パワーストーン

ハイパーシーンの意味や効果・石言葉・相性やおすすめの組み合わせ

ハイパーシーンってどんな石?色や種類は何がある?

別名 リーダーシップの石 「太古の天然石」
和名 紫蘇輝石
英名 Hypersthene
原産地 ブラジル・カナダ・アメリカ
石言葉・宝石言葉 グラウンディング・強い意志の力・信頼・リラックス

ハイパーシーンを持つ効果とは?オススメの人とは?

ハイパーシーンの基本的な効果は周りから信頼や期待の目を向けられる

ハイパーシーンは、周囲からの信頼や期待を自分に向けるパワーを宿しています。

石の見た目は、真っ黒。
ですが、和名は「紫蘇輝石」と呼ばれており、見た目は単色の黒に見えますが、顕微鏡で見ると赤紫蘇に見えます。

顕微鏡で細かな細部までみると色が違って見えるのは不思議ですよね。
内に秘められたパワーを感じます。

ハイパーシーンを身に着けることで、周囲の信頼を得ることができれば、仕事も順調にいき、いずれはリーダーとして周囲から注目をあびるパワーが宿っているとされています。
また、家に置いていれば、周囲からの信頼を得て繁栄する力もあるのかもしれません。

意味や効果?物事を俯瞰して見れる

ハイパーシーンは、強い信念と責任感を与えるパワーストーンです。強いエネルギーを持ち、リーダーシップを発揮できます。リーダーであるためには、周りを常に冷静な目でみなければいけません。物事を俯瞰して見ることができるようになります。リーダーであるために、必要な思慮分別の力を授けてくれます。安易な判断に流されない平静さを持てます。自分に厳しく、冷静な態度を見せることで、人から、信頼をえることができます。自分を強く律し、他人からの信頼を得たい人に最適です。

意味や効果?持ち主の才能を研ぎ澄ます

ハイパーシーンを身に付けることによって、持ち主の才能を研ぎ澄ます効果が得られます。普段から憧憬の念を向けられる人へと、成長を促してくれるのです。多くの人々をまとめ上げるような指導者としての力を向上させるための支えとなってくれるでしょう。自身の中に秘められたポテンシャルがしっかりと出せるので、信頼感を持たれやすくなります。理想としている自分の姿が明確にイメージ出来るので、強い信念を身に付けることにも繋がります。

意味や効果?頼れるリーダーとして持ち主を育てる

ハイパーシーンが授けてくれる力として、頼れるリーダーとして持ち主自身を育てることが挙げられます。揺るぎの無い自分の意志と、責任感を強めてくれるのです。真摯な姿勢で取り組み、勤勉になるよう促すための働きかけもしてもらえるでしょう。周囲からの期待感を強みに変えて、部下や仲間たちのスキルアップに繋げていくための能力が備わっていきます。イニシアチブを握った上で、共に高めあう関係性の実現にも寄与してくれるのです。

ハイパーシーンと相性がいい・色が合うパワーストーン3選

ハイパーシーンとガーネットの組み合わせ

ガーネットとハイパーシーンを組み合わせて用いれば、リーダーとして立ち上がるために必要な力が授けられます。周囲からの誘惑などに負けることなく、常にひたむきさを保つことが出来るでしょう。脇目を振らず、前に進むことが出来るようサポートしてもらえるのです。ガーネットが授けてエネルギーの循環効果とともに、ハイパーシーンによって指導者としての力が高められます。真摯な姿勢で目的を達するための行動力がキープ出来るでしょう。

ハイパーシーンとガーデンクォーツの組み合わせ

ガーデカクォーツとハイパーシーンがもたらす効果によって、最良のタイミングで決断し、逆転を狙う力が高められます。現在逆境の中にいたり、重大な決断をすることになった際にサポートしてもらえるのです。ガーデンクォーツによって、思慮分別の力が授けられるので、正しい選択が可能となります。それに加えて、ハイパーシーンが持ち主の決断力を高めるのです。そのため、最もメリットが沢山得られるタイミングで大事な決断が出来るでしょう。

ハイパーシーンとフローライトの組み合わせ

パワーストーンハイパーシーンが単体そのもので持つ意味は「無邪気な発想」です。これに「安易な判断をしない」意味を持つフローライトをセットにすることにより、子供のころに帰ったような無邪気な心と、リーダーとしての器をより高めることにつながります。いざ恋愛の場面ではわかっていながらも、行動してしまうちょっと小悪魔的な一面が顔をのぞかせることもあるかもしれません。恋で少し遊んでみたいと思わせる、ちょっと危ないフュージョンです。

合わせて読みたい