誕生日占い

【誕生日占い大全】1月17日生まれの性格や運勢を徹底解説!恋愛運も!

まずは1月17日生まれの基本的な性格や人間性をご紹介!

1月17日生まれの人は「いかなる困難も乗り越えるリーダー」です。意志が固く、どのような困難にもくじけません。信念の強さで難しい目標でも達成してしまいます。社交的で人と接することが多いですが、自分ひとりの時間も大事にします。

リーダーの資質があること・決断力・行動力があることなどから、組織・グループにおいても人を取りまとめるポジションにいることが多いでしょう。人にものを教えることも得意で、リーダー格であることから教育・指導にも向いています。実際に教え子や部下が能力を開花させることもあります。

ただし、人からの評価を非常に気にしてしまう神経質な部分や、ライバルの登場などで主導権争いを起こしてしまうこともあります。

忍耐力があるので長期間にわたる計画にも集中して取り組みます。地道にコツコツと積み上げることで目標を達成するタイプです。目的を達成するためならどのような努力も惜しみません。時には大胆な行動に出て、人々を驚かせるかもしれません。

理想・目標を高く設定してしまう傾向があるので、自分以外の人からすれば気が遠くなるような設定になっていることも。

また、何事も自分のペースで推し進めようとすると、頑固で融通が利かない人と受け取られてしまうこともあります。柔軟な思考や対処ができるようになると、周囲の人も協力的になり物事もスムーズに進んでいきます。

直感やひらめき、独自のアイディアなどを持っており、それを表現することによって世に認められる・成功を収めます。これらのほとんどは実用的なこともあって、大きな利益を生むこともあります。どんなことにでも興味を示しますが、自分が気に入ったものに関してはとことん追求・研究します。

まじめで几帳面、細やかな部分にまで神経を使える人ですが、一方で神経質・イライラしていることも多いようです。主に自分の思い通りにならないことが原因でイライラして、人や物に当たり散らしてしまうようです。

感情の起伏が激しい・気分にムラがあると言われることがあります。喜怒哀楽のうち「喜・楽」といった感情であればいいのですが、マイナス感情が強い場合には周囲がウンザリしてしまうこともあります。

人に認められたいという気持ち、自分の主張を通したいという気持ちが強い場合に、喜怒哀楽の表現が激しくなるようです。どれだけ自分の感情をコントロールし、周囲の人とうまく調和できるかが人生における課題ともいえるでしょう。

1月17日生まれの隠れた本質や使命

1月17日生まれの人は、すべてにおいて自分の思い通りにしたいという気持ちが強いです。しかし、世の中すべてのことが誰の思い通りにもならないことをまず悟るべきです。人をコントロールしたいのなら、自分はきちんと自分をコントロールできているのかを意識することです。

自分の中にある不満・自信のなさと向き合うことで何らかの気づきを得れば、もっと楽天的になれることができて息苦しい思いから解放されます。そうなれば、より多くの人から慕われるリーダー・指導者となれるのです。

全体運と注意点、おすすめの取り組み

元来の負けず嫌い・プライドの高さが出てしまうと、組織・グループ内での覇権争いを起こしてしまうこともあり、周囲の人を困惑させます。さらに、人に対して疑い深くなる傾向もあります。

誰かと比較して自分が劣っていると感じた時・自信を失った時に、こういったゴタゴタが起こりやすくなっています。まずは自分の弱点を認め、自信を持つようにしましょう。

理想が高く、向上心・目的達成能力があるので、自分のスキル・能力を伸ばす力も持っています。しかし、他人にも高い理想を押し付けてしまう傾向があります。人の成長のスピードはそれぞれ異なるので、そのことを認め・理解するようにすれば、他人に対する不満・いらだちもなくなっていきます。

1月17日生まれの恋愛時の資質や注意点

もともと親しみやすい性格で社交的なこともあって、恋愛の出会いのチャンスは豊富です。しかし、基本的に誠実・一途なので複数の相手と同時進行ということはまずないでしょう。時間をかけてじっくりと二人の仲を育んでいくタイプです。

どんな困難な恋愛であっても自分の思い・願望を貫き通そうとします。そのため浮気・不倫などにおいても自分の主張を正当化・信念を曲げないので、周りの人間から非難されることもあるでしょう。

恋人・パートナーができたとしても、自分だけの自由な時間・空間を求め、さらに自分がリードしなければ気が済みません。相手には自分のペースに合わせることを強く求めます。そのため、自分のわがままを受け入れてくれる寛大な人と一緒になるケースが多いでしょう。

女性の場合は男性的な部分が強く出るので、外ではバリバリのキャリアウーマンという人もいるでしょう。そのため相手が家の用事を任されるという状態になることも考えられます。

