九星気学

三碧木星の基本|性格・相性・吉方位・ラッキーカラーを占い師が解説

あなたは、「三碧木星」の言葉の意味をご存じですか?九星における三碧木星の「三碧」には、活動の始まりや植物が大きく育つことを表す「生長」という意味があります。このことから三碧木星は「これから成長していく木」を象徴しています。

そして、三碧木星の本位は太陽が昇る東です。このことからも、この星が「活力、若々しさ、自立」を意味していることが分かります。こういった特徴は三碧木星の性格にも影響しています。

この記事では、三碧木星の性格や、他の九星との相性について詳しく紹介していきます。自分の性格や運勢を知ることで、仕事や恋愛でも自身の魅力を存分に発揮することができますよ。

三碧木星の運勢

本命星が三碧木星の基本的な性格や特徴|五行の性質一覧付き

三碧木星の人が持つ特徴として、社交的で行動が素早いという面があります。仲間と一緒になって行動することが好きなので、パーティーなどの社交場に顔を出して、気付いたら自身が会話の中心になっていることも多いでしょう。

行動の素早さは群を抜いており、他の人がなかなか踏み込めない事柄であっても躊躇せずに飛び込み、一気に突き進む性格です。仕事面であれば、リーダーシップを発揮して周囲を引っ張る存在となり、恋愛面では好みの異性に積極的にアプローチして愛情深い恋人となるでしょう。

そんな三碧木星は、抜群のひらめきと行動力を活かせる場面で才能を開花します。新たな企画を提案することが得意ですから、時代の先端を行く分野の仕事に向いています。

また三碧木星は涙もろく、感情豊かな性格です。感情の高ぶりが外見に現れやすいので、気掛かりなことがあると、すぐに表情に出てしまうこともあるでしょう。

しかし、根が明るく引きずらない性格なので、すぐに気持ちを切り替えられます。そんな三碧木星の爽やかな自由さに、周りの人もいつの間にか引きつけられるでしょう。

さっぱりとした態度が印象的な三碧木星ですが、一方で負けず嫌いな一面があります。なかなか自身の弱い部分を周囲の人に見せません。正義感も誰より強いので、悪事を見て見ぬ振りをすることもしないでしょう。

また、三碧木星は自身のビジョンを重視しており、自分の意見を明確に語るので、会話をしている相手にもその気丈さが伝わります。はっきりとした意見が聞きたい人にとっては、快い印象を与えるでしょう。

三碧木星の人自身も、物事については白黒はっきりさせたいと考えています。どんな事をするにも、曖昧さを残して後ろを振り返る生き方は好みません。いつも前進して行きたいという思考の持ち主です。

そうしたことから、周囲からはエネルギッシュな人に見られます。また、自信家な印象も与えるでしょう。そんな性質からも、三碧木星にはリーダーとしてトップに立つ素質が十分に備わっているといえます。

月命星が一白水星の人の性格や特徴

月命星が一白水星の人は、柔軟な思考でどこでも活躍できる万能な能力の持ち主です。本命星の三碧木星の影響から、もともと明るく前向きで人気者の素質を持っていますが、それに加えて、一白水星の特徴である高い順応力も持ち合わせているのです。

これにより、人の心をつかむ才能と、頼まれた仕事は何でもこなせる器用さを持つ人気者でしょう。さらに、一白水星の忍耐力も受け継いているので、何かの分野で努力を重ねて一番になれる素質も持っています。周囲からも尊敬されて、誰もが羨むようなヒーロー的存在になるでしょう。

月命星が二黒土星の人の性格や特徴

月命星が二黒土星の人のは、多くの物事に挑む果敢な挑戦者です。本命星の三碧木星の影響から、もともと好奇心が強くてチャレンジ精神が旺盛。そこに二黒土星の用意周到さが加わります。

ですので様々なことに好奇心を持ち、挑戦をするための準備を進めて実際に行動に移す、有言実行の開拓者となるでしょう。この何にでも興味を持つ部分と、しっかりと計画を立てて行動に移せるところが、周囲に「立派な人」という印象を与えます。

月命星が三碧木星の人の性格や特徴

月命星が三碧木星の人は、負けず嫌いのチャレンジャーです。本命星と月命星が同じ三碧木星の場合は、この星の特徴が色濃く現れます。

チャレンジャーなので様々なことに挑みますが、ある程度の結果を残すまでは諦めません。結果がなかなか現れない時は悔しさから、さらに挑戦を続けます。また、天性の明るい心を持つ前向きな性格のため、大きな敵は作りません。

そして実は、頭の回転が速いのも特徴の一つです。「どんな物事でも人並み以上の結果を残すことができる才能」を持っています。

月命星が四緑木星の人の性格や特徴

月命星が四緑木星の人は、真摯で誰からも慕われる人気者です。本命星の三碧木星の影響から、前向きで明るい性格に加えて、四緑木星の社交性と協調性が合わさるので、人に嫌な思いをさせない真摯な性格になるでしょう。

