タロット

魔術師の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

[タロット]魔術師の基本的な意味・読み方や解釈とは?[大アルカナ]

このカードの基本的な意味は、可能性や才能、チャンスなどで、独創的な考えや好奇心、才能や自信からくる創造性などを意味しています。
魔術師のカードに描かれているのは、一人の奇術師と怪しげな道具たち、そして手に持った棒です。
この怪しげな道具は、小アルカナの剣、コイン、カップ。そして天に向かって掲げられた手に持つ棒は、杖を表します。
いろんなものを使いこなすところから、無から有を生み出すための潜在的な能力であったり、コミュニケーション能力の高さを表しています。
基本的に、このカードは良い意味を持っていると捉えて良いです。
新しい状況の始まりであるとか、趣味や娯楽といったものの明るく楽しい状況をうたっているカードなのです。

魔術師が正位置の時の意味は才能と可能性

魔術師のカードが正位置の時は、才能や創造力、新しい環境、好奇心や前進といった意味があります。
やりがいややる気をしっかりと持ち、何に対しても挑戦する気持ちを持って望むことができる状態といえます。
また、新しい環境が呼び込む、新しい出会いがもたらす恋愛や仕事などに目が向くようになるでしょう。
どんなことでも、自分が持っている創造力や応用力を使って、乗り越えることができるのです。
そして、自分が持っている個性を大切にして活かすことができる分野を見つけることで、成功が望めます。
ですから、自らが元々持っている基本の部分、個性などを大切にして、新しい状況や環境に視線を向けること、前向きに対する姿勢をもつことが大切だということを表しているのです。

魔術師が逆位置の時の意味は奇抜・不安定

魔術師のカードの逆位置の時の意味は、奇抜、不安定、保守的、曖昧さなどがあります。
奇抜とは、自分の持っている本来の才能や個性が、周りから見ると少々浮き気味に見えるということです。
それは、良い意味で独創的で個性的であるということを表しています。
また、保守的というのは、自分の個性や自信、才能を守るための行動でもあります。
自分に自信が持てなくなり、何事も曖昧になってしまって、戸惑ってしまうときがあるということを表しているのです。
そして、それらのために、実際の状況に自分がついていけず、不安定な気持ちを感じてしまうときがあるということなのです。
しかし、周りの状況は良い方向に回っているので、自分をしっかり持てばその流れに乗れるともいえます。

タロットカード・魔術師|意味(キーワード)まとめ

正位置の意味(キーワード) 創造性 マルチな才能 華やかさ 一歩踏み出す 強い意志
逆位置の意味(キーワード) 不注意 調子に乗る 気分屋 意志の欠如 恐れ

タロットカード・魔術師|悩み別の解釈例まとめ

相手の気持ち 正位置 多彩な才能に惹かれている
逆位置 どう思われているかわからないので不安
片思いの成就 正位置 一歩踏み出す勇気で良い方向になりそう
逆位置 誠実でない行動には注意が必要
仕事 正位置 クリエイティブな才能が発揮される
逆位置 人の意見に流されると良くない方向に
対策・アドバイス 正位置 強い意志を持ちつつげることが大切
逆位置 調子に乗らないように注意

≪恋愛≫相手の気持ちが知りたい時に魔術師が出た時の意味

この魔術師のカードが相手の気持ちを知りたいときに出てきた場合の意味は、チャンスや機会、可能性という意味があります。
いわゆる、相手の気持ちがこちらに対して前向きになっているということがいえるでしょう。
また、新しいスタートが始まるという意味もありますので、相手との関係性が、今までとは違う形でスタートすることになるというものを示しているのです。
ですから、二人の関係に新しい機会が生まれる、これからの可能性が考えられるということがいえます。

魔術師が正位置の時の意味は新たなスタート

カードが正位置の時は、新しい恋愛に対して相手の気持ちは、前向きになっているということがいえます。
相手がとても興味を持っていて、交流を楽しみたいと思っているのです。
そして、そこから新たなスタートを切りたいと思っているのです。
二人の関係性を、順調に進められる、物事を二人で成し遂げられるというふうに感じています。
ですから、二人の人間関係についても、積極的に前に進めていく間柄になりたいと思っているのです。
積極的にコミュニケーションをとることにより、さらに仲が深まっていくといえます。
自分自身の魅力を存分にアピールすることができる関係になれるということがいえるのです。
また、相手がとてもポジティブ思考になっているということがいえるでしょう。

