夢占い

【夢占い】浴衣の夢の意味 14選

浴衣の夢の基本的な意味

浴衣というと、寝るときにパジャマがわりとして着るものと、夏のお出かけ用に着るものがありますね。そんな浴衣が夢の中に出て来た場合、パジャマがわりのものならあなたの健康状態を、お出かけ用のものならあなたの魅力を象徴する夢となります。
パジャマとして着る浴衣の夢の場合、浴衣を着てリラックスしていたり、楽しい気分だった場合はあなたの健康運が良いことを表しています。逆になんだか疲れを感じていたりしたなら、健康運低下の暗示。体調管理がうまくできていないことを表す夢でもあるので、不摂生には気をつけましょう。
お出かけ着として着る浴衣の夢なら、

お祭りに浴衣を着ていく夢は刺激を求めている意味

漫然とした日常に刺激を欲している気持ちがあります。気分転換に遠方へに旅行やドライブをしてみたり、身近なところではヘアスタイルを変えて見たりいつもと違う服装などを楽しんでみると良いでしょう。現実を変えたいという心理もうかがわれます。変哲のない毎日に飽き飽きしていることも考えられます。非現実的なことに憧れている可能性もあります。テンションアップをしたい時期なので何かに打ち込んでみると成果も出やすいときといえます。

異性が浴衣を着る夢は恋愛運が上向いています

恋愛運勢が高まっていることがうかがえます。自身に付き合っている人がいないのなら近い未来に良い出会いがあることを意味しています。浴衣姿の異性がとても素敵にみえたのなら大変良き恋愛を経験することがいえます。自分の魅力も一段と増しているときでもあります。しかし、浴衣を着た異性とデートをしていたなら自身の気持ちが必要以上に高じており、周りに影響を与えていることがうかがわれるので、少し、自重が必要であることを告げています。

浴衣を着付けする夢は周囲との調和を示しています

周囲の人間関係と調和しているかを意味しています。良い品である着物を着付けてもらっているなら、全体的な運勢や、社会的な立ち位置をゆずってもらえる可能性が高いこととなります。貧相な着物を自分で着つけていたり、他の人間に着付けてもらっていたなら運気は低下しており問題や心配事が起きてくることをあらわしています。自分のいる環境の中に一人は自身に心を砕いてくれる人間がいることが考えられるので、もし、自力で突破できないのであるなら頼ってみてくださいというアドバイスでもあります。自分が他人に着付けていたら、新しい世界に進んでいくことに対して気持ちが準備できていることを示しています。

浴衣を選ぶ夢は自身に変化を欲しています

自分自身を変えてみたいという気持ちのあらわれでもあります。自身の魅力をアップさせたいと考えてもいるようです。どんな浴衣にしようかあれこれ見繕っているようならば、まだ、どのように自分を変えていったらよいかの方向性が定まっていないことがうかがえます。また、浴衣選びが楽しくてつい夢中になっているようであれば、自身は様々な事柄において対応力がある性質の持ち主であるようです。しかし、なかなか好みの浴衣が見つからず時間ばかりがかかっているようならば、自身の価値観や観念に固執しがちな性格ということも見受けられます。

浴衣を貰う夢はくれた人への気持があらわれています。

対人運が上昇しています。くれた相手が自身に好意があることがうかがわれます。また、自分が今まで必要と思っていた物や事が手に入る兆しがあります。これからの自分の環境が良い意味で変化していくことも意味しています。浴衣をもらって感謝の気持ちがあれば周囲からの評価があがっていったり、良い人間関係がつくっていけることでしょう。しかし、もらった浴衣が不要なものだと感じたなら、くれた相手に不快感や不信感、嫌悪感をもっていることがあらわされています。

水色の浴衣が出てくる夢は心がスッキリしている状態

心もさわやかですっきりした状態ということがうかがわれます。トラブルや問題があったとしても、解決が近いことが意味されています。また青に近いくらいの濃い水色ならば希望していたことが上手くいくことも暗示されています。夢の中で水色がきれいだと感じたなら趣味が充実していくことが出ています。それがもとで対人交流も広がっていくことでしょう。新しく、習いごとを始めたり旅行などを計画するのに良いときということもいえます。

夢に出てくる浴衣の柄の意味は深層心理をあらわします

夢に出てくる浴衣の柄が白っぽいものであったなら、幸先の良さをあらわします。清潔感のアピールも意味します。黒っぽい柄のものであったなら良くないことが起きる知らせがあります。また、性的欲求を示すこともあります。金色や黄色の柄が多く入ったものなら運気は上昇していくことがあらわれています。ピンク柄であったら、恋愛運がアップしています。赤い色が多く使われた柄のものであれば、感情が高ぶっていることがうかがえます。気を沈めるよう努めた方がよいです。緑色の柄のものなら、心身ともに安定しているときです。総じて浴衣の柄が印象の強いときは自身のエネルギーが充実しています。悪いことが起きても対処していけることでしょう。

浴衣が着崩れる夢は自身の生活も乱れていることを示す

運気が低下、あるいは停滞しています。現状が上手くいっていないようです。現実逃避したい心理が出ています。帯が汚れていたり、ほどけていたりしていたなら恋愛も成就しないことが暗示されています。浴衣や帯が黒っぽいものならば、周囲から詐欺的行為を受ける可能性もあるでしょう。自身の生活も乱れていることがうかがえます。また軽薄な言動や行動に注意するべきです。戒めが必要なときです。恋愛を始めとした対人運に特に気を付けるときです。

オレンジの浴衣が出てくる夢は心身の充実を意味します

あざやかなオレンジ色の浴衣が夢に出てきたなら、人生における目的や目標に向かって順調にすすんでいることをあらわしています。心身が充実していることもうかがわれます。対人能力や社交性も高まっているので、人との関係から良い運が見つけられることも考えられます。しかし、うすいオレンジだったり、くすんだオレンジの浴衣であったなら自身の生きる方向や姿勢が自分の合っていないことも示されています。心も不安になっていることがでています。

旅館で浴衣を着る夢はリラックスしたい気持ちがある

旅館で浴衣を着る夢はリラックスしたいという心理がはたらいています。キレイな浴衣を着ていれば、体調も良くなっていくことがうかがわれます。ゆっくり、くつろいで癒されている状況であれば、精神的にも解放されていくことが示されています。意欲、気力とも向上していくことでしょう。対人関係も良くなるので、ポジティブに活動していけそうです。しかし、汚い浴衣やはだけた浴衣の着方をしているのなら、自身の健康運は下がっているようです。ひょっとすると思いがけない病がでる可能性もあるので、医療機関を訪れることも考慮にいれたほうがよいです。

友達と浴衣を着る夢は人間関係の結束が強まっています

自分が所属しているグループやコミュニティ、組織などのきずなや求心力が向上している意味があります。自分にとって良い運を持ってきてくれる人間との縁があることも示されています。しかし、複数あるいは多数の友達が夢に出てきた場合、浴衣姿の人だけでなく、それ以外の服装の人がいたら、良くないことが起きる暗示となります。現実の人間関係にヒビが入る怖れがでてきます。汚れた浴衣やくずした浴衣を着ている友達が混じっていた場合も同様な意味合いを持ちます。

合わせて読みたい