しかし、人の気持ちを尊重しすぎる部分も持っているため、時に自分の意見を見失ってしまうこともあります。ただ、バランスを取る能力に関しては優れており、その優れた調整力からしばしば喧嘩の仲裁役を頼まれることもあるでしょう。人と人の縁を繋ぐ懸け橋となれる人です。

月命星が五黄土星の人の性格や特徴

月命星が五黄土星の人は、一言で例えると人を引っ張る社長タイプです。本命星の三碧木星の影響から、もともと明るくて独立志向が旺盛な部分を持っています。そこに五黄土星の、目標を達成するための努力は惜しまない野心家な性格が加わります。

また、包容力にあふれており、リーダーシップも備えているので先導者として周囲の人を惹きつけます。知らず知らずの内に周囲から頼られ、リーダーに任命されることもあるでしょう。

月命星が六白金星の人の性格や特徴

月命星が六白金星の人は、何度失敗しても諦めない不屈の精神の持ち主です。本命星である三碧木星は行動力があり、チャレンジ精神が旺盛。そこに、六白金星の優れた統率力と決してあきらめない不屈の精神が加わります。

これにより、自分の信じた道をひたすらに突き進めるでしょう。その信念の強さから、周囲のまとめ役を任されることもあります。しかし、時としてその道が行き止まりであることに気が付かないこともあるので、そこは注意が必要です。途中途中で、客観的に道の行く先をみるようにすれば、軌道修正できるだけの力を持っています。

月命星が七赤金星の人の性格や特徴

月命星が七赤金星の人は、誰からも愛される話し上手な人気者です。本命星の三碧木星が持つ明るさと前向きさに加えて、七赤金星の高いコミュニケーション能力が合わさります。

これにより、常に周りにいる人を楽しませることができるでしょう。もし何か困ったことがあっても、その話術と天性の愛嬌により周囲から助けてもらえます。

ただ、軽率な発言などがきっかけで問題が起きてしまうことがあるので、そこは注意が必要です。しかし、そんな時でも高いコミュニケーション能力を発揮して、ピンチすら笑い話に変えることが出来るでしょう。

月命星が八白土星の人の性格や特徴

月命星が八白土星の人は、自分の意見を大切にする正直者です。本命星である三碧木星の「論理よりも行動が大事」という一面に加えて、八白土星の好き嫌いがハッキリとした性質が合わさることで、正直者な性格になるでしょう。

そのため、人から好かれようとしたり、無理に調和を図ろうとしたりはしません。しかし、これは良い方向に作用します。なぜなら、親しい友人などには「本音で接している」ことが伝わり、相手も本心で接してくれるようになるからです。広く浅くではなく、狭く深く人間関係を築くタイプです。

月命星が九紫火星の人の性格や特徴

月命星が九紫火星の人は、自由奔放な天才タイプです。本命星である三碧木星の影響から、元気で明るく頭も切れる性質に加えて、九紫火星のセンスが高くて決断力に優れた性質も合わさります。

結果的に才能が豊かで、器用に何でも人並み以上にこなせるハイブリッドな性質を持つでしょう。また、独自の美的センスと、素早く行動できる決断力の高さで周りの注目を集めます。

ただし、何でもこなせてしまうが故に物事に対して飽きるのが早く、途中で投げ出す傾向があるので注意が必要です。抜群の美的感覚を活かせる物事を極めれば、世間をあっと言わせる作品を生み出せるでしょう。

三碧木星の相性一覧

相手の本命星 相手との関係
一白水星 大吉(相生|生気)
二黒土星 凶(相克|死気)
三碧木星 中吉(比和)
四緑木星 中吉(比和)
五黄土星 凶(相克|死気)
六白金星 大凶(相克|殺気)
七赤金星 大凶(相克|殺気)
八白土星 凶(相克|死気)
九紫火星 小吉(相生|退気)

>>三碧木星との詳しい相性はこちらをチェック

三碧木星のラッキーアイテムやラッキーナンバー一覧

ラッキーカラー ピンク
ラッキーナンバー 77
ラッキーアイテム スティックコーヒー
ラッキーパーソン 尊敬できる人
ラッキースポット 階段

三碧木星の関連記事

三碧木星の2021年運勢


 

2021年の運勢占い

2021年版姓名判断

ウラソエ限定♡無料スピリチュアル鑑定

無料で数千文字のメール鑑定を受けることができる「エレメントタロット」は、運命将来待ち受ける未来を見事なまでに的中させると言われています。 あなたの本質的な性格や待ち受ける宿命はもちろん、片思いの行方、復縁の未来、運命の相手など、真実を知りたくはありませんか?

本格スピリチュアル鑑定が今ならなんと! 通常1800円の鑑定結果を無料で受け取ることができます。 ※ウラソエからの申し込み限定

自分の未来、好きな人のこと、二人の運命などを一度鑑定してみてはいかがでしょうか?