魔術師が逆位置の時の意味はゆっくりした進展

逆位置の時は相手の気持ちが少々ネガティブ思考に偏っているときだといえます。
相手は自分自身の中で、物事を進めていくための技術力や準備が足りていないことを感じています。
それは、恋愛をするには、まだまだ実力不足、自信がないという気持ちになっていることを表しているのです。
ですから、相手は恋愛に対して少々消極的になっている状態にあるということがいえるでしょう。
また、こちら側も自分自身、気持ちがなナーバスになっていて、保守的に考える状況にあるといえます。
しかし、行動次第では、相手の気持ちをこちら側に向ける、興味をもたせることは可能です。
相手に対して、いかにうまく自分をアピールするかが大切だといえるでしょう。

≪恋愛≫片思いの未来が知りたい時に魔術師が出た時の意味

魔術師のカードが片思いの時に出た場合の意味は、恋のスタートラインに立っているということを表しています。
これから、恋の物語を紡ぐために、色々と行動を開始する本当の始めのところだといえるでしょう。
自分自身が前向きに行動を起こすということが、相手の気持ちを惹き付けることに繋がるのです。
今している恋に対して、可能性があり、チャンスが巡ってきているということがいえるでしょう。
どんどん前に進めるときがきているのです。

魔術師が正位置の時の意味はチャンス到来

カードが正位置の時は、チャンス到来、恋の駆け引きやアクションを起こすために良い状況が巡ってきているということがいえます。
準備万端、恋を始めるのに良いときが来ているといえるでしょう。
いわゆるチャンスの波が到来しているのです。自ら先手を取って行動を開始することが大切なときだといえます。
相手との仲が深まるときでもあります。
また、魔術師のカードには小アルカナの全てのものが描かれています。
それは、相手がどんな趣味嗜好であっても、それに合わせることができるということを示しています。
片想いの相手に対して、どんどん仲良くなるために、行動しやすい状態にあるといえるでしょう。
アプローチの初期段階はクリアしているということです。

魔術師が逆位置の時の意味は警戒心を解く

魔術師のカードが逆位置の場合、それは自分の自信の喪失を意味しています。
自分が行動を起こしても、相手が振り向いてくれないのではないか、と不安がっている状態にあるといえます。
進みたいのに、前に進みにくい状況にあるともいえるでしょう。
また、そのことが相手にも伝わって、本来自信を持っているはずなのに、どうして怯えているのか、と不安に思います。
警戒心を持ってしまうのです。
ですから、逆に、自信をもってもっと相手に積極的にアプローチする必要があるということがいえるでしょう。
その自信を持った姿にこそ、裏表がないんだな、と警戒心を解いてくれることとなるのです。
ですから、相手のどこが好きなのか、ということを改めて思い返すことが大切だといえます。

≪恋愛≫復縁可能かどうかで魔術師が出た時の意味

復縁の希望で魔術師のカードが出た場合、相手との関係性がさらに深まるということを示しています。
魔術師の手には、全ての小アルカナの道具が揃っています。
それは、相手がどんなものを持ち出してきても、それに対応することができるという証でもあります。
自分が、前向きな気持ちをもって自分らしさをというものをアピールすることができれば、相手には必ずそれが伝わります。
前向きな気持ちは二人が過ごした、楽しい時間、幸せな気持ちを思い起こすことに繋がるからです。

魔術師が正位置の時の意味は復縁可能・順調

カードが正位置で出たということは、自分がしっかりと冷静な判断ができているという証拠でもあります。
自分自身が、どうして相手と仲違いを起こしてしまったのか、別れる原因となったものに向き合うことができる状態にあるといえるでしょう。
そして、自分らしさをアピールすることにより、相手は二人で過ごした良い時間を思い返すこととなるのです。
それは、復縁に向けて、相手も前向きに考えてくれるということ。
相手が、こちらの魅力を再確認するだけのことがあるということなのです。
また、どんどん前に進んでいくだけのパワーを持っている状態にあるということでもありますので、アプローチをしっかりすれば、復縁は順調に進むといえるでしょう。

