手相

財運線の基本|初心者でも分かるイラストで手相の見方を解説

お金に困らない手相というものをご存知でしょうか。手相の中には、「お金に困らない」と表す線が多数存在しています。単純にお金に困らないということだけではなく、誰かからサポートを受けることでお金に困らなかったりする場合もあります。
一般的にお金に困らないというと、「大きな収入がある」というものや「仕事で成功する」というものがありますが、実はそれだけではありません。今回は、お金に困らないというものに関係する手相を詳しく見ていきます。

財運線がはっきりと出ている

まずは初めにですが、「財運線がはっきりと出ている」場合の手相です。財運線が濃くはっきりと出ている場合は財運が上がってきている証拠です。着実に財運が向上しており、お金に繋がることが現実であると考えてもいいでしょう。
また、この線に出ている者のタイプとしては、堅実であり着実に貯めていくことができると言えますので、無駄な浪費もなく使いどころというのをしっかりと見極められると考えていいでしょう。
財運が上がってきているとともに、使い方もしっかりとしているのでお金が逃げることが少なく、堅実に貯めることができるのでちゃんとした財をなすことが可能であると言って間違いないと思います。
少し財布の紐を締めすぎている場合もありますので、緩める部分は緩めても問題はありません。

感情線が人差し指と中指の間に収まっている

感情線が人差し指と中指の間に収まっている場合の手相ですが、これは堅実なタイプに見られる手相であり、しっかりとしたお金の管理ができる人を表しています。単純に収入があるということではなく、貯めることや使い所を見極めるという部分が秀でています。
感情線が人差し指と中指の間にある場合は家庭的な意味も持っており、家庭を大事にするということを表しています。つまり結婚後のお金の管理がしっかりとでき、家庭をうまく回すことができるので、奥様にしたい手相ナンバー1でもあります。
真面目でさらに堅実なところが大きく出ているので、結婚というキーワードを除いても、真面目にお金を貯めることができるので、お金に困らない手相の中ではとても嬉しい手相と言ってもいいでしょう。

太陽線に沿って細い補助線がある

続いては、太陽線に沿って細い補助線があるという手相です。この手相を持っている人は、周囲からのサポートを手厚く受けて財運を得ることができると考えられます。太陽線そのものがラッキーな線であり、それを補助する線があることでより一層に運気に恵まれます。
太陽線は元々お金や人気、さらに成功を意味している線であり、それに沿って細い補助線が入っている場合は、人気や成功、お金に関係する分野で周りからサポートを得てさらに運気が向上することを表しています。
お金に困らない線としては大変縁起の良い線となっており、今後のお金に関係することでは、周囲から何かしらの助力が得られると考えも間違いはないでしょう。お金だけではなく、人気や成功の面でも大きくサポートが得られるはずです。

第二火星丘から太陽丘に向かって太陽線が出ている

太陽線の中でも第二火星丘から太陽丘に向かって表れている太陽線の場合は、お金に困らない線と考えられます。この太陽線の意味としては、技術力を持ってコツコツと地道な努力を続けられる線と考えられています。
成功の面で大きな意味を表しており、粘り強さと地道な努力を経て成功を掴み、そこからお金や人気などを得られると考えていいでしょう。非常に我慢強いタイプでもあり、地道に頑張る力を持っていると言えます。
技術力があると言えますので、技術職の部分で大きな成功を掴み、そこからお金の面で困るようなことはなくなると思ってもよさそうです。お金に執着しているというわけではなく、あくまでも仕事の成功からお金を得られると考えていいでしょう。

知能線の先が枝分かれして水星丘に向かっている

続いては「知能線」からわかるお金に困らない手相ですが、知能線が枝分かれして水星丘に向かっている場合、つまり支線が水星丘方向へ伸びている場合ですが、これは金銭感覚が非常に優れている証しです。
特に商業、また取引や経営に関しては優れた能力が発揮されると考えられています。これによってお金に関する性能が発揮され、今後お金に困ることが少ないと言ってもいいでしょう。貯める分野に関しても問題なく、金銭能力が凄まじいと考えられます。
またコミュニケーション能力にも長けているので、商売に関しては非常に上手くいくと言えます。さらに倹約家でもあり、得た財をすぐに手放すことがないのでしっかりとした貯蓄と収入が期待できお金に困るようなことが今後少ないと考え間違いないと言えます。

財運線から運命線が出ている場所を流年法で見る

財運線から運命線が出ている場所を流年法で見るというものですが、一般的に流年法とは、手相の線で年齢を割り出し、そこから何歳に何が起こるのかというのを知ることができる見方になります。
ここでは財運線から運命線が出ている場所を流年法で調べるということであり、地丘を0歳として頂上を100歳と考えて行います。財運線は基本的に小指下の水星丘に現れるので、年齢としては4、50と見るのが一般的でしょう。
長い人であれば2、30もあり、その人によって位置や長さで年齢が変化します。運命線は手のひらの中心に表れている縦の線なので財運線と比較しやすいと思います。流年法もある程度、見やすいと思うので、試してみるといいかもしれません。

太陽線がはっきりと出ている

続いては「太陽線」でみるお金に困らない手相ですが、太陽線は元々「成功」や「お金」、また「人気や仕事」といったものを判断する手相となっており、とてもラッキーな手相として知られています。
この太陽線がはっきりと出ている場合、大きな成功を掴んだり、非常に人気を得られることが期待できるとされるのがいちばんの意味ですが、成功から得られる財と考えることができます。
仕事に関しても、どの仕事であっても太陽線が濃くはっきりと出ている場合は成功すると言われており、大きな財を成すと考えていいでしょう。元々太陽線は珍しい手相と言われており、自身の努力や頑張りが反映される手相とされています。
そのため、多く場合は40代から現れることと言われていますが、若くから表れている場合は、仕事での成功や大きな財を早い段階で得られると考えてもいいでしょう。

生命線から太陽線が出ている

生命線から太陽線まで長く伸びている場合は、自身の力で財を作ると考えられる手相と言われています。特に忍耐力の部分では他の人以上のものがあり、そこから運を掴むと言われていますので、自分自身の力が材に繋がります。
またこの長さの太陽線生命線を持っている場合は非常に縁起の良い線と言われていて、億万長者の可能性を秘めている手相とも考えられています。今までにないような財を得たりすることもありますが、これは自分自身が必死に頑張って作り上げたものだと考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「お金に困らない手相」というものを、いくつか見てきましたが、これでもまだ一部とされています。手相はかなりの数存在しており、それぞれが細かい意味を持っています。良い意味もあれば悪い意味もあり、全ては自分自身の行動が反映されています。
ここで紹介したお金に困らない手相は、そんな中でも非常に縁起の良いものと言われているものであり、自分自身の努力で得られる財運から、コツコツと地道に貯めて財を成すもの、そして真面目に堅実に働いて得られるものまで色々なものがありました。
堅実なタイプの人は、貯蓄などにかなりの才能を発揮しますが、その分ケチになる可能性もありますので、重要なところや使わなければならないところでは、財布の紐を緩めても良いと思います。臨機応変に対応するといいでしょう。

合わせて読みたい