夢占い

【夢占い】薬の夢の意味16選!

薬の基本的な意味

薬は私たちの不調を治してくれるものですが、夢の中に薬が出てきた場合はあなたの状態を表しています。ただし日常的にたくさんの薬を服用している人の場合、薬を飲む夢は単に日常生活が夢に出てきただけに過ぎず、夢占い的意味はありません。
まずは薬を得たのか、あげたのかというところに注目してみましょう。もしも薬を処方されたり誰かにもらったりしたなら、それはあなたの状態があまりよくないことを意味しています。疲れが溜まっていたりはしていないでしょうか。不調を感じているようなら、病院に行ってみた方がいいかもしれません。
もしも薬を誰かにあげた夢なら、その相手に対して何か直してほしいと思うところがあるようです。心当たりがあるなら、一度相手とじっくり話してみてもいいのではないでしょうか。

薬がうまく飲み込めないことに対する夢

薬が上手く飲めない夢は、何らかの物事に対して反発心を抱いていることです。仕事面や人間関係で意に反することを強要され、その反発心が夢となって現れた可能性が強いです。頭ごなしに否定することは、自分にとってプラスになる出来事も逃がしてしまいます。あなたが助けてほしいのに、助けがいないわけではなくそれは心の問題です。周りに人が築いて助け合う姿勢をとれば、自然に解決できるようになります。頭の中を柔軟にして物事を捉えることで、また違った考え方が生まれてきます。

薬を大量に飲む夢は他力本願なあなたに忠告

薬を大量に飲む夢は責任感の無さに忠告をしている夢です。最近、仕事や友達関係などで何か決め事をするとき他人任せにしていませんか。自分で責任を持って発言することを怠っていると後であなた自身が苦労することになります。面倒な仕事を任されたり陰口を叩かれて仲間はずれにされたりするので他力本願は辞めましょう。積極的に自分で行動することで運気が上がります。もし実際に沢山の薬を飲んでいるならば飲み過ぎだという忠告です。体のことをもう一度考えて病院に行くなど薬の量を見直して下さい。

薬で死ぬ夢は失望の広がりを暗示します

薬で死ぬ夢の中には、面倒なことを避けて一からやり直したいという意識が強く反映されています。死んでしまいたくなる程、現実での日々が辛いものになってしまうのです。前向きに考えられる要素も無く、マイナスイメージばかり膨らんでいってしまうでしょう。薬で死ぬシーンには、再スタートを切るための手段を模索する気持ちが透けて見えます。困難に立ち向かうだけのエネルギーも失って、成す術がない状況を物語っているのです。

薬を塗ることで精神的な傷を治す夢

薬を塗る夢は、塗り薬を塗って治そうとしていることです。過去に受けた精神的な傷が、次第に癒されようとしています。塗り薬が効いた時は、その傷が癒された時です。そしてその塗り薬が効かなかった時は、不満が蓄積され過去にまだまだ悩まれそうです。心の傷を忘れたくても忘れられるに、今も引きずっているからです。しかし薬を塗る夢を見ることで、その心の傷は徐々に癒されていきます。そして、新たな一歩を踏み出していけます。

薬で吐いてしまう夢を見た時の状況

薬で吐いてしまう夢は、対人関係において何か変化が起こるという意味です。現在で対人関係が良好に出会っても、何かのきっかけでその関係が悪化したりします。また対人関係にあまり恵まれてなく悪縁に悩んでいる人は、良く思ってない人物と縁を切ることが出来ます。良しくも悪くもその関係との間に、変化が起こる可能性があります。人間関係が、がらりと変わっていきます。どんな状況になったも対応できるように、今から心の準備が必要になってきます。

薬を買う夢は自力での解決を暗示します

薬を買う夢を見た場合、自力で困難な状況を打開できる暗示となっています。力不足を感じていても、潜在的なスキル・能力を発揮して、最後まで挑み続けることが出来るのです。薬は自分の中から湧き上がる闘志のイメージとなって夢に映し出されています。まだ見ぬ可能性を信じて、果敢に挑戦を続ける姿勢が強まっていくことでしょう。負けず嫌いに性格も相まって、過去に無いくらいのパワーを振り絞ることが可能となる兆しなのです。

薬を捨てる夢はプライドを無くす暗示です

薬を捨てる夢には、本来の自分らしい判断・アプローチをやめて、形振り構わず突き進んでいく決意が示されています。薬は、正攻法の考え方を表すイメージとなっています。多くのリスクを負ってでも、新たな可能性を開拓していくことに命運を賭ける場面が訪れるでしょう。周りからの忠告を無視して、ひたすら意志を貫く姿勢は、賛否両論を巻き起こします。しかし、最終的に責任を負うのは自分であることを覚悟しなければならないのです。

