夢占い

【夢占い】ハエに関する夢の意味7選!

ハエに殺虫剤をかける夢は否定的な意識や邪魔者を一掃しようとしていることを示唆します。

あなたが、否定的な意識や邪魔者を一掃しようとしていることを表わします。夢では「ハエ」という生き物ですが、実際にはあなた自身のコンプレックスであるかもしれません。殺虫剤での退治は、一見積極的な残忍行為ともとれますが、うるさくつきまとうハエのように、既に見えている問題に対し、解決に働かない方が事態を悪化させていくでしょう。夢で見事退治できたなら、現実世界でも直に解決に至るといえます。しかし、あなたがコンプレックスを一掃したいと望んでいる場合は、それが必ずコンプレックスとは限らず、また不利に働くとも限りません。対処方法を誤らないようにしましょう。

ハエが耳に止まる夢はストレスでイライラしている状態を表す

ハエの夢を見るのは、いやなことやストレスが溜まっているときです。すばしっこいハエはなかなか退治できませんが、そのハエが耳に止まるということは、ブンブンうるさく、ほかのことは手につかない状況を表しています。振り払ってもしつこくまとわりついてくるストレスやイヤな人にイライラして、ほかの人からの助言も聞こえない状態です。そろそろ我慢の限界が近いかもれません。こういうときはカッとして思わず暴言を吐いたり、極端な行動に出てしまいがちです。余計トラブルがこじれることになりますので、自分の言動をコントロールするように気を付けましょう。

ハエの大群が部屋にいる夢はストレスの多い状況に置かれていることを示す

夢の中のハエはストレスの原因や、イヤな人を意味しています。ハエの大群が部屋にいる夢は、まわりがストレスだらけで、小さい嫌なことがたくさんある状況にあなたが置かれているということを示しています。あとからあとからわいてくるハエの大群がいるような状況に、あなたはもう手の尽くしようがないということを悟り、なかばあきらめ気味のはずです。ハエのいる部屋にはドアや窓がありますか?もしあるのならば、そこからあなた自身が出て行った方がいい、もしくは何かの突破口を開いた方がいいというメッセージかもしれません。あきらめてしまうと、あなたもストレスに飲み込まれしまうので気を付けましょう。

ハエを追い払う夢は、事態を難しくしている物を取り除こうとしていることを示唆します。

あなたが今、関わっている物事に対し、事態を難しくしている物を取り除こうとしていることを表わします。ハエは「感情の汚れ」の象徴であり、ハエが夢に表われるのは、現在の問題やプロジェクトに、名言されないけれど、強力な影響力が働いていることを意味します。根拠もないのに、これはだめ、あれもだめと決めつけて、計画全体に絶望感や挫折感を持たせていないでしょうか。一歩退いて、何が起きているか評価し直してみましょう。
そして、事態を、絶望的で混乱して手に負えないと思わせている元凶を見つけたら、それにどんな体制でどの程度まで対処すればよいか、自分で選ぶことができるはずです。

ハエを食べるという夢の意味とは

自分が居る場所に飛んでいるだけでも嫌なのがハエですが、それを食べるというのは考えられないことです。
夢では奇想天外なことも起こりえるので、こんな夢を見るのですが、その意味はいったいどんなものでしょう。
ハエが象徴しているのは不正な行いであったり、不潔な行為といったところです。
つまり、口に入れて食べるのは正にあなたが悪いことに手を染めようとしているという暗示。
ハエが大きければ大きいほど、その不正は重大なことで、もし、食べてみてマズイと感じたとしたら、それは成功することのない失敗で終わることだという暗示です。

ハエを捕まえる夢が暗示していること

目にするのも嫌だと思う人が多いのも無理ありませんが、ハエは五月蠅い(うるさい)という言葉の語源にも登場するように、決して歓迎される虫ではありません。
夢占いではハエは「厄介ごと」や「うっとうしい誰か」の象徴。
ハエを捕まえるというのは、いったいどんなことを教えているのでしょうか。
それは、嫌な事があったり自分を邪魔するような人がいても、負けずに自分の意思をコントロールしながら、うまく乗り越えることが出来るという意味。
生きていく上では自分にとって都合が悪かったり、思い通りにならないこともありますが、きちんと対処できているという暗示です。

ハエを退治する夢の意味とは何か

ハエを退治する夢を見るのは、あなたが近いうちに面倒な人間関係や職務から解放されるということを暗示しています。今は厄介なことに巻き込まれてストレスを溜めてしまっているかもしれませんが、もう少しでそこから解放されるので、もう一息と考えて頑張りましょう。面倒ごとから解放されたら、まずは一度休息をとって気分転換をしてください。ひとりきりになってゆったりした時間を過ごすことで、次の仕事に向けた活力を養うことができます。休みを挟まずに次々と仕事に取り組んでも、ストレスが増していくばかりで効率が上がることはないので注意が必要です。

合わせて読みたい