九星気学

四緑木星 2019年版|運勢・相性・性格・吉方位・ラッキーカラーを占い師が解説

もくじ

四緑木星の基本運勢や性格を解説!

人当たりがよく面倒見がいい

四緑木星は「人当たりがよく面倒見がいい」という性格をもつとされています。時には、自分の主張を抑えてまでも相手を思いやって尊重します。
一見、誰とでも相性が良さそうな性格ですが、九星によっては「八方美人」と受け取られてしまったり、自分の主張を抑えてまで相手を思いやる性格を理解できない事から「価値観」が合わないなどによって、相性が悪い場合もあります。

フットワークは軽いが気持ちも移ろいやすい

四緑木星の人は見ていて面白いほど負けず嫌いなところがあり、そこに人を威嚇するような感じはないので、思わずちょっかいを出したくなるユニークさとして伝わることが多いでしょう。また、基本的には誰とでも仲良くできる人柄で飾り気がなく、見栄をはったりしないタイプです。そうした気質から初対面での人当たりはよく、コミュニケーション能力も高いので、人と出かける機会も多くなります。目新しいものにもいち早く興味をもち、とりあえず行ってみよう、試してみようというフットワークの良さは、交友の場も広げます。ノリのよさもあって、大勢の中で賑やかに過ごすのも大好きです。ただ、新し物好きが高じる場合、気持ちがすぐに他へと移ってしまうこともあるでしょう。基本情に厚い人が多いので、異性の面であちこちと移り変わることはあまりありません。
移り気に見えてしまうのが、流行りの物を身に着けたり、いち早く取り入れたりするなど、いいと思ったらどんどん自分に取り入れたくなるところでしょう。髪の毛一つにも手をかけ品をかえ、黒に染めたかと思えば金色に染めたり、巻き髪にしてみたりばっさり切ってみたり、エクステしてみたり、といった具合に、人からは気分でころころとイメージを変えてしまうように見られますが、チャレンジ精神が旺盛な面の表れといえます。

何事も冷静に計算をしながら判断する

四緑木星の基本性格として「空気を読む力」があります。つまり、何事も周囲の様子を見渡したうえで徐々に自分の考えや行動を決めていきます。
いわいる出る杭となることを嫌います。超がつくくらいの保守的な考えの持ち主といえるでしょう。
なので、大器晩成の星ともいわれています。逆に言うと計算高いとも見えますが、基本的に他者との競争を好まないための手段とも言えます。
四緑木星は平和主義者ともいえるでしょう。
だからなかなか意見を言わなかったり、希望を言われてももどかしい対応をする人もいるでしょう。
でもそれはじっくりと考えているためであり、次の行動を起こすためには考えをまとめてからでないと安心できない面があるからです。
時には考えすぎてチャンスを逃してしまうこともあったり、決心したころには事態が変わっていたりということもあります。
四緑木星は、もうすこし早くまとめる技術があれば苦労をしないのですが、不安を打ち消すことに時間を要します。
そのような特徴からか、熟慮した結果が望めるので、安心して色んなことを任されたり、こつこつと地道な努力を要すること、補佐的ないわいる影の番長的なことは任されやすい傾向にあります。
また競争が好きでない、という性格的なものも、フェアな解決が必要な時は重宝されて、調整役を任されることもあります。
何事も冷静に計算しながら判断する、というと冷たく見えるかもしれませんが、実は臆病で決めることは時間もかかるし競争もしたくないというためにしている行動なのです。
だからじっくり考えて平和的な解決を望んだ対策なので、安心しないと表現できない星が四緑木星です。
頑固にも映りますが、基本的な性格としてかなり慎重派ということが分かっていただけたでしょう。

四緑木星の恋愛運は燃え上がりやすいが情に身を委ねるのは失敗の元

四緑木星は、社交上手で異性的に注目されやすい。どのような相手でも付き合える可能性が高い。言い寄られたら拒絶できない性格であると同時に、相手を信じやすいので要注意です。恋愛運は、起伏が激しく問題も生じやすいです。周囲の空気を読む力に長けているので、自然に身を任せるのが一番良い結果になります。自我に出しすぎて、感情に身を任せると、それがトラブルの温床につなながりやすいです。よって、周囲をよく観察し、自分の置かれている立場を認識し、適切な言動を心掛けることが重要です。自由な雰囲気で社交性が抜群です。年上の人から愛されることが多いので、年上の異性と交際することをおすすめします。
広い人脈があり、友達や上司に恵まれることが多いので出会いは多い方でしょう。広い人脈を活用し、仕事で名声と地位を保持しやすいので男性ならば、30代、40代が一番異性にもてます。女性は、人脈を最大限に活用し20代にパートナーを見つける良いでしょう。
上記をまとめると、四緑木星は、人間関係が豊かで異性と交流する機会が多いので、チャンスは多いです。しかし、感情に身を任せるとトラブルを招くので、感情に流されず、いつも落ち着いた心を保つようにしましょう。

