タロット

【タロット完全版】棒(ワンド)の10の意味とは?正位置・逆位置・悩み別解釈を解説!【小アルカナ】

ワンド(棒)の10はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

タロット4大元素「火」のワンドは《情熱》や《エネルギー》《活力》を司ります。
「火」は自ら力を発する事から「他者・周り」へと強い影響を与えるカードと言われています。
またワンド(棒・杖)は建物の礎や、柱といった最初に作られる重要な定めであるためタロットカードの読み解きにて「物事の始まり」「基礎」「原始的な力」という意味も兼ね備えています。
そして今回読み解く“10”の数字は「個人を超えた全体」を示すようになります。
スート(カードに描かれているマークのグループ)の力が個人、さらには他者や周りの環境・全体に影響していように変化させます。
ですのでワンドの力である、《情熱》や《エネルギー》《始まりの力》といった力たちが一瞬だけではなく自分自身の人生のような長期に渡り、周りへと影響を与えます。

ワンドの10の絵柄を見てみていきましょう。
10本のワンド(棒)を抱えた男性が、遠くに見える家に向かって懸命に歩いている様子が描かれています。
10本のワンドは背が高く大きく、抱えている男性の視界を奪っているため、男性は自分の目の前の視界を遮っている様子が描かれています。
さらに細かく読み解いていきましょう。
このシンボルでもある10本のワンドは「今、自分自身が抱えているもので精一杯」という状態を示し、前が見えない様子は「余裕がない様」を示します。
遠くに描かれている家は「目的地・ゴール」を意味します。
数多くのものを抱えている状態は「それでも前に向けて歩みを進めていこうとしている」様子や心情、「自分の力で成し遂げようとしている」気持ちを示唆するカードになります。

正位置の意味や対策は焦らずに「精一杯」からの脱出を

ワンドの10が正位置で出ると絵柄にある《前が見えない状態・余裕がない様》の力が強まり、「精一杯」「背負いすぎている」「困惑」「疲労」という意味を示すカードになります。
自分の使命を遂行しようとするあまり、無理を強いているかもしれません。
見えない疲労が蓄積していて、いつしか倒れてしまいかねないギリギリの状態であることを示唆するカードでもあります。

また、周囲の人が見ても、その苦労や疲労感は痛々しいほど伝わってくるので、誰かから助け舟や優しい労いの一言が差し出される出来事も起こるのも、このカードが正位置で出た時の特徴。
ですが、あまりにも精神的にも身体的にもいっぱいいっぱいになっているので、周りの優しさに気付けず、人からの助けやアドバイスを断ったり、不必要だと跳ね除けてしまうような言動に出てしまうこともあるでしょう。
そうなると、新たな敵を作ってしまったり、泥沼の状態から抜け出すのがまた難しくなってしまいかねません。
なので身の回りにある優しさに気づけるようにするため、心を穏やかにし、人からの手助けを有り難く受け取りましょう。
《潔く、有り難く、明るく受け取る》ことが大切です。
また、最後まで成し遂げようとする意志が強まっている状態なので、正しい取捨選択を心がけると軌道修正が行えて、ゴールへと進む力が速まっていきます。

逆位置の意味や対策は「断捨離」をして心身を軽くしましょう

ワンドの10が逆位置になると「挫折」「抱えきれない」「手放し」「中断」といった意味に変化をします。
正位置と意味合いは大きく変化しないのですが「最後まで成し遂げる」という力が弱まってしまいます。
その力を弱めているものが、今抱えている多くの物事です。
抱えている物事の中には、不必要なものも抱えている可能性が非常に高く、思考と行動の邪魔をしている状態を作っているのです。
ですので、断捨離を行うと今の状況を早々に脱出することができそうです。
身の回りの物質だけではなく、心の中にある悩み考える必要がないものも潔く捨てていくと良い結果へと楽に進んでいけます。

不必要なものを捨てていくと、本当に必要なものが近づいていきます。
不要なものを捨てることで、それらが燃料になりスートの「火」の力も強まり、これまでのリベンジも行えるようになっていきます。
思いもよらぬ所から手助けが得られるでしょう。
視野も広がっていくので、新しい選択肢が得られ、再スタートの切り口が増え、ここから先の道のりが力の抜けた余裕のある状態へと好転させることが可能です。
捨てることを恐れずに遠慮なく、断捨離をしていきましょう。

