タロット

太陽の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

[タロット]太陽の基本的な意味・読み方や解釈とは?[大アルカナ]

太陽のタロットカードには、直感やパワー、成功、願望成就、物事の前進、スタミナ、強力な味方が現れるなどの意味が込められています。

太陽のタロットカードには、直線と曲線が放射線状に描かれた大きな太陽、赤い旗、ひまわり、高い壁、子供、白馬が描かれています。

丸く大きな太陽は、直線と曲線が放射線状に描かれ、太陽の恩恵、力強いパワーや生命の誕生、創造性を表しています。ひまわりの花の下の高い壁は、楽しく能動的に動くと、簡単に壁を突破する事を意味します。

大きく赤い旗を持ち、微笑む子供は「童心に帰り、純粋な気持ちの自分の本音に素直になって前進していく」という意味を持ちます。

基本的に、このカードは良い意味を持っていると捉えて良いです。幸福や成功、力強く前進していく事や、内なる声を信じる大切さを表すカードといえます。

太陽が正位置の時の意味はバイタリティと成功

太陽のカードが正位置の場合は、夜が明けて、ポジティブな変化が訪れる意味も表します。取り組んでいる事は順風満帆になっていく事でしょう。

直感の意味を持つので、内なる声を信じることで、ずっと胸に秘めていた夢を実現出来るなど、様々な物事が順調に運んでいく事でしょう。

出会い運にも恵まれているので、恋愛面では、良きパートナーや結婚相手に恵まれやすくなります。仲違いは第三者を介すると、良い関係へと発展しやすいでしょう。

新たな目標を立てるのに最適な時期となり、行動を起こすのに良い時期です。叶えられた目標はそこで終わりではなく、また次の目標を決め、さらに前進していく最適な時期でしょう。

内なる声を信じることにより、好調な流れにうまく乗る事が出来て、さらに幸福に恵まれやすいので、変化によってもたらされた恩恵を楽しむことが出来るでしょう。

太陽が逆位置の時の意味は精神面や身体面の疲れ

太陽のカードの逆位置の時の意味は、スタミナ不足、頑張りすぎ、孤立、中止、マイナスな感情などがあります。

スタミナ不足というのは、目標に集中しやすくなり、かえって頑張りすぎてしまう事もあるという意味を表しています。笑顔を取り戻す事の必要性を表しています。

仕事面では、義務感から自分自身を解放する必要性を表しています。肩の力を抜いて仕事に臨むと、負のサイクルを断ち切ることが出来るでしょう。

マイナスの感情により、中止や、行き詰まりなどの出来事が起こることがあります。マイナスな感情を解放していくことで、ポジティブな変化が起こるでしょう。

太陽のカードが逆位置でも、全体的にあなたに癒しと希望をもたらすカードで、周りへの感謝や、心から楽しむ事を心がける事で好転していくという意味が込められています。

≪恋愛≫相手の気持ちが知りたい時に太陽が出た時の意味

太陽のタロットカードの正位置は、主に相思相愛や、好感度を表しています。目標達成と成功を表すことから、片思いの人は相思相愛と発展していくでしょう。

目標達成も意味するので、待っていたことの結果がやってくる運気にも恵まれています。交際中の人には相手からプロポーズをされる運気に恵まれています。

誠実さや信頼関係の意味も表すことから、相手はお互いに信頼関係を築けていると感じているでしょう。「何でも話せる人」「ユニークで明るい」と思われているでしょう。

恋愛における太陽のタロットカードが逆位置は、仲違いや相手への不満も意味していますが、気持ちを切り替えることで、やり直しのチャンスを恵んでくれるでしょう。

また、純粋さや、自由度の高さが裏目に出てしまい、わがままになってしまう事があります。次のステップに向かう成長していく時期が来ているという事も表しているカードなのです。

太陽が正位置の時の意味は相手から好感を持たれている

太陽のカードの正位置の時は、相手の気持ちは基本的に相思相愛を表しています。相手からは「好みのタイプ」「好きな外見」と思われている事を表しています。

また、相手の気持ちは、「好みの外見」または「良い人だ」という気持ちを持っており、結果的には好感を持たれていると捉えて良いでしょう。
明るい意味合いを持つカードでもあるので、純粋、ユニーク、無邪気な面に惹かれている事も表します。

