誕生日占い

【誕生日占い大全】12月22日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは12月22日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

12月22日生まれの人は「壮大なスケールと繊細な心を持つカリスマ」です。その気になれば、世界を股にかけて活躍するカリスマになることも夢ではありません。

しかし、理想の自分を夢見ているだけでは終わりません。自分が高みに上っていくためにはどうしたらいいのか?常に模索することを忘れず、自分の能力・スキルを磨いていきます。

コミュニケーション能力は抜群で、時代の流れや人の心には敏感です。

何か1つのことを究めれば、その分野において大きな影響力を持つ可能性もあります。社会的な地位・名誉を手にすることもあるでしょう。

しかし、物質的な事にとらわれずに、常に世のため・人のために身を粉にして働くタイプです。そういったあなたの姿勢に共感し従う人も多く、より社会に影響力を及ぼす存在となっていきます。

人から慕われる一方で、自分が抱えている悩み・不安を人に打ち明けることができずにいます。プライドの高さから人に自分の弱みを握られることをよしとしていません。

自分が心から信頼できる友人を持つことが必要ですが、どちらかといえば、仕事上でのお付き合いの方が多く、いたとしてもほんの一握りでしょう。

繊細でガラスのように壊れやすい心の持ち主です。感受性が豊かで直感・インスピレーションにも恵まれています。そのため、ネガティブな事柄に反応しやすく、他人のたわいもない一言で深く傷つくようなことも。

自らの敏感すぎるアンテナに嫌気がさすこともあります。しかし、その分ほかの人が気が付かないような事にも気が付いて、アクシデントを回避することもあれば、大きなチャンスの到来を予知することもできるのです。

第六感の世界に足を踏み入れていることもあって、非現実的なイメージを持たれることもありますが、決して現実的な視点を忘れていません。

現実から目をそらすようなことはありませんが、それでも目に見えない世界や、自分独自の物の見方・価値観を強く否定することもありません。

特にスピリチュアルな部分に関しては、そういった世界を信じない人もいます。しかし、信じない人々に対して、納得できるような説明ができるのもこの日生まれの特徴です。説得力は精神世界以外においても、ビジネスの世界においても大きく役立ちます。

常識・非常識をわきまえ、ルール・規則をしっかり守ります。人との約束を破るようなことはまずありません。さらに、人からあれこれと指図をうけることが嫌いなこともあって、逆に指令する側になろうとすることもあります。

12月22日生まれの隠れた本質や使命

理想と現実をしっかり区別しています。両者をハッキリ区別しているからこそ、今の自分に足りないものを自覚して切磋琢磨する人です。

この日生まれの人は総じて現実的と評されることがありますが、決して現実に甘んじて何もしないという意味でのリアリストではありません。

自分の能力を客観的に把握しているからこそ、大きな理想を現実のものとできるのです。もちろん夢の実現のための努力も大切であることを忘れずに。そして、決して卑屈になってしまわないことです。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

感受性が豊かなこともあって、外部からのあらゆる刺激に敏感です。いいことにも反応しますが、ネガティブな方に傾いていくことの方が多いかもしれません。

細かい事に神経をとがらせている自分がいたら、おおらかになるように気持ちを切り替えましょう。悲観的になっていると気が付いたら、一旦思考を止めて気分転換しましょう。

大きな目標を掲げて行動している時には、うまく思い通りに事が運ばないこともあります。何とか強引にでも前へ推し進めようとするのではなく、こういう時こそ、ありのままを受け入れるようにしてみましょう。

冷静に客観的になることで、自分がこれまで気が付かなかったことや、うまくいくためのアイディアを思いつくことがあります。

12月22日生まれの恋愛時の資質や注意点

ロマンチックな恋愛を夢見ていますが、相手に極端な高い理想を追い求めるようなことはありません。スマートな人づき合いができ、話題も豊富で一緒にいても飽きを感じさせない人です。自分の身近なところに恋の出会いがあります。

自分の直感に自信を持っているなら、インスピレーションやフィーリングで自分にふさわしい相手かどうか判断することも。一目ぼれもあるかもしれません。相手に対しては誠実であろうとし、一途に想い続けます。

意中の人には積極的なアプローチを展開します。しかし、相手から思うような反応が得られない場合は、人一倍ショックを受けることも。過去の恋愛にいつまでもとらわれやすいタイプです。

