タロット

ペンタクルの7の意味(正位置・逆位置)|恋愛・相手の気持ち・復縁などの悩み別解釈例で分かるタロット解説

もくじ

ペンタクルの7はどんなタロット?基本の意味や概要を解説!

ペンタクルの7は、ブドウの木に7つの大きなペンタクル(金貨)が実っている様子が描かれているタロットカードです。
その木を、鍬を持ったブドウの持ち主である男性が、少し困ったような表情で見つめています。
コインやペンタクル、金貨が実った農作物は「積み重ねてきたものの結果」を意味します。
さらに、植物を育てるのと同様に「結果まである程度、過程と時間を要する」ということも同時に意味します。

そして困ったような表情の男性は「不満」「まさかの結果」「これからどうしようか悩んでいる状態」を意味します。
結果を素直に受け取れない心境の示唆もするカードです。

正位置の意味や対策は次への準備を行いましょう

ペンタクルの7が正位置で出現すると「まさかの結果」「欲張り」「結果」という意味になります。
予期せぬ結果になり、予想外の状態になる出来事の予知でもあります。
また、目の前にあるものや今の状態・結果をより良くしたいという気持ちが強まっている状態です。
どのように進むべきか悩むような状態になることも意味するので、自分自身にとって一番の結果になるように、理想の状態を作り上げていることが大切です。
そういった理想がない状態だと、いざという時に悩むだけで時間がどんどんとすぎるだけになってしまいます。
訪れる結果は、あくまでも通過点です。
一喜一憂するのではなく、次に向けてスムーズに進められるよう、文献を手にするなど準備をしていきましょう。

逆位置の意味や対策は視野を広く持ちましょう

ペンタクルの7が逆位置で出ると「新しい発想」「改善」「好転」のように正位置とは真逆の意味になります。
このカードが逆位置で出現すると、悩ましかった状態からポンと抜け出すような、好転状態が続くでしょう。
ずっと悩んでいたことが解決したり、取り組んできたこと・努力してきたことが成功を収めるチャンスも訪れたり、自分にといって非常に都合が良い状態が訪れます。

それも、自分の見方を少し変えて引き起こすものなので、視野が狭いと感じることがあったら、視野を広げるよう努めると良いでしょう。
木を見て森を見ずということわざの通り、遠くから見ると違った景色や解決方法が見えてきます。この時期に新しい目標を立てるのも非常に良いです。
その目標もすぐに達成できるようになっているので、頭の中で想像できることをどんどん行うようにしていきましょう。

タロットカード・ペンタクルの7|意味(キーワード)まとめ

正位置の意味(キーワード) 予期せぬ結果 欲張り 過大評価 不満 執着
逆位置の意味(キーワード) 新しい発想 改善 好転 中途半端 再挑戦

タロットカード・ペンタクルの7|悩み別の解釈例まとめ

相手の気持ち 正位置 あなたに過剰な期待を寄せているかも
逆位置 中途半端になっていた状況が好転する暗示
片思いの成就 正位置 予期せぬ結果が訪れそう。相手への執着はほどほどに
逆位置 一度失敗しても諦めずに再挑戦すると状況は好転する
仕事 正位置 自分を過大評価して欲張りになってしまうかも
逆位置 放置していた事柄に再挑戦すると新たな発想を生み出せそう
対策・アドバイス 正位置 欲を出すと思わぬ事態を引き起こすことになりそう
逆位置 くすぶっていた気持ちを奮い起こせば状況は好転・改善する

【恋愛】相手の気持ちの悩みでペンタクルの7が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は余裕ある行動をすることです

充分に考えが煮詰まらない中で、焦りから適当な行動をして失敗する未来がイメージとして示されています。今一度しっかり相手の気持ちを考えて、コミュニケーションの円滑化を検討していくことが大切です。無理にどんどん迫っていくと、怖い思いをさせてしまうかもしれません。そうしたリスクを避けるためにも、より冷静・丁寧な向き合い方を模索することがポイントなのです。相手が求めている言葉を紡げるように工夫していきましょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は正確に知ることです