【恋愛】相手の気持ちの悩みで棒(ワンド)の10が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は落ち着くことです

止め処なく流れ込んでくる情報に気を取られて、大切なことを見失ってしまう暗示がされています。研ぎ澄まされた心をキープして、落ち着いた対応に専念することが重要です。

相手の思っていることの全てを理解するのは困難ですが、出来るだけ多くのことを知ろうと試みるのは悪くありません。それだけ関心が強いという理解が出来るのです。

真摯な態度で、失礼にならない程度のコミュニケーションを続けていけば距離感が詰まっていくはずです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は知ろうとすることです

研ぎ澄まされた心がはっきりと見えてくる暗示があります。かつて無かったほど、大きな変動の兆しが見えているのです。

そう遠くない未来に、相手から重大な告知があるかもしれません。どんな状況でもしっかりと受け止められるよう、心の準備をしておく必要があります。動揺してしまって、思うようなアプローチが出来ない可能性もありますが、出来るだけ耐えるのです。

正確に知ろうとする気持ちが、その後の命運を分けてくるでしょう。

【恋愛】片想いの悩みで棒(ワンド)の10が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は最後まで信じぬくことです

お互いの気持ちがそれほど遠くない未来に通じ合う暗示が出ています。これまでのプロセスを丁寧に振り返って、更に良いアプローチの手段は無いものか、検討をしていく姿勢が重要です。

過去を振り返りながらも、未来を見据えたコミュニケーションをとっていくと良い手錠。明るい兆しに満たされた時期でもあり、こりチャンスをモノにすることが大切なのです。相思相愛の関係になるための絶え間ない努力が、いつか必ず功を奏すでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は止めないことです

一度決めたことを曲げてしまいそうなイメージが示されています。初志貫徹の精神を持って、最期まで丁寧に想いを伝える努力が求められているのです。適当な所で止めてしまうと、片思いが成就することはありません。

様々なアプローチの仕方を試して、自分に適したものを選び抜く姿勢が肝心です。どんなものを相手が好み、何をされると嫌なのか誠心誠意理解するのです。こうした取り組みの必要性がくっきりカードから読み取れるのです。

【恋愛】復縁の悩みで棒(ワンド)の10が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は求めることです

取り戻せないと思っていたものを取り戻せる機運が出ています。このチャンスを最大限に活かして、これからの関係性に活路を見出すことが非常に大切な要件となっていきます。

復縁に向けて順調なプロセスを歩むことが可能なので、相手に対してもある程度の要求をしてみると良いでしょう。相手も復縁を願っている節が見受けられるため、希望の通り進められる可能性が高いのです。

互いに納得できる約束事を決めて復縁を実現していくことが重要です。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策はプライドを捨てることです

自尊心が邪魔をして、思うように進められなかったことを、一気に進展させられる機運が高まっています。

自分のプライドを捨てて、一からやり直すことがポイントとなってくるのです。駄目で元々という考え方に転換して、復縁に向けた働きかけを強めてみるのも良いでしょう。

新しい自分になるためのチャンスはしばらくの間続きそうなので、取り組みを深めていくタイミングとしてはベストです。虚構の心をさらけ出せば、警戒感を解すことにも繋がります。

仕事の悩みで棒(ワンド)の10が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は我欲を抑えることです

負担を抱えた状態を示唆します。カードは、たった一人の人が対応を任されているようにみえますが、他人からの悪意も、敵対している人間関係などがあるわけではありません。

「自分が自分が」という我欲の強さが、無理な事柄を自分で背負い込んでしまった状態を表しています。あなたが今、仕事のキャパシティを超えてた状態にあること、放棄するしかないくらいの精神的負担を感じ、苦難に悩んでいることを表します。

職場にいる大人数の人達を一人で統率。管理し、動かしていくには限界があるでしょう。やり方をかえる必要があり、場合によっては問題を放棄しなければならないことを告げています。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は丁寧に望むことです

取組んでいる仕事について、丁寧さを追求することが大切であると示されています。慣れてしまったことからくる、手抜きの部分を改善していかなければなりません。気持ちが入っていないと、ミスも起こりやすくなって良いことは一つもないのです。仕事への向き合い方をもう一度改めるタイミングが来ています。余計なプライドや、キャリアは一切考える必要はないので、今はただ素直な気持ちで仕事のありがたみを噛みしめておくことです。

合わせて読みたい