四緑木星の家庭運は家庭的でトラブルも乗り越えられる

四緑木星の人の家庭運は、家庭的でトラブルも乗り越えられます。
その理由は、結婚後は家族を大事にするという特性です。
四緑木星の人は、結婚後は家族を非常に家族を大切にします。
それこそドラマで見るような温かい家庭を築く事も可能です。
しかし、結婚前は生家や故郷に執着する人は少ないです。
それは、家族との縁が薄い訳では無く、生来持っている色々な事に興味があるという性格が原因なのです。
一か所に留まらずに色んな世界を自分で見たくなるのです。
但し、優柔不断な一面があります。
それが元で男女間のトラブルに巻き込まれる事があります。
それが原因で関係が崩壊する事もありますが、再度良縁に恵まれます。
以上の事より、四緑木星の人の家庭運は、家庭的でトラブルも乗り越えられると言われています。

四緑木星の人間関係は感情よりも損得を重視しがち

四緑木星の人の人間関係は、感情よりも損得を重視しがちです。
その理由は、非常にマイペースな性格です。
元々四緑木星の人は、ゆったりした性格でマイペースと言われます。
しかし、マイペースな性格が故に自分のペースを崩されるのが苦手です。
自分のペースを崩されそうになると周囲を自分のペースに巻きこんで、自分の都合の良いように物事を進めようとします。
簡単に言うと、自分の動きやすさや損得を最優先に考えて行動する傾向にあります。
そして、四緑木星の人は温厚な人が多いのですが、自身の事に対して物を言われるのが嫌いです。
又、同じグループに自分のペースを崩す人や、短気な人がいると「やってられない」と判断してその人と距離をとるようになります。
以上の事より、四緑木星の人の人間関係は、感情よりも損得を重視すると言われます。

≪相性占い≫他の九星との相性

四緑木星と一白水星の相性

四緑木星を本命星に持つ人はお喋りで人の輪の中に入るのが得意です。初対面の人ともすぐに打ち解けられる親しみやすさを持っています。一白水星を本命星に持つ人は寡黙ですが、穏やかで聞き上手でもあります。話上手と聞き上手で楽しく会話が弾み、出会うと仲良くなるのに時間はかからないでしょう。四緑木星の人は社交的な反面、その場の雰囲気に惑わされやすい傾向があります。一白水星の人は理知的で周囲に流されることはありません。芯の強い一白水星の人が優柔不断の四緑木星の人をうまくカバーしてくれ、頼もしい良好な関係が築けます。

四緑木星と二黒土星の相性

四緑木星は社交的で人間関係を築く力がとても高くコミュニケーション力が高く更に、外の世界を楽しみたいという性格です。そして、二黒土星は二人だけの世界を楽しむことを好む性格なので、その部分では全く逆の性質を持ち恋人同士になると意見の相違により衝突が起きそうです。しかし、人に合わせるのが上手な四緑木星は性格も優しく、時には相手の要望に応えることで、歩み寄ってくれる器の大きさを感じとり、二黒土星も誠実な愛を注いでくれ、とても良い関係を築けそうです。つまり四緑木星の優しさが2人の関係において重要な役割を担うことになるでしょう。

四緑木星と三碧木星の相性

四緑木星は社交的で周りを観察して行動ができグループの中でも人気者タイプです。そして三碧木星は対応力が高く自由に行動することを好みます。二人ともコミュニケーション力が高いので人と接することを好むので外で活動することが好きで二人は理解しあえます。四緑木星がしっかりしているので、そそっかしい相手をフォローするこで相手が方向性を示すことができ、それにより四緑木星も良い影響を受けられます。欠点を補える好相性という点でもとても相性が良いでしょう。二人で力を合わせることによってどんな困難も乗り越えられそうです。

四緑木星と四緑木星の相性

基本的に温和で、物腰が柔らかい人の星となっており、和やかなで落ち着いた時間を過ごすことができるでしょう。
同じ星同士、考え方や興味の持ち方も似ているため、自然とすぐに意気投合できます。
相手に無理をさせたり、意見を無理やり押し通すこともないのでお互いに相手を大切にする柄となり、
安定した関係を築くことができますが、お互いに引っ張って行くこともないので、その部分に、マンネリ化したものを感じるかもしれません。
当然、弱点も似ているので、相手の意見を尊重するあまり、ともに優柔不断で何かあった場合は責任を押し付け合うこともあるでしょう。
仕事にしても、家庭にしても、場面に応じて経験のある四緑木星の方が率先して意見を出し、リードをして決断をする方がいいでしょう。

