タロット

【タロット完全版】棒(ワンド)の6の意味とは?正位置・逆位置・悩み別解釈を解説!【小アルカナ】

ワンド(棒)の6はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

ワンドはタロット4大元素の「火」に属し、情熱・エネルギー・活力を司るスート(カードの絵柄)です。
ワンド自体が自ら力を発することから「自分から他者(周りの環境)」へと影響を与えるという意味も持ち、家を作るときに礎や、支えとなる柱になるので「物事の始まり」「基礎」「原始的な力」といった意味も持ちます。
そして数字の6は「他者(環境)と関わりながら自らを整える」という意味を持ちます。

絵柄ですが、白馬に乗り月桂樹の冠をつけた人物が、ワンド(棒)を手にする群衆の中を闊歩している様子が描かれています。
また、白馬に乗った人物が手にするワンドにも月桂樹(オリーブ)でできた輪飾りを掲げています。
詳しく読み解いていくと、「白馬に乗り、月桂樹の冠をつけ群衆の人々よりも目立っている状態」は、他者の力を借りたり、引立てをもらったりしながら「勝利や成功」を手にしている状態を示します。
自分を取り巻く周囲の存在や環境によって自らの方向性が決まっていく上、成功をもたらす場合もあるということを示唆するカードです。

正位置の意味や対策は「周りの人を大切に」することが重要です

ワンドの6が正位置で出現した場合「勝利」「成功」を意味し、「友情」「協力」が大切であることを示唆するカードになります。
何か成功した時や成功する前後に現れることが多いのがワンドの6の特徴でもあります。
その上、自分自身で成功を収めるのではなく、周りの人からの協力があって収められる成功というところがこのカードのポイントです。

そしてこのカードが出る前後は成功だけではなく、何か報酬や褒美を受け取る機会があるかもしれません。
そういった場面に出くわした時は、遠慮をせずにいただけるものは全て喜んで頂戴するようにしましょう。
何か騙されているのかもしれないと頭をよぎるかもしれませんが、ここはひとつ報酬や褒美を受け取っても問題ありません。
ただ、これ以上調子に乗らないように言動に気をつけることが大切です。
良い流れが訪れているのには間違いありませんので、周りの人や協力者に感謝をすることも大切にしましょう。

逆位置の意味や対策は「情報を厳選して入手する」と吉

逆位置になると「劣等感」「応援されない」「自信喪失」といった意味になり、周りの人の影響によるネガティブな要因が強く出てしまうようになっていきます。

このカードが出現した時期は、周りからの情報を遮断するのもひとつの手です。
インターネットやSNSを見る時は見るものを厳選してみるようにしましょう。
こういう時は特に「成功者からの情報」を積極的に手にするようにすると、目標達成への道をさらに開拓していけるようになります。
情報を見ていくと自分の劣等感が強まってしまうこともありますが、相手(情報)を選ぶことによって、その力を強めることができるのもこのカードの特徴です。
このカードが出たからといって何もしないのは勿体無いので、取り入れるべきものは積極的に取り入れていきましょう。

【恋愛】相手の気持ちの悩みで棒(ワンド)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は探ってみることです

かつてない程の大きな変化の兆しが示されています。人生を左右しかねない出来事が間近に迫っている可能性が高いのです。身の振り方を考える際に、行動を共にする相手の気持ちを確かめてみる姿勢が大切な要素となってくるでしょう。

単刀直入に聞き出すのではなく、少し遠回しに探っていくとトラブルにならずに済みます。迫りくる変化を、大きなチャンスと捉えて対応することが肝心です。周囲の人々と協力して立ち向かうことの重要性が暗示されています。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策はしっかり聞くことです

意中の相手から今までにないレスポンスを受ける可能性が示唆されています。チャンスとリスクが同居した状態が、しばらく続く暗示としても捉えられるので、冷静な見定めが求められるでしょう。意にそぐわない返答を受ける可能性もあります。

その時々の雰囲気に惑わされることなく、どうしても気になることは思い切って相手に聞いてみることが肝心です。しっかりと気持ちを聞き取って、自分なりの解釈に繋げる必要性が提示されています。

【恋愛】片想いの悩みで棒(ワンド)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策はじっと我慢することです

急ぐ気持ちが信じられないようなトラブルを生み出す、ネガティブな暗示が出ています。機が熟すまでは本音を打ち明けず、じっと我慢して待つことが重要です。急仕立てのアプローチが災いを読んで、周囲を巻き込んでいくイメージがはっきりと示されているのです。

いつか最良のタイミングが訪れるまで、しっかりと準備をしておけば大丈夫です。片思いがいつまでも続けて精神的に疲弊するリスクも抱えていますが、将来の見通しは明るくなっています。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は正確に伝えることです

思いの丈を正確に、はっきりと伝えることの重要性をカードから読み解くことが出来ます。自分だけが分かっていれば良いと思い込んでいる節が無いか、再点検しなければいけません。

相手と自分との間にある距離感や考え方の違いを意識して、どのように接すれば心地よく居られるのか見定めていくのです。さりげない気遣いが出来れば、より効果的に思いを伝えられます。

その際には、誤解を生まない様に留意するべきであることも具体的に示されているのです。

【恋愛】復縁の悩みで棒(ワンド)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は親身になることです

求めている理想と現実とのギャップに苦しむ暗示がくっきりと表されています。なかなか復縁に同意してくれない相手に対する苛立ちが募るばかりですが、こんな時は少し気持ちを静めてリラックスすることが必要です。

相手から復縁に向けた何らかの相談を受けた際には、親身になって対応するのが良いでしょう。今はまだ、そのタイミングではないのです。ベストな時期がくるまで、じっと我慢してしっかりと準備を進めておくことがポイントとなってきます。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は正直な姿勢です

間近に大きな感情の変化の予兆が迫っています。かつて感じたことの無いような焦燥感が押し寄せてくる暗示として捉えられるのです。離れていった相手への、複雑な気持ちが募っていき、悔しさが滲み出てしまっているのでしょう。

もう一度、何とか関係を修復して復縁に繋げたいと考えているのなら、チャンスは今です。焦燥感がこれ以上大きくなれば、適切な対応が困難になります。正直な姿勢を貫き、気持ちを寄せてもらうタイミングが来ている暗示が出ているのです。

仕事の悩みで棒(ワンド)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は調子にのらない事です

カードには、主導権を得たもた者が、他の者たちを統率している情景を示します。あなた自身が所属している職場の集団から頭一つ抜け出し、リーダーとして実力を発揮していく暗示です。

あなたは祭り上げられ、自信を得ることができますが、それは同時に他の人との格差が生じることを意味します。

一時的な支配権に舞い上がっていると、足元をすくわれるのは言うまでもありません。実際に力があることまでは保証されていないのですから。そのことに敏感にならなければ、苦しい展開を迎えることになるでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は無鉄砲にならないことです

正攻法で行動していくことの大切さがイメージされているので、あまり無鉄砲な行動は慎むのが良いでしょう。静かな環境に身を置いて、これからの方向性を再確認していく姿勢が求められています。

自分なりに無理のない方法を考えて、的確に進めていくことが大切なのです。未来に明るい兆しも見えていることから、アプローチの方法一つで、大きな転換点を迎えるチャンスかもしれません。無難でありながら、正確性の高い仕事を志向していきましょう。

合わせて読みたい