夢占い

【夢占い】お菓子に関する夢の意味3選!

あなたが菓子工房に行く夢を見たら

菓子工房に行く夢を見たら、それはあなたが何かを我慢している状態を示しています。
それは、スイーツや食べ物だけではなくて、自分自身がやりたいと思っていることをできない状態に不満を持っている証でもあります。
「本当はこれをしたい」という夢や希望があるのに、現実的に無理な状況があることで実践できなことを表面的には理解をしていても、心の中では納得がいっていないのかもしれません。
この夢を見たら、「常日頃から我慢しているものはないだろうか」と自分の胸の内に問いただして見るとよいでしょう。
自分でも気が付かないようなことに不満を持っているのかもしれません。

異性に菓子をもらう夢は、甘い誘惑への注意喚起です。

甘い誘惑がありそうです。実際に出会う人に暫く注意しましょう。よくない人にさそわれる可能性もあります。既に彼氏がいる人は、ひととき甘えられる時間を持てるでしょう。いずれにしても、子供っぽい一面が顔を出し、少しの間論理的思考が働かなくなるかもしれません。相手から甘い言葉をもらって言いなりにならないよう、注意は必要です。
現実世界では、お菓子のようにもらって拒絶されにくい物が、落とし穴になる可能性もあります。拒むのは申し訳ないという心理が働き、強く求められると応じてしまうこともあるのかもしれません。親しい人の間にも、一定の距離を保つことを忘れないようにしましょう。

賞味期限切れのお菓子を食べる夢は、ささやかな楽しみを失っていることを示唆します。

生活が重く、息苦しくて甘い物が欲しいけれど、ゆっくり食べている時間も惜しい、そうこうしている内にお菓子の賞味期限が切れてカビが生えてしまっていた、そんな風にも解釈できるでしょう。いずれにしても、心が求めているひとときの休息やわずかな贅沢を、期限が消失した段階でやっと口にしているのであれば、自分には遊ぶような時間があってはならないと思っていることが伺えます。
極端な思考に陥っていて、心から楽しいと思える時間を持てないでいるようです。それはまるで服役囚のようです。是非ともささやかな楽しみも追い求めて下さい。

合わせて読みたい