薬を打たれる夢は心を静められる暗示です

薬を打たれる夢の中には、冷静さを失いかけていたことに対して、一呼吸置いて考え直せることの暗示が含まれています。客観的な視点を向き合う課題を見つめていけるので、間違いを犯すリスクが減ることでしょう。打たれた薬は、周りからの忠告・支援を表しています。意固地にならず、素直に受け入れることが幸運の鍵となります。凝り固まった思考を解きほぐして、新たな発想で取り組んでいけるよう支えてもらうことが出来るでしょう。

カプセルの薬が印象的な夢は混乱の暗示です

カプセルの薬が印象的な夢を見た場合には、思考がなかなか安定せず、正しい判断に結びつかない状態が示唆されます。次第に混乱の度合いが強まり、間違った決断を下してしまうことでしょう。周りからの意見も参考にしながら、軌道修正することの必要性も夢に示されているのです。カプセルの薬は、内容を正確に把握することの大切さを訴えかけるイメージとなっています。行き当たりばったりの考えを捨てて、正確性を重視しなければなりません。

薬を落とす夢はサポートを断る暗示です

薬を落とす夢を見た場合には、せっかく差し伸べられた救いの手を払いのけてしまう暗示となります。素直に受け入れておけば良かったと、後悔するはめになるでしょう。つまらない自尊心が表に出てしまい、相手からの好意を跳ねのけてしまう可能性が高まっているのです。薬は、周りからの優しさを表すもののイメージとして夢に出てきています。根拠のない自信や、将来への楽観的な展望も相まって、判断を誤ってしまうことに警鐘を鳴らす夢なのです。

薬を探す夢は解決策が見つからない暗示です

薬を探す夢を見た場合、人間関係や仕事の問題がなかなか解決せずに、困り果ててしまう暗示となります。様々な工夫を凝らして解決策を模索するものの、なかなか上手くいかないでしょう。探している薬は、現実の中で求めている打開策のイメージとなっています。いつまでも根本的な解決らに結びつかないもどかしさが、日々募っていく予兆です。深呼吸して、冷静に状況を見まわしていくことも求められます。同じことに執着し過ぎると、余計に混乱してしまうでしょう。

薬を調合する夢は改善策を見つける暗示です

薬を調合する夢の中には、向き合う問題や課題を、根本的に解決する方法を見出せることが暗示されています。これまでの思い込みを解消して、より簡単・スムーズな手法で進めていくことが可能となるでしょう。固定観念を打ち破るもののシンボルとして薬の調合シーンが出てきているのです。古い考え方に囚われず、どんどん新しい価値観・システムを受け入れていくことの大切さが示されているのです。挑戦心を掻き立てられる夢にもなっています。

薬を飲んだときの苦さが印象的な夢

薬を飲んだときの苦さが印象に残る夢を見たときは、近いうちに日常や仕事でのトラブルが解決するのですが、その際にあなた自身が憎まれ役などの損な役回りを押し付けられてしまうことを暗示しています。他の人たちから批判を受けてしまったり、嫌な役割を押し付けられることがあるかもしれません。
その状況がいつまでも続くという訳ではないのですが、あらかじめ心の準備をすることで用心しておきなさいと、この夢は伝えています。

薬をもらう夢は救われる暗示です

薬をもらう夢を見た場合、困り果てた時に支えてくれる存在が見つかる暗示となります。自分一人で対処出来ないようにトラブルが発生した場合にも、力を貸してもらえるのです。強力なサポートを受ける中で、自分の弱さや未熟さを思い知ることになるでしょう。素直に現実を受け入れて、これからに生かしていく工夫が求められます。もらったクスリは、自分自身の弱点を改善するイメージとなっています。心身共に充実化の必要性を訴えかける夢なのです。

薬を渡す夢は助け舟を出す暗示です

薬を渡す夢は、困っている相手に対して、手を差し伸べられる暗示です。自分のできる範囲で、丁寧に支えてあげる優しさが芽生えるでしょう。些細な事でも目を背けずに、相手の立場になって考えられる意識が見て取れます。薬は、優しさのイメージとなって夢に登場します。受け取った相手が感謝の念を持って、恩返しをしてくれる可能性もあります。見返りを求めることなく、自然な優しさを振りまくことが、将来に繋がっていくでしょう。

薬を届ける夢は優しさを伝えられる暗示です

薬を届ける夢の中には、相手を心配して思いやる気持ちが高まる兆しが見て取れます。どうにかして、相手の役に立ちたいと思い、具体的な行動をすることに繋がっていくでしょう。その結果として、相手からの厚い信頼を得られるのです。これまでの少し遠い存在から、近しい関係性へと進化を遂げられる暗示となっています。薬は、相手の望むものの象徴であり、必要なタイミングで届けられれば、親密度・信頼感は一層高まっていくのです。

合わせて読みたい