恋愛運とアドバイス、おすすめの取り組み

自分のわがままを正当化して、自分の主張を相手に押し付けてしまう傾向もあります。この状態が長く続くと相手の忍耐力も限界になり、大ゲンカから破局に発展することもあります。常に相手の声に耳を傾け、思いやりを行動で示すことも必要です。

家事・育児についてもどちらか一方に押し付けるのではなく、お互い負担を分け合うような配慮を忘れないようにしましょう。

さらに、自分に自信がない時や不満が溜まっている時には、喜怒哀楽が激しくなりがちです。ネガティブな感情を持つことが多くなると、相手もストレス・疲労を感じやすくなります。ここでも自分の感情をコントロールすることが必要です。

また自分のための時間・空間を持つことを相手に理解しもらうことも大切です。

1月17日生まれの仕事の資質や適性、注意点

どのような業種・職種にいても仕事をこなします。目的達成力やリーダーとしての資質が会社組織でも注目され、管理職や出世コースにいることも多いでしょう。ただし負けず嫌いな性格が出てしまうと、派閥争い・権力争いの中に身を投じることがあるかもしれません。

長期的なプロジェクト、はたから見て困難な計画であっても持ち前の忍耐力・集中力で達成します。大きなプロジェクトであればあるほど、仕事熱心になります。目的達成のためにはどのような努力も惜しみませんが、時として大胆とも思える手段に出ることもあります。

しかし理想を深く追求してしまうため、部下・後輩にもその理想・目標を押し付けてしまいがちです。彼らに実力以上のものを要求してしまうかもしれません。自分の思い通りに彼らが動かない時には激情的になってしまうこともあります。

新しいものが大好きで、独自のアイディアやひらめきがビジネスに結びつくと、ベンチャー起業家として一躍注目されることもあります。

仕事運とアドバイス、おすすめの取り組み

どのような仕事もこなし、持ち前のリーダーシップなどによって組織のトップにいることが多いでしょう。困難な目標も達成してしまうので、組織での評価も高いでしょう。

しかし、誰もがあなたと同じような能力や経験を持っているわけではありません。また、部下や後輩を一生懸命にあなたが指導したとしても、あなたの思うように伸びないかもしれません。

もし、リーダー・指導者のポジションにいるのなら、人それぞれの能力に応じて人を使うことを意識しましょう。自分の思い通りに人が動かないことに怒りを覚えたり、嘆いたりすることもあるでしょう。

しかし、それを表に出してしまうと、誰も本心からあなたに従わなくなる可能性もあります。うまくいかない時の負の感情もきっちりコントロールできるようになりましょう。

金運とアドバイス、おすすめの取り組み

元手となるものがない状態から、財産を築き上げる才能があります。先ほども触れましたが、人とは異なるアイディアやひらめきなどがお金に結びつくことで、大きな財を手にすることができます。

人よりも優位に立ちたい、負けず嫌いやプライドの高さなどから玉の輿を狙うこともありますが、結局は失敗してしまいます。あくまでも誰かに依存するのではなく、自分の力であることが金運をUPさせるポイントです。

疑い深いこともあって詐欺などにあう危険性は低いでしょう。ただし、自分の感情のコントロールができていないと、衝動からまとまったお金を失ってしまう可能性もあります。特に落ち込んでしまった時などに、ギャンブルなどで大金をつぎ込まないように注意しましょう。

1月17日生まれと相性のいい誕生日の人

【恋人・パートナー】

1月10・19・28日、2月18・27・29日、3月17・26日、4月7・16・25日、5月6・15・24日、6月14・19・23日、7月4・13・31日、8月12・21・30日、9月2・11日、10月10・24日、11月9・18日、12月8・17・20日

【仕事・対人関係】

1月8・15・26日、2月13・25日、3月6・15・24日、4月7・14・23日、5月5・22日、6月9・21・30日、7月1・11・20日、8月1・10・28日、9月16・27日、10月17・26日、11月7・16・25日、12月6・19日

【ソウルメイト】

1月2・21・28日、2月26日、3月24・31日、5月20日、6月18・19日、7月16日、8月14日、9月12・16・25日、10月10日、11月8・20日、12月6日

1月17日生まれの誕生花と誕生石

  • スイカズラ
  • アンバー(琥珀:こはく)

同じ誕生日の有名人は誰がいる?どんな特徴がある?

  • ジム・キャリー(俳優)
  • 坂本龍一(ミュージシャン)
  • 山口百恵(歌手)
  • 平井堅(ミュージシャン)
  • 工藤夕貴(女優)