愛情運に恵まれている意味を守るカードでもあるので、相手は「もっと仲良くなりたい」「親密になりたい」と感じている事も表します。

協力者にも恵まれており、ふとした出来事や、第三者がきっかけで仲良くなれる可能性があるという事も表しています。

太陽が逆位置の時の意味はまだお互いをよく知らない状態

太陽のカードの逆位置の時は、相手からは「不満や不安を抱かれている」または「相性が合わない」と思われていることを表しています。

本来、太陽のカードは、目標達成や成功、信頼、好感などの意味を持ちますが、逆位置は、不安、精神を意味します。

相手は、まだ「お互いをよく知らない状態」であると感じている事も意味します。太陽のカードは、精神面も意味するので「信頼関係がまだ築けていない」状態を表しています。

相手はまだ心を閉ざしている状態とも表しています。不安を意味するカードであることから、相手からは「二人の関係は、なんとなくうまくいかないかもしれない」と漠然と不安に思われている事も意味しています。

相手の不安な気持ちから、二人の関係がなかなか進展しないという事も表しています。積極性も意味するので、さまざまな不安からなかなか積極的になれない事を表しています。

好感度を意味する太陽のカードの逆位置では、相手からは「好みではない」「興味が持てない」と思われている事も意味します。まだ相手の気持ちは「悪い人ではないけれど」という段階である事を表しています。

≪恋愛≫片思いの未来が知りたい時に太陽が出た時の意味

太陽のカードの正位置の時は、主に進展や明るい未来といった意味があります。愛情運も絶好調で、デートのお誘いが相手からあるなど嬉しい展開がある事を表しています。

片思いの人は、相手からも好感を持たれており、交際がスタートしていくという展開があるでしょう。ポジティブで常に笑顔を絶やさない事で、困難や障害をともに困難を切り抜けられるでしょう。

成長も意味するので、お互いが信頼関係を築けることが出来、リスペクトし合える関係となる事も表しています。

太陽が正位置の時の意味は順調に二人の関係が発展していく

太陽のカードが正位置の時は、二人の展開が順調に進み、交際がスタートしていく事を表します。主に、幸福感、想いの成就、純粋の意味を表すので、愛情面での願いがすべて叶う運勢に恵まれています。

交際面では、純粋、誠実という意味があり、相手が純粋な人である事を表しています。相手は、鈍感な一面もあるので、愛情表現はかえって大げさにしていく事で、暖かな愛情を育むことができるでしょう。

プラトニックな恋愛の意味もあるため、相手は純粋な性格の持ち主で、フレンドリーな交際を望みます。二人の関係は、順調にゆっくりと展開が進んでいく事を表しています。

達成や成功を表し、困難な展開がやって来ても、

太陽が逆位置の時の意味は互いに問題に向き合いながら自分磨きの時期

太陽のカードが逆位置の時は、相手は好意は持ってくれていますが、展開はなかなか進みにくい運気です。相手の気持ちや状況に進展を妨げる障害がある事を表しています。

相手との展開を妨げる要因に、相手の感情面、仕事や勉強などでの忙しさなど状況などを表しています。不安が募る一面も積極性や前向きさを妨げる要因を意味してます。

モチベーション低下、中止などの意味もあることから、この時期にアプローチは難しい事を表しています。一時的なもので、お互いに問題に向き合うと、簡単に乗り越えることが出来るでしょう。

相手が状況の好転するまでに、少し時間がかかるので、地道なアプローチが功を奏すと表れています。楽しむ事が大切という意味もあるので、楽しみを取り入れた自分磨きも実を結ぶでしょう。

≪恋愛≫復縁可能かどうかで太陽が出た時の意味

太陽のカードが正位置の時には、相手の気持ちもこちらに向いている時期である事を表しています。火のエレメントの意味を持つので、恋愛感情が再燃しやすく、復縁には最適の時期でしょう。

