タロット

棒(ワンド)の4の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

ワンド(棒・杖)の4はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

ワンドはタロット4大元素のうち「火」に属し、情熱・エネルギー・活力を司ります。
自ら力を発することから「自分から他者(周りの環境)」へと影響を与えるという意味も持ちます。
またワンド(棒・杖)は家を作るときに礎や、支えとなる柱になることから「物事の始まり」「基礎」「原始的な力」も意味します。4は「平均」「安心」「安定」を意味します。

絵柄は飾り付けがされたワンドが線対称に4本立っており、その奥には男女が花束を持ち両手を上げて喜びながら迎え入れようとしている様子が伺えます。このワンドは門のようにも見て取れます。

門のように飾り付けがされたワンドは「祝福」や「喜び」を意味します。迎え入れようとしている男女は「自分自身を受け入れてくれる」「落ち着き」「安心」を示唆するものです。

正位置の意味や対策は「心身ともに穏やかに」過ごすと吉

正位置でワンドの4が出現した場合「安定」「落ち着く」「祝福」「喜ばしい状態」といった意味を持つカードになります。
今まで行ってきたこと、取り組んできたことが良い状態でひと段落する状態が目の前まで訪れている可能性があります。知らずのうちに良い方向でひと段落している場合もあるでしょう。

また、良い状態でのひと段落が一人っきりではなく複数名いる状態で訪れることも意味します。ですので、大きなお祝い事が到来するとみて大きな間違いはないでしょう。

そのためにも、気持ちを前向きに日々過ごしていくと良いでしょう。良い状態ではありますが、人に害を与えたり、陥れるようなことは控えましょう。
ちょっとしたことで、流れが変わってしまうので、心と毎日を穏やかに過ごしていきいましょう。

逆位置の意味や対策は「安心・安定」には変わりありません

ワンドの4が逆位置になると「なんとなく安定する」「気がついたら調和がとれている」といった大きな喜びがない状態での安定や安定が訪れることを意味するようになります。
行っている物事が落ち着くのですが、その落ち着き方が大きな喜びとともに訪れたり、大きな安心をえたの血の安定ではありません。
スーッと過ぎ去っていくような状態です。
安定をするのですが、その喜びを噛みしめるような状態ではないでしょう。
逆位置で出たとしても、大きな意味は変わらず「安定」「安心」のままなので、良いカードであることには変わりはありません。
複雑な状態のときには出現するカードではないので、引き続き安心をして目標達成へと歩みを進めていきましょう。

タロットカード・棒の4|意味(キーワード)まとめ

正位置の意味(キーワード) 安定 祝福 穏やか 調和 繁栄
逆位置の意味(キーワード) ささやかな安心 落ち着き 娯楽 余暇 受動的

タロットカード・棒の4|悩み別の解釈例まとめ

相手の気持ち 正位置 穏やかで調和のとれた状態にいることの暗示。
逆位置 受け身の姿勢でいることになりそう。
片思いの成就 正位置 上手くいくことになりそう。
逆位置 落ち着いて事に当たれば成就することになりそう。
仕事 正位置 安定と繁栄を得ることになりそう。
逆位置 余暇を楽しむ余裕を持つといいかも。
対策・アドバイス 正位置 今の気持ちを忘れずに。
逆位置 少し趣味を楽しんだりするのもいいかもしれない。

【恋愛】相手の気持ちの悩みで棒(ワンド)の4が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は偽りない会話です

打ち解けあった関係や雰囲気が前提となって、親密性が高まっていくことを痛感するような出来事の予兆が感じ取れます。何気ない普通の会話の中でも、邪な思考・ニュアンスが入ってこないよう気遣いをする必要性があります。

そのあたりを気付かれてしまうと、たちまち関係が険悪なものに変容してしまうでしょう。偽ることなく、本当の想いを伝え合うようにしていければ、更なる関係性の進展・進化を見るような暗示もされているのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は冷静に向き合うことです

