動物占い

【2019年版】守りの猿の性格や恋愛、運勢を徹底解説!【動物占い完全版】

守りの猿の基本的な性格を徹底解説!【動物占い】

守りの猿の性格①明るくいつも笑顔で人を惹きつける魅力を持っている

守りの猿の人は、非常に明るい性格で普段から笑顔をたやさない人が多いです。そんな明るい人柄や雰囲気に誘われて自然と多くの人が集まって来るので、守りの猿の人の周囲は賑やかな事が多かったりします。しかもただニコニコして明るいだけでなく、話題も豊富で一緒にいて楽しいので皆のムードメーカーとして頼りにされる事が少なくないです。更に気遣いも出来るタイプなので、頼られたり困っている人がいたら見逃せずに世話する所も持ち合わせています。ただし明るくて陽気な性格故か、おだてに弱くてついつい調子に乗り過ぎる事も珍しくないです。もっとも調子に乗って失敗しても馬鹿正直で嫌味がないため、守りの猿の場合は周囲から可愛らしく見られて恨まれたりしません。その様に周囲の人には、とことん愛される明るさを持っているのが大きな特徴です。

守りの猿の性格②物事を常にシンプルに考え、あまり深く考えすぎない

守りの猿は、どのような事であっても物事を常にシンプルに考えることができ、あまり深くは考えすぎないという性格を持っているようです。守りの猿は、基本的にいつもポジティブです。生まれ持った前向きさを持っているため、どのような事があっても物事を複雑にとらえすぎて頭を抱えてしまうといったことはめったにありません。守りの猿は、それがたとえ解決が難しそうな問題であったとしても、何事も常にシンプルに捉えることができます。それに加えて、物事を深く考えすぎてしまうことがないため、自分の感情の切り替えがとても上手なタイプでもあります。守りの猿は、良い意味での鈍感力を身につけているため、精神的にとてもタフで頼りがいのあるタイプでもあるのです。

守りの猿の性格③人の気持ちを考えて行動するのが得意ではない

守りの猿は、周りの人の気持ちを考えてから行動するのがあまり得意ではないという性格を持っているようです。守りの猿は、生まれながらにして直観力が高い傾向にあります。一見すると、周りの空気を読むことが得意そうにも見えます。確かに守りの猿は、社会情勢や会社の風向きなどを読むことは上手です。しかしその一方で、人の気持ちに関することになるとやや早とちりをしてしまいがちな傾向にあるようです。もともとのせっかちな性格も手伝って、周りの人の気持ちをつい自分の良いように解釈してしまうなどということも少なくないようです。また、守りの猿はやや負けず嫌いな性格でもあるため、ついつい我の強さが顔を出してしまうこともあるようです。

守りの猿の性格④緊張しやすくストレスに弱い

守りの猿は、やや緊張しやすい性格で、ストレスに弱いという特徴があるようです。守りの猿は、基本的に自分にあまり自信が持てないという傾向にあるようです。というのも、守りの猿は比較的理想が高いタイプでもあるため、自分自身に対しても高い理想像を掲げてしまいがちだからなのです。またそれに加えて、守りの猿は意外にも高いプライドの持ち主でもあります。負けず嫌いで、周りの人から良く見られたいという気持ちが強いために、自分に周りの注目が集まるような場面になるとやや緊張しやすい傾向にあります。守りの猿は、そういった場面では強いストレスを感じます。そのストレスによって、体調を崩してしまうようなことも少なくないようです。

守り猿の性格⑤好き嫌いがはっきりしている

ノーと言えないニッポン人、そんな時代はもう古いかもしれません。動物占いから見ると、猿とは好き嫌いがとてもはっきりしています。嫌なことはちゃんと断り、好きなことには率先し参加し、とても充実した生活が送れてそうですね。猿とはとても頭が賢く、自分で瞬時に物事を判断できる能力を持っているといわれています、好き嫌いも一緒です、自分の勘で好き嫌いを判断しちゃうような性格です。物事もそうですが、人間関係においても一緒だそうです、好きな人とはとことん仲良くなろうとするが、嫌いな人とはとことん関わらないようにする、なんとも冷酷な性格です。だが学生時代の一軍にいましたよね、そうゆう人。一軍あるあるですが、みんな動物占いでは猿だったのでしょう。

守りの猿の性格⑥かなりの負けず嫌いで負ける事をとにかく避けようとする

守りの猿は、かなりの負けず嫌いで、勝負に負ける事をとにかく避けようとするという特徴があるようです。守りの猿は基本的には穏やかで、親しみやすい雰囲気を持っています。どちらかというとのほほんとしたオーラの持ち主ですので、一見すると勝ち負けなどを気にしないというような印象があります。しかし実際には、守りの猿はかなりの負けず嫌いなのです。普段はそういった面を隠していることが多いのでわかりにくいのですが、内側にはメラメラと燃えるような闘争心と高いプライドを隠し持っているのです。そのため、勝負に負ける事をとにかく嫌がります。守りの猿は、負ける可能性がある勝負事には、初めから挑まないというようなことも少なくないようです。