四緑木星と五黄土星の相性

四緑木星は社交的で誰とでも仲良くなれます。常に明るく振舞っていますが、頭の中ではとても物事をよく考えて話していて気を遣っていることが多いです。五黄土星はリーダー的存在で行動力がありパワフルですが周囲への気遣いも忘れない繊細さを持っています。五黄土星はリーダーシップを取れるので四緑木星をリードしてくれます。初めは四緑木星が従っている状態で上手くいきますが、徐々に支配的になり気持ちにずれが生じることもあります。四緑木星が自分の考えを伝える努力をするとで五黄木星も意見をくみ取ってくれ気持ちを尊重してくれるので良い関係になれるでしょう。

四緑木星と六白金星の相性

四緑木星の方は、優柔不断な一面もありますが、基本的には争いを好まない穏やかで人から愛される性格の持ち主です。一方、六白金星の方は、真面目で正義感の強い性格の持ち主ですが、プライドの高い一面もあるようです。協調性を大事にする四緑木星の方に対し、六白金星の方は必ずしも協調性に重きを置きません。第三者がいるときには、特に考え方の違いを感じてしまうことになるでしょう。深い関係にはなりにくいのですが、嫌なことはなるべく思い過すようにし、相手の誠実さを信じるように心がければ、お互いに思いやりのある性格なので困った時には助けあえる良い関係を構築することができるでしょう。

四緑木星と七赤金星の相性

四緑木星は気配り上手で優しい性格ですが決断力に欠ける部分があり悩み事を抱え気味です。そして七赤金星は何事にも真剣に取り組む、根っからの真面目さが目立つ性格です。そんな二つの星ですが、どちらも社交的なので話が盛り上がり、お互いすぐに仲良くなれます。しかし、四緑木星の優柔不断さやよく見られたいという思いが強く、建前の会話をすることにより七赤金星は不満を感じてしまいます。二つの星が上手くいくポイントは四緑木星が周りを気にしすぎず、出来るだけ本音の会話を心がけることです。そうすることで二つの星は一緒にいて楽しく素敵に時間を過ごせるでしょう。

四緑木星と八白土星の相性

それぞれが、いわゆる「住んでいる世界が違う」というふたりなので、本来ならばなかなか出会う可能性が低いのですが、だからこそ出会ってしまうとお互いに対して、知らないことが多く惹かれ合うということになる関係です。
四緑木星の生まれ育ってきた環境からすれば、常識とも言えることが八白土星には理解できません。
このため、まったく不手際であったり失礼とも思えるスマートでない振る舞いが許せなかったり、避難したくなったりしてしまうのです。
だんだんと仲良くなると、繊細さには欠けるのですがバイタリティの面で飛びぬけている八白土星のリーダーシップが頼もしくなっていきます。

四緑木星と九紫火星の相性

本命の九星が五黄土星(ごおうどせい)の人と二黒土星(じこくどせい)の人との相性についてですが、義理・人情に厚い五黄土星の人は、優しい性格で内省的な二黒土星の人に対して世話をしてあげたりついかまってあげたりしたくなってしまいがちです。そんな五黄土星と二黒土星の二人は、とても仲のむつまじい理想的な関係でいられるでしょう。ただそんな相性の良い二人だからこそ注意したいポイントとしては、仲が良すぎるからこそ、二人だけの世界に浸ってしまい、考え方や行動パターンがいつもお決まりの凝り固まったものになってしまいがちですので気を付けましょう。”

四緑木星の2019年の運勢診断!恋愛運や金運等を解説

今後の人生の土台を作る年、辛いことも粘り強く対応を

四緑木星の方にとって今年は一体どういう年になるか、というテーマに心配されている方が多いのではないでしょうか。それは、辛いことがありそう、嫌なことが起こる、などとさまざまな占いの雑誌で言われていることでしょう。もしそれにとらわれるなら、本当に2019年は辛いことになります。が、しかし、それをどうすれば回避できるのかをあらかじめ聞くことができたなら、という方法があるとしたら、どうしますか。少し気になるのではないでしょうか。早速ですが、それをお話していこうと思います。確かに辛いこと、悩みごとなどが出てくることがあります。しかしながら、それは数年後の運勢・運命を大きく向上させるために、必要な要素と言えばいいかもしれません。たとえて言うなら、今までは順風満帆でいっていたとしましょう。しかし、今までの手段や方法、自分のアプローチ方法が通用しなくなり、それで、悩んでしまう可能性があるのです。ですから、数年後の開運や躍進時期を信じて、自分で新たな手法、アプローチ方法を見つけていくのです。それには、友人・知人、上司や部下の癖などをよく観察して、その人だけにしかない長所を自分に取り入れる努力をすればいいのです。