誤解に基づいた言動によって相手の気持ちを害してしまうシチュエーションが表されています。少し第三者的な視点で現状把握に努めることが重要であると暗示が出ているのです。一歩引いて、正確な情報がどこにあるのか見定めていくことが出来れば、相手の心のうちが掴めてくるでしょう。自分の勝手な憶測のみで判断しないで、一つ一つ丁寧にひも解く姿勢が求められます。誠実な対応によって距離感が掴めるイメージが示されているのです。

【恋愛】片想いの悩みでペンタクルの7が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は接近することです

近い距離感で長い時間を共にするシチュエーションがカードに映し出されています。急接近できるチャンスが近い未来に迫っている暗示として捉えることが出来るのです。決着をつけたいと思っていた片思いが、良い形で着地する予感があります。チャンスを手中に収められるように、しっかりと準備を整えておく必要があるでしょう。相手とどのような関係を作っていきたいか、楽しいイメージほ膨らませておくことが大切なポイントとなります。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は主張を丁寧にすることです

いくら積極的な姿勢で関わろうとしても、相手の心に響いていかない状況がイメージされています。悲しんでいても時間だけが無情にも過ぎていく暗示です。持ち前の辛抱強さを生かして、最後まで諦めることなく向き合わなくてはなりません。途中でやめることなく、自分の主張を丁寧にしていくのです。どれだけ強い思いを抱いているのか、これまでのプロセスを含めて具体的に発信していけば、いつか目的を達せられる暗示もされています。

【恋愛】復縁の悩みでペンタクルの7が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策は譲り合うことです

あまり遠くない将来、復縁に繋がる意外な切っ掛けがあるでしょう。過去にとった言動の反省をしていく中で、よりよいアプローチの仕方に辿り着ける暗示が出ています。恥ずかしがらずに、これまでの過ちを悔い改めて、相手にその思いを伝えていくことがポイントなのです。負け戦をしているような気分になることもありますが、ぐっと我慢して前に進んでいく気概が求められます。相手の気持ち優先して、譲っていく対応の重要さも示されているのです。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は顔色を窺うことです

相手の出方が分からないうちに、復縁の可能性を模索しすぎると悪い結果が出る暗示が、カードに表されています。ただ待っているだけでは進展しないものの、あまりにも露骨なアプローチは相手を白けさせてしまうのです。どのようなタイミングで復縁を求めるべきなのかは、相手の出方次第であると言えます。気分的な高まりを受けて、ここしかないという瞬間を狙って想いを伝えるのが効果的です。タイミングの重要性がはっきりと示されています。

【恋愛】仕事の悩みでペンタクルの7が出てきたときの意味とは?

正位置で出た時の意味や未来の結果、対策はくじけずに頑張り続けること

ペンタクルの7が正位置で出た場合、達成や進歩のためには長い努力が必要だと告げています。
育てたものが、やっと実ったと思ったら、取り入れの季節がやってきます。やらなければいけないことは次から次へと出てきて、終わりがないように思えてしまいますが、過去の経験と実績を生かすのはこれからです。あなたは、頭がよく働き、物事をてきぱきと処理する手腕を持っています。今の努力は決して無駄にはなりません。現状が悪くても、弱気にならずに頑張りましょう。

逆位置で出た時の意味や未来の結果、対策は今はあせらないこと

ペンタクルの7が逆位置で出た場合、困難な時期は間もなく終わるだろうことを告げています。
今は何をやっても成果につながらない状況でしょう。もしも金銭の貸し借りでもめているとしたら、賭けごとが関係しているせいかもしれません。忍耐力が足りなかったり、我慢が出来ない状況なのかもしれません。些細なことですぐ怒ってしまったりしてしまいそうです。
今はあせっても、どうしようもありません。もう少し待って、再び頑張りましょう。

合わせて読みたい