恋人・パートナーに対しては甘えられるよりも、甘えたいという気持ちが強いでしょう。心配性で疑い深い部分があるので、相手を必要以上に詮索することもあれば、行動を制限しようとすることもあるでしょう。相手をコントロールしようとしますが、自分は束縛されることを嫌います。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

過ぎ去ったことに対していつまでも心をとらわれてしまうタイプです。過去の恋の記憶にとらわれているのなら、気持ちの切り替えが必要です。一時的に日常を離れ、旅行に出かけるのもいいでしょう。また、新たな恋の出会いを求める努力も必要です。

直感・フィーリングで相手を選ぼうとしがちです。しかし、結婚相手を選ぶ際には慎重になるべきです。第六感も大切ですが、現実的にチェックしておくべき部分(経済的なこと・金銭感覚など)も意識するようにしましょう。

精神的に不安定な部分が表れると、ネガティブな感情を相手にぶつけてしまうことがあります。他人からすればささいなことでも、大きく心を悩ますこともあります。そういった自分の弱い部分を理解してくれるような人を選ぶことも大切です。

12月22日生まれの仕事の資質や適性、注意点

礼儀正しく、どのような対応の人とでも協調して仕事をこなしていきます。職場の空気を読み、会社組織の独自ルールや規則にも忠実に従います。どのような職場環境でもなじみやすいでしょう。

ただ単に仕事をこなすだけではなく、目下の人への教育・指導も得意です。未経験であっても、自分のスキル・能力のために必要であれば積極的にチャンレンジし、自分の経験としていくでしょう。

ただし、周囲の人や環境の影響を受けやすいこともあって、気性の激しい同僚や気難しい上司には悩まされることも多く、ストレスもためがちです。やる気に満ちた明るい職場では元気ですが、逆に活気のない怠惰な環境ではやる気が起きません。

しかし、どのような職場環境であっても、自分の目標を常に忘れずに日々切磋琢磨することで道は開かれていきます。状況によっては世界への扉が開くかもしれません。

自分の好きなことを仕事にするための努力を怠りません。あこがれの仕事があってもあこがれで終わらせないだけの実現力を持っています。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

仕事における夢・目標を大きく持つことが成功への第一歩となります。世界を舞台に活躍することを前提に外国語の習得を始めるのもいいでしょう。小さくまとまってしまうと、自分に対して卑屈になってしまうことも。

現実と理想のバランスをきちんととれる人です。他人から見てスケールの大きな夢と受け取られても、あなたなら実現できる可能性は高いでしょう。その代わり、夢見ているだけで実現への努力を怠ることのないように。

仕事に自分の生きがいを見出すタイプです。そのため、プライベートな部分がおろそかになります。また、自分のコンディションを顧みずに、そのまま働き続けてしまうことも。休暇やリラックスも適宜取り入れることを意識しましょう。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

金運を上昇させるポイントは「自分のメインの仕事を一所懸命にやること」です。そのためにも、自分がやりがいを感じる・稼げる仕事に就いていることが大切でしょう。

お金の管理はしっかりしており、貯金も着実に取り組みます。ただし、ストレスを感じている時に、お金を使ってストレスを発散するような方法は避けましょう。衝動買いにも要注意です。

勝負運の強さを持っているので、ギャンブルや投資などにおいてまとまった金額を得ることもあります。自分をコントロールすることができれば、大きな損失を招くような事にはなりません。

しかし、負けず嫌いな部分を刺激されてしまうと、最終的には自分のすべてを賭してしまうような危険な展開にもなります。

12月22日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月22日、2月12・26日、3月8・11・29日、4月16・28日、5月1・18・29日、6月8・27日、7月7・25日、8月9日、9月5日、10月4日、11月2・30日、12月11・25日

【仕事・対人関係】

1月12・24日、2月10・14日、3月4・26日、4月3・23日、5月2・11・21日、6月1日、7月9日、8月8日、9月7・16日、10月6・20・24日、11月18日、12月28日

【ソウルメイト】

1月20日、2月18・19日、3月16・27日、4月14日、5月12日、6月10日、7月8日、8月6日、9月4日、10月2日、12月9・27日

12月22日生まれの誕生花と誕生石

  • クチベニスイセン
  • オールカラートルマリン

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • ジャコモ・プッチーニ(作曲家)
  • 塚原光男(体操選手)
  • 江原啓之(スピリチュアル・カウンセラー)
  • 国生さゆり(女優)
  • 安めぐみ(タレント)