再び相手と連絡を取りたい時は、積極的に相手へ連絡をすることが吉を呼ぶでしょう。二人で笑い合い、楽しい時間を過ごす事で、復縁のチャンスに恵まれるでしょう。

過去に二人の間に誤解や仲違いがあっても、協力者に恵まれる事も表しています。ふとしたきっかけから、誤解も解けていき、復縁へと展開が進んでいくでしょう。

太陽のカードが逆位置の時は、停滞を意味しており、まだ復縁は時期尚早である事を表しています。気持ちを整理し、誤解や過去の傷を癒すチャンスがもたらされるでしょう。

太陽が正位置の時の意味は復縁のきっかけに恵まれる

太陽のカードが正位置の時は「愛情」「可能性」の意味もあり、復縁のきっかけに恵まれやすい時期で、協力者にも恵まれやすい時期です。

協力者にも恵まれ、ふとした出来事などから復縁のきっかけが生まれ、再び暖かな愛情を育むことができるでしょう。

太陽のカードに描かれている「伸びやかな子供」のように、復縁したい相手には、自然体の姿で接すると良いでしょう。

格好をつけず、常に明るく笑顔でいる事で、相手もさらに「信頼できる人だ」となおさら好感を寄せるでしょう。さらに相手へ感謝の気持ちを常に忘れずにいる事で、間もなく、相手から復縁の話を切り出して来るでしょう。

復縁はすぐそばまで来ている時期で、素直に喜びを表現する事で、再び二人は良い関係へと発展していくはずです。

太陽が逆位置の時の意味は一時的に復縁が難しい時期

太陽のカードが逆位置の時は、復縁はまだ今は難しい時期であり、状況が変わるまで待つ時期という事を表しています。

明るい太陽は消滅したのではなく、ただ一時的に雲に隠されているだけで、一時的かつ悪い状況ではないという意味があります。

行動が裏目に出やすい時期という意味があり、お互いに衝動的、感情的になりやすくなるので、この時期の話し合いなどは一旦控えると、再び心を込めて相手と分かち合えるチャンスに恵まれるでしょう。

一旦相手と距離を置くことにより、趣味や友人との楽しい時間を持つ事で、再びやり直しのチャンスに恵まれるでしょう。

悪い状況ではない事を表しているので、復縁の可能性がなくなったわけではなく、本来あった可能性を忘れてしまっている時がある事を知らせてくれているのです。

再び復縁を引き寄せるためには、楽しい時間を持ち、再び笑顔を取り戻す事が、二人を再び良い関係へと発展していくはずです。

≪恋愛≫不倫相手との今後を知りたい時に太陽が出た時の意味

太陽のカードの正位置の時は、お互いに強く惹かれ合っている相思相愛の関係で、近いうちに喜びの展開があるでしょう。

二人の間に堂々とした関係になれる出来事訪れ、遠慮をしたりせず、素直な気持ちに従っていくと、愛がすくすくと育つでしょう。

円満解決も望める事も表しており、二人が一緒になる運命となっても、お互いに別の道を歩む時も、一番良い選択が出来るでしょう。

太陽のカードの逆位置は、二人の関係が進展し難い時期ですが、相手は悪く思っていないので地道なアプローチが功を奏すでしょう。

太陽が正位置の時の意味は明るい二人の将来、愛情面の充足感

太陽のカードが正位置の時は、信頼、成就の意味があることから、お互いに惹かれ合っている関係であると捉えて良いでしょう。

明るい未来の意味もあり、相手もお互いの将来について考えており、愛情面で願いが全て叶う事を表しています。

相手は結婚も視野に入れて未来を思い描いており、二人の将来について話し合う時間が増え、愛情面で充足感を得られるでしょう。

常に、相手との「充足した幸せで楽しい時間」が過ごせる事を表しており、「相手の配偶者よりも愛されている」と実感する時が多くあり、精神面で安心感と安堵感を抱けるようになるでしょう。

相手の良いところにフォーカスし、今ある幸せを存分に堪能する事が、二人の間により親密なつながりが育まれるでしょう。

太陽が逆位置の時の意味は停滞、責任感、忍耐

太陽のカードが逆位置の時は、子供っぽさを意味するので、相手の子供っぽさや責任感に物足りなさを感じる時があるでしょう。

停滞を表すことから、二人の関係の展開が進まず、停滞している状況に責任を感じていたり、挫けやすくなる時があります。

責任感の意味がある事から、相手は、停滞している状況に責任感を感じる時があり、「申し訳ない」と感じる時があります。

その一方で「今のところは、どうにもならない」と、停滞している状況に関して、一過性のものとして捉えている時があります。

一時的な停滞や延期の状況なので、戦略と具体的な計画を練って慎重に行動する事により、愛情関係は活気を取り戻すでしょう。

また、普段の幸せが見えなくなる時があり、相手への不満が募りやすい時期なので、謙虚さについてじっくり内省する時期を表しています。

待つ時期を無理に終わらせようとせず、忍耐などの能力を高められた頃、相手とはより一層関係性が深まっていく事でしょう。

≪恋愛≫結婚の可能性や時期の悩みで太陽が出た時の意味

太陽のカードが正位置の時は、明るい未来、結婚の意味を持っており、結婚の可能性は十分にあるでしょう。困難をスムーズに乗り越えていける運勢に恵まれており、難しい困難であるほど、得るものも大きいでしょう。

