夢占い

【夢占い】バスに関する夢にはどのような意味があるの?12の状況を解説!

バスで事故に遭う夢は団体行動に馴染めない自分を暗示

バスは多くの人が乗り合わせることで団体行動も意味しています。

団体行動には秩序や協調性が必要ですが、人によってはそのような事に反発をしてしまいます。

そのため仲間から浮いた存在になり周りに溶け込めない事になります。

特に学校や会社では集団で何かを一斉にする事が多いため、一人反発していると仲間外れとなりいじめの標的になりかねません。

バスで事故に遭うという夢は集団で行動する事を嫌う性格が災いしてしまう事を意味しています。

ある程度の制約には従う気持ちがあれば周囲とうまく行動が出来るので自分を抑えましょう。しかし一律に規制したり、強要するような事には反発も必要です。

バスを運転するとはリーダーシップをとる事

協調性や忍耐が必要な集団生活には、求心力のあるリーダーが求められますが、バスを運転する夢を見た方はリーダー願望がありますし実際にもみんなの先頭に立ち集団をまとめていく力があります。

集団のリーダーと言えば、会社では社長であり肩書に長が付く管理職でもあります。

学校では先生や学級委員であり、クラブ活動やスポーツ団体では監督であったりコーチであったり主将であったりします。

バスはみんなを引き連れて有る目的のために走るわけですので、責任感や道徳性が厳しく求められます。自分からリーダーになろうとしないで、出来たら周囲の推薦がよいでしょう。

バスを降りる夢は今の集団を抜けたいから

バスは不特定多数が乗り合っていることから団体や集団を意味し、バスを降りるとはその集団から離れる事か離れたいという願望の顕われとなります。

その集団が会社であれば退職を意味しますし、部活では退部となるのですが簡単には止められない雰囲気があり、悩んでいる事が多いのです。

仕事でミスが続いたり、段取りが上手くいかなかったり遅かったりしますと、出来ない社員の烙印を押されて配置転換やいじめに遭ってしまいます。

いっそ辞めてしまえば良いのですが、後の事が心配で踏ん切りがつきません。部活は部員の結束が強いため辞めたいのに辞めさせてくれない事もあります。

従って辞めたい願望と現実の板挟みでこのような夢を見ます。

バスに乗り遅れる夢は生きる事に迷いがある事

バスは集団や社会をイメージしますし、乗り遅れる事は生きる事に目標を失い迷いながら生きている事です。

漫然と毎日を送ってしまうと、社会から孤立しがちになり、疎外感が生じていまいます。そのようにならないためにも目標を作り邁進する事が大切になります。

目標が達成されたならそれが社会的に評価されるものであれば、生きる事が楽しくなるはずです。

仕事でも職を転々としたために、自分がみじめになったりしますので、一つの会社にはなるべく長くいるようにしましょう。

ある集団に入ろうとするならば、本当に自分に合っているかを良く考える事をするべきです。

バスが転落する夢は所属する団体の評価が落ちる事

バスは所属している集団を、バスが転落とはその団体が不祥事を引き起こし社会的評価が落ちてしまう事を意味しています。

学校では入試不正問題や暴力沙汰などで評判が落ち、会社ではデータ改竄により品質クレームとなります。

自分は何も悪い訳では有りませんがただ所属しているだけで社会の目は厳しい物になります。

社会的影響が大きい場合、会社では他社に吸収されてしまったり酷い場合は倒産にまで発展しますので事態を良く把握しておき転職の検討も必要になる可能性があります。

会社自体の問題もありますが社会の激変があると巻き込まれる事もあります。

バスを間違える夢は今の環境にあっていない事

団体を意味するバスを間違える夢は、現在置かれている周囲に溶け込めないため見ます。

間違えるとは、違和感がいつもある状態でその集団から離れたいという潜在化した気持ちの顕われです。

あなたは、今の集団からの離脱を常に考えているために、何事にも集中が出来ずにいます。会社では転職を模索していますし、親からは独立して一人暮らしを考えています。

学校のクラブ活動も、最初は良いと考えて入ったものの暫く続けてみたら、合わない事が分り別のクラブに転籍をしたりします。

お稽古事は、特にその傾向が強く、合わない事はすぐに分りますから、やめて好きな事を始める事になります。

バスに知り合いと乗る夢に、自身の感情を探り改善を。

バスは、乗り物の中でも比較的近未来を表すシンボルとして用いられる乗り物であり、家庭内での関係性や職場、学校などの団体生活、或いは交友関係で起こる出来事などを暗示しています。

