夢占い

【夢占い】映画の夢の意味13選!

映画の予告を見ているのは、新たなる旅への出発を!

今はあなたは、ぐったりと疲れていますね。それは映画の予告のような波乱万丈のストーリーを夢で見ていたからではないでしょうか?ギュッと凝縮された30秒。いつものベッドの上にいるのが不思議なぐらい、その夢は鮮明であなたの脳裏にこびりついていますね。そんなあなたには、今日から昨日までとはまったく違う出来事が幾つも起こります。新しく起こる出来事を恐れないで。どんなことでも今のあなたなら映画のヒロインのようにくぐり抜けることができるから。ベッドから降りて、わくわくする気持ちで身支度を整えてください。だって、もう冒険は始まっているのだから。

映画の撮影をしている夢の意味とは

映画の撮影をしている夢とはどんな意味かというと、現在あなたが取り組んでいることに対してどのような気持ちでいるのかをあらわしているといわれています。あたなが、その撮影に対してやる気がみなぎっていたのであれば、これから思い通りに取り組むことができるといえるのでそのまま進んでいっていいでしょう。しかしあまり乗り気でなさそうであった場合は、現在あなた自身の気持ちの低下をあらわしているので、一度休息やリフレッシュなどして気持ちを整えたほうがいいいでしょう。

殺される映画を見ている夢は危機の到来を意味します

一見リラックスしている状態で、殺される映画を見ている夢の中にいる場合には、静かに迫りくる危機への心構えが出来ていることが暗示されています。もはや後戻り出来ない状況に置かれていながら、平静を保てるほど覚悟がしっかり出来ているのでしょう。諦めにも似た境地にあることを暗喩的に示している可能性もあります。多くのトラブルを背負い込んでいないか見直すべきことを伝えているのです。

映画の主役になる夢は自分の人生を生きている証

夢占いで、映画が出てくる場合、スクリーンに映ったものはあなたの今の人生そのそのものだと考えられます。映画で主役になるということは、あなたが今自分の人生の主役であるということを意味しています。今のあなたは自信をもって輝いているということです。特に映画の中で活躍していたり、ハッピーエンドの場合は、ことさら人生がうまくいっているという証拠です。自分に満足していて、誰にも邪魔されずにやりたいことがやれている好調期にいるようです。

映画に出演している夢の意味とは

映画に出演している夢の意味とは、あなたが対人関係でなにかしら変化が起こる可能性があるといわれています。もしもそれが悲しんでいる役をしてた場合、あなたにとって嬉しくない出来事や、また騙されたり裏切られたりと人間不信になる恐れがあるので注意したほうがいいでしょう。しかし明るい役をしていた場合、あなたにとってこの先、生涯の付き合いになる相手だったり、運命の相手があらわれる可能性があることを意味してるといわれています。

映画に誘われる夢の意味とはいったい

映画に誘われる夢の意味とは、あなたの歩む今後の人生においての出来事や展開を意味しているといわれています。それは誘われた相手によっても意味が違ってきます。例えば、それが友人だった場合、今後の対人関係を意味しているとされています。対人関係でトラブルが現在あった場合は、もし誘われていい気分であったのならその悩みが解消されていくあらわれといえます。そして好きな人だった場合は、現在好きな人との距離に寂しさがあらわれてるといわれてますので、思い切って誘ってみるといいかもしれません。

ホラー映画の夢を見るときはどんな心情?

映画の夢はあなたの人生を映し出しています。今、あなたが抱えている問題から逃げ腰になっていて映画というスクリーンの向こう側の第三者へ置き換えて精神的にバランスを保とうとしています。映画でもホラー映画だった場合、あなたは今、仕事や恋愛、人間関係など何かに恐怖を抱いていることを意味します。その恐怖が原因で大きなプレッシャーを抱えています。あなたにとっての恐怖が何かをきちんと理解してその恐怖を取り除くことが大切です。

映画の世界の入る夢は良い夢です!

映画の世界に入る夢を見たときはこれから驚くような楽しい体験を予感しているときです。これから新しく楽しい出来事が起こります。恋愛では相手の今まで知らなかった部分が見えて驚き更に相手への気持ちが大きくなるでしょう。楽しい出来事が起きたとき、一人で体験するのではなく誰かと一緒に体験した方が更に楽しく感じられるでしょう。映画の世界に入る夢を見たら何か楽しい事が起こりそうとわくわくした気持ちで過ごしてみてください。

映画に間に合わない夢は先延ばししていることへの警告

映画の上映時間に間に合わない夢には、今の自分自身の焦りが投影されています。映画というのはあなた自身の人生を暗示します。そんな大事な場に間に合わないという夢は、何か人生に関わる重要なことをほったらかしにしている、という深層心理からの警告かもしれません。何かやるべきことを先延ばしにしていたり、おろそかにしていないでしょうか。心当たりがあるのならば、早めに対処することが大事です。少々遅れたとしても少しならばなんとかなりますが、打つべき手を打たないと大事な局面を台無しにしてしまいかねません。

映画館でデートをする夢は、ときめきを求めている。

現実世界のデートがマンネリ化し、暫しのときめきを求めて憧れの世界に充足を見いだしているのでしょう。あなた自身がその気にさえなれば、ただ鑑賞するのではなく、歌も愛情も欲しいままに引き寄せることが可能です。また、自ら何かを創り出すこともできるでしょう。必要なことは自分に「諦め」というブレーキをかけないことです。また、大切な人と分かち合うほど素晴らしいものが自分にはない、という気持ちを放棄することでもあります。

映画監督になっている夢は未来への誘いです

映画監督になっている夢を見た場合には、未来の新たな可能性を掴む寸前まで来ていることを感じ取れるでしょう。配役を考えたり、シチュエーションを設定するなど、全面的なイメージの構築をする立場として、活躍の機会がもたらされる可能性があるのです。現状に鑑みると、到底思いつかないようなポジションに就けるチャンスが訪れる予感があります。いつその時が来ても対応できるように、心の準備をすべきである暗示として捉えられます。

映画のチケットがでてくる夢は発見の予兆です

夢の中に映画のチケットがでてくるシーンが見られる場合には、今まで気が付かなかった他者の気持ちや、真実に辿り着ける可能性が示されています。発見の予兆がはっきりと示されているので、心を研ぎ澄ませて過ごすことが大切です。この発見がきっかけで、これからの生き方が大きく変わっていくかもしれません。ダイナミックに運気が変わる瞬間に邂逅する日も近いでしょう。新しい挑戦の機会が訪れる可能性も感じさせる夢と言えます。

自分が映画のスターになっている夢

自分が映画のスターになっている夢は、スターになることに憧れる気持ちのあらわれです。
スターはたくさんの人たちに認められる存在であり、愛される存在です。つまり、現実での自分に対する他人の評価に不満を持っていて、もっと認められたい、愛されたいと思っていることです。
もしくは、現在の自分の生き方が、本音を隠して行動しなければいけない状況にあることをあらわす場合もあります。自分の毎日が、映画のスターのように、常に演技を強いられているように感じているのかもしれません。

合わせて読みたい