動物

【動物占い】動きまわる虎(レッド)の性格や相性を徹底解説!恋愛・仕事・開運術も!【2019年運勢も!】

もくじ

動きまわる虎の2019年運勢を徹底解剖!

動きまわる虎の2019年の運勢を見ていくと、自立心が試される機会が多くなりそうです。独りで行動することが多く、自分の意志で様々な決定を下さなけれいけない機会が増える可能性が高まるでしょう。複雑な検討をすることが増える一年なので、慎重さも求められます。しかし、こんな時こそ周囲の仲間たちとの連携がカギとなります。実行力と行動力はあるので、周囲としっかり協調しながら一つ一つ前向きに進めていくことが大切です。

動きまわる虎の基本的な性格を徹底解説!【動物占い】

動きまわる虎の性格①プライドが高く人に謝るのが苦手

動きまわる虎は、プライドが高いために人に対して謝るのが苦手という性格を持っているようです。動きまわる虎のプライドは驚くほど高いです。その高さはチョモランマ並みとも言えるレベルなのです。

自分に対する理想像がとてつもなく高いので、周りからそのイメージとは違う見方をされるのはもちろんのこと、自分自身がその自己イメージとかけ離れた行動や発言をすることも絶対にいやだと思っています。

「そういったことは、自分の美学に反する」と、彼らは内心思っているのです。そういった理由があり、彼らは人に対して謝るのがとても苦手です。実際には確実に自分が悪かったと思っているような場合でも、彼らは殆ど自分から「ごめん」とは言いません。

プライドが邪魔をするのです。

動きまわる虎の性格②とにかくパワフルで自信家

動きまわる虎は、とにもかくにもパワフルです。それに加えて、自分にとても自信があるという特徴を持っています。動きまわる虎は、身体を動かすことが大好きです。もしもあなたが連勤が続いており、休日出勤で身体がクタクタだったとします。

そんな中、やっとのことでとれた10日ぶりのお休み。普通であれば、ベッドの中で身体を休めます。けれども、彼らの場合はまったく違うのです。なんと彼らは、クタクタな身体を引きずって外に遊びに出かけてしまうタイプなのです。

ものすごくアクティブでバイタリティーがあるので、周りから心配されることもしばしばです。そんな彼らは自分の体力にはもちろん、外見や中身にもかなりの自信を持っています。

動きまわる虎の性格③誰とでもフレンドリーで親しみやすい

動きまわる虎は、誰に対してもフレンドリーで親しみやすいという性格を持っています。動きまわる虎は、基本的に他人との壁をあまり作らないタイプです。自分の殻に閉じこもるようなことは殆どなく、いつもオープン・マインドでいることができます。

自分にかなり自信があるタイプですので、まったくと言って良いほど人見知りをしません。そのため、どのような人に対してもはじめから旧知の仲のような態度で接します。

勉強が好きでちょっとした雑学から政治的な話題まで、さまざまなトピックに関しての引き出しが多いので、相手を飽きさせることがありません。しかしその分、やや自分のことを話し過ぎてしまう傾向がありますので、たまには他の人に話題を振りましょう。

動きまわる虎の性格④強い信念を持つが強引過ぎて嫌わてしまうこともある

動きまわる虎は、強い信念を持っているのですが、やや強引過ぎて周りから嫌わてしまうこともあるという特徴を持っているようです。動きまわる虎は、社会的な常識や細かいルールをとても大切にするタイプです。

正義感が強く、自分の中での「してはいけないこと」「すべきこと」をしっかりと持っており、常にその自己ルールに従って行動しようとします。それはとても良いことなのですが、時として彼らはそのルールを他人にも押し付けてしまいがちです。

自分が決めたルールを守っていない人を見ると、彼らは途端に鋭い言葉で相手を糾弾します。特に車の運転や食事のマナーなどについては口うるさいようです。そのため、周りから煙たがられることも多々あるようです。

動きまわる虎の性格⑤基本的にはマイペース

動きまわる虎は、基本的にはマイペースな性格を持っています。動きまわる虎は、どのような場面においても自分のペースを崩すことがほとんどと言って良いほどありません。

たとえば職場において、まったく手をつけていない仕事の期限が1時間後に迫っていたとしても、まずはコーヒーを淹れるようなタイプです。その驚くべきマイペースさに周りは驚いたり憤慨したりすることもあるのですが、結局はその仕事を期限通りにやり遂げられるような能力の持ち主なのです。