舞い上がった気持ちのままコミュニケーションをとろうとして、墓穴を掘ってしまいそうなイメージが表れています。冷静さを第一に意識して、落ち着いた状態の中で相手の気持ちに想いを馳せていく姿勢が重視されるのです。

長期のスパンで素敵な関係性を構築するための、丁寧な向き合い方を志向すべきことが暗示されています。自分の希望と相手の希望にどのような相違点が存在しているか、手探りでも理解していくことがポイントと言えるのです。

【恋愛】片想いの悩みで棒(ワンド)の4が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は熱意を持つことです

カードは、良い結果を得ること、共に祝い、共に祝福することを意味します。また、安楽でスムーズな状態に置かれているあなたを表します。絵柄は、まるで遠景でフェスティバルでも催されているような風景であり、実りを喜び祝うことがみてとれます。

あなたが熱意をもって告白することで、相手から良い返事をもらうことができるでしょう。また、カードはまだこの先に進む道があっても不思議ではない状態を示してもいます。更なる繁栄や発展につながる可能性もあるでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は自分に嘘をついてはいけません

片想いの状態で満足している傾向があります。人の意見を聞きすぎたり、自分の気持ちを納得させるように言い訳をしている可能性もあります。相手のことを諦めるのは、しばらく難しいでしょう。

両想いになれる相手を探す気持ちに乏しく、今の状況に合わせて生きて行くことを考えています。本当に片想いのままで良いのか自分と向き合ってみる必要もあります。

すっきりしない日々が続き、他の方面でもヤル気が今一つ出ない状態です。そろそろ、けじめをつける時です。

【恋愛】復縁の悩みで棒(ワンド)の4が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は真剣になることです

中期スパンで恋慕の心が蘇ってくる明るいイメージが広がっています。これまで疎遠になっていた相手から、よりを戻したいという連絡が入る可能性があります。

あまり期待しすぎてもいけませんが、このチャンスをモノに出来るように準備しておくことが重要です。

真剣に向き合って、相手の心をしっかりと掴み取る姿勢が求められるのです。最初のアプローチに成功すれば、以前のような素敵な関係に戻れる暗示が鮮明に浮かび上がっています。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は頼み込むことです

なりふり構わず自分の希望を伝え続けることで、現状の打開に結びつくような暗示が見て取れます。感情を抑え込まずに、全て表出させてしまえば、さっぱりした気持ちで相手に向き合えるようになります。

閉じこもりがちな性格の場合には、タイミングを計りながら、思い切ったアプローチをしてみることです。ダメージを受けるリスクは十分承知した中で、復縁を頼み込むのも良いでしょう。躊躇いなく当たっていくことの有効性が示されているのです。

仕事の悩みで棒(ワンド)の4が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は自分自身の基盤づくり

棒(ワンド)の4が正位置で出た場合、平和や協調性などの意味があり、これからの発展のために、自分自身の心の拠り所を整え、安全と基礎を固めることを示しています。
近く家を購入することになるかもしれません。

または、家族とゆっくり休暇を楽しむ機会に恵まれるかもしれません。家族との絆を確かめ暖めあうことが、仕事への英気を養います。田園生活などもおすすめです。平和で穏やかな環境に身を置くことで、仕事への意欲が新たに生まれてきます。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は地道に頑張りましょう

棒(ワンド)の4が逆位置で出た場合、美しさを願う気持ちや、繁栄を祈る気持ちは良いのですが、装飾性に傾き過ぎている状況を示しています。単純に見栄が勝っている状態と言えるのかもしれません。

なにごとにも基礎は重要ですが、基礎と名のつくものに派手なものは少ないでしょう。たいていが地味で退屈な作業ばかりかもしれません。

でも、今は安全と基礎を固める時期です。身に余る買い物や仕事を受けおうのは危険です。いろいろと問題が付きまとう結果になるでしょう。

RELATED POST