タロット

棒(ワンド)の9の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

ワンド(棒)の9はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

ワンドはタロット4大元素「火」に属しており、主に《情熱》《エネルギー》《活力》を司るカードです。
4大要素が「火」であり、棒や杖は燃えると力を放ち周りに影響を与えることから「自分から他者(周りの環境)へと影響を与える力」も備えています。
またワンド(棒・杖)は家を作るときの基礎や柱として使われることから「物事の始まり」「基礎」「原始的な力」という意味も持ちます。
今回読み解く数字「9」は「スート(タロットカードのグループ今回はワンドがスートに該当します)の力が最大限に発揮される力」があり《完成直前》の状態を意味します。

絵柄の様子を見てみると、頭に包帯を巻き、怪我をしている男がワンド(棒)を1本持ちながら、自分の周囲を警戒している様子が描かれています。
男の後ろ側に8本のワンドが建っていて、男自身を守るために建てられている状態です。
この怪我をした男は「失敗・苦難を乗り越えてきた」ことを意味し、警戒をしている様子は「次に訪れる出来事に対して警戒をしている」ことを意味します。
男の後ろにそびえ立つ8本のワンドは「準備が整っている」ことを意味します。
行動をするのではなく《待つこと・準備を整えること》で「新たな道へと進み未来を切り拓くことができる」と教えを説いてくれるカードがワンドの9です。

正位置の意味や対策は「安心して待つ」と吉

ワンドの9が正位置で出現した場合「受け身」「警戒」「満身創痍」といった意味に読み解くことができます。
また、9の数字が持つ「スートの力が最大限に強まる」力により、ワンドの「自分から他者に与える影響力」が強まりすぎて《主導権が相手にあり、動こうにも動けない》状態を意味することもあります。
一見ワンドの9が悪い意味を持つカードだと感じるかもしれませんが、これまで自分自身が戦ってきた結果を示すカードでもあります。
ですので、今までの積み重ねが功を成し、周囲へと良い影響をもたらし、気づかない間に周りが良い流れを作っている状態を持続させているのも事実です。
直接的な他者への影響だけではなく、これまで積み重ねが、今の自分自身の盾になっている状態を築いていると教えてくれているのです。

つまり、あとは「果報は寝て待て」「じっと結果を待つだけ、今は動かずに待っていて良い」ということを示唆するカードなので、安心をして待っているのが得策です。
過去の経験がこれからの未来に活かせることも意味します。
自分自身の意志をしっかりと持ち、安心をして待ちましょう。

逆位置の意味や対策は「恐れずに行動」することが大切

逆位置になると「警戒しすぎる」「待ちすぎ」「体調不良」「頑固」といった意味に変化をします。
正位置で出現をした「果報は寝て待て」「じっと結果を待つだけ、今は動かずに待っていて良い」という意味が逆転するからです。
ですので、「警戒心を解いて、動き出しましょう」「諦めずに進みましょう」という意味になります。
過去の問題の再発を恐れている場合は、再発防止のための意志を確固たるものにすることが重要。そうした上で、これからの方向性や方針を定めるようにすると良いです。
ただし、心身の状態が優れない場合、無理をして動くのは良くありません。
本来の自分自身の力が発揮されず、空回りしてしまうからです。
その場合は、しっかりと傷を癒し、休息を取ってから焦らずに行動をとるようにしましょう。

タロットカード・棒の9|意味(キーワード)まとめ

正位置の意味(キーワード) 受け身な姿勢 警戒 果報は寝て待て 備蓄 下準備の時
逆位置の意味(キーワード) 過剰な慎重さ 過剰な警戒 がむしゃら 前進の好機 発想の転換

タロットカード・棒の9|悩み別の解釈例まとめ

相手の気持ち 正位置 受け身な姿勢でいることの暗示。
逆位置 少し過剰に警戒していることの暗示。
片思いの成就 正位置 今はしっかり準備をする時期になりそう。
逆位置 前進する好機到来。がむしゃらに行動するといいかも。
仕事 正位置 下準備をしっかりすることになりそう。
逆位置 発想の転換を迫られることになりそう。
対策・アドバイス 正位置 焦らずじっくりと好機到来を待つ。
逆位置 もう少し軽い気持ちで行動してみる。

【恋愛】相手の気持ちの悩みで棒(ワンド)の9が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策はタイミングを確認することです

