タロット

月の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

[タロット]月の基本的な意味・読み方や解釈とは?[大アルカナ]

タロット月のカードの意味は、不安定や幻想、失敗、隠れた敵などを意味します。
カードには、大きな横顔の描かれた月とその周囲にある光の雫、それに向かって吠える犬と狼、はるか向こうに向かって進んでいく道と、川から上がろうとしているザリガニの姿が描かれています。
このカードが意味しているのは、物事に対して不安定になっていることはないか、確かめる必要があるということを意味しているのです。それは、本当の姿が見えていないために怯えているともいえるでしょう。
不安がっているだけではチャンスは掴めません。恐怖に気づかない図太さも必要なのだと解いているのです。先は見えずとも、手探りでも良いので進むべきだということを表しているといえるでしょう。

月が正位置の時の意味は不安定・曖昧

タロットカード月の正位置の意味は、曖昧、不安定、不安、不明瞭、虫の知らせといった意味があります。
曖昧な状況や気持ちに、心が不安定になってしまい、相手のことを疑心暗鬼で見てしまうような状況になってしまうということを表しているといえるでしょう。また、今までの嘘や虚言がバレてしまうということもいえます。
今までの周囲との関係性に疑問や問題が起こってしまうので、複雑に考えすぎてしまうのです。そのため、自分を追い詰めてしまって、精神的に疲れてしまうということが起こるでしょう。
しかし、将来は良い方向に進むことがわかっています。今は恐れているだけなのです。そのため、恐怖に気づかない図太さを持つことが大切なのだといえうるでしょう。

月が逆位置の時の意味は明瞭、積極的

タロットカードの月が逆位置で出た場合の意味は、明瞭、積極的、安定、新しいことの始まり、光明などがあります。
今まで気持ちが不明確でおぼろげだったものが、明確となり、積極的になることができるでしょう。また、混乱していた周囲の関係や状況が、はっきりとすることにより、安定した状況を手に入れることができるようになるのです。
また、今まで苦労していた障害や問題をクリアにすることができるので、望んでいた結果を手にすることができるでしょう。
今不安を感じながら進んでいるとすれば、その道は間違っておらず、その不安は将来解消されるということがいえます。先が見えないと不安に思わず、自信を持って進めば、ある一定のラインに達したとき、変わることができるでしょう。

≪恋愛≫相手の気持ちが知りたい時に月が出た時の意味

相手の気持ちが知りたい時にタロットの月のカードが出た場合、相手は少々不安定になっているということがいえるでしょう。相手の気持ちがよく見えていない状況になっているということがいえます。それは、こちらに対する気持ちが曖昧になっているからだということです。
もしくは、自分自身が持つ不安感が強すぎるあまりに、相手の気持ちを察することができない状況にあるといえるでしょう。自分自身さえ信じることができないような、不安定な状態にあるといえます。

月が正位置の時の意味は不明瞭、不安感

タロットカード月の正位置が出た場合の意味は、不安定、不安感、不明瞭といった意味があります。自分の気持ちさえ信じられない程、疑心暗鬼になってしまっているということがいえるのです。
向こうとしては、こちらの気持ちがはっきりと読み取れないため、動くに動けない状態だということがいえるでしょう。また、こちらとしても、相手の心理を察することができないので、二人の間に不穏な空気が漂ってしまうのです。
ですから、今は相手の気持ちを知りたいと思っても動かないことが賢明です。下手に動くと状況を混乱に陥れることになりかねないでしょう。
しかし、将来的に暗い見通しなわけではありません。今は状況が落ち着くのを待つのが賢明だということなのです。

月が逆位置の時の意味は物事の好転

タロット月の逆位置が出た場合の意味は、物事が徐々に好転していくという意味があります。相手はこちらに対して、徐々に心を開こうとしているということがいえるでしょう。
今までこちらの態度や気持ちに不信感などを抱いていたのが、少しずつもやもやしていたものが晴れてくるように、気持ちもすっきりとしてくるのです。
それは、必ずしも喜ばしい反応とは言い難いこともありますが、今まで明らかにしてこなかった気持ちをはっきりさせてくれるということでは、良い状況になるといえるでしょう。
相手にとっても、自分にとってもその答えはプラスマイナスどちらに転ぶかわかりません。どのような結果が待っているとしても、それは受け止めなくてはならないことなのです。

≪恋愛≫片思いの未来が知りたい時に月が出た時の意味

片思いの未来が知りたいときにタロット月のカードが出た場合の意味は、悩み多き日々が続くということがいえるでしょう。今はまだ相手の気持ちや状況など、知らないことが多すぎるのです。
そのため、どう動いて良いのかということもわからず、当分の間悶々とする日々を過ごすことになるでしょう。
相手に関するデータがなかなか手に入らなかったり、こちらへ近づいてくることがあっても、何かしら秘密を抱えているということがいえるのです。

月が正位置の時の意味は前途多難

タロットカードの月のカードが正位置で出た場合の意味は、前途多難という意味があります。今は相手のことがまだまだ何もわからない状態です。これからどう関係が変わっていくのか、読み取れない状況にあるといえるでしょう。
相手の気持ちや行動に一喜一憂するのが片思いです。ですから、それを楽しむくらいの気持ちを持っていると良いでしょう。ただし、心底信用するのは今しばらく待ちましょう。
自分自身がまだ相手に対し、何らかの心の葛藤や迷いを持っている可能性もあるからです。
とにかく、相手の情報を沢山集めることが大切です。相手がどのような思いを持っているのか、もしくはこちらに見せない何か秘密を持っていないか、ということを知ることが必要なのです。

月が逆位置の時の意味は悩みが晴れる

片思いの事でタロットカード月の逆位置が出たとき、自分自身が持っている悩みが晴れて、問題がクリアになり、恋は次へとステップアップしていくことになるという意味があるでしょう。
恋は盲目、あばたもえくぼだった状態から抜け出し、自分自身の目でしっかりと現実世界を見ることができるようになるのです。ですから、良くも悪くも恋というゲームの駒を進めることができるでしょう。
判断力がアップしているときですので、もし何らかの恋のトラブルに巻き込まれそうになっても、それを回避することができる状態にあるということがいえるでしょう。
自分自身と相手を客観的に見ることができる冷静さを取り戻すことができている状態にあるということがいえます。

≪恋愛≫復縁可能かどうかで月が出た時の意味

復縁について占っているとき、タロットカードの月が出た場合の意味は、現実逃避、見通しが暗い、手探りの状態などの意味があるでしょう。それは、復縁についてかなり悩ましい問題でもあります。
自分自身の中で、本当の意味で復縁をしっかり望んでいるのか、それともただ今の状況から逃げ出したいから、過去の栄光ではないですが、そちらへ戻ろうとしているのではないか、そういった思いがあると感じ、迷いが生じている状態だということがいえるでしょう。

月が正位置の時の意味は迷いの時期

復縁可能かどうか占っている時、タロット月の正位置が出てきた場合の意味は、その復縁の道を進むべきかどうか悩んでいる状態にあるという意味があります。復縁したいという気持ちと、もう諦めようという気持ちが半々になっているのです。
今の気持ちが中途半端になっているということは、現状動かないことが賢明です。復縁自体は可能性的にありえるのですが、同じ過ちを繰り返してしまうということも考えられるからです。
また、今の状況では相手に振り回されて、また傷つくことが目に見えているともいえるでしょう。とにかく、今動くと良くない未来に進みかねないので、今はじっと待つことが大切です。
そして、自分の気持ちがはっきりした時、また動き出せば良いでしょう。

月が逆位置の時の意味は悩みは晴れる

復縁が可能かどうかということでタロットカードの月が逆位置で出た場合の意味は、悩みが徐々に晴れていき、結論が出るという意味があるでしょう。冷静に物事を判断できる状態になるということがいえるのです。
今まで、曖昧で中途半端になっていたことが、はっきりとクリアになるということがいえます。そして、自分自身の気持ちもしっかりと定まるということがいえるのです。それは、復縁するという気持ちなのか、はたまた新しい恋をするという決断になる可能性もあります。
相手の気持ちもクリアになりますので、どういう形であれ、はっきりと前を向いて進むことができるようになるでしょう。芯をしっかりと持って、より良い道を進んでいくことができるようになるのです。

≪恋愛≫不倫相手との今後を知りたい時に月が出た時の意味

不倫の今後のことを占った時タロットカードの月が出た場合の意味は、揺れ動く感情という意味があります。なかなか関係を深めることができず、苦労しますが、分かり合うことができれば、深い絆で結ばれる可能性があるということなのです。
また、揺れ動く感情に身を任せてしまうことにより、お互いの関係を壊してしまう可能性を示唆しているというこがいえるでしょう。ですから、相手に対する自分自身の気持ちをしっかり持つことが大切です。

月が正位置の時の意味は関係は不安定

不倫のことでタロットカード月の正位置が出た場合の意味は、二人の関係は不安定で、背徳感を抱えている状況にあるということがいえるでしょう。先の見通しが立たないと思い込んでいる状況になっているということがいえます。
自分自身が、二人の関係がこのままで良いのかどうか悩んでしまっている状態にあるのです。ですから、今何らかの形で結果を求めることは止めましょう。相手も不安定になっているからです。
今の段階では、待つことが大切だということがいえます。不安や変化を表すカードですので、今は為す術がない状態になってしまっているということを示しているからです。
ですから、焦ったりせず、今は状況を見極めること、落ち着いて待つことが大切だといえるでしょう。

月が逆位置の時の意味は待つこと

不倫の今後を占っていてタロットカードの月の逆位置が出た場合の意味は、落ち着いて待つことです。変わりゆく空の上にある月は、日々顔を変えますが、必ず元の形に戻ります。ですから、今二人の関係が思うように動かなくても、じっと待ちましょう。
あくまでも、自分から積極的に相手のアプローチするのではなく、相手の気持ちや行動をしっかり受け止める意志を見せること、受動的になることが良いということがいえるでしょう。
自分自身が今の二人の関係を客観的に見ることができるので、次の段階に進むにはどうすれば良いのか、ということを自分で決めることができるでしょう。そこ行き着くには少々時間がかかりますが、必ず良い方向へ進むことができます。

≪恋愛≫結婚の可能性や時期の悩みで月が出た時の意味

結婚の可能性や時期の悩みでタロットカードの月が出てきた場合は、悩ましい状況にあるということがいえるでしょう。自分自身が、その結婚は正しいのかどうか、という点で悩んでいるということがいえるのです。
どう進むべきなのか、相手はどうしたいのか、ということが自分を悩ませることになるでしょう。その答えがなかなか出ないので、余計に頭を抱えることになりかねないでしょう。
焦ることなく、今は待つこと、それが大切だといっています。

月が正位置の時の意味は今は待つ時

タロットカードの月が正位置で出たときの意味は、今は結婚するのにふさわしい時期ではないという意味があります。将来に対し見通しがつかず、何もかもが曖昧な状況にあるので、自分自身がどうしてようのかわからないからです。
こういう時は動かないことが肝心です。今無理に動くと後々大きなトラブルに発展する可能性を含んでいますので、じっと待ちましょう。
また、相手の隠しごとが露呈する可能性も示唆しています。とにかく慎重になって、どんな情報でも良いので集めてください。自分の足元を固めることが大切です。他の人からアドバイスをもらうのも良いでしょう。
下手に動くことで、ほぞを噛む思いをすることになるかもしれないからです。

月が逆位置の時の意味は今がその時

結婚の時期について占っているとき、タロットカードの月が逆位置で出た場合の意味は、動き出すなら今だということがいえるでしょう。今まで迷いや悩みがあったことがクリアになり、自分の心をきちんと定めることができるからです。
今まで停滞していた事が、動き出す時に来ているということがいえるからです。悩みや迷い、不安に思っていた問題が解決して、次に進む活力を得ることができるのです。
ただし、場合によっては相手の秘密や隠し事が明らかになってしまうという可能性もあります。そのときどう動くか、はしっかりと話し合いをすることが大切でしょう。結果、結婚へ至らなかったとしても、そのことは後々必ず良い方向に向くことになるでしょう。

≪仕事≫仕事の悩みで月が出た時の意味

仕事の悩みでタロット月のカードが出た場合の意味は、ストレスや胸騒ぎ、予感、一時の感情といったことがいえます。状況は不安定で、気持ち的に落ち着かない状態にあるのです。
また、これまでの嘘や偽りが露呈してしまい、報いを受ける可能性があることを示唆しています。周囲の人間関係や言動などに幻滅してしまう可能性もあるでしょう。
とにかく、今は曖昧ではっきりしない状況になりますので、悲観的に考えてしまいがちです。その部分を自分でしっかり見極めましょう。

月が正位置の時の意味は横槍が入る

仕事の悩みで、タロットカードの月が正位置で出た場合の意味は、自分の成果となるべきところに、思わぬ横槍が入る可能性を示唆しています。自分の気づかないところで、反感を買ったり妬まれたりするということがいえるのです。
ですから、周囲の協力が得られなかったりして、計画していた仕事は、不満足な結果で終わる可能性が高いでしょう。しかし、それは自分自身の無計画さや実力不足な部分も大いにあります。
自分に変に自信を持つことなく、上辺だけを取り繕わないようにしましょう。中身が伴うようにならなければ、周囲の信頼を得ることができません。正面からしっかり仕事と向き合うこと、そうすれば、現状困っている状況を打開することができる可能性があります。

月が逆位置の時の意味は△△

仕事の事でタロットカードの月が逆位置で出た場合、その意味はスランプを脱して、これから上を向いて進んでいくタイミングがやってきたということがいえるでしょう。周囲からも、努力と実力が認められます。
また、これから起こるであろう、良い意味での変化などにも対応することができる精神状態にあるということがいえますので、一瞬のチャンスをしっかりと掴み取ることができるでしょう。
勘が冴え渡るので、その一瞬のチャンスも直感で掴み取ることができます。自分の勘がこっちだ、といっているのであれば、それを信じて動きましょう。行動は迅速に。そうすることで、うまくきっかけを掴めて、今まで無理だと思っていたことも、結果を出すことができるでしょう。

≪対策カード≫対策カードで月が出た時の意味

対策カードにタロットカード月が出た場合は、正位置か逆位置かで大いに問題が変わってくるということがいえるでしょう。
正位置で出た場合は、落ち着いて待つことが肝心という意味があります。逆位置で出た場合は、複雑に考えず、思い切って行動することが大切という意味があります。
どちらにせよ、自分自身の気持ちをしっかりと落ち着かせること、状況をしっかりと見極めること、慌てないことが重要だということがいえるでしょう。

月が正位置の時の意味は本質を見極める

対策ケードにタロットカード月の正位置が出て場合の意味は、物事の本心を見極めることが重要という意味があります。また、落ち着くこと、物事をなんでも白黒はっきりさせずに、その場に踏みとどまることが大切です。
つい、悲観的な予感ばかりに囚われてしまって、悩みをより複雑に考えてしまう状況にあるといえるでしょう。これまでの周囲の状況に疑問が生じて、さらに複雑化させてしまうのです。
しかし、落ち着いて考えることが大切です。どんな問題でも、複雑怪奇なことはありません。物事には本質というものがありますので、難しく考えず、単純にその本質だけを見極めるようにしましょう。
自分で自分を追い込んでしまいかねないので、今はじっと待つのも賢明なことだといえます。

月が逆位置の時の意味は気持ちを整理する

タロットカードの月のカードが逆位置で出た場合の意味は、気持ちを整理することが大切という意味があります。また、今までのように物事を複雑に考えるのでなく、直感を頼りに行動有りきで動くことが重要です。
自分自身の気持ちをしっかりと整理することにより、考えなどがクリアになっていくことでしょう。そのため、非常に前向きで積極的な姿勢をとることができるようになっていくのです。
また、非常に大きかった障害や問題を乗り越えることができるので、待ち望んでいた結果を手にすることができるでしょう。そのためには、ゴールを明確にすることが大切です。
そして、現状に感謝して、周囲の人にもその感謝を伝えるようにしましょう。そうすると更に協力を得ることができるのです。

RELATED POST