出逢いを求めている人は、この時期は、相性のいい人との出会いのチャンスに恵まれており「良きパートナーに恵まれる」事を暗示しています。

結婚の時期はもうすぐ来ており、近い未来に、結婚のきっかけや、相手からプロポーズをされる時期が到来するでしょう。

太陽のカードが逆位置の時は、まだ二人の恋愛は10代の恋愛のようになっている時があり、愛情面での成長の必要性を表しています。

婚期はまだ先になりますが、結婚できる可能性は十分にある事を伝えています。再び結婚話が持ち上がる事や、将来のパートナーとの出会いが訪れまる運気に恵まれます。

太陽が正位置の時の意味は結婚出来る時期は目前に来ている

太陽のカードが正位置の時は、結婚、良い未来の意味持ちますので、交際中の人は間もなくプロポーズされ、結婚出来るでしょう。

祝福も意味することから、二人は周りから祝福される結婚となり、結婚後も幸福感に満たされ、楽しい毎日を送れるので、愛情面で充足感を得られるでしょう。

片思いの人は、発展の意味も持つことから、二人の間に親密なつながりが育まれていき、理想的なカップルになれるでしょう。

子供のような純粋な気持ちで彼と向き合うと、ますます二人は良い関係を築く事が出来、結婚へと発展していける事を表しています。

出逢いを求めている人は、積極的に出会いの場に出向いていくと、相性の良い将来の結婚相手と出会える運気に恵まれています。

結婚の時期は、目の前に来ている事を表すカードであり、待ち望んでいた愛情面での望むものがゲット出来ると捉えて良いでしょう。

太陽が逆位置の時の意味は停滞、気分の落ち込み

太陽のカードが逆位置の時は、一時的な、停滞、中止、不安、延期、気分の落ち込みなどの意味を持っています。

一時的という意味は、前向きに目の前の問題を対処していくことにより、再び明るい日々が戻って来る事を表しています。

結婚にはまだ遠い時期で、不安や落ち込む時がありますが、不安を手放すと、再び結婚に近づく運勢へと戻るでしょう。

出会いを求めている人は、「何をしても上手くいかない」「楽しめない」と、むなしく感じる時がある時期です。

一旦行動をする事を中止し、趣味などを楽しむことで、結婚相手となる良きパートナーとの出逢いに恵まれるでしょう。

片思いの人は、まだ結婚のタイミングではない、お互いにまだよく知らない関係性という意味を表しています。

今はまだ様子見に徹しながらも機会を待ち、他にも楽しみを増やす事で、結婚に関するポジティブな運勢が戻ってくるでしょう。

状況に身を任せることにより、次第に晴れていく気持ちが、再び結婚を引き寄せられる出来事に恵まれるでしょう。

≪仕事≫仕事の悩みで太陽が出た時の意味

太陽のカードが正位置の時は、進歩、目標達成、成功を意味しており、周囲からの賞賛が得られ、注目の的になる事を表しています。

逆境に立っても盛り返す事が出来る運勢に恵まれ、業績は上がり、ノルマ達成が叶い、輝きを放つ時期が到来するでしょう。

人間関係運も好調で、チームワークで行う仕事がうまくいく時期で、互いに協力して一丸となって活動できる運勢です。

太陽のカードが逆位置の時は、体力低下、中止、活動力の低下を意味しており、一息つく事が大切な時期である事を表しています。

活動力の低下というのは、仕事での効率が落ちてしまう時や、ケアレスミスが増えてしまう時があるという事を表しています。

中止の意味も表しており、無理せず休暇などを取り、一旦仕事から離れ、楽しむ時間を持つ事が開運の鍵という事を表しています。

目標達成までにはまだ時間がかかりますが、楽しさを取り戻す事により、壁を乗り越えられ、問題が解決し、スッキリするでしょう。

太陽が正位置の時の意味は発展、進歩、目標達成

太陽が正位置の時は、発展、進歩、目標達成を表し、やりがいのある仕事に恵まれ、更なるステップアップなどを表します。

発展というのは、周囲の注目の的になり、仕事上でのステップアップが望めますので、仕事面において、輝きを放つ時期となります。

目標達成というのは、資格などの勉強をして来た人は、合格などの知らせを受け、勤勉さが報われる時期でもある事を表しています。

進歩というのは、培ったスキルを周囲と共有していく事により、積み重ねた努力が予想以上の結果に繋がる事を表しています。

人間関係運に恵まれ、周囲とのコミュニケーションが円滑に進める事が出来、互いに協力して一丸となって活動できるでしょう。

協力者との出会いにも恵まれ、積極的に人と関わっていく事により、さらにステップアップをサポートする協力者が現れるでしょう。

スポーツや屋外での活動、海外留学など、外での活動をする事も、視野を拡大するチャンスに恵まれる貴重な体験となるでしょう。

太陽が逆位置の時の意味はスタミナ不足、不調

太陽が逆位置の時は、スタミナ不足、落胆、不調を表し、職場環境に不満を抱き、やる気が低下しやすい時がある事を表しています。

不調というのは、能力が発揮しにくく、周囲との信頼関係に影響が出やすい時がある時期ですが、見直しのチャンスでもあります。

落胆というのは、不自由な職場環境と感じやすくなる時を表しており、また、才能を発揮出来にくい時期を表しています。

スタミナ不足の意味もあり、ルーチンワークの日々で、才能を発揮できる仕事を任されず、やる気を失う時があります。

この時期は、地道に目の前に与えられた仕事を一つずつこなす事により、信頼関係の回復していく事ができるでしょう。

ポジティブすぎる気持ちになりやすい時があり、周囲の良きアドバイスに耳を傾けなくなる時がある傾向があります。

周囲に客観的な自分自身の能力のアドバイスを受け、信頼回復に努めていくと、再び仕事をしやすい環境が戻ってくるでしょう。

≪対策カード≫対策カードで太陽が出た時の意味

太陽のカードが正位置の時は、太陽の光を堪能し、活力的に進むことにより、物事が全て順調に進んでいく事を表しています。

太陽の明るさがを象徴する、スポットライトが当たる場所へ積極的に移動していくと良いと背中を押してくれるメッセージも込められています。

太陽のカードが逆位置の時は、自由さ、無邪気の制限がある事、または裏目に出て空回りする時がある事を表します。

不自由さな状況下であるため、他人の意見を真摯に聞く事が難しい時ですが、さらに視野が広がる事の出来る良い機会となります。

太陽が正位置の時の意味は順調、回復

太陽が正位置の時は、物事がすべて順調にうまく進んでいき、変化によってもたらされた恩恵を楽しむ事が出来るでしょう。

自由さ、創造性も認められ、順調な流れの中で、将来の結婚相手や、生涯の友人、人生をかけたくなる生きがいに恵まれるでしょう。

将来性の意味を持つ事から、将来がクリアに見通しの良い状態となり、状況は徐々に落ち着いていく明るい展望を表しています。

これまで抱えていた問題も次第に解決や回復へと向かっていき、精神面でも、安らぎの時は思っているよりも早く訪れるでしょう。

目の前の状況を大切にしていき、明るく楽しみ、笑顔と感謝を忘れない事が、さらにポジティブな変化を起こせるでしょう。

太陽のカードは生命力、創造性、誕生を表していますが、日常的に日の光を浴びる事が、、太陽のカードの恩恵を受ける事が出来ます。

また、積極的に人々と関わっていく事や、行動を共にする事も、太陽のカードの持つパワーをより生かす事ができるのです。

太陽が逆位置の時の意味は不自由さ、未熟

太陽のカードが逆位置の時は、不自由さ、未熟をを意味しますので、物事や環境の不自由さに不満を持ってしまう時があります。

現状がうまく進まないと感じる時には「楽しむ事で壁は乗り越えられる」事や、遊び心を織り交ぜる事が解決の鍵になります。

問題を、一度に解決しようとせず、焦らずに目の前の問題に対処し、行き詰まったら「原点に帰る」事で、壁を突破出来るでしょう。

また解決方法の中に「楽しむ事」「遊び心」を織り交ぜることが、解決策より早め、焦らないことで困難は突破できるでしょう。

一見、ネガティブに見える状況をポジティブに捉える事を伝えており、一つ一つ向き合う事により、視野が広がるでしょう。

一時的な出来事ですので、現在は、アクションを起こそうとせず、静かに過ごし、足場固めに力を入れるといい時期です。

RELATED POST