そのため、周りから頼りにされていることも少なくありません。彼らは自分にとても自信があるタイプなので、たとえ窮地に立たされたような時でも優雅で余裕のある振る舞いができるようです。

動きまわる虎の性格⑥他人のアドバイスは聞き入れない

動きまわる虎は、基本的に他人からのアドバイスは聞き入れないという性格を持っているようです。動きまわる虎は、ものすごくプライドが高い傾向にあります。そのため、どのようなことであっても基本的に自分ひとりだけの力でやり遂げたいと考えています。仕事の場面ではもちろんのこと、たとえそれがプライベートにおける遊びの場面であっても周りからの口出しを快く思わないという傾向にあるようです。彼らがもっとも嫌うのは、日常的な場面でのアドバイスです。たとえば、料理の仕方や運転する道の選び方など、それが日常的で、独力でできる簡単なことであればあるほど、口を出されるとイラっときてしまうようです。彼らへのアドバイスは基本的にしない方がよさそうです。

動きまわる虎の性格⑦人に尽くすことは嫌いじゃない

動きまわる虎は、人に尽くすことが嫌いではないという特徴を持っているようです。動きまわる虎は、基本的にパワフルな自分が大好きです。そして、そんなパワフルな自分が周りの人から頼りにされるという構図も大好物です。

そういった「かっこいい自分」を客観的に見ては、悦に入るようなタイプでもあります。そういったわけで、彼らは人に尽くすことが嫌いではありません。むしろ好きな傾向にあるようです。

仕事においてもプライベートにおいても、周りの人がどうやったら喜ぶかをよく観察して考えているような一面も持っています。そして、些細なことでもすぐにサポートに入ることができる人です。相手から必要とされている自分を実感することで、安心感を得ているのです。

動きまわる虎の性格⑧向上心が強過ぎて周りが見えず非難されやすい

動きまわる虎は、向上心が強過ぎるため、周りが見えなくなることがあり他人から非難されやすいという特徴を持っているようです。動きまわる虎の辞書に「妥協」の二文字はありません。

とにかくどのような事においても、「もっと良くしてやろう」と考えています。たとえ時間がないような場面でも、最後の最後になって修正案を出したり、無理難題な注文を言い放ったりするようなことも珍しくないようです。

そのため、せっかくあと少しだと思って頑張ってきた周りの人々は、その向上心にうんざりしたり疲れ果ててしまったりするようなこともあるようです。向上心は素晴らしい強みなのですが、周りの気持ちを推し量らないと非難をされてしまうでしょう。

動きまわる虎の性格⑨人の嫌がることを積極的にこなせる

動きまわる虎は、他の人が嫌がることでも積極的にこなせるという性格を持っているようです。動きまわる虎は、案外小さこなとをあまり気にしないという一面を持っています。

他人が常識はずれな行動やマナー違反をしている場合には、我先にと注意するような神経質な一面はあるのですが、それ以外の事に関しては基本的におおらかな性格を持っています。

たとえば、ひどく汚いゴミを片付けたり、偏屈な上司のサポート役をつとめたり、大きなパーティーの幹事になったりするなどといったような大抵の人が嫌がる仕事でも、彼らは嫌な顔ひとつせず引き受けてくれます。

学級委員やPTA役員などの仕事も積極的にこなしてくれるので、周りからはありがたがられます。

動きまわる虎の性格⑩偉そうで嫌われやすいが実は芯が強く温かい感情の持ち主

動きまわる虎は、偉そうな態度なので嫌われやすいのですが、実は芯が強く温かい感情の持ち主であるという特徴を持っているようです。

動きまわる虎は、もともと態度が大きい人が多いようです。生まれつき自分に自信があり、堂々としたふるまいをするので、周りからは必然的に偉そうに見えてしまうのです。そのため、特に初対面の相手からはちょっと面倒くさい人だと思われることも少なくありません。

しかし実際には、彼らは誰にも負けないほどの芯の強さと、温かい優しさの持ち主でもあるのです。まず、自分が決めた信念はどんな時でも曲げないという強さがあります。そして、自分を犠牲にしてでも人に助けの手を差し伸べるような力強い優しさも兼ね備えているのです。