運勢が停滞する時期、実力以上のことは無理して行わないように

誰もが思うことは、「あなたの運勢は今年はよくありません。運勢が停滞します」と言われてしまうと、委縮して、新たな挑戦ができなくなってしまいます。新たな挑戦やチャレンジがなくなってしまうから、新たな発見も見つかりません。新たな発見ができないから、自分が新しいことに気が付くことができなくなってしまう。こういった負のサイクルに足を踏み入れてしまうと、なかなか抜け出せなくなってしまいます。だから、そこそこの努力、適当に怒られない程度に業務を完成しておこうと、少し受け身になってしまいます。やっても怒られ、やらなくても積極性がないと怒られてしまうなら、誰でもやらなくて積極性がないと怒られるほうに選択することだと思います。それを抜け出すには、いくつかの方法があります。その一つが、こういった不遇の環境だからこそ、有名人や著名人、経営者や政治家の苦労したエッセンスの本を読んでいくのです。さすがは歴史に名を遺した方の生きざまを、本や雑誌を通して勉強できるのです。そこには、きっとあなたと共通した脱出方法が描かれているはずです。偉人たちが抜け出した方法を自分も参考にしていくと、意外や意外心も体もいつの間にか抜け出せることでしょう。

過去に縛られることなく、新しいことを行うに適した1年

四緑木星の方が一番飛躍できる方法が、テーマで挙げられているように、過去に縛られることなく、新しいことを行動することによって吉になるということです。言い換えますと、今までの自分の考え、自分の行動パターン、仕事の段取り方法、物事へのアプローチ方法などを、新たに刷新して、それを自分のものにすることです。極端なことを言いますと、自分は英語が非常に堪能だとしましょう。しかし、ある日突然アルゼンチンやブラジルといった英語が全く通じないところに行ったとしましょう。簡単な英語さえも通じないと、非常に困るものです。そこで、その現地で通じる言葉を少しずつでもいいから習得していくのです。そうすると、最初は戸惑いながらでも、相手と意思疎通が図れるのです。それと同じで、今までの行動パターンを払しょくして、新たな考え方、行動パターンを見つけるのです。見つけると言ってもなかなか大変なものです。ですから、最短で見つけれられる方法が、自分の家族、知人、職場の人などを観察すると、自分にない長所をそれぞれが持っています。それを自分になりに取り入れるのです。人には必ず、自分にない素晴らしいものを持っています。そのいいところだけを真似をすることです。

内面と向かい合い、将来に備えることが鍵となる

2019年の四緑木星の人の運気を見ますと、これこそ人生の基盤を作っていけるような運気となっています。この365日の時間の使い方が今後のあなたに圧倒的な影響がもたらされると言ってもいい状況だと言えます。 言うまでもなく基盤を作るということは土をならすという意味になり、このことは最終的にあなたにしかるべきプレッシャーを加えることになるのですが、これに耐えた時には圧倒的な価値のあるものが得られると言えます。

それぞれのものごとに対し一喜一憂しないで、歪むことなく判定していくことにより結果として好結果が得られるはずです。 これまで自分に束縛されることなく新たな自分に対し行動していくということで、ライフステージの方向性を切り換えることができると断言できます。

しかしこの2019年は結局のところ基盤をつくる運気となっていることを忘れないでおくこと。すなわち短絡的なパターンを作らずに、長い間の計画のもと動き方を取り置くことが必須です。 あえていうとビッグな実りが手に入れられにくいシーズンということも感じられますが、ひたすら基盤を作るという事で大きく向上できるその基礎を設けることが出来ます。 基盤があるかないのかでライフステージがかなり異なりますので、落ち着きを失わず基盤をひとつにしていくことが大事です。四緑木星の方は内面と向かい合い、将来に備えることが鍵となる2019年になるでしょう。

感情だけで行動すると後悔することに、精神的にゆとりをもって

四緑木星の方は、堅実にしっかりきっちり努力を忘れずにきたとすれば、しかるべきステータスをすぐに手にしているようですし、一方で何もせずに日々を過ごしてきてしまった人ですと、しっぺ返しがあったのではないでしょうか。 良い意味合いでも悪い意味合いでも結果が出たのが前年でしたので、今極めて有利な状態にいる方は、2019年もよりもっと良いベクトルを作り上げていくことができると言えるでしょう。 だからと言って昨年いまひとつ良い事がなかった方も、この先十分に人生を取りもどして行けるので、断念せずに向上を目指していきましょう。

