好きな人に告白されるおまじない

【簡単・超強力】絆創膏を使った3日以内に告白されるおまじない!一目でわかるポイント付き!

絆創膏を使った3日以内に告白されるおまじない

まず、手をしっかりとくまなく洗いしっかりと水気を拭き取ります。次に絆創膏のガーゼの部分に青色のペンで想いの相手のイニシャルを記入し、イニシャルを赤色のペンで丸く囲みます。インクをよく乾かしてから、絆創膏を左手の薬指に巻きつけるように張ります。また、可能であれば寝るときに絆創膏の上から指輪をはめて下さい。最後に絆創膏を3日経ってから剥がして下さい。

絆創膏を使った3日以内に告白されるおまじないの方法

これは身近なもので実践ができる方法です。ただし、3日以内にはがれてしまった場合には、最初からやり直しましょう。はがれたものをまたはりつけるなど、無理に続けないようにしましょう。成功するまで何度でもやり直すことで、自分の相手に対する気持ちの強さや本気さを自覚でき、願いはより強くなり、効果も強くなるでしょう。

絆創膏を使った3日以内に告白されるおまじないのポイント

左手の薬指を念入りに洗い、清めてからおまじないをすることで効果UPが期待できます。神社参拝の際に、手水場で手を清めるのと同じことです。これからおまじないをしようという時に、集中力を高め、心を落ち着ける意味もあります。また、絆創膏を貼り続けるので、手の油分を落としておくとはがれにくくなるという効果もあります。

綺麗に手を洗ってから

イニシャルはファーストネームが先となります。にじみにくいように細い油性ペンを使うのがおすすめです。絆創膏のガーゼの部分は、ペンで書くとにじみやすい素材ですが、イニシャルの文字ははっきりとわかるように書く必要があります。おまじないの前に、他の絆創膏でにじみ具合をテストしてみるのも良いでしょう。書きづらいときは少し大きめの絆創膏にしてみるのも手です。

ガーゼの部分にイニシャルを書く

絆創膏を補強しようと、上からテーピングを巻いたりするのはNGです。自然に貼っていてはがれないことにより、恋愛の神様に願いが通じたことになり、叶っていくおまじないですので、無理矢理はがれないよう成功させようとするのは逆効果になります。どうしてもはがれて欲しくないときは、はがれにくいものも市販されていますので、そういったものを選びましょう。

貼るのは絆創膏のみ

いざ、左手の薬指に絆創膏を巻こうと思ったら、手荒れがひどくて無理。料理中に手がすべって包丁で指を切ってしまい、傷が治っていない。突き指をしてしまって湿布中。仕事や趣味で細かい作業をするのに邪魔になる…等々、何かしら問題があって薬指にはつけられない場合でも大丈夫。代わりに左手の甲に絆創膏を貼りましょう。

薬指に巻けない場合

可能であれば、絆創膏の上から指輪をはめることで更なる効果が期待できます。薬指にはめる指輪には、「自分の願いをかなえてくれる」という意味があるのです。指輪に相手のイニシャルもしくは名前が彫ってあるとより良いです。寝ている時間は、運気を貯め込める時間でもありますので、願いをより叶えやすくするために、有効的に活用しましょう。

合わせて読みたい