エンジェルナンバー

【エンジェルナンバー大全】119の意味とは?恋愛や復縁の悩み別に解説!

エンジェルナンバー「119」の意味やメッセージとは?

あなたの信じたことは、あっという間に現実化します。ですから、あなたの目的がこの世界にとって有意義になるように、信じることは大切です。

目的を持つとすぐ現実化の流れになっていくので、あなた一人の気持ちで突っ走っていては、周りに還元できない可能性があります。あなたの信じたことを成し遂げるためには、周りの協力は不可欠です。

同僚や仲間だけでなく、会社であればその業界でどのような役割になるのか、還元できるのか、崇高な目的を持つことが大切です。

エンジェルナンバーは1が二つと9という数字から成り立ちます。1は独創性、前進する力があり、1が二つ重なる11はマスターナンバーと呼ばれ、さらに前進する力を推し進める特別な数字です。

あなたが思うことがすぐ現実化するのは、この特別な数字のおかげでもありますが、気持ちが悲観的になれば、それもすぐ現実化することにも注意して下さい。

そして119の9という数字は、目的に人道的な崇高さを求めます。エンジェルナンバー119を足してみます。1+1+9=11。119という数字の本質も、11となり、マスターナンバーになります。

現実化のスピードが早いので、少しでもネガティブな気持ちになってはいけません。どんな手段を使ってでも、目的を達成させると思うよりは、どれだけ周りに還元しながら目的を達成させられるかに思考を絞って下さい。

恋愛で悩んでいる時の意味とは?

片思いのあなたが、理想の恋を思い描けば、そのとおりのシチュエーションを準備することができるはずです。エンジェルナンバー119は、行動力があり、新しいことを恐れない1という数字が二つも入りますので、現実化が加速します。

9という数字が、理想を思い描く力を与えますので、あなたがその通りになると信じれば、そうなるでしょう。

すでにお付き合いしているあなたならば、あの人の友人や家族に紹介してほしいと思えば、すぐに現実となるでしょうし、結婚を考えているのなら、プロポーズをする・してほしいと思えばその通りになります。

このエンジェルナンバーは、あなたが願えばすぐにそうなることを伝えています。すぐに現実化するのは、あなたが転機の際に素早く動く、その行動力にあるのです。

あなたの望みに向けて、一直線に思い描き、そこに不安や心配・嫉妬といったネガティブな感情が入り込む余裕のないほど、走り抜けてみて下さい。走り抜ける際に、あの人の気持ちはちゃんとついてきているか、時々振り返ることも忘れずに。

ネガティブに意識を持っていかれると、あっという間に現実化してしまう点には、注意が必要です。

「119」を見たらどう行動するといい?

恋愛に悩むあなたが、エンジェルナンバー119を何度も受け取ったならば、ネガティブな感情には目を向けないで下さいというメッセージです。

マスターナンバーである11は、とてもパワフルですし、9という数字も完成された数字です。あなたがこう動けば、結果はこうなるというところまで見通しているはずです。

とてもひたむきで真っ直ぐなので、ネガティブなことには目を向けないことです。あなたは、思い描いたことが現実になるというエンジェルナンバーを贈られたのです。

明るい未来だけを信じてみて下さい。

復縁で悩んでいる時の意味とは?

再びあの人と縁を結ぶべきかどうか、すでにあなたの中では先が見えているはずです。あなたが見ている未来は、お互いを思いあえる理想のカップルになっていますか?もし、その姿が見えていたとしたら、そう信じてもいいのでしょう。

あなたには、理想を追い求める姿勢がありますので、それが地に足が着いた状態になれるよう、次々と行動を起こしていくはずです。あなたの見えた未来は、すぐに現実となります。

あの人と言い争う未来が見えてしまったとしたら――、やはり考え直すべきかもしれません。このエンジェルナンバーは、あなたの先見性を信じて下さいというメッセージなのです。

「119」を見たらどう行動するといい?

復縁で悩むあなたが、エンジェルナンバー119を何度も受け取ったならば、あなたの直感を信頼して下さいというメッセージです。

あの人との未来が、あなたには見えているはずです。心をフラットにして、感情に揺り動かされない時に、あの人との未来を思い描いてみて下さい。

あの人と笑いながら歩いているのかもしれないし、ケンカしている姿かもしれません。

あるいは――別な人があなたの隣にいるのかもしれません。

あなたの直感のようなものは、現実になるかもしれませんが、そのような未来にしたくないと思うのであれば、また違う未来を創造できます。新たな未来へ向けて、行動を起こしてみて下さい。

決して悲観的な未来を描かないよう、自分の心に正直に問いかけてみることです。