タロット

ソード(剣)の6の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

ソード(剣)の6はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

ソードはタロット4大元素のうち「風」に属し、知性・思考・信念・決意を司ります。
戦いに使われるソードは、試練に立ち向かい成功を収めることの象徴でもあります。
6は「他者(環境)と関わりながら自らを整える」という意味です。

絵柄は不安そうに身体を丸めた親子が船頭率いる船に乗っているものです。
船は遠くに島々が見える海に浮かんでいます。その船には6本ソードが刺さっています。

自らの力で歩むのではなく船頭に行先を委ねている様子、不安そうな親子の様子から「不安ながら進もうとしている」「他者との共存」「落ち着き」を表しています。

正位置の意味や対策は「焦らずじっくりと」がポイント

正位置では「ゆっくりと状況が好転している」ことを意味します。
現在、はっきりとした変化に乏しいかも知れません。
しかしながら、現在の歩みは良好であると言えるでしょう。
ゆっくりではあるが状況は好転しています。
目に見える変化がなかったとしても、今進んでいる道は良いものです。
焦らずじっくりと成功へと進みつつ、あまりにも困難だと感じることから身を引くのも良さそうです。

また、物事をスムーズに進めてくれるキーマンの出現を示唆するカードでもあります。
すでにキーマンが現れている可能性もあるので、ポジティブな発言をしてくれる方がいたら落ち着いて話を聞いてみると良いです。

逆位置の意味や対策は「冷静に他者との共存」を大切にしましょう

ソードの6が逆位置で出る方は、「人間関係の停滞」「スムーズに物事が進んでいないこと」が多いです。
感情的になってしまい、人間関係や状況を壊してしまう可能性があります。
また、カッとなってしまい、冷静な判断ができなくなってしまうこともありそうです。
理想を求めるあまり、自ら問題を引き寄せてしまう可能性も出てきます。

状況を良好に努めるために、改めて周りの方との意思疎通がしっかりとできているか確認をすると良いです。
冷静さに欠くことが多くなるので、大きな決断は今しない方が良さそうです。

思うように状況が好転していかなかったとしても「今はこういう時期だ」と割り切ることも吉です。決断ではなく、今ある現状の緩和に努めていくと良いでしょう。
そのためにも第一に「人間関係の改善」「自分自身の感情のコントロール」に着手するよう心がけると目標達成に向けてのスピードが上がっていきます。

【恋愛】相手の気持ちの悩みでソード(剣)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は別の道筋を探す。

互いの行く末を考え直した方がいいと、彼は思っています。付き合いたての時期のピュアな感情はもう消えたと察しています。この先、明るい予測はないと感じているようです。あなたには別の人を選んでほしいという気持ちでいます。

今の状態に落胆しているし、もう諦めて、そして放そうとしています。あなたも、そんな彼の変化した気持ちに気づいているはずです。双方の状況を理解し、それぞれの人生を歩むため、もう別の道筋を探すほうがいいでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は時が過ぎるのを待つことです

次々と困難が押し寄せてきて、自己のキャパシティーでは収集がつかなくなる予兆があります。四苦八苦しながら立ち向かおうとしても無理は続かず、良い結果には結び付けられません。時間が全てを解決してくれると信じて、しばらく静かに待つことが大切です。

相手の気持ちに合わせて感情的にならぬよう、動かぬ心を堅持しましょう。何気ない一言が相手を傷つけるリスクを持っています。穏やかな気持ちで過ごすことに専念するのが吉です。

【恋愛】片想いの悩みでソード(剣)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は慎重に関わっていくことです

急ごしらえの関係が、あっという間に崩れていく暗示が出ています。表向き良い顔をしていても、相手は本質を見抜いているはずです。急仕立てのアプローチ方法には無理があり、すぐにボロが出てしまうでしょう。

時間をかけてゆっくりと、相手に自分の思いを届けられるように工夫しなければなりません。ありきたりの言葉では心に響かないため、少し凝った告白の仕方も検討してみると良いでしょう。慎重かつ丁寧に告白できるように対応するべきです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は立ち向かうことです

急激な状況・状態の変化の予兆で出ており、早い時点での対応が望まれます。今まで尻込みしていて伝えきれていなかった本当の気持ちを、今こそきちんと届けなければいけません。待っていても片思いが報われることはなく、誰かに獲られてとまう可能性すらあるのです。

立ち向かっていく心の強さが、良い結果を生み出します。失敗を怖がらないで、自分一人で思いを伝えましょう。その上で、関係性の変化にも丁寧に向き合う姿勢が大事です。

タロットカード・剣の6|意味(キーワード)まとめ

正位置の意味(キーワード) 状況の緩やかな好転 助言者の出現 想定外の展開 過渡期 移行期
逆位置の意味(キーワード) 人間関係の停滞 タスクの遅延 冷静さの欠如 膠着状態 プラン変更

タロットカード・剣の6|悩み別の解釈例まとめ

相手の気持ち 正位置 いい方向へ緩やかに向かっている
逆位置 冷静さに欠けている可能性あり。
片思いの成就 正位置 助言者も現れ、徐々に好転していく。
逆位置 計画を見直す必要あり。膠着状態になってしまうかも。
仕事 正位置 想定外の展開になるかも。状況は好転していく。
逆位置 仕事が停滞し、遅延してしまうかも。
対策・アドバイス 正位置 どんな状況になろうとも受け入れるように。
逆位置 一旦落ち着いて、柔軟に行動してみましょう。

【恋愛】復縁の悩みでソード(剣)の6が出てきたときの意味とは?

ソード(剣)の6が正位置で出た時の意味や未来の結果は、悪い状態から、やっと抜け出していくことを意味します。又、対策としては、見方を変えること。

現在の状況は、やっと問題が無くなり、良い方向へ向かいつつあることを表します。長い間、復縁は難しいと思われましたが、相手の気持ちにも変化が表れ、自分と同じ考え方をしたり、理解し合える相手は、前に付き合っていた人なのではないかと思い始めます。

そして徐々に、運命の人は、これから現れる人ではなく、過去に同じ経験を分かち合ったパートナーだと再認識するのです。又、二人がやり直すためにも、新しい環境に身を置くことが必要であることも表します。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は粘り通すことです

安易に諦めてしまうと大きな後悔に苛まれることが示されています。持ち前の粘り腰を発揮して、少しでも相手の気持ちが自分の方に向いてくるようにアプローチしてみましょう。思い通りの返事がもらえなくても、復縁への一歩が踏み出せるように努力を続けていくのです。完全に関係が切れてしまわないように、気持ちを繋ぎとめていく必要があります。終わってしまった恋を、再び燃え上がらせる下準備の段階だと言い聞かせて一つ一つ組み立てていきましょう。

仕事の悩みでソード(剣)の6が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は心配しすぎない事

ソードの6が正常置で出たときは進展や前進を表します。仕事では環境の変化や発想の転換をすることで更に良い方向に進みます。周りのサポートもあり仕事はとても良い方向に向かっていきます。

あまり心配しすぎず周りとのコミュニケーションを取りながら仕事に励むことで大きな成功を得ることができます。さらにソードの6には転職や転勤の意味もあります。もし転職を考えているならば良い時期と言えるので思い切って転職してみて下さい。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は今までと違う事をする

ソードの6が逆位置で出た時は行き詰まりや焦りを意味します。仕事で行き詰まったり上手くいかない時期です。さらには職場での人間関係に悩んでいるなんてこともあるかもしれません。そんな時は思い切って今までのやり方を変えることで仕事が良い方向へ向かいます。

例えば今までとは違う人に仕事の相談をしたり業務のやり方を変えてみるのも良いかもしれません。そうすることで行き詰まっていた仕事が動き出し職場での人間関係も良い方向に向かうでしょう。

あまり上手くいかないときは転職を考えるのも一つです。冷静に判断した転職なら決して失敗はしません。

RELATED POST