魔術師が逆位置の時の意味は自信喪失

魔術師のカードが逆位置に出た場合、相手はもう一度よりを戻すという自信が隠れてしまっている状態にあるといえます。
もう一度上手くやっていけるかどうか、という点において、不安感を持っているといえるでしょう。
また、自分自身の気持ちの中にも、もう無理かもしれないという気持ちがどこかに潜んでいることを表しています。
ですから、相手との関係を無理に推し進めるのではなく、一旦
立ち止まってみることが大切です。
物事を冷静に見ることができる状態にはありますので、一度別れることになった原因を改めて見つめ直しましょう。
そうすることで、自分自身の気持ちの中で、相手の気持ちをしっかりと確信できるようになり、前向きに話が進められることとなるでしょう。

≪恋愛≫不倫相手との今後を知りたい時に魔術師が出た時の意味

不倫相手との関係について魔術師んのカードが出たときは、相手はその恋にハマり始めている証拠だといえるでしょう。
一見、自分に興味がないのではないかと思われるかもしれませんが、中身はその逆であり、相手はハマりすぎないようにセーブしているところなのです。
そして、相手はこちらの一挙手一投足に、夢中になっているということがいえるでしょう。
逆に、こちらにはそれなりの余裕が生まれてきますので、消極的にならずにどんどん前向きな行動をとると良いでしょう。

魔術師が正位置の時の意味は期待・好奇心

魔術師のカードが正位置で出ているということは、相手が好奇心と興味、期待をしっかり持っているという意味です。
相手は、自分に対して、新鮮さや非日常感を覚えて、ハマり始めている状態にあるといえるでしょう。
そして、その気持に拍車が掛かりそうになっているので、それを抑えている状況でもあります。
正位置で出ているということは、不倫という形にとらわれることなく、自分たちらしい付き合い方をすることがうまくいく秘訣になるといえます。
今の状態であれば、周囲に知られることなく、二人だけの甘い関係を続けていくことが可能だということなのです。
そして、相手は二人の将来についても、前向きに捉えているということがいえるでしょう。

魔術師が逆位置の時の意味は盛り上がれない心

魔術師が逆位置で出たということは、気持ちが盛り上がれない状態という意味です。
それは、「どうせいつかは別れの日が来る」と達観している状態にあるともいえるでしょう。
どうしても、気持ちが盛り上がりに欠けててしまう状態になっているのです。
自分自身に対して自信をもつことができていない状態にあるといえるでしょう。
相手としては、できることなら、このまま続けていきたいという思いを抱いているといえます。
そのためには、お互いに自分に自信を持つ必要があるといえるでしょう。
不安感を抱くのは、どのような恋をしていても同じですが、特に不倫という形のため余計に強く抱いているのだといえます。
その不安に、打ち勝つことがうまくいく秘訣だといえるでしょう。

≪恋愛≫結婚の可能性や時期の悩みで魔術師が出た時の意味

魔術師のカードが出た場合、準備万端、全て整ったということを表しています。
ですから、結婚に向けて歩を進めることができる状態、もしくはもう結婚しても良い時期に来ているということを表しているといえるでしょう。
心配は杞憂であり、行動を起こせば上手く行く状態にあるといえるのです。
ですから、婚約から結婚というステップを順調に進めることを示唆しています。
結婚に対して、積極的に行動を起こしても良いということがいえるでしょう。

魔術師が正位置の時の意味は積極性・機会

結婚の時期に対して、正位置が出たということは、今その機会・時期がやってきたということを表しています。
結婚という幸運を引き寄せる鍵を手にしている状態にあるといえるのです。
ですから、自分から積極的に行動を開始すると良いといえるでしょう。
結婚する可能性はとても高まっている状態にあるからです。
したがって、相手のプロポーズを待っても良いですし、自らプロポーズするのも良いでしょう。
相手もこちらの行動力に引っ張られて、しっかりと前向きに捉えてくれているといえるのです。
時期としても、今結婚に向けて踏み出すことが良い時期だといえますし、する時期に来ているともいえるのです。
結婚に対して、迷うことはないといえるでしょう。

魔術師が逆位置の時の意味は時期尚早

魔術師のカードが逆位置で出たということは、今は結婚に対しては時期尚早であるという意味です。
結婚する可能性はあるのですが、まだその準備がきちんと整っていない状態にあるといえるでしょう。
結婚するべき時期なのか、また相手はそれにふさわしい相手なのか、と迷いが生じている状態にあるのです。
もしくは、自分の意志での結婚ではなく、周囲の状況に急かされて焦っている状態ともいえます。
本当に結婚が自分自身の意志なのかどうか、を改めて考える必要があるといえるでしょう。
また、結婚したいという思いがしっかりとあるのであれば、結婚に関する情報などをしっかりと相手と話し合い、準備を進める必要があります。
一人空回りしている状態ともいえるでしょう。

