夢占い

【夢占い】妹の夢の意味4選|死ぬ・妊娠・いないなど状況別に夢診断

妹の基本的な意味

夢に妹が現れるのは、現在の人間関係を象徴しています。また、妹は自分自身の分身として夢に現れる場合が多く、自分自身でも気がついていない、もう一人の自分であることも意味しています。実際に姉妹がいる人なら、普段抱いている感情が、夢に現れている可能性があるでしょう。
夢の中の妹と、どのような関係でいたのかに、注目してみましょう。仲良く一緒に遊んでいるなら、周りの人たちと、良好な人間関係を築けている暗示です。このとき妹の様子が、元気で明るいほど、運勢もよい方向へ向いていることを意味します。妹と仲が悪かったなら、人間関係のトラブルを暗示しています。周りとコミュニケーションが上手く取れずに、悩んでしまいそうです。

妹が死ぬ夢は人間的魅力がアップするかもしれない暗示

妹が死ぬ夢というと不吉な感じがしますが、実は吉夢です。自分自身の問題や欠点を克服できるという暗示であり、人としての魅力が増すことを暗に示しています。人として魅力的になれば、人間関係もうまくいくようになります。あまり仲良くなった人たちと一気に距離が近づくチャンスでもあるため、不吉な夢だとは思わずに対人関係をより良いものにしていきましょう。
また実際に妹がいるなら、何か良い出来事が舞い込んでくるという意味でもあります。妹に何か良い出来事が起こるという前触れであるため、妹が死ぬという夢は吉夢の表れだと言っても良いでしょう。

もっと詳しく知る:
>>死ぬ夢の意味

妹が妊娠する夢は吉夢と言われている

妹が妊娠する夢は吉夢とされています。実際に妹がいるかどうかは関係なく、この夢を見た場合は何かを産みだす苦しみを味わうことを暗示しているのです。何かやらなければいけないことがあって、それが負担になっています。その何かというのは例えば仕事だったり勉強だったりなどです。
この苦しみの先に待ち受けているのは幸福です。妊娠だって生まれるまでは辛いですが、赤ちゃんが生まれた後は幸せな気持ちになります。それと同じように苦しんだ先にこそ、素晴らしい幸せがあるということです。
このように妹が妊娠する夢を見たなら、やるべきことを頑張りましょう。

もっと詳しく知る:
>>妊娠の夢の意味

妹がいない夢は、見失いかけているものがあることを示唆します。

実際に姉妹がいる場合、時には妹を知ることで自分の一面を確認することができます。そういう意味において「妹」は自分を客観的に見るための手段ともいえます。また実際に妹がいない人にとっては、自身の過去の側面や支配下においていた存在かもしれません。ふとした時、常にそこにいたはずの存在がいない状態は、失望であったり、見失いかけているものがあると言えるでしょう。現実世界の中を再確認してみましょう。
少し前には確かに大事にしていたもの、とりわけ純粋な心の一部分である可能性が高く、忙しない日常の中に身をおいていると、ある日を機に、すっかり忘れ去ってしまうことがあります。

合わせて読みたい