タロット

【タロット完全版】棒(ワンド)のペイジの意味とは?正位置・逆位置・悩み別解釈を解説!【小アルカナ】

ワンド(棒)のペイジ(王子)はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

一人の若い王子が自分の身長ほどあるワンド(棒)を両手で丁寧に持ち、見とれているような絵が描かれている印象的な「ワンドのペイジ」です。
先に触れた通り、ペイジは《王子》であり「積極性」「無邪気」「勇気」「情熱」の力を持ちます。
ワンドはタロット4大元素の「火」に属す「情熱」「エネルギー」「活力」を司るので、ペイジと組み合わさることで【情熱】の力が倍に強くなり、尋常ではない【好奇心】【野心】に溢れている状態を指すようになります。
認めてもらうこと、注目のマトになること、自分の力を発揮するに最適な時期に出現するカードでもあります。

冒頭で触れた絵柄をよくみていくと、王子とワンドの背景に3つのピラミッドが描かれていることに気がつくと思います。
ピラミッドは王が眠る神聖な地ということ、乾燥地帯であるといことから、「欲望」「情熱」「意志」の3つ読み解くことができます。
また、王子は帽子をかぶっていて、その帽子には羽根がついています。
帽子に付く羽根は「旅立ち」「発進」「出発」を意味します。
最後に王子と解説をしてきた中央にいる人物は「王子」と解釈をする専門書もあれば、「女性」と解釈をしているものもあり、点在している状態です。
どちらを見てみても、ワンドのペイジは「男性性や女性性の力」がバランスよく自分自身の力を発揮されやすい時に出現しやすいカードであると解説されています。
力が器用に発揮される、未来の発展に向けての大きな一歩が踏み出せる時期だと読み解くことができます。

正位置の意味や対策は発進・発信がカギ

正位置のワンドのペイジは「情熱」「旅」「力の発揮」「信頼」を意味し、「良い報せの訪れ」や「成功の好機」を示唆をすることもあります。
魅力が強まり、ご縁の力も強まっている時期です。
自分自身の行動に引き寄せられるように、良縁が巡ってくるようになるでしょう。
信頼できる人物によるご縁が新しいチャンスや幸福を生み出していきます。
またミスをしても、信頼できる人や周りの人が助けてくれるような運の巡りがあります。
ちょっと転んでしまっても気にせずに進んでいくことを選んでいきましょう。

ワンドのカードが正位置で出現する時期は、情熱の力が強く、それも良い具合に発揮されるので、新しいことを始めると成功しやすくなっていきます。
これまで温めてきたアイディアを思い切って具現化したり、公の場で発表するのも良いでしょう。
あなたの行動が広く知れ渡ることで、新しい好機の報せや新しい協力者の出現を促します。
自分自身が発信源であることを忘れずに、自信を持って行動しましょう。

逆位置の意味や対策は他者への影響を考えて行動を!

ワンドのペイジが逆位置で出ると、大きな意味は正位置と変わらないのですが、力の発揮と感情面がうまくコントロールできないようになっていきます。
逆位置での意味は「わがまま」「気分屋」「優柔不断」「未熟」「裏切り」などになります。
感情面が安定させられないほど、燃えたぎってしまうような状態が続きそう。
行動力は正位置と同様に素晴らしいものですが、それが裏目に出てしまったり、場を良くしようと思うが故にお節介になってしまったり、人を傷つけてしまいそう。
判断基準として「自分より他者への影響」を軸にして考えるクセをつけましょう。
人との距離ができる前に、行おうとしている行動が本当に良いもの出るのか、独りよがりでないかチェックすると尚良しです。

猪突猛進のために、人を置き去りにしてはなりません。
野心に滾ることは悪いことではありません。
ただ、将来に向けて今の行動が未来に反映されることを忘れずに過ごしていきましょう。

【恋愛】相手の気持ちの悩みで棒(ワンド)のペイジが出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は慎重になることです

真剣な交際を望む気持ちが強すぎて、何をするにも裏目に出てしまいそうなイメージがカードに出ています。知らず知らずのうちに悪い方向に向かう暗示でもあるので注意が必要です。怖がり過ぎず、一つ一つ点検しながら進んでいければ問題ありません。