注視すべき点は基盤作りをすること。そのためには、ひとたび過去のあなたとお別れをするということ。 無理やり過去の実績や過去の自分の考えに縛られている場合、苦労の末新しい境地いるのに、運気を発揮することができないのです。 一方で過去の実績が足かせになっていることもよく見受けられます。 もちろん反省しないといけないような事柄が幾つも起こるですし、あなた自身の行動や習慣を反省しなければならないことも沢山出てくるでしょう。 これはあまり喜ばしくない行動に違いないですし、あなた自身が望むような答えになるとは断言できません。 されどこのような変化の一つを受け止めていくことで、貴方は大きく差が開いていることが期待できます。 事実上何か手にできるかどうかと言うとこの2019年では実際のところあまり望めませんが、これから先の人生を決意するにあたって、とても重要な役目を持っているということは間違いではないでしょう。四緑木星の方は特に、感情だけで行動すると後悔することになります。精神的にゆとりをもっていきましょう。

四緑木星の恋愛運は精神的につながりが強くなり縁が深まりやすい

2019年の四緑木星の人の恋愛運を見ますと、刺激剤という点では少し足りないのですが、メンタル的な繋がりを激しく結ぶ異性との巡りあいの兆しがある時とも考えてよさそうです。

そうなるためには今まで恋人関係ではない友人関係だった異性の友達とロマンスが起こったり、はっきり言って初めの印象は良くなかった異性との関わりを拡大していくことで、カップルにつながっていくことが考えられます。

今の時節の良縁を取り逃がさないために、打算的な考えで人を定めるのではなく、イノセントな意識で相手を見い出す必要が出てきます。

とりわけこの2019年は顔を合わしてすぐに近寄ってくるような人には気を付ける必要があります。それには激しい誘い出しが潜んでいますし、そういった道を歩み進めると大変なことになる可能性が大きいので気を付けて下さい。

メンタル的な結びつきを重視することにより、この2019年は自身にとって正真正銘の愛を手にすることが望めますから、打算的な意味とは異なり真の意味で心の幸せを求めてアクションを取ってみましょう。

2019年は今後のあなたのライフステージの基盤を作るとても重要なシーズンということが言えるでしょう。無下に年月だけが経過していくといったことにはさせないよう、日々集中力を保持し過ごすように努めていくことが大切です。四緑木星の方の恋愛運は精神的につながりが強くなり縁が深まりやすいといえます。

恋愛運を上げるためには5月に西 11月に北西

2019年の四緑木星は恋愛運が不調となります。言動や態度が誤解されやすくなり、あなたの魅力が相手に伝わりにくくなります。そのため、恋愛の成就が上手くいかず、また現在交際相手がいる方も些細な擦れ違いで破局を迎えてしまうかもしれません。2019年の四緑木星はそういう運気の下にいるため、努力によって改善することは難しいでしょう。運気自体を改善させるためには吉方位である西と北西方向に外出すると良いです。西という方角はもともと恋愛運をアップさせるのに適した方角だからです。四緑木星の人にとって西と北西が吉方位となるのは、西が5月で北西が11月です。この時期を狙って、西・北西方向に旅行や引っ越しなどを行うとあなたの恋愛運を上昇させることができるでしょう。

吉方位は西・北西 凶方位は北・北東・東南・南・南西

2019年の四緑木星の吉方位は、一白水星、九紫火星の回座している、西と北西です。そして凶方位は、北、北東、東南、南、南西の方角です。2019年の四緑木星は、北の坎宮(かんきゅう)になります。坎(かん)というのは、不都合や、秘め事、など象徴しています。この年は、地味な努力が求められそうです。気を抜いて思わぬミスをしがちなので、大きなプロジェクトに先頭に立とうとするより、裏方にまわり、良いサポート役に徹する方が、運が開けます。特に4月は運気がダウン気味ですので、仕事仲間との良いチームワークを保てるように、慎重に行動してください。対人関係は、大変よいので、社交の場には積極的に出向き、新たな人脈づくりに励むといいでしょう。

四緑木星のラッキーアイテムやラッキーナンバー一覧

ラッキーカラー ブラック
ラッキーナンバー 7
ラッキーアイテム ハサミ
ラッキーパーソン 礼儀正しい人
ラッキースポット 神社
合わせて読みたい