守りの猿の性格⑦人に頼ってしまう癖がある

守りの猿は、人付き合いが上手です。いつもニコニコして活発なので、友達がたくさんいます。笑顔でいるので好感を持たれます。仲良くなるまでは警戒しながら付き合うので親友になるためには、じっくりと時間をかけて仲良くなっていきます。世渡り上手なところがあり、人を使って楽をするのが好きです。物事を考えるときは、損得勘定を常に気にしています。人を頼ると得をすることが多いことがわかっているので、親切で優しい態度で接します。得がないとわかった時には、冷たい態度になることもあります。
守りの猿は、目上の方に丁寧です。仕事では、上司対して愛想が良く、部下には冷たいところがあります。人間関係を大切にし、うまく人に頼りながら生きていきます。

守りの猿の性格⑧一時の感情に流される事がなく常に安定している

守りの猿は、一時的な感情に流される事があまりなく、常に精神的に安定しているという特徴を持っているようです。守りの猿は、意外にも現実主義的な一面を持っています。そのため、物事を主観的に捉えすぎるなどといったようなことはほぼありません。守りの猿は、どのようなことであっても客観的かつシンプルに捉えることができるという強みを持っているのです。そのため、守りの猿が感情的になるというようなことはほとんどなく、精神的に常に安定しています。またそれに加えて、守りの猿は向上心はあるものの、あまり無謀なことは考えず安定した道を歩むタイプでもあります。負けず嫌いで、ストレスにやや弱い一面もあるため、なるべく自分が傷つかないで済むように感情をコントロールしているという一面もあります。

守りの猿の性格⑨友達が多い

守りの猿は、人一倍友達が多いという特徴を持っているようです。守りの猿は堅苦しい雰囲気の人付き合いよりも、フランクで打ち解けた人間関係を好む傾向にあります。そのため、それがたとえ初対面の相手であったり目上の立場の人であったとしても、すぐに仲良くなることができるのです。堅苦しい猿がもともと持っている明るく楽しげな雰囲気に、周りの人たちも心を開きやすいのです。またそれに加えて、守りの猿は他人のことを信じやすいという特徴も持っています。どのような相手であってもすぐに信頼して心を開き、どんなことでも話してしまうような純粋さを持っているのです。そのため守りの猿は、自然と友達が多くなってくる傾向にあります。

守りの猿の性格⑩とても自尊心が強い

守りの猿は、とても自尊心が強いという特徴を持っているようです。守りの猿は、とても高いプライドの持ち主です。というのも、彼らは周りから馬鹿にされることや笑われることをひどく恐れている傾向があるからなのです。誰かから後ろ指をさされることを、「一生の恥」だと思っており、立ち直れないほど落ち込んでしまうことも珍しくないようです。そういった恥をかくのを絶対に避けたいために、彼らの心は「高いプライド」というガチガチの鎧によってしっかりと固められています。人一倍高いプライドによって、自分の傷つきやすいハートを頑丈に守っているのです。一見親しみやすい雰囲気ですが、その実誰に対してもガードが固いのはこのためでもあります。

恋愛運や特徴は自分からアクションを起こす事は殆どないが、恋仲になると愛されたくてしょうがない

守りの猿は恋愛において、自分からアクションを起こす事は殆どありませんが、恋仲になると愛されたくてしょうがなくなるという特徴を持っているようです。守りの猿は、恋愛においてはかなりの慎重派です。基本的に自分のあるべき姿だと考えている理想像がやや高いため、なかなか自分に自信が持てないというのがその原因のようです。そのため守りの猿は、たとえ熱烈に片想いをする相手ができたとしても自分からアプローチをするような事は殆どと言っていいほどありません。しかしその一方で守りの猿には、一度恋人同士になってしまうと、相手に愛されたくてたまらなくなるという特徴があるようです。常に誰かから必要とされていたいという気持ちが強いのがその原因のようです。

仕事運や特徴は負けず嫌いなので誰よりも早く仕事を終わらせる事ができる

守りの猿は仕事において、人一倍負けず嫌いな性格なので、他の誰よりも早く仕事を終わらせる事ができるという特徴を持っているようです。守りの猿は、普段の穏やかなイメージからは想像できないほどの高いプライドの持ち主でもあります。そして自分のプライドを守るために、勝負事には絶対に負けたくないという強い意志を持っているのです。守りの猿のその負けず嫌いな性格は、仕事においては更に強くなる傾向にあります。同僚や部下にはもちろんのこと、それがたとえ上司であっても負けたくないと思っているので、他の誰よりも仕事を終わらせるのが早いのです。そのため、仕事においてはとても有能なタイプなのですが、上司からはやや生意気だと受け取られることもあります。

守りの猿の開運ポイントは人に頼りすぎず自分の力で何かを成し遂げる事が鍵

守りの猿が運気をアップさせるには、周りの人に頼りすぎずに自分だけの力で何かを成し遂げる事が鍵となってくるようです。守りの猿は、やや他力本願な一面があります。というのも、守りの猿は自己イメージに対する目標がやや高く、基本的にあまり自分に自信がないからなのです。そのため、たとえ簡単なことであっても自分で決断することはせず、周りの人に頼ってしまうというようなことが少なくありません。それは、守りの猿が他人のことをすぐに信用してしまうという特徴を持っていることも一因となっているようです。守りの猿が運気をアップさせるには、あまり人に頼り過ぎず自分でできる事は自分一人で挑戦してみることが大切になってきます。自分だけで何かを成し遂げることができれば、自然と自分に自信を持てるようになってくるでしょう。

合わせて読みたい