恋愛運や特徴は気に入れば積極的にアプローチするが気持ちが冷めやすい

動きまわる虎は恋愛において、相手が気に入れば積極的にアプローチをするのですが、やや気持ちが冷めやすいという特徴を持っているようです。動きまわる虎は、片想いの相手ができると、その恋愛をとても楽しみます。

もともと異性の扱いがとても上手なタイプですので、あまりがっつくことなくスマートな雰囲気で相手にアプローチをしていくのが得意です。積極性はあるのですが、あまりがつがつしていないところが相手からの信頼を得るようです。

しかしその一方で、やや気持ちが冷めやすいという特徴も持っています。基本的に新しいものにワクワクするようなタイプですので、お付き合いが始まると情熱がやや冷めてしまうことも少なくないようです。

仕事運や特徴は強いリーダーシップで目標をやり遂げるが意見を言い過ぎて反感を買う

動きまわる虎は仕事において、強いリーダーシップで目標をやり遂げることができますが、自分の意見を言い過ぎてしまい周りから反感を買うという特徴を持っているようです。

動きまわる虎は強い意志があり、トップに立ってたくさんの人を引っ張っていくことができるような度胸もあります。そのため、リーダー的な立場になると確実に目標を達成することができそうです。

しかしその一方で、やや自己主張が激しすぎる一面が顔をのぞかせる場合もあります。周りの空気を読まず、言いたいことをガンガン言ってしまう傾向があるので、そういった場合は周囲の人々がついてこなくなりそうです。

ワンマンタイプな経営者になりかねないので、たまには周りの気持ちを大事にしましょう。

動きまわる虎の開運ポイントは自分の意見だけでなく相手の意見も受け入れる

「動きまわる虎」さんの開運ポイント、それは『自分の意見だけでなく、相手の意見も受け入れる』ことです。自分に自信があること、強い信念を持っていること。この二つはどちらもが、社会で生活していくうえで、とても大きな強みとなってくる性格です。

しかし、ときにはその性格が災いを引き起こすことも。しっかりとした「我」を確立していることは非常に大切なことですが、一歩間違えると、ただのわがままな人にもなりかねません。

自分の才能を過信して、独りよがりな言動をとってしまうことがないように、日頃から注意する必要があります。そのためにも、周囲の人々の意見を受け入れることが、「動きまわる虎」さんにとって、大切な鍵となるでしょう。

動きまわる虎の相性を徹底解説!状況別の良い・悪い動物とは?

恋愛上で相性が良いのは気取らない黒ひょうや磨き上げられたたぬき

短期的なスパンで多くの経験をして成長したいと思いがちなのが、動きまわる虎の性格的傾向となっています。その意味で、恋愛上で相性が良いと考えらせれるのは、気取らない黒ひょうや磨き上げられたたぬきといったアクティブなタイプです。未知の分野についても、怖がらずに果敢に挑んでいくことが出来るのです、動きまわる虎と恋愛関係になっても飽きることはありません。いつまでも若い心を持って楽しく付き合っていけることでしょう。

仕事上で相性が良いのは我が道を行くライオンや統率力のあるライオン

動きまわる虎の自分本位な部分を含めて、我が道を行くライオンや統率力のあるライオンは嫌がらずしっかり認めてくれるので、仕事上の信頼関係が築きやすいです。個性豊かな動きまわる虎を面白がって、取り立ててくれる機会も多いでしょう。フレンドリーな関わり合いの中から、仕事をスムーズに進められるヒントが得られそうです。インフォーマルなシーンでも、親交を深めて仕事の効率化に繋がる有益な会話に花が咲く可能性が高いです。

人間関係で相性が良いのは華やかなこじかや優雅なペガサス

短期的なスパンで見た場合、動きまわる虎の自由気ままな性格を踏まえて人間関係で相性が良いのは華やかなこじかであると言えます。長い目で見れば少しずつお互いの印象が分かっていきますが、短い期間なら気軽に関わっていける間柄です。優雅なペガサスについては、心のかなり深い部分まで知りたいと思うタイプなので、動きまわる虎とは将来の親友になれる可能性があります。強固な信頼関係を作り上げることができるでしょう。