タロット

ソード(剣)の3の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

ソード(剣)の3はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

ソードはタロット4大元素のうち「風」に属し、知性・思考・信念・決意を司ります。
戦いに使われるソードは、試練に立ち向かい成功を収めることの象徴でもあります。
3は選択肢を選び、一歩進んだ状態・これから繁栄していく状態を示します。

しかし、このソードの3は他の絵柄の3とは示唆する内容が大きく変わります。
カードの絵柄は大きなハートに3つの剣が突き刺さっていて、灰色の空に大きな雲がかかり、雨が降っているものです。
この絵柄は物事と真摯に向き合った結果得た「傷」「喪失」「悲しみ」を意味します。
3という数字はポジティブな意味を持ちますが、このカードは出現する位置(正位置・逆位置)によって意味が大きく変化をすることもポイントです。

正位置の意味や対策は「乗り越える力・カバー力」がポイント

ソードの3が正位置で出た場合、何かしらの出来事や相手からの発言によって「傷ついている状態」、「大切なもの」を失ったり、目標のために「傷つくこと」を示唆します。
また今まで得たトラウマが浮き彫りになる出来事も起こることがあるかもしれません。
こういった出来事を回避し、状況を良い流れに向かわせるためにも、精神的なダメージ癒し、乗り越えていくことが大切です。

うまくトラウマを癒し、今までに受けたダメージをカバーすることができるのであれば、傷も浅く済みます。
そのためにも自分自身と向き合う時間を設けることが大切です。
すると傷を浅くするための防御力が備わり、同時に状況を好転させるための力も備わっていきます。
また、ふとした発言から仲間を失ったり、周りから反感を買う出来事が起こる可能性もあります。
今以上に敵を増やさないためにも、自己中心的な考えや発言は控えるように努めましょう。
細やかな気配りができるのであれば、ダメージが少ないだけではなく、味方が増えていくので思うように物事が進んでいきます。

逆位置の意味や対策は「将来のためにできることを尽くす」ことが重要

ソードの3が逆位置で出た場合、「悲しみ・傷からの解放」を意味します。
今までの関係や状況に終止符をつけることで、新しい可能性が生まれることを示唆するカードでもあります。
つまり、ここから状況が未来のために好転していく可能性が高いことを示唆するカードなのです。
時に、過去の記憶やトラウマが頭をよぎることがあるかもしれません。
ですが、それも神様からの試練の一つ。
自分自身の中で不要だと思うものを捨てることも成功には欠かせません。
断捨離をするのも効果的です。
「自分は未来に向かって進んでいく」という意志をしっかりと持ち、新しい状況を楽しんでいきましょう。

【恋愛】相手の気持ちの悩みでソード(剣)の3が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は様子を見ることです

ソード(剣)の3が正位置で出た場合は、相手の気持ちを反した行動をとってしまうリスクが示されていることから、安易な言動に注意しなければなりません。これまでの行いが悪い形で表に出てしまいそうです。

憶測だけで気持ちを判断しようとすると、反感を買ってしまいかねません。第三者的な目線で、現状を俯瞰してみる姿勢が強く求められるのです。薄々感づかれている自分の思いが、相手と通じ合っているか冷静に確かめていくのが良いでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は真摯に向き合うことです

安心して普段通りの日々を送れる状態が示されており、素直な気持ちで過ごすことが大切だと暗示されています。移り気な相手の気持ちに振り回されてしまう可能性もありますが、相手云々ではなく、真摯な態度で向き合っていく覚悟が必要です。

惰性で付き合っていても、心から満たされることはありません。ありきたりな日常に中でも、常に真剣な態度でいると良い方向に向かっていきます。落ち着ける関係性に胡坐をかいていてはいけないのです。

【恋愛】片想いの悩みでソード(剣)の3が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は少し距離を置いてみることです

無理して進んでいくとリスクを背負い込んでしまう暗示が出ています。自分の気持ちに正直になりすぎて、周りが見えなくなっていないか見つめなおしてみることが大切です。片思いをしている相手のことを考えすぎて、他のことが手につかなくなっていたら要注意です。

まだ実っていない片思いが、その後確実に進展していくと思い込んでしまっているかもしれません。一時的にでも距離を置いて、今後とるべき行動をしっかり検討しましょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は保守的な選択をすることです

今はまだ積極的なアプローチをする時期ではありません。相手の出方や心の動きを細かく察知しながら、告白のタイミングを見極めていくのが良いでしょう。無理をしてコミュニケーションをとろうとしても、かえって煙たがられてしまいます。

自然体で、これまでの関係を維持しておくことが無難です。徐々に意中の相手から接近してくる機会も増えてきます。片思いの状態を続けて、お互いの思いが通じ合う瞬間が訪れることを気長に待つのが良いでしょう。

タロットカード・剣の3|意味(キーワード)まとめ

正位置の意味(キーワード) 傷心 目標達成のための犠牲 不和 不可避の別れ 涙
逆位置の意味(キーワード) 悲しみからの解放 状況改善 新たな可能性が生まれる 根気が必要 試練の先の光明

タロットカード・剣の3|悩み別の解釈例まとめ

相手の気持ち 正位置 恋愛対象にはなっていない
逆位置 新たな感情が生まれ始めているところ
片思いの成就 正位置 上手くいかないかもしれない。犠牲を伴うことも。
逆位置 状況が改善されるかもしれない。根気が必要。
仕事 正位置 犠牲を払わないと達成できないかも。
逆位置 状況が好転するかも。根気よく続けることが大切。
対策・アドバイス 正位置 悲しみは一時のもの、耐えることが大切。
逆位置 試練があったとしても、そのうち光の光明が見えてくる。

【恋愛】復縁の悩みでソード(剣)の3が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は本音で踏み込むことです

疑問や不信感の象徴であるソードが、行く手を阻む疑心暗鬼の心を映し出しています。関係を断ち切りたい思いと、復縁の可能性を模索したい本音が見え隠れてしているのです。自分一人で悶々としていても埒があきません。

当事者の相手と真剣に話し合う時間をセッティングすることが求められます。本音でぶつかり合い、復縁の糸口を見つけるきっかけになるかもしれません。良くも悪くも、本心を伝え合うことではっきりとした結果が得られるでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は平常心をとり戻しましょう

現実を受け入れられない状態です。なかなか復縁ができないことで、頭の中が混乱し、冷静になることができません。時に妄想にとりつかれたり、他人の幸せを妬むこともあります。今のままでは復縁は難しいでしょう。

復縁をあきらめることは簡単ではありませんが、このままでは益々混乱していくだけです。相手に裏切られたことを受け入れ、この復縁は無理であることを認めましょう。この苦しみから解き放たれるためにも、早く正常心を取り戻しましょう。

仕事の悩みでソード(剣)の3が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策はポジティブになることです

剣の3が正位置で出たときは人間関係や仕事などで失敗して傷つくことを予知しています。しかし前向きな気持ちがあれば乗り越えられます。仕事で失敗はつきものです。

仕事での失敗を未然に防げるよう注意を払ったり失敗しても素早く対応することで今までより更に自分自身のスキルアップができるでしょう。

大切なのは途中で諦めたりやる気を無くさないことです。常に積極的に前向きに行動することで仕事での失敗を回避することが出来ます。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は逆境を乗り越えるという強い意志を持つことです

ソードの3が逆位置で出た時は仕事での大きな失敗が起きることを予知しています。自分で判断するような仕事、例えば投資や転職など今後への影響力の大きい判断は避けた方が良さそうです。

しかし一生懸命仕事に取り組み自分から行動することで失敗が起きるような悪い気を断ち切ることができます。今、仕事を頑張ることで今後の成功へと繋がっていきます。

失敗を恐れずこの悪い時期を乗り越えるんだと思う強い気持ちで仕事に邁進することで素敵な未来が見え仕事の運気も上昇するでしょう。

合わせて読みたい