パワーストーン

ホワイトオパールの効果や石言葉とは?恋愛や仕事の意味も解説!

ホワイトオパールってどんな石?色や種類は何がある?

別名 <キューピッド・ストーン 希望の石>
和名 <蛋白石>
原産地 <オーストラリア メキシコ>
<半透明、白色、虹色(遊色効果)>
石言葉・宝石言葉 <希望 友情 幸福>

ホワイトオパールを持つ効果とは?オススメの人とは?

ホワイトオパールの基本的な効果は心の解放

愛の石として知られるホワイトオパールは、心の奥深くに眠る感情を目覚めさせ、生き生きと輝かせます。

無垢な夢を思い出させ、創造力を高めるところから、「希望の石」としても知られています。

また、真の願いに気づかせるパワーを秘め、人と人をつなぐと言われ、キューピッド・ストーンという可愛らしい異名も。

日本では「蛋白石」と呼ばれ、宮沢賢治の作品にも登場しています。

ホワイトオパールのように淡くきらめく純な感性が、「銀河鉄道の夜」「春と修羅」といった繊細な作品を生みだしたのかもしれません。

意味や効果?幸運招来

光を反射して揺らぐ、虹のような色合いが特徴のホワイトオパール。

このプレイオブカラー(遊色)と呼ばれる現象から、中世の欧州では魔力が宿る石だと考えられていました。

鉱物としては珍しい、水分を含んだ組成が独特の光を放つオパール。

水のない場所ではヒビ割れてしまう、まるで命あるもののような不思議な性質が身に着ける人を引き立て、美しく見せてくれると言います。

一つ一つの石の色調が大きく違うのもホワイトオパールならでは。

「これ」と感じるオンリーワンを選ぶことで、瑞々しい幸福に導いてくれるでしょう。。

意味や効果?才能の開花

遊色を浮かべたミルクのような表面は、深層心理に眠る本当の姿を映すと言います。

創作活動やまったく新たな分野へのチャレンジといった望みを秘めているのなら、ホワイトオパールは才能を伸ばす手助けをしてくれるでしょう。

ミルク色の鏡に映る可能性がきらめく様が、やがて夢ではなく現実に。

オパールは「貴重な石」を意味するラテン語のupalasが語源。

かけがえのない輝きを持ちながら、あと一歩が踏み出せない人の支えになってくれる石でもあります。

意味や効果?恋愛パワーアップ

心を自由にしてくれるホワイトオパールは、人を愛する喜びを与えてくれます。

成長するにつれ恥ずかしさやプライドが邪魔をして、愛情を示すことが怖くなるもの。

ホワイトオパールはそうした心を縛るものから解き放ってくれるのです。

遊色のようににじみだす愛の輝きが持つ人を生き生きとさせ、周囲からも好かれやすくします。

ただし、感情を増幅する石でもあるので、はっきり「この人」と愛を注ぐ対象が決まった状態で持つことが大事です。

ホワイトオパールと相性がいい・色が合うパワーストーン3選

ホワイトオパールとトパーズの組み合わせ

個性やカリスマを高めてくれるトパーズと、才能を支えるホワイトオパールは、仕事運アップのお守り。

サービスや営業といった、人間性がモノを言うシーンで真価を発揮してくれます。

また、クリエイティブ系のようにライフスタイルも商品になるような分野では、フォロワー集めにも貢献。

レモンのような黄色から、炎のようなオレンジなど、様々なカラーがあるのがトパーズ。

お気に入りのホワイトオパールを手に取って、馴染むカラーのものを選ぶことそのものが、ラッキーアクションになるでしょう。

ホワイトオパールとラリマーの組み合わせ

明るいブルーのラリマーとホワイトオパールは、目にも涼やかでヒーリング効果抜群。

愛や平和を象徴すると言われるラリマーは体をはつらつとした状態に保ち、ビューティー運をもたらしてくれます。

もっと行動的になりたい、積極性を得たい、という時にもおすすめの組み合わせ。

自分の元気に自信が持てるので、あと少しだけがんばりたい、違う方向からもアピールしてみたい、というような場面でパワープッシュできます。

どちらも直射日光に弱い石なので、保管はジュエリーケースなどに入れて。

ホワイトオパールとオニキスの組み合わせ

漆黒のオニキスとホワイトオパールは、インパクト大の組み合わせ。

クールに見えるブラック&ホワイトですが、愛情運を守ってくれるピュアなパワーを備えています。

オニキスは破邪の石なので、あれこれと迷いがちな関係の二人なら、ペアアクセサリーとしてつけるのもおすすめ。

理性をキープし、関係を風通し良いものにしてくれるでしょう。

成功を意味し、男性も身につけやすいのがオニキス。

ホワイトオパールを重ねれば、移り気、飽き封じにも。