そして、同乗した知り合いと楽しく会話をしていたか、あまり打ち解けていない関係で、居心地が悪かったのか、それとも一生懸命友好を深めようと働きかけていたのか、どんなことが印象的であったのかをもう一度振り返ってみましょう。

知人は貴方自身である可能性もあり、あなたが今抱える課題にどのような対策が求められているか、自分が抱いた感情面に注目すると、改善への手がかりになると言えます。

バスが山を登る夢は、適応力を加減しながらの進行。

あなたの現在の自己表現の状態が山を登る行為にあり、乗り物はその姿勢を表します。

即ち、「バス」という象徴があなたの現在取り組んでいる課題に対する向かい方ということになります。

バスは一つには自分専用の車でない、という意味においては、あなたがその車に乗っていた場合はマイルールが効かない、快適さには欠ける、という意味合いがあります。

しかし、一方でそのバスの同乗者との連帯感も示唆し、中がバラバラの状態であるか、空席かなどによっても解釈が異なります。

そして、あなたがただ傍観していたのなら、電車などの線路で走る乗り物より「融通の利く」という意味合いを持つバスには、そこまで社会に適応しなくてもよい、と自分に言い聞かせている可能性が高いといえます。

バスで旅行へ行く夢が表す意味とは

バスを利用して旅行へ行くという夢というのは、人間関係が良好になったらと願っている、願望を表している夢だとされています。

実際に人間関係が良くなっていくというような意味ではなく、現在の人間関係を良くしていきたいという気持ちを表していますので、良くなっていくかどうかはこの夢を見た人の努力次第と言えます。

バスで旅行へ行くというのは、仲の良い人と一緒に行くというようなイメージであると思いますので、夢占いでは実際にバス旅行が出来るほどの良好な人間関係を目指しているという心情を表している夢であるとされています。

バスが転倒する夢は、課題に対する姿勢の確認が大切。

同じ目的に向かって走るバスの乗客は、あなたの現実世界では家庭や属する集団を示し、転倒することは、共にトラブルに巻き込まれてしまう予兆とも言えます。

その前に、貴方自身が集団に甘えないことも必要で、ハンドル操作、コントロールを自身の力で行うことが大切である、と示唆している可能性もあります。

また、転倒の理由がバスの要領に無理がなかったか、またはどんな場所で転倒したかも思い出してみましょう。

無理な責務や課題を、無理な姿勢でこなそうとして失態を招く可能性もあります。周囲の環境、今の課題内容を再確認して、改善策を図ることが大切です。

元彼とバスに乗る夢が表す意味とは

すでに別れてしまった彼氏とバスに乗っているというような夢というのは、もう一度よりを戻す可能性が高まっていることを意味しています。

バスに一緒に乗っている人というのは、同じ人生を歩んでいく人だとされています。

そのため、一度は別れてしまって別々の人生を歩んでいるよう二人であっても、近い将来、同じ道を共に歩み出す可能性が高くなっていることを意味していて、もう一度やり直す可能性があります。

もしもよりを戻す意思がなかったとしても、よりを戻してもう一度同じ道を歩みたくなるような出来事が起こったり、猛烈なアピールを受ける可能性があります。

空飛ぶバスの夢は、運気アップ、気分の高揚を示唆。

バスという、決してあなた自身が主導権を握ってはいない環境においても、自分の技量を示したり、能力を発揮できていることを表しています。

または、上手く周囲の状況を利用しながらに、自身の才能を遮られることなく進めることができていることで、高揚感が増している、とも言えます。独断で行っているのとは異なり、「バス」は周囲とうまく連携がとれていること、同じ方向を目指して進んでいることも示唆しています。

このまま運気アップの継続には、周囲の助力を感謝し、飛行を楽しむためには時折の悪い気流に飲み込まれないことも大切です。

合わせて読みたい