パワーストーン

パープルサファイアの意味や効果・石言葉・相性やおすすめの組み合わせ

パープルサファイアってどんな石?色や種類は何がある?

別名 <オリエンタルアメシストバイオレットサファイア>
和名 <蒼玉>
原産地 <インドスリランカミャンマー>
<青紫色菫色ラズベリー色>
石言葉・宝石言葉 <初恋の思い出>

パープルサファイアを持つ効果とは?オススメの人とは?

パープルサファイアの基本的な効果は調和

情熱と冷静、想う人と想われる人、精神と肉体など、違う性質の間をつなぎ、バランスを取ることができます。また、サファイアそのものに、貞節さ、結婚という意味があるので、恋人どうしで贈りあい、「浮気予防」のお守りにすると良いそうです。すれ違いがちだったり、ケンカが多い二人なら、不安を減らし、円満にしてくれるでしょう。パープルサファイアはとても高貴な性質のパワーストーンなので、嘘を嫌うと言います。石の前で誓った言葉をないがしろにしないよう、大切にしてください。

意味や効果?職業運アップ

パープルサファイアは、資格を必要とする職業を守護すると言われています。士業、土地や建物の取引、対人援助など、プロフェッショナル、エキスパートを応援してくれるパワーストーンです。永い間、叙勲、任官など、権力の座にある存在からの許しなくして身につけてはならなかった「禁色」が紫でした。そのためか紫を帯びたサファイアは「許可制」を示しているようです。現在その職にある方はもちろん、高度な専門性を必要とする職業を目指して勉強中の方に、激励の意味をこめて贈るのもよいでしょう。

意味や効果?家庭の幸福

貞節を意味するサファイアは、ナポレオンがジョセフィーン妃に贈ったことでも知られます。西洋では、結婚式につけると幸運になると言い伝えられるサムシングブルーにサファイアの装身具を入れることが多いようです。
威厳あるブルーサファイアに比べると、人間味のある温かさを感じるパープルサファイアは、二人に心変わりがない限りしっかりガードしてくれます。パープルサファイアとお互いを手放すことなく、共に生きるお二人につけてほしい石です。

意味や効果?思考の活性化

頭頂部に存在すると考えられているエネルギースポット「チャクラ」を動かすとされ、思考がクリアになったと感じる人が多くいます。また、考えたこともなかったような物事に思い当たり、洞察力の深まりや、天啓のような「気づき」を得て人生が変わったと言う人もいます。実は誰もがスーパーコンピューター並みの情報量を一瞬ごとに処理しているのですが、それを意識することはありません。たくさんのことを知っていながら、知らないように過ごしているのが日常なのです。パープルサファイアは、情報の奔流に紛れてしまう真理を、垣間見せてくれるパワーストーンとも言えるでしょう。

パープルサファイアと相性がいい・色が合うパワーストーン3選

パープルサファイアとアクアマリンの組み合わせ

パープルサファイアと、まろやかなブルーのアクアマリンは、第一印象からソフトに見せてくれる組み合わせです。面接など人に会う機会のアイテムとして重宝するほか、習い事や弟子入りなど、修行のようなかたちで技術を教わる際に、効力を発揮します。フレンドリーなアクアマリンは相手の責任感を引き出し、同時に持つ人の気持ちに寛大な余裕を与えます。パープルサファイアは礼を逸さない調整をしてくれるので、目上の人とのコミュニケーションを円滑にしてくれます。

パープルサファイアとラブラドライトの組み合わせ

虹色に輝く光学効果を持つラブラドライトは、ムーンストーンやサンストーンと同じ長石の仲間です。犬種名として有名なカナダのラブラドル沿岸で発見され、独特の輝きはラブラドレッセンスと名付けられています。
黒く地味な石に、光源を動かすことで表面を青い虹が走る劇的な光学効果があることで、見た瞬間からコレクター道を歩みはじめるファンもいるほど人気があります。神秘的な姿から「ソウルメイトと出会わせてくれる」「危険を教えてくれる」とも言われています。誠実を意味するパープルサファイアとのセットは、パートナーの遊び防止に著効があるとされます。

パープルサファイアとクァンタムクアトロシリカの組み合わせ

珪孔雀石、孔雀石、藍銅鉱、シャタック石、翠銅鉱、石英などが混ざった混合石をクァンタムクアトロシリカと呼びます。様々な石が混ざりあって、ブルーやグリーン、茶色といった自然の風景を思わせる美しい文様を描くことで好まれています。強いヒーリングパワーを持つとされ、「エンジェルストーン」の呼び名も。射抜くような叡智のパワーのあるパープルサファイアとクァンタムクアトロシリカのセットは、目標達成を願う人を怠惰さから救ってくれるレアストーンの組み合わせです。