒否反応が出てしまうことも少なくありません。

もちろん自分がそういったルール違反をすることは絶対にしませんし、他の人のそういった行為も許すことができないタイプです。悪く言ってしまえば、頑固で融通がきかないタイプでもあります。

しかしその一方で、その真面目さと誠実さが多くの人からの信頼を得ていることも確かです。秩序をとても大切にし、責任感が強いタイプですので、どんな場面においてもリーダー的な役割を担うことが多いようです。

傷つきやすいライオンの性格④とても負けず嫌い

傷つきやすいライオンは、とても負けず嫌いです。基本的に人一倍プライドが高く、仕事においてもプライベートにおいても常に「1番」になりたいと思っています。そして、「1番」になるための努力はまったく惜しまないタイプです。

また他人には弱みを見せず、自分にとても厳しい完璧主義でもあるため、やるからには最高のレベルまで自分を高めたいと考えています。そのため傷つきやすいライオンは、ライバルには絶対に負けたくないと思う傾向にあるようです。

もしも負けてしまった場合、それがたった一度のことであっても傷つきやすいライオンは、深く傷ついてしまいます。その名の通り、傷つきやすい繊細なハートの持ち主なので、自分が傷つかないためにも負けたくないという気持ちが強いようです。

傷つきやすいライオンの性格⑤何かを犠牲にして何かを得る事が嫌い

傷つきやすいライオンは、何かを犠牲にして何かを得る事が嫌いな傾向にあります。というのも、傷つきやすいライオンは基本的に超がつくほどの完璧主義者だからです。

そのため、一方を犠牲にしてもう一方を成功させるのではなく、両方とも同時に成功させるということが好きで、常にそれを目標としています。そして、その目標を実際に達成させることができる強い意志と才能を持っているタイプでもあります。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ではなく、まさに二兎を追って二兎を得るという超人的な才能を持っているタイプです。ただし、その能力の裏側には傷つきやすいライオンのたゆまぬ努力が隠れています。

人に見られていないところでしっかりと努力ができるのが、傷つきやすいライオンです。

傷つきやすいライオンの性格⑥何かを想像するより目の前にある事に集中する

傷つきやすいライオンは、何かを想像するよりも目の前にある事に集中するという性格の持ち主です。質実剛健で現実主義者でもある傷つきやすいライオンは、直感や想像よりも論理的な思考や経験の積み重ねを大切にする傾向にあるようです。

夢見がちなタイプとは正反対で、突拍子もないことを考えたり直感で行動したりすることは少ないので、やや瞬発力に乏しく慎重すぎるタイプでもあります。ただしその一方で、やると決めたことは必ず最後まで集中してやり遂げるという強みも持っています。

傷つきやすいライオンは、仕事においてもプライベートにおいても、なんでも完璧にこなしたいと思っているので、目の前にある事に対する集中力はぴかいちなのです。

傷つきやすいライオンの性格⑦困っても人の助けを求めない

傷つきやすいライオンは、困っていても人の助けを求めないという性質を持っています。他人に対しての警戒心がとても強い人が多いため、なかなか自分の弱みを見せようとはしません。

そのため、自分がなにかトラブルを抱えていてもそれを周りに悟られないように、自力で解決しようとすることが少なくないようです。

また傷つきやすいライオンは、人一倍高いプライドの持ち主でもあることも、周りに助けを求めることを良しとしない理由でもあるのです。傷つきやすいライオンは、情報集めや経験の分析が得意な論理的なタイプですので、問題を解決する能力も高いです。

そのため、自分一人でトラブルを乗り越えられる力を持っていますが、問題が大きすぎる場合は注意が必要です。

傷つきやすいライオンの性格⑧安全が第一で何を決めるにも時間が掛かる

傷つきやすいライオンは、安全が第一と考えているので何を決めるにも時間が掛かる傾向にあるようです。もともと、石橋をたたいて渡るような性格を兼ね備えている傷つきやすいライオンは、どのような場面に置いてもとても慎重に行動します。

身体的な面に置いての安全はもちろんのこと、秩序やルールが乱されるような場面をとても嫌う傾向にあるので、そういったアクシデントが起こらないように対人関係においての安全面にも気を配っています。

そのため、傷つきやすいライオンがなにかを決断するまでには結構な時間が掛かってしまうことが少なくないようです。ただし、時間がかかったぶん、その決断は誰もが納得するような素晴らしいものになる場合が多いようです。

傷つきやすいライオンの性格⑨物事を論理的に考える

傷つきやすいライオンは、物事を論理的に考える傾向にあるようです。傷つきやすいライオンは、基本的にすべてのことをパーフェクトにこなしたいと考えています。

そのため、仕事においてもプライベートにおいても何かを行うときには、まずはしっかりと考えてから行動に移します。

傷つきやすいライオンは、情報収集や分析が得意なタイプであるため、自分の経験や先人たちの知恵を集結させたうえで、もっとも効率的に成功できるパターンはいったいどれなのかを順序立てて考えることが少なくありません。

そのため、やや時間はかかるのですが、常に論理的で計画性のある思考をしています。直観力や想像力にはあまり秀でていませんが、論理的な分析や研究は右に出る者がいないタイプです。

傷つきやすいライオンの性格⑩とても時間に厳格で人が遅れたりすると怒る

傷つきやすいライオンは、とても時間に厳格で人が遅れたりすると怒ってしまう傾向にあります。傷つきやすいライオンがもっとも大切に思っていることは、社会的なルールや秩序、そしてマナーを守るということなのです。

そのため、自分以外の人がその基本的なマナーを守れていないと、許せない気持ちになる傾向にあります。特に時間に関してはとても厳格で、それがプライベートな場面であったとしても遅刻した相手に対しては強い怒りの感情を抱くことが少なくありません。

仕事においてはその傾向が更に強くなり、一般的には「怖い上司」として周りから恐れられることもあるようです。基本的には他人に対して気配りができる優しさを持っているタイプですが、時間に対しては融通がききません。

恋愛運や特徴は相手を少しでも幸せにしようと常に考え実際に相手を喜ばせる事が得意

傷つきやすいライオンは恋愛面において、相手を少しでも幸せにしようと常に考え、実際に相手を喜ばせる事が得意な特徴を持っています。傷つきやすいライオンは、その名の通りガラスのような繊細なハートの持ち主です。

そのため自分のことだけでなく、相手の痛みや苦しみも敏感に感じ取ることができる温かい優しさを持っているのです。その優しさと持ち前の向上心とで、どのようなことをしたら相手が今より少しでも幸せになるかを常に考えています。

そして、傷つきやすいライオンが得意とする論理的思考や分析力でもって、相手が喜ぶような行動や発言を的確に判断し、それを実行することができます。自分にも相手にも常に向上心を持って接することができるタイプなのです。

仕事運や特徴は何事も論理的に考え、完璧にこなすので周りからはとても頼りにされる

傷つきやすいライオンは仕事において、何事も論理的に考え、完璧にこなすので周りからはとても頼りにされるという特徴を持っています。傷つきやすいライオンは、情報収集能力と分析力に長けている傾向にあります。

そして、それらを論理的に考え仕事に活かしていくことが得意なので、一般的に言う「仕事ができるタイプ」なのです。また、もともと超がつくほどの完璧主義者ですので、たとえ小さな仕事であっても一切妥協することなくパーフェクトにこなすことができます。

そういった質実剛健で努力家な一面があるので、職場においてはさまざまな人から頼りにされている傾向にあります。そして、どのような場面においてもリーダー的な存在になれるタイプです。

傷つきやすいライオンの開運ポイントは自分の力だけでなく周りの力も借りる事が鍵

傷つきやすいライオンが運気をアップさせるには、自分の力だけでなく周りの力も借りる事が鍵となってくるようです。傷つきやすいライオンは、基本的に完璧主義者でプライドが高いので、なかなか周りの人に自分の弱みを見せることができません。

たとえ困ったことがあったとしても、他の人に頼ることなく自分の力だけで問題を解決しようとしてしまいがちです。

基本的には問題解決能力に長けている人が多いので、自力でトラブルを切り抜けることができるのですが、常に気をはっているので疲れてしまうことが少なくありません。

傷つきやすいライオンが運気をアップさせるには、たまにはプライドを捨てて周りの人に甘えてみることが大切になってくるようです。

傷つきやすいライオンの相性を徹底解説!状況別の良い・悪い動物とは?

恋愛上で相性が良いのは大器晩成のたぬきや面倒見のいい黒ひょう

傷つきやすいライオンは心の弱さが露呈しやすく、すぐに諦めてしまいがちです。いつでも支えてくれる頼もしい相手を求める傾向にあるので、大器晩成のたぬきや面倒見のいい黒ひょうと恋愛をしていくのが良いと言えます。引っ込み思案な傷つきやすいライオンを連れて、遠くまで遊びに行くなど、積極的に楽しませてくれます。今までにできなかったような楽しい経験をして、思い出を増やしていけるので、最良のパートナーとなるのです。

仕事上で相性が良いのは粘り強いひつじや頼られると嬉しいひつじ

傷つきやすいライオンの貧弱な姿勢はあまり評判が良くないので、しっかりとフォローしてくれる同僚の存在が大きな意味を持ってきます。その点で、仕事上で相性が良いのは粘り強いひつじや頼られると嬉しいひつじです。親密な関係を望まないタイプではあるものの、仕事が出来ない傷つきやすいライオンに対して文句を言わず、そっと支えてくれることでしょう。無理難題を吹っ掛けることなく、自然体で関わってくれることも信頼できるポイントです。

人間関係で相性が良いのは感情豊かな黒ひょうや無邪気なひつじ

とても傷つきやすいライオンにとって、人間関係で相性が良いのは感情豊かな黒ひょうや無邪気なひつじとなります。心が折れてしまいそうな時に、そばにいて慰めてくれる優しさを持つ相手なのです。弱い心でも、持てる力を振り絞って努力を続ける傷つきやすいライオンに対して、温かい手を差し伸べてくれる仲間となります。周囲からの冷たい視線を跳ねのけて、どんな時も守り抜いていく姿勢を示してくれるので全面的に信頼できるのです。

合わせて読みたい