タロット

【タロット完全版】カップの6の意味とは?正位置・逆位置・悩み別解釈を解説!【小アルカナ】

【恋愛】相手の気持ちの悩みでカップの6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は素直に見つめることです

距離を感じている相手に対して、少し冷たい態度をとってしまう暗示が出ています。素直に見つめて、思いを伝え続ける工夫が求められるでしょう。自然に目を見て話すことで、信頼関係が築きやすくなります。嘘をつかず、本音で語り合う時間を設けられるようにしていく必要性があるのです。お互いにまだ十分理解できていないところがあれば、腹を割って語明かすのも良いでしょう。心を開けば、次第に相手の気持ちも分かってくるのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は隠さない姿勢を示すことです

包み隠しの無い思いを全て伝えて、あとは結果を待つだけというシチュエーションが描き出されています。出来るだけのことはやり切ったという思いが、充実感を生み出すのです。その先にある、相手の気持ちにどれだけ刺激を与えられたかは、これからの評価となって表れてきます。上手くいかなくても、落ち込む必要はありません。ありのままを受け入れて、次のステップに活かしていくことが、自分の成長にも繋がっていくことでしょう。

【恋愛】片想いの悩みでカップの6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策ははっきりさせることです

うやむやにしていた事が、次第に悪い方向へ向かっていくイメージが出ています。もう一度しっかり相手の心に向き合う姿勢を堅持しないと、片思いのまま終わってしまう可能性が高いでしょう。はっきりした態度を示して、直接的に気持ちを伝えていけば、通じ合える部分も出てきます。共感できることが増えていくにつれて、距離感も詰まっていくでしょう。小さな積み重ねがいつか必ず実を結ぶという暗示として捉えることも出来るのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は現実的に考える

カップの6は過去の良い思い出や純粋な気持ちを表しますが、逆位置の意味は「過去に囚われる」「幼い」「依存」です。カップは感情のスート、6は時の流れやバランスを示す数字なので、過去の出来事と比べる気持ちが結果に反映されます。片思いの悩みでは「拗ねる」「依存する」気持ちが背景に存在しており、「現状に不満を言う」「相手の忠告を聞かない」などの態度をとります。過去と比べて現在に不満のある状態なので、対策は現実的な視点で行動していくことです。

【恋愛】復縁の悩みでカップの6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は平静を保つことです

気持ちが前のめりになって、思いもよらない言動に出てしまう可能性が、カードによって指摘されています。平静さを保ちつつ、気持ちをしっかりと整理する時間を作る必要があります。ありのままを受け入れてもらえるように、復縁を意識しすぎないこともポイントです。自分の思い通りにならず、相手を傷づるような展開に発展しがちなので、その点にも注意が求められます。冷静なアプローチが実を結びやすくなっていると言えるのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は信用することです

お互いに問題があって破局してしまった状態が、少しずつ改善していく兆しが出ています。相手の行いをある程度許すことが大事になってきます。過去を完全に忘れる必要はありませんが、寛大な気持ちで受け入れていく姿勢も求められるのです。信用し合って、復縁に向けた話し合いを進めていくことが出来れば、そのチャンスは一層膨らんでいきます。疑心暗鬼になりすぎず、フランクに会話をする姿勢が重要なポイントであると言えます。

【恋愛】仕事の悩みでカップの6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は過去を振り返る

カップの6が正位置で出た場合、現在の問題を解決するためには、過去を振り返る必要があることを示しています。
目新しい知識や情報に振り回されてはいませんか。この問題を解決するためには、初歩や基本に立ち返って、愚直に進めてみたほうがよさそうです。今は古いと言われる技術をあえて試してみたり、古い友人と連絡を取り合ったりしてみることで、解決の糸口が見つかるかもしれません。このカードは、やがて楽しい集いがあることを告げる場合もあります。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は謙虚な気持ち

カップの6が逆位置で出た場合、問題の解答は過去より未来にあり、新しい人生観が必要になることを示しています。
過去のやり方にこだわって、同じことを繰り返すばかりでは、問題はいつまで経っても解決できません。まわりの友人や家族は、この問題については誰も力を貸してくれないでしょう。多分、味方にもなってくれません。楽しいはずの集いは、嫌な感じの解散になってしまいそうです。このカードは、そろそろ自分の過ちを認めて、成長しなくてはいけないということを告げています。

合わせて読みたい