≪仕事≫仕事の悩みで魔術師が出た時の意味

仕事のことについて、魔術師のカードが出たということは、ビジネスにおける成功を意味しています。
魔術師は、無から有を生み出すのではなく、元々持っているもの潜在的な能力を具現化するということになります。
ですから、これまで頑張ってきたことが花開く時が来たということを示しているのです。
クリティティブなセンスや才能といったものを、自分のためだけではなく、周囲のために活かすことができる状況でもあるといえるでしょう。

魔術師が正位置の時の意味は才能の開花

仕事のことで、魔術師が正位置で出たということは、才能が開花するという意味です。
色々と考え抜かれたアイデアを、現実に生み出すことができる状態にあるといえるでしょう。
すなわち、頑張れば頑張った分だけ、その成果があらわれる時なのです。
忙しくとも、仕事が楽しい時期でもありますので、自分の創造性を発揮することができるでしょう。
これから取り組む仕事に、全力でぶつかれば、その先には必ず成功が待ち受けているということを示しています。
また、もう完成させた仕事についてだと、まだこれからも残っている、できることがあるのだという風に捉えましょう。
また、仕事において、何事も決して人任せにしないことが大切です。報連相をしっかりとしましょう。

魔術師が逆位置の時の意味は口先三寸

仕事のことで、魔術師のカードが逆位置に出た場合の意味は、舌先三寸で困っていると言っているだけ、という意味があります。
仕事が上手く行かない、困っているということに本気で悩んでいるというよりは、口先だけそうこぼしているのと同じ状況なのです。
また、自分の才能を思うように発揮することができず、どんなに頑張っていても、その結果が伴わないということになります。
そのため、集中力が欠如してしまい、仕事が上手く回らなくなるので、行動力も伴わなくなります。
悪い方へ悪い方へと回ってしまいかねません。
その時は、一旦白紙に戻してやり直すこと。
自分なりの区切りの付け方を考えてみてください。
それが、上手く行かない状況改善のきっかけとなるでしょう。

≪対策カード≫対策カードで魔術師が出た時の意味

対策カードで魔術師が出た時の意味は、ポジティブシンキングを促しているといえるでしょう。
魔術師には、魔術を成功させる全てのアイテムが揃っているといえます。
ですから、なんの不安を感じることはなく、自信を持つことができるということを表しています。
これからすることに対して、用意周到にしているのであるから、成功する、実行しなさいということなのです。
また、質問事項に対して、可能性やチャンスが巡ってきているということもいえるでしょう。

魔術師が正位置の時の意味は前向き・成功

魔術師のカードが正位置で出た場合の意味は、前向きに物事を捉えて良いということがいえるでしょう。
気持ち的にウキウキと楽しい気持ちになる結果を呼び込むことができるといえます。
その明るいエネルギーが、素晴らしい現実を呼び込むことに繋がっているのです。
これからどんなことでもできるという可能性を表しているといえるでしょう。
しかし、独創的すぎると、周囲の人に引かれてしまう状況になりかねませんので、一旦落ち着いて、周囲の様子を観察してみると良いでしょう。
独りよがりにならないようにしてください。
そして、何事も他人任せにしないこと。
魔術師は全てを司る力を持っていますが、その力を使いこなせるのは自分だけだということを忘れないようにしましょう。

魔術師が逆位置の時の意味は準備不足

対策カードに魔術師の逆位置が出たということは、準備不足を意味しています。
魔術師が偉大な魔術をするために、何かをしようとしているのにも関わらず、準備が整っていない状態なのです。
ですから、この逆位置が出た場合は、そのことに対して準備が不足しており、失敗を招きかねないということを暗示しているのです。
実行したいという気持ちばかりが先走っており、行動や準備が伴っていない状態だといえるでしょう。
ですから、今一度立ち止まり、そのことに対して、事前準備はできているのか、焦りなどだけで動こうとしていないか、というところを見直す必要があるといえるでしょう。
集中力がなくなっている可能性もありますので、今の状況に固執しないということも大切です。

合わせて読みたい