じっくりと腰を据えて待つことの大切さが示されていることから、今は妙な動きを見せない方が無難です。これから先に、相手の気持ちが大きく揺さぶられるような事態が発生するかもしれません。

その時に、自分がどのように立ち回れば良いのか、慎重に考えてみるのです。よりよいプロセスで迫っていくことが出来れば、相手の気持ちを掴めます。その可能性を高めるためにも、今後タイミングの見定めがとても大切な鍵となってくるのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は辛抱強く待つこと

棒(ワンド)の9が逆位置で出た時には、行動するタイミングを逃してにっちもさっちもいかない状態です。過去の痛みが強すぎて動けない。何事にも妥協して先に進めなくなっています。相手の気持ちには動く気配が感じられません。

何かが原因で行動したくないという思いがあります。未来の結果は、しばらく一進一退の攻防が続きます。両者が互いに尊重し合えば解決の道が見つかるでしょう。

柔軟性を持ち、辛抱強く待つことです。自分の意見を通すことばかり考えず相手を尊重することも必要です。

【恋愛】片想いの悩みで棒(ワンド)の9が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は継続することです

途中であきらめることなく、最期まで同じ姿勢で努力していくことの重要性を示しています。今まで膠着状態にあった片思いも、いつか必ず進展していくタイミングが訪れます。その時が来るまで、ひたすら今の努力を貫いていくことが求められています。

気持ちが折れてしまったら、その時点でお仕舞なのです。修正点を見つけながら、片思いをしている自分の心の声に耳を傾けつつも、しっかりと思い続けていくことが良い結果を生み出すでしょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は調べていくことです

あまり詳しい知識がないのに、相手のことを知ったような口ぶりになっていないか、自分の行いを顧みることの大切さをカードが示しています。いかに自分を良く見せようか、という部分だけに意識が集中して、本質的な人間性を見失っている可能性があるのです。

その状態では、いつか愛想を尽かされてしまうことでしょう。早いうちに手を打って、無知な部分を補うように調べる癖をつけるのです。小さな努力が必ず実を結ぶと信じていったほうが良い、そんな暗示が出ています。

【恋愛】復縁の悩みで棒(ワンド)の9が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は信頼することです

本質的な優しさを追求する姿勢がとても強く示されているカードなので、心から相手を思い慕い続けることが重要なポイントとなってきます。何らかの事情で離れていた相手との関係を、もう一度元に戻したいと、強く願いながら対応するのです。

一方的な感情表現にならないよう気を付けながら、これまでの言動を一つ一つ振り返ってみるのが良いでしょう。信頼感を生み出すための具体的アプローチを志向することが、復縁への手がかりとなります。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は油断してはいけません

ピンチなのに自分がその状態に気づいていません。このままでは、大混乱をしてしまう恐れが出てきます。復縁が出来ると思っていますが、中々進展しない気配があります。少し楽観的な考え方を持っているかもしれませんが、現実は厳しいものになる可能性が強いです。

又、少々準備不足だったかも知れません。復縁するには相手に合わせた行動も必要になるでしょう。現状をしっかり把握し、これから何が一番大事なのか、優先事項を決めて行動することが大切です。

仕事の悩みで棒(ワンド)の9が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は諦めない心を持つことです

カードの人物は傷を負い、劣勢下に置かれています。即ちハンディを背負っていることを示し、あなたが仕事面で今、不利な状況に置かれていることを表します。自分の立場でやれるだけのことをやり尽くしましたが、もうお手上げ状態にあるのでしょう。

ですが、カードの人物を見ると、この状況にあっても降参しないぞ、という頑な内面もみてとれます。行き止まりまで追い詰められても屈しない精神力の必要性、障害を理由に妥協してはいけないことも示しています。

まだ完全な敗北ではありません。周囲の出方を見ながら、準備を整えておきましょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は上手くいかない時も諦めないことです

タロットで逆位置の棒の9が出た時の仕事運はあまり良い状況が続かない事を暗示しているので仕事が自体があまり上手くいかなくても前向きに考えるの大事になってきます。

またいくらがんばっても上手くいかずに挫折しそうになるくらい酷い状況ですがそのがんばりを無駄とは思わすに今はこういう時だと思って割り切るのが大事です。

そういう時には最悪の状況を招かないように対策を立てておくのが一番です。今は未来のために踏ん張る時なのでより良い未来のために仕事をすべきです。

RELATED POST