急ぎ過ぎれば足元をすくわれるので、慎重さがこれまで以上に求められるでしょう。具体的にどのような方法で相手の気持ちに近づけるか、これから時間をかけて検討していくのが良いでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は噛みしめることです

いま置かれている状況・立場を改めてはっきりと理解しておくことの重要さが浮かび出ています。現状に甘えている心があるなら、早いうちに打破しなければなりません。悔しい思いは噛みしめて、新たな段階にステップアップしていくのです。

その足掛かりを築くためにも、相手の気持ちを充分理解して、何をされたら本当に嬉しいのか考えていくのです。恋人をどれだけ大事にできるか、今が腕の見せ所となっていることを忘れない様にしましょう。

【恋愛】片想いの悩みで棒(ワンド)のペイジが出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は満足度を上げることです

引きこもって何もできなくなってしまう可能性が示唆されています。今すぐにでも、相手の近くに行って楽しい時間を提供するよう努める必要があります。現状に甘んじて、片思いの状態を放っておいてはいけません。

アクションを起こさないと、心はどんどん離れていってしまうのです。迅速な対応の重要性がカードから示されており、急を要することだと自覚しなければだめです。満足度を高めて、相手を喜ばせてあげるのが先決となります。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は決意を固めることです

強い意思を持って諦めることなく最後まで気持ちを貫き通す必要性が表されています。毅然とした態度で思いを伝えると、良い結果が生み出せるでしょう。自分の気持ちに正直になって、ストレートにアプローチしていくのです。

回りくどい表現を使ってしまうと、たちまち関係は険悪になります。日頃から続けてきたコミュニケーションから一歩進んで、積極的に迫っていくと功を奏します。新しいステージに辿り着ける可能性が高まっているのです。

【恋愛】復縁の悩みで棒(ワンド)のペイジが出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は頼ることです

自分だけの力で成し遂げようという思いが極端に出過ぎて、良くない結果を生み出す暗示が出ています。ほどほどのところで止めておき、誰か信頼できる人からアドバイスを受けることも大切です。

一対一の問題ではあるものの、復縁に向けては緩衝材的な役割を果たしてくれる第三者の介入が、欠かすことのできない要素となります。時間をかけて、一つ一つこれまでの課題を解決していくことが、将来に結びついていくとカードから読み取れるのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策はとにかく行動を起こすこと

より輝ける自分になるための、自己表現を続けていく姿勢が重要であるという、具体的なイメージがカードから読み解くことが可能です。打算的な取り組みではなく、復縁を企図して有効なアプローチの方法を検討する意識を持たなければいけません。

行動しないと何も動き出さないという点を、しっかりと肝に銘じて努力するのです。ありきたりな言葉ではなく、相手の心に響くメッセージを伝え続けていく重要性が強く示されているのです。

仕事の悩みで棒(ワンド)のペイジが出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は若者を信頼する

棒(ワンド)のペイジは、若い男性を示す場合が多く、正位置の場合、信頼できる相手と思って良いでしょう。この若者は、頭がよく会話が魅力的でしょう。ちょっと落ち着きがないかもしれませんが、それは頭の回転の速さのあらわれです。

何かを任せようと思っているのなら、間違いありません。また、遠方から訪れる若い人たちから、驚くような情報が得られるかもしれません。なお、このカードは、旅行に出る前に良くあらわれますが、正位置の場合、とても順調な旅になるでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は若者は信用しない

棒(ワンド)のペイジが逆位置の場合、このカードが指す若い人物は、問題が多いようです。この若い人物は、最初はやる気を見せても、三日坊主で終わるでしょう。また、決断力もなく、最悪の場合裏切る可能性さえあります。

この人物がかかわると、交渉ごとは延期になったり、もめごとが発生したりしそうです。とりあえず、思い当たる人物がいるのなら、大切な交渉事の席からは、外した方がよさそうです。

なお、もしも旅行を計画しているのなら、問題が起こりそうなので、延期にした方